舞台 深田恭子に関するニュース

深田恭子さんが魅せる至極の癒し仕草に惹き込まれる・・・「ヱビス 華みやび」新TVCM 3月7日(火)より全国でオンエア開始! ~最高のリラックスタイムを「ヱビス 華みやび」で体感~

PR TIMES / 2017年03月02日12時28分

今回のTVCMには舞台やドラマで活躍する女優の深田恭子さんが出演し、ヱビス初の上面酵母でつくったホワイトビール「ヱビス 華みやび」の世界観をイメージした“白”を基調とした空間で“オフモードの深田恭子”を披露しています。 深田恭子さんが1日の終わりに鼻歌を歌いながら「ヱビス 華みやび」を片手にフローティングベッドに乗り、自分へのご褒美の1杯にご満悦な表情を [全文を読む]

大反響グラビアの片山萌美が衝撃の写真集の裏側を語る「脱ぐと何かが変わるよって言われたけど…」

週プレNEWS / 2017年01月14日21時00分

はたして、彼女はなぜ脱いだのか? そして今、何を思うのか? 女優としては昨年11月の初主演舞台『悲しき天使』に続き、4月からは舞台『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』でラスボス役に抜擢され、ドラマや映画の出演も予定されるなど、2017年はさらに飛躍の年となりそうな片山萌美を直撃し、迫った! ―複雑な心境のファンも多いでしょう [全文を読む]

デビュー18年で深田恭子が初舞台!「やるしかないですよね」

anan NEWS / 2015年08月08日12時00分

デビュー18年にして初めて深田恭子さんが舞台を踏む。 作品は、’77年の出版以来いまもベストセラーの佐野洋子さんの傑作絵本『100万回生きたねこ』を原作にしたミュージカル。イスラエルの演出家ユニット、インバル・ピント&アブシャロム・ポラックが手がけ、2年前の初演時に好評を博した舞台の再演となる。 「小さい頃から知っている絵本でしたが、舞台のお話をいただいて [全文を読む]

深田恭子、生演奏で堂々と熱唱「楽しい時間でした」

モデルプレス / 2015年06月29日16時47分

初のミュージカル挑戦となる深田は「まさか自分が舞台に立っているとは想像がつきませんでした。なかなか踏み込めない世界だったので、一から学び直して挑みたいです」とコメントし、「メロディーや曲、世界観に惹きこまれました。毎日ピアノを弾きながら歌っています」と舞台に向けた取り組みを紹介。さらに「舞台はその日のその時間にわざわざ見に来てくださる観客の方々のあたたか [全文を読む]

深田恭子「涙が止まりませんでした」 初挑戦を語る

モデルプレス / 2015年06月17日17時08分

今夏、佐野洋子の同名ベストセラーの絵本を原作とする舞台「100万回生きたねこ」への出演で、ミュージカルに初挑戦となる。作品を観た時、一瞬で魅了されたという深田は「前回の公演を映像で観させていただいたとき、涙が止まりませんでした」と告白。「セリフに心揺さぶられたり、繰り返される音楽に100万回生きてきたねこの積もり積もった人生の儚さ、生きることの尊さが感じら [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木蔵之介、深田恭子の「殿、飲みに行きませんか」お誘いを断っていた

TechinsightJapan / 2016年09月15日15時35分

ひとり暮らしの佐々木は外食中心だが、舞台の時は体調管理のため自分で鍋を作り野菜やタンパク質を多めに摂るよう心掛けるそうだ。 「お酒は毎日飲むのか?」と聞かれると彼は「1日のケジメ」として飲酒は欠かせないという。たとえ帰りが深夜3時や4時でその朝6時から仕事という状況でも「その日のケジメなのでやっぱり飲まないといけない」と徹底している。 山崎がそんな彼に「一 [全文を読む]

深田恭子 “牝猫演技”で分かった2人のオトコ「フェロモンを高めた出来事とは…

アサ芸プラス / 2015年08月30日17時57分

舞台関係者が語る。「通常、舞台は全体が見やすい10~11列あたりがいちばん人気のあるものですが、実は5列目までの砂かぶり席が非常に売れています」 深田のカラダを間近で見たいファンが多いことがその理由だという。 初日終演後のカーテンコールでは、感極まった演出家の女性が、深田の腰を思わずガッツリつかんでいた。今や深田は同性さえもあらがえない危険なエロスを身につ [全文を読む]

オフモードの深田恭子 鼻歌も披露しリラックス

dwango.jp news / 2017年03月02日20時47分

今回のTVCMには舞台やドラマで活躍する女優の深田恭子が出演し、ヱビス初の上面酵母でつくったホワイトビール「ヱビス 華みやび」の世界観をイメージした“白”を基調とした空間で“オフモードの深田恭子”を披露している。 深田が1日の終わりに鼻歌を歌いながら「ヱビス 華みやび」を片手にフローティングベッドに乗り、自分へのご褒美の1杯にご満悦な表情を魅せています。 [全文を読む]

「君の膵臓をたべたい」実写化&キャスト発表、深田恭子がなりすましに注意喚起 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

モデルプレス / 2016年09月14日23時00分

武井演じる主人公・栗原未亜が働くジュエリー会社、ティファニージャパンを舞台に、滝沢演じる妻帯者の副社長・三好海里との“禁断の恋”、そして複雑に絡み合う人間模様を描く今作。第9話では、未亜に思いを寄せる俳優の中村蒼演じる「ジミーチュウ」広報の宮沢綾が未亜に自ら別れを告げた後、神社に海里を呼び出し、「一発殴らせてもらっていいですか?」と一撃。「彼女を死んでも幸 [全文を読む]

芸能界“美女スター・ウォーズ”を独占封切り!「石原さとみと綾瀬はるかが冷戦状態?」

アサ芸プラス / 2015年12月26日17時57分

一方、芸能界の舞台裏に目を向ければ、人気女優や女子アナたちもまた、意中の男や視聴率、プライドをかけて白熱の犬猿バトルを展開している。舞台裏で目撃された「美女スター・ウォーズ」をここに独占封切りする! まずは2大フェロモン女優のバトルをお届けしよう。綾瀬はるか(30)と石原さとみ(28)は同じ大手芸能事務所の先輩・後輩という間柄だが冷戦状態にあるという。芸能 [全文を読む]

フォーカス