作品 真田広之に関するニュース

マンガ原作映画はオリジナルを超えることができるか?日本名(迷)作マンガ映画史

日本タレント名鑑 / 2016年03月15日09時55分

大島渚の『忍者武芸帳』(1967)はマンガの原画そのものを撮影し、そこに役者が吹き替えるという「漫読」的な、今見るとかなり斬新な方式で、マンガの映画化作品の先駆的な作品だった。以降も人気マンガは続々と映画化されていったが、SMAPの香取君バージョンに先駆け映像化されていた、せんだみつおが両津勘吉を演じた実写版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(1977)な [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月6日付)

ガジェット通信 / 2017年07月07日15時00分

本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【7月6日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:7月3日(月)~7月9日(日)劇場公開作品 米林宏昌監督による新作アニメーション映画『メアリと魔女の花』が第1位! キアヌ・ [全文を読む]

「宇宙スリラー」の傑作登場 『ライフ』のB級感こそ夏に似合う

文春オンライン / 2017年07月07日17時00分

でも『エイリアン』はやはり映画史に残る作品なので、シリーズを復習して鑑賞したい作品です。 基本的に、宇宙映画というのは大抵ほのぼのとはしていなくて、危険や恐怖と紙一重です。筆者にとって長年、宇宙に対するトラウマ映画となっていたのは、幼稚園の頃にテレビで見た『007は二度死ぬ』(67年)でした。どちらかというと、丹波哲郎やトンデモ日本が出てくる笑える映画とし [全文を読む]

SFスリラー映画『ライフ』真田広之インタビュー「この恐怖は“人間のエゴ”に対する警告」

ガジェット通信 / 2017年07月06日18時00分

インタビューでは作品について、ハリウッドで勝負するということについて、色々とお話を伺ってきました。 ――『ライフ』大変面白く拝見させていただきました。日本だと今年の夏、唯一のホラー大作として期待を集めています。 真田:そうなんですか? ライバルなし? やりましたね(笑)。 ――本作での恐怖の演出についてはどんな事を感じられましたか? 真田:監督のリアルでエ [全文を読む]

一十三十一&弓削匠『THE MEMORY HOTEL』インタビュー

NeoL / 2015年12月01日04時11分

このインタビューでは、一十三十一と、『CITY DIVE』以来アートディレクターとして一十三十一作品のコンセプトの元となるストーリーやビジュアル面を担っている〈Yuge〉デザイナー・弓削匠に話を伺った。 ーー今回の『THE MEMORY HOTEL』は長い制作期間を経てのリリースですよね。内容もこれまでとはずいぶん変化が感じられました。 一十三十一「そうで [全文を読む]

カワイイ!癒やされる!?思わず泣いちゃう人も続出!印象に残る動物邦画10選!

日本タレント名鑑 / 2015年10月28日09時56分

昔から視聴率が取れる作品の定番として、“子ども”と“動物”は鉄板と言われています。やはり人間「カワイイ」ものが大好きなんですね。 海外物では、動物を使ったパニック映画『ジョーズ』や、コメディの『ビバリーヒルズ・チワワ』『101匹わんちゃん』、さらにパニックもの『シャーク・ナイト』『アリゲーター』『グリズリー』など、「コワイ」「笑える」作品がたくさんあります [全文を読む]

アカデミー賞 映画文化そのものが衰退危機と落合信彦氏指摘

NEWSポストセブン / 2012年02月24日16時00分

* * * この原稿の締め切り時点では作品賞はモノクロのサイレント映画である『アーティスト(The Artist)』と、3D映画の『ヒューゴの不思議な発明(Hugo)』の一騎打ちとされているが、賞の行方は最後までわからない。 監督ではマーティン・スコセッシやスティーブン・スピルバーグ。俳優ではジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ショーン・ペンなどのビ [全文を読む]

岡田准一、小栗旬も! 戦国武将”石田三成”を演じた有名俳優たち

dmenu映画 / 2017年08月11日07時00分

己の正義を強く信じ、愛を貫き通そうとした純粋すぎる武将・石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描き出した作品です。 今回、主役の石田三成を演じるのは、岡田准一。骨太な演技力が持ち味の彼が、どんな石田三成を演じるのか楽しみです。 ところで石田三成は過去にもさまざまな有名俳優たちが彼を演じてきました。それぞれに石田三成という人物の捉え方が異 [全文を読む]

すみれ、真田広之、池内博之…“日本人”が海外進出した新作映画をチェックしてみた!

dmenu映画 / 2017年06月27日07時00分

日本人スターのハリウッド進出が続いているとはいえ、中にはセリフが無かったり、エキストラ程度の端役だったりと、本編を観てガッカリする作品も少なからず存在します。ここでは、日本人スターが海外進出を果たした、注目の新作映画をいち早くチェックし、その中身について詳しくご紹介致します! エンド・クレジットが真田広之の主演映画状態!『ライフ』 大作映画『ラストサムライ [全文を読む]

曲を聴けば自然とドラマの映像が浮かんでくる!印象的だった懐かしのドラマ主題歌5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月08日10時55分

名作と呼ばれるドラマは、どの作品も素敵な主題歌とセットで記憶に残っているのではないでしょうか?『東京ラブストーリー』の「ラブ・ストーリーは突然に/小田和正」や、『101回目のプロポーズ』の「SAY YES/CHAGE and ASKA」など、中高年なら知らぬ人はいない、言うに及ばぬ名作&名曲です。 今回は、そんな歴代ドラマ主題歌の中から、筆者の心に残る、特 [全文を読む]

決定「あなたが選ぶ 海ドラアカデミー賞!!」ついに、結果発表!!!

PR TIMES / 2016年03月17日17時07分

2015年にリリースされた海外TVドラマ作品の中から、TSUTAYA、ゲオを含む全国のレンタル店ユーザーが“1番おもしろかった作品”を投票した結果を発表! [画像1: http://prtimes.jp/i/2873/6/resize/d2873-6-563572-0.jpg ] 2015年にパッケージリリースされた海外TVドラマ新シリーズ33作品の中から [全文を読む]

あの名作のキスシーンにキュン! 王道の恋愛ドラマでときめきをチャージしよう

Woman.excite / 2016年03月11日23時00分

約20年前の作品ですが、思わず感情移入してしまうはず。■『花より男子』のセレブなキスセレブが集う高校に入学した庶民の牧野つくし(井上真央さん)と、学園一のセレブ・道明寺司(松本潤さん)が結ばれるラブストーリー。お互いに反発しながらも、次第にひかれあっていくのは学園ドラマの定番ですね。結婚式でのキスシーンなど、作中には何度かふたりがくちびるを重ねるシーンが登 [全文を読む]

「見えない世界と共存している」真田広之、『Mr.ホームズ』公開記念インタビュー

tocana / 2016年03月01日15時00分

最近でも、映画化された作品やテレビ化された作品はチェックしています。――今回の作品で、真田さんは日本人紳士の梅崎役を演じていますね。真田 シャーロック・ホームズは、何百回と映画化されているシリーズ。そこに、いったいどうやって日本人が登場するのかと興味がひかれたんですが、脚本を読んでみると、老いたシャーロックに絡む重要な役柄でした。日本人として、こんなにあり [全文を読む]

真田広之出演海外ドラマ「HELIX」のテレビ初放送が1月10日(土)からに決定!

Smartザテレビジョン / 2014年12月17日19時22分

謎が謎を呼ぶスリリングな内容、1話で1日分が進む形式が話題を呼んでいるが、必見なのは「LOST」「リベンジ」で注目を浴びた真田広之が、自身初となる海外ドラマのレギュラー出演をしている作品ということだ。真田は研究所所長の日本人科学者でストーリーの鍵を握るキャラクター、ヒロシ・ハタケを熱演。さらに、なんと日本語吹替版でも真田が自身の役を担当している。 アフレコ [全文を読む]

真田広之 米ドラマ初レギュラー出演作「HELIX -黒い遺伝子」Dlife にて日本初放送

PR TIMES / 2014年11月21日13時18分

【放送情報】 「HELIX-黒い遺伝子-」 全国無料のBS テレビ局Dlife(ディーライフ)にて、2015 年1 月より日本初放送開始 【作品DATA】 原題:HELIX/アメリカ作品/放送局:SyFy/2014 年1 月放送開始/全13 話 [キャスト] アラン・ファラガット役:ビリー・キャンベル 、ヒロシ・ハタケ役:真田広之、 ピーター・ファラガッ [全文を読む]

スピルバーグ製作総指揮、ハル・ベリー主演の新作SFドラマ 米CBSテレビ『EXTANT(エクスタント)』に尾崎英二郎が出演!(9月3日放送回)

@Press / 2014年09月05日18時00分

番組サイト : http://www.cbs.com/shows/extant/放映した日時: 米国時間9月3日 水曜日 夜10時~11時【尾崎英二郎のコメント】《2度目のスピルバーグ製作作品への出演が実現!》 「『EXTANT(エクスタント)』は、スティーヴン・スピルバーグ氏が製作を務めているのですが、彼がプロデュースに関わった作品に出演できたのは、『硫 [全文を読む]

藤木直人「原作が村上春樹さんで、演出が蜷川さん…。最初は状況がよくのみ込めませんでした(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月08日09時20分

初の蜷川舞台に挑む今の心境、そして村上春樹作品への想いを語っていただきました。 藤木直人さんの写真はこちら 舞台出演2作目にして、蜷川幸雄演出作品に挑む藤木さん。初めて観た舞台は真田広之主演の『ハムレット』だった。 「スタイリッシュで、かっこよくって。以来、蜷川さんの舞台はよく観ています。歳を重ねても、今なお精力的に活動されていて。むしろ、昔よりもエネルギ [全文を読む]

真田広之が語る、ハリウッドで「役を選ぶ」ことの大変さ

ハリウッドニュース / 2012年05月13日13時00分

同郷の人間が海外作品に出演しているのを見るのはやはり心躍らされることが多い。『サンシャイン2057』(07)や「LOST」等に出演し、またキアヌ・リーブス出演の『47 Ronin』が控える真田だが、海外作品に出演する大変さを聞いてみた。真田は、「だんだんアジア人の俳優に対しての役というのは増えてはきていると思うんですね。ただ、その大半がやはり誤解に満ちたと [全文を読む]

『メアリ』2位に初登場 1位は…?【映画週末興行成績】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月11日20時27分

『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌監督にとってスタジオジブリ退社後、初の長編作品となる『メアリと魔女の花』は2位に初登場。動員32万4,294人、興収4億2,823万2,900円となった。初日に行われたアンケートによると、客層の男女比は42.1対57.9、年代別では20代が29.8%、30代が20.9%、40代が15.5%、13~ [全文を読む]

渡辺謙も敵わない!? “ネイティブスピーカー”が絶賛する真田広之の英語力

dmenu映画 / 2017年07月07日07時00分

「受験生という感じで」熱心に覚えた英語の台詞 真田は自身の英語学習法について、作品ごとに求められるレベルやアクセントが全て異なるから、日々受験生という感じでセリフを反復している、と語ったことがありました。 “反復”は確かに、習得した知識の定着のためにとても大切なプロセスです。真田はフレーズ暗唱を大切にし、血の滲むような地道な努力を重ね、ネイティブスピーカ [全文を読む]

フォーカス