ドラマ 千葉真一に関するニュース

【2016下半期ヒット予測/俳優】竹内涼真、真剣佑、村上虹郎…いま知っとかなきゃヤバい!6人

モデルプレス / 2016年07月07日18時54分

【2016年下半期ヒット予測(俳優)/モデルプレス=7月7日】2016年下半期、新たにブレイクする俳優は―!?女性ネットユーザーの声やドラマ、映画など注目作品をリサーチしつつ、モデルプレス編集部の目利きでチョイスした6人を紹介。・【竹内涼真】ドラマ「時をかける少女」、映画「青空エール」 ・【真剣佑】ドラマ「仰げば尊し」 ・【村上虹郎】ドラマ「仰げば尊し」 [全文を読む]

夏ドラマの「主役」は二世俳優 千葉真一やUAの息子も

NEWSポストセブン / 2016年07月12日07時00分

7月8日に放送された『神の舌を持つ男』(TBS系)を皮切りに、夏ドラマがスタートした。今クールの注目は、出演者に二世タレントが多いことだ。中には親のように、演技力だけではなく大物感を醸し出している俳優もいる。注目の二世タレントとドラマの見どころについてテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * これほど二世俳優がそろったクールは記憶にありません。し [全文を読む]

女子の話題を独占した「今年のイケメン」は?山崎賢人、野村周平、窪田正孝ら…ネット反響から活躍を振り返る

モデルプレス / 2015年12月22日17時00分

またドラマ「デスノート」ではL役、映画『ヒロイン失格』『orange』『四月は君の嘘』『オオカミ少女と黒王子』と人気漫画実写化作品に続々と抜擢されたことで、ネット上の大きな話題に。モデルプレス公式Twitterの年間リツイートランキングにおいても山崎の関連ニュースが上位を占めた。 そして福士蒼汰も昨年に引き続き、女子の“理想のイケメン像”を体現した。月9「 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】片瀬那奈のルックスと演技のギャップを世界の千葉真一が絶賛。「凄いなこのコ」

TechinsightJapan / 2014年07月15日12時00分

女優やタレント、司会として活躍する片瀬那奈は、NHKドラマ『おわこんTV』でハリウッド俳優・千葉真一と共演中だ。その世界の千葉が片瀬那奈のルックスを絶賛。さらに彼女の“のたうち回る芝居”を見て「大したもんだ」と感心した。19歳でCMの『きれいなおねえさん』に抜擢された時には「なんで私が…」と違和感を覚えた片瀬那奈だが、今では「振り切る役が大好き」だというま [全文を読む]

千葉真一、深作欣二の初監督の怒号に驚いた

アサ芸プラス / 2012年11月27日10時00分

そして68年、これらを下敷きにしたドラマが始まり、日本におけるアクションスターとしての千葉を決定的なものにする。最高視聴率が30%を超えた「キイハンター」(TBS)のことである。このドラマの第1話を深作が演出し、全体の方向性を千葉とともに決定づけた。 「毎週のドラマなのに、深作さんの1本目だけで2カ月くらい撮っていた。プロデューサーから『早く上げてくれよ』 [全文を読む]

“ブレイク登竜門”学園ドラマに注目 「次のスーパースター」真剣佑、村上虹郎ら揃う「次はこの人だ!と思いながら楽しんで」

モデルプレス / 2016年07月13日22時04分

今作は、実在した人物・中澤忠雄先生と、実在した高校“神奈川県立野庭高校(1980年代当時)吹奏楽部”をモチーフにした奇跡のドラマ。元サックス奏者の樋熊(寺尾)が、夢を失いはみだした問題児たち(真剣佑・村上・北村・佐野・太賀)と真正面から向き合い、満身創痍で吹奏楽部指導に励み、“音楽の甲子園”を目指す姿を描く。学園ドラマといえば、新人俳優・女優がブレイクする [全文を読む]

高畑裕太に続く、二世俳優の“セクハラ騒動”――『仰げば尊し』出演陣が前代未聞の不祥事連発

サイゾーウーマン / 2016年09月14日12時45分

今期のドラマが軒並み不調の中、健闘した作品ではあるものの、出演者のスキャンダルが相次いで発生するという、前代未聞の事態となってしまった。 13日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、同ドラマのメインキャストの1人、村上虹郎が、撮影現場でセクハラ騒ぎを起こしていたという。 「虹郎は俳優・村上淳と歌手・UAを両親に持つ二世俳優。2014年、『2つ目の窓』 [全文を読む]

「ふなっしー探偵」に“毛なっしー”が出演!?

Smartザテレビジョン / 2015年12月22日13時00分

ふなっしーがドラマ初主演を務めるスペシャルドラマ「ふなっしー探偵」('16年1月7日(木)夜7:57-9:54フジテレビ系)に、「M-1グランプリ2015」で優勝したトレンディエンジェルの出演が決定した。 トレンディエンジェルは、連続爆破事件の犯人からの暗号を解読した平助(児嶋一哉)と後輩刑事・矢島(松下洸平)が水族館にやって来る場面で、その捜査に同行する [全文を読む]

NHKが業界描くドラマ「おわこんTV」 率直で潔いと女性作家

NEWSポストセブン / 2014年07月15日16時00分

作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏がこの夏、注目のドラマに言及する。 * * * 「テレビ業界のみなさま、失礼します。NHKがこんな業界ドラマをつくってしまいました!!」 という喧伝のもとに始まった異色ドラマ「おわこんTV」(NHKBS火曜日午後11時15分 全8話)。NHK初の、テレビ業界を描く業界モノドラマです。 実はドラマがスタートする前に何度か予 [全文を読む]

森光子、ワイドショー司会抜擢で袋叩き

アサ芸プラス / 2012年11月28日10時00分

舞台のみならずテレビドラマの世界でも、その圧倒的な演技力と存在感で、お茶の間での人気を確固たるものとしたのである。 森と公私にわたる関係も深く、「天国の父ちゃんこんにちは」をはじめTBSで数々のドラマを手がけてきた演出家の鴨下信一氏が証言する。 「リコーのコピー機をもじって“リコピー”と呼ばれるほど、とにかくセリフの覚えが完璧でした。本読みの初日にして、全 [全文を読む]

フォーカス