議員 石破茂に関するニュース

民主・岡田はカエルコレクター…政治家の意外な素顔

デイリーニュースオンライン / 2015年01月05日11時50分

麻生太郎財務大臣のマンガ好きは有名だが、それを上回るオタクな国会議員が何人もいる。 国会議員はオタクの巣窟だった!? オタク議員としてもっとも有名なのは石破茂地方創生担当大臣だろう。議員会館をはじめ事務所には戦車や戦闘機のプラモデルが並ぶ。れっきとした軍オタである。 石破大臣はミリタリーだけでは鉄道にも造詣が深い。週末、地元・鳥取に戻る際は飛行機を使わず [全文を読む]

日本維新の会・足立康史、辻元清美&生コン業界に狙いを定め官僚と勉強会

東京ブレイキングニュース / 2017年05月18日19時30分

なんとなーんと、あの足立康史議員と辻元清美議員が隣同士に座っているように見える! なんだ! 仲良しなんだ! とは思いません。隣同士で仲がいいなら、日本と韓国、北朝鮮、中国なんて、もうお醤油を共有する関係になっちゃいますけど、そうはいかない。そうそう、北朝鮮寄りと言われる新しい大統領が選任されて、日韓関係もどうなるんでしょうか......。まあ、それは置いと [全文を読む]

「安保法制」成立で安倍首相が電撃辞任!? 早くも始まった“次の次”自民党総裁レース

デイリーニュースオンライン / 2015年07月22日08時00分

石破茂地方創生担当大臣や小泉進次郎議員などからも安保関連法案に対してネガティブな意見が出てくるようになった。声にこそ出さないが、内心で安倍総裁に不満を抱いている議員はもっと多いだろう。自民党内部では、安保関連法案をやり遂げた安倍総裁を勇退させるといったプランも一部からは出ているようだ。 仮に安倍総裁が勇退した場合、現在の顔ぶれから“次”の有力議員は先に挙げ [全文を読む]

5年で7度の変更も―民主・維新合流による除籍からの復党

政治山 / 2016年03月18日12時40分

合流とはいえ、維新の党の松野頼久代表などは元々民主党に所属していたので、一部議員は元の鞘に戻っただけとも言えます。松野代表や今井雅人幹事長は、民主党を離党したのではなく、2012年に除籍されています。今回の新党結成は民主党による維新の党の吸収合併という形であり、除籍された議員は復党することになります。除籍されても戻ることは可能なのでしょうか。 党規範に反 [全文を読む]

SMAP騒動で国会議員が論ずるべきこと

政治山 / 2016年01月22日15時00分

また、19日の参院予算委員会では、斎藤嘉隆議員(民主)が「衆院の解散が先か、SMAPの解散が先かと言われていた」などの問いに対し、安倍総理大臣は「政治の世界もそうだが、同じグループが長年続いていくには様々な課題があるのだろう」と述べ、「多くのファンの期待、願いに応えて存続するのは、良かったのではないか」と語りましたが、衆院解散については言及しませんでした [全文を読む]

自民総裁選 石破茂氏、ネトウヨによる落選運動に悩まされた

NEWSポストセブン / 2012年10月02日07時00分

石破支持派議員が語る。 「党員票で圧倒的な支持がある石破に議員票まで流れては困ると考えたんでしょう。事務所に『どうして石破さんを支持するんですか』という組織的と思われる電話やFAXが殺到して対応が大変だった。そんなことが議員票に影響を与えたとは思いたくないけどね」 総裁選当日には、『安倍晋三総理大臣を求める民間人有志』のメンバーである有識者らが呼びかけて [全文を読む]

力のない1年生議員ふるい落とす…無風の選挙を利用する自民党

WEB女性自身 / 2014年12月03日07時00分

きちっと後援会活動を2年間やって、(中略)風頼みの選挙でない人が確実に当選するだろう」 自民党は、風に頼らない、負けない議員を選別するため、今回の 無風選挙 を利用するフシさえ見える。自民党新人議員は次のように話す。 「石破茂前幹事長時代から厳しい要求を突きつけられました。地元事務所には何人の秘書がいて、車は何台あるのか、といった資料を党本部に提出せよ、と [全文を読む]

森喜朗は何でそんなにエラいのか?「安部総理に人事のアドバイスも」

アサ芸プラス / 2015年08月04日17時55分

結局、12年11月の衆院解散で議員生活に終止符を打った。 ところが、“過去の人”になったと思いきや安倍氏が総理に返り咲くと、再び、日の当たる場所に戻ってくるのだ。2人は、同じ派閥「清和会」の出身であり、そのつきあいのきっかけは69年の衆院選まで遡る。政治部デスクが説明する。「この選挙に森氏が初出馬した際、自民党からは泡沫候補と見られて公認をもらえなかった。 [全文を読む]

首相に失望した額賀派と石破氏が組めば非主流派結集進むか

NEWSポストセブン / 2014年09月02日07時00分

自民党内の60人近い入閣待望組からは「留任のほかはお友達と女性枠でほとんど埋まり、おじさん組のポストはほとんど残らない」(6回生議員)と改造前から不満が高まっていた。 “安倍サマ”にすり寄ってきた議員たちに失望と不満が広がる一方で、石破氏に批判的だった額賀派の後見人、青木幹雄・元参院議員会長や町村派の森喜朗・元首相という引退してなお党内に影響力を持つ長老た [全文を読む]

自民総裁選 決戦での安倍勝利は永田町のムラ心理働いたから

NEWSポストセブン / 2012年10月02日16時00分

それが2回目の議員投票で平気で逆転するんですから。自民党の国会議員たちは、果たして民意を感じ取っているのか疑問です。 長谷川:国民、自民党員、自民党の国会議員。この3つのレベルの意識がみんなズレている。石破が地方票を得たのは、おっしゃるように地方を熱心に歩いたから。次に歩いていたのは安倍で、石原はあまり歩かなかった。結局、地方をこまめに歩いた順に票が入った [全文を読む]

フォーカス