小説 西村賢太に関するニュース

「小説なんて書きたくない」という作家・中原昌也が断筆を経て文学の世界に戻ってきた理由

週プレNEWS / 2012年06月26日06時00分

断筆を経て、4年ぶりに短編小説集『悲惨すぎる家なき子の死』を刊行した中原昌也。残酷なスプラッターシーンや無意味な引用の合間に、「小説なんて書きたくない」という著者らしき人間のグチが延々と続く特殊な作風に、かつては芥川賞の選考会で「0票」を記録したことも。そんな彼が、なぜ文学の世界に戻ってきたのか? ―執筆再開、待っていました! 「いや、再開したつもりはない [全文を読む]

又吉も危ない? 芥川賞獲っても食えない! 電話は止められ、息子の貯金箱から硬貨を拝借...厳しすぎる作家の金銭事情

リテラ / 2015年09月09日13時00分

長引く出版不況、特に、純文学をはじめとした小説は特に商業的に苦戦を強いられているジャンルだ。 一冊の本を書いて作家が得られる印税額は出版界の慣例にならうと「本の定価×発行部数×10%-税金」という計算式になるのだが、竹内結子主演で映画化もされ、シリーズ累計100万部を超える『天国の本屋』(新潮社)というヒット作をもつ、松久淳ですら『中流作家入門』(KADO [全文を読む]

【新春インタビュー】芥川賞作家・西村賢太「僕は“仕方がない”から風俗に行っているんです」

週プレNEWS / 2014年01月03日16時00分

2011年、芥川賞受賞会見の際に発した名言(迷言?)、「そろそろ風俗でも行こうかな」で話題を集めた小説家・西村賢太氏。あれから3年経った今でも彼は、風俗に通い続けている。 しかし、有名になったこと、年齢を重ねたことでその習慣にも“ある変化”が生まれているそうだ。 *** ■女のコに正体がバレたら、ハードなプレイがしにくくなるでしょう? ――最近はどれくらい [全文を読む]

羽田圭介、ライバル心燃やす相手

NewsCafe / 2017年06月05日10時00分

どんなこと言ってたんですか」 デスク「2015年の芥川賞受賞作の小説『スクラップ・アンド・ビルド』は単行本が23万部出て、その印税が2千数百万円だって」 記者「彼は、受賞後にテレビに出まくったから相当ギャラを稼いだんじゃないですか」 デスク「それはタレントと比べるとだいぶ少ないだろ。やっぱり小説家で稼ぎになるのは講演だよ。サイン会も含めて1回80万~90万 [全文を読む]

【連載:シネマ守銭奴】『苦役列車』の見どころ(銭どころ)

AOLニュース / 2012年07月17日12時12分

他にも、調子こいてるサブカル女子に過剰にゲスなリリックを浴びせて泣かすシーンは、まさに西村賢太の小説を読んでいる時の「最低だけど痛快な気分」そのものでした。「前田敦子さんが意外といい! 1,000円!」失礼ながら、女優としての前田敦子さんは大丈夫なのかしらと、少し懸念していたのですが、山下監督の演出力もあってか、本作での前田さんの演技は思いのほか良かったで [全文を読む]

森山未来さん主演映画「苦役列車」で、「オーダーボックス・ドットコム」の「ロゴ入りダンボール」がデビュー!

@Press / 2012年02月03日10時30分

・映画概要作家・西村賢太が2011年芥川賞を受賞した小説『苦役列車』(新潮社刊)が、『天然コケッコー』『マイ・バック・ページ』で高い評価を得た山下敦弘監督により早くも映画化される。主人公となる「中卒」「風俗」「日雇い労働」の19歳の少年役を、『世界の中心で、愛をさけぶ』『モテキ』の森山未來が扮する。共演には、デビュー5年で出演映画20作以上の若手演技派俳優 [全文を読む]

石田衣良、最高年収は2億円!湊かなえも衝撃“告白”

Smartザテレビジョン / 2016年02月18日11時25分

金銭面や小説を書くときの秘話を語った。 長瀬智也主演で'00年にドラマ化された「池袋ウエストゲートパーク」などの代表作を持つ石田は、年収を尋ねられると「多いときで2億円」と告白。一方、西村は'11年に「苦役列車」で芥川龍之介賞を受賞したときは「貯金残高が20万円だったのが、半年で5500万円になった」と打ち明けた。 執筆中は音楽が必須だという石田。「池袋― [全文を読む]

語っていいとも! 第15回ゲスト・玉袋筋太郎「きよし師匠は深いですよ。総理大臣になって日本を変えていただきたい(笑)」

週プレNEWS / 2016年01月17日12時00分

でさ、なんか俺の小学校時代の思い出話を書いた小説(『新宿スペースインベーダー』)があるんですけど、それをきっかけにね、同窓会が始まったらしくて。もう小学校なくなっちゃったし、中学校もなくなっちゃってみんなバラバラなんだけど。 ―そうなんですね。なんかイイ話のような…。 玉袋 いや、俺の本がきっかけなのに、俺を呼ばねーとかね(苦笑)。ま、俺もいかねーし。なん [全文を読む]

語っていいとも! 第15回ゲスト・玉袋筋太郎「業界の人間と遊んでるとチューニングがブレっぱなしになるんだ」

週プレNEWS / 2016年01月10日12時00分

(※芥川賞作家、西村賢太氏の小説に登場する主人公) でも、うちの師匠が出だした頃も「たけしはのたれ死にするべきだ。芸人だ、レイニーブルースだ」っていう風にね、勝手にたけし論を書かれることにすごい、殿も最初は嬉しかったらしいけど、やっぱそれから抗(あらが)いたくて。「冗談じゃねーよ」と。「のたれ死になんてしたくねー」つって、「俺が死ぬ時はこれだけ金貯めたんだ [全文を読む]

西村賢太氏 ブスはコスプレするな騒動に「どうとも思わん」

NEWSポストセブン / 2015年11月21日07時00分

自信や自惚れといったことではなく、小説書きとしての信念があれば、そんなことは一切が無意味。 女性だって信念を持っていれば、周りから何をいわれても苦に思ったり気にしたりする必要はない。ブスといわれても自信を持っていて自分は美人だと思うなら、それでいいじゃないですか」 もしかしたら、西村氏の「ブスはコスプレするな」発言で騒ぐほうが、自意識過剰なのかもしれない。 [全文を読む]

ピース又吉直樹『火花』だけじゃない! 「芥川賞」の“単なる話題作り”ぶりを振り返る

日刊サイゾー / 2015年06月30日11時00分

人気お笑いコンビ、ピースの又吉直樹が書いた小説『火花』(文藝春秋)が、第153回芥川賞候補作にノミネートされたことが話題となっている。 『火花』は「文學界」(同)2月号に一挙掲載されたもので、同誌は創刊以来初増刷を記録した。3月には単行本としても発売され、40万部を超えるベストセラーとなっている。 さらに4月には、芥川賞と並ぶ純文学の文学賞として知られる、 [全文を読む]

金さえあればヤリたい放題!? 芥川賞作家の異常な性欲

メンズサイゾー / 2013年11月11日15時00分

今時珍しい無頼派の私小説作家といったところだろうか。そんな彼の小説も楽しみだが、これからもテレビでどんどん活躍してもらいたい。彼の過激な発言は、きっと多くのタレントたちに刺激となることだろう。 (文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

原作者なのに取材NG!? 映画『桐島、部活やめるってよ』のPRに作家・朝井リョウが協力できない理由

日刊サイゾー / 2012年08月22日08時00分

ところが、今回の映画がらみでは、小説の版元である集英社の文芸誌「小説すばる」に登場したくらいで、ほとんどメディアに露出していないのだ。「『桐島』の公開に合わせてインタビューを申し込んだんですが、映画がらみは基本的にNGだといわれました」(雑誌編集者) メディア露出だけではない。朝井は映画公開初日の舞台挨拶でも、観客席にいながら一切舞台には上がっていない。 [全文を読む]

芥川受賞者珍言 「そろそろ風俗に」「わたしばかよねぇ」他

NEWSポストセブン / 2012年02月05日16時01分

本人はウケをねらったんでしょうけど、各メディアの音声担当は、みんな舌打ちしながらマイクを直してました(笑い)」(大森さん) ※女性セブン2012年2月16日号 【関連ニュース】「風俗」発言の芥川賞作家「私の体からは負のオーラ出てる」3年ペースで新刊を出す綿矢りさ 夢は大長編を書くこと綿矢りさ 小説を書くのは月-金の朝から昼、そして夜美人芥川賞受賞者朝吹真理 [全文を読む]

芥川賞田中慎弥 母と店員以外の女で初めて話したのは編集者

NEWSポストセブン / 2012年02月03日07時00分

そんな田中さんは、高校卒業後、自宅にこもり、ひたすら小説の原稿を書き続けた。バイトも一切せず、収入はゼロ。田中さんはテレビのインタビューで、当時の自分について問われ、 「勉強も嫌いだし働こうっていう気持ちもほとんどないし、できることといったら日本語の読み書きくらいですよね。だからそれをやるしかなかった」 と、本気とも冗談ともつかぬあの口調で語っていたが、 [全文を読む]

福島の84才ラジオDJ 震災は「大東亜戦争に比べ苦労でない」

NEWSポストセブン / 2012年01月04日07時00分

この間、眼科に行ったら、先生が“よく涙が出ますか”って聞くからよ、“おれは、一生分の涙を流したから、涙も出ねんだ”って答えたのよ、がはは…(笑い)」 ※女性セブン2012年1月5・12日号 【関連ニュース】オバ記者 姑から「財産目当てのダメ嫁」といびられ離婚の過去「理想の孫」 タラちゃんのような孫はどうすれば育つのか西村賢太 震災も原発も小説に全く影響しな [全文を読む]

フォーカス