ドラマ 千葉真一に関するニュース

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

1位『緊急取調室』(テレ朝)14.1% 2位『小さな巨人』(TBS)13.2% 3位『警視庁・捜査一課長』(テレ朝)12.0% 4位『警視庁捜査一課9係』(テレ朝)11.2% 5位『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジ)11.0% ――なんと、見事に5つとも刑事ドラマである。 昨今、連ドラは刑事ドラマや医療ドラマばかりが目に付くが、遂にここまで来た [全文を読む]

夏ドラマの「主役」は二世俳優 千葉真一やUAの息子も

NEWSポストセブン / 2016年07月12日07時00分

7月8日に放送された『神の舌を持つ男』(TBS系)を皮切りに、夏ドラマがスタートした。今クールの注目は、出演者に二世タレントが多いことだ。中には親のように、演技力だけではなく大物感を醸し出している俳優もいる。注目の二世タレントとドラマの見どころについてテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * これほど二世俳優がそろったクールは記憶にありません。し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】片瀬那奈のルックスと演技のギャップを世界の千葉真一が絶賛。「凄いなこのコ」

TechinsightJapan / 2014年07月15日12時00分

女優やタレント、司会として活躍する片瀬那奈は、NHKドラマ『おわこんTV』でハリウッド俳優・千葉真一と共演中だ。その世界の千葉が片瀬那奈のルックスを絶賛。さらに彼女の“のたうち回る芝居”を見て「大したもんだ」と感心した。19歳でCMの『きれいなおねえさん』に抜擢された時には「なんで私が…」と違和感を覚えた片瀬那奈だが、今では「振り切る役が大好き」だというま [全文を読む]

千葉真一、深作欣二の初監督の怒号に驚いた

アサ芸プラス / 2012年11月27日10時00分

そして68年、これらを下敷きにしたドラマが始まり、日本におけるアクションスターとしての千葉を決定的なものにする。最高視聴率が30%を超えた「キイハンター」(TBS)のことである。このドラマの第1話を深作が演出し、全体の方向性を千葉とともに決定づけた。 「毎週のドラマなのに、深作さんの1本目だけで2カ月くらい撮っていた。プロデューサーから『早く上げてくれよ』 [全文を読む]

第23回「女子アナの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年07月21日18時24分

体調が悪いとは聞いていたが(実際、3月に行われた同ドラマの制作発表の会見ではメインキャスト中、ただ一人欠席した)まさかこんな急展開になろうとは。とはいえ、俗に「役者は舞台上で死ぬのが本望」とも言うし、81歳というお年を考えたら、それはそれで役者冥利に尽きるのかもしれない。長い間、お仕事お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。 さて、その野際サン。訃報を伝える [全文を読む]

急死…野際陽子さん、仕事以上に気になること

NewsCafe / 2017年06月16日11時45分

リアル老人ホームドラマなどと言われながら、業界の注目を集める昼の帯ドラマ「やすらぎの郷(さと)」(テレビ朝日系)。 「八千草薫(86)や有馬稲子(85)はじめ、高齢俳優が何人も出演し、その健康状態が心配されていましたが、主要キャストのひとり、野際陽子さん(81)が急死したことで、ドラマの展開が心配されています」とはテレビ誌ライター。 物語は、石坂浩二(75 [全文を読む]

窪田正孝と新田真剣佑を巡り「二の腕の血管好き女子」が大論争!

アサジョ / 2017年06月09日10時15分

7月から始まるフジテレビ系のドラマ「僕たちがやりました」。このドラマを巡って、いま女子の間で“イケメン論争”が勃発している。「主役のトビオを演じるのは窪田正孝。他にも間宮祥太朗、新田真剣佑、葉山奨之など、今をトキめく若手俳優が揃っています。イケメン好きの視聴者をターゲットにしているのは、言うまでもありません」(女性誌記者) 中でも注目を集めているのが、28 [全文を読む]

高畑裕太に続く、二世俳優の“セクハラ騒動”――『仰げば尊し』出演陣が前代未聞の不祥事連発

サイゾーウーマン / 2016年09月14日12時45分

今期のドラマが軒並み不調の中、健闘した作品ではあるものの、出演者のスキャンダルが相次いで発生するという、前代未聞の事態となってしまった。 13日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、同ドラマのメインキャストの1人、村上虹郎が、撮影現場でセクハラ騒ぎを起こしていたという。 「虹郎は俳優・村上淳と歌手・UAを両親に持つ二世俳優。2014年、『2つ目の窓』 [全文を読む]

「ふなっしー探偵」に“毛なっしー”が出演!?

Smartザテレビジョン / 2015年12月22日13時00分

ふなっしーがドラマ初主演を務めるスペシャルドラマ「ふなっしー探偵」('16年1月7日(木)夜7:57-9:54フジテレビ系)に、「M-1グランプリ2015」で優勝したトレンディエンジェルの出演が決定した。 トレンディエンジェルは、連続爆破事件の犯人からの暗号を解読した平助(児嶋一哉)と後輩刑事・矢島(松下洸平)が水族館にやって来る場面で、その捜査に同行する [全文を読む]

NHKが業界描くドラマ「おわこんTV」 率直で潔いと女性作家

NEWSポストセブン / 2014年07月15日16時00分

作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏がこの夏、注目のドラマに言及する。 * * * 「テレビ業界のみなさま、失礼します。NHKがこんな業界ドラマをつくってしまいました!!」 という喧伝のもとに始まった異色ドラマ「おわこんTV」(NHKBS火曜日午後11時15分 全8話)。NHK初の、テレビ業界を描く業界モノドラマです。 実はドラマがスタートする前に何度か予 [全文を読む]

森光子、ワイドショー司会抜擢で袋叩き

アサ芸プラス / 2012年11月28日10時00分

舞台のみならずテレビドラマの世界でも、その圧倒的な演技力と存在感で、お茶の間での人気を確固たるものとしたのである。 森と公私にわたる関係も深く、「天国の父ちゃんこんにちは」をはじめTBSで数々のドラマを手がけてきた演出家の鴨下信一氏が証言する。 「リコーのコピー機をもじって“リコピー”と呼ばれるほど、とにかくセリフの覚えが完璧でした。本読みの初日にして、全 [全文を読む]

渡辺謙、真田広之、米倉涼子…海外で活躍する日本人俳優、現地での「本当の評価」

週刊女性PRIME / 2017年09月02日19時30分

ドラマ『HEROES/ヒーローズ』などに出演して人気を博していますが、オタク、サラリーマンという典型的な日本人イメージで人気。一方で、そういった役しかこないのがジレンマだそう」(今さん、以下同) 語学の壁とイメージに阻まれながらも、アメリカに拠点を置いて活躍しているのは、真田広之。映画だけでなく、大作ドラマシリーズ『LOST』『HELIX』『エクスタン [全文を読む]

新田真剣佑、「僕やり」不良役が好感触 20歳のフレッシュだけではない魅力

THE PAGE / 2017年08月29日18時30分

放送中のドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)では悪役となる不良の市橋哲人をクールかつウェットに演じるが、こちらも好評だ。役作りはしっかりと、カッコいいだけではなくまわりに気配りできるタイプ アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカに生まれ、高校卒業まではハリウッドで暮らし、アメリカ映画にも出演していたが、2014年からは日本に活動の拠点を移した。当初 [全文を読む]

野際陽子さん四十九日…長女・真瀬樹里語る「強き母の遺言」

WEB女性自身 / 2017年08月11日11時00分

63年にTBSのドラマ「悲の器」で女優デビューすると、66年にパリへ1年間留学。帰国後の68年には、TBSのドラマ「キイハンター」がスタート。視聴率30%越えを記録し、5年間放送される大ヒット作となった。 そんな世の女性の憧れの存在だった野際さんは73年に千葉真一(78)と結婚。そして75年、38歳で真瀬を出産した。野際さんの溺愛ぶりは相当なものだったが、 [全文を読む]

千葉真一「本物のダイナマイト使用」シーンができたワケ

日刊大衆 / 2017年08月03日16時05分

伝説のアクションドラマ『キイハンター』(TBS系)の撮影秘話を明かし、ダウンタウンの松本人志(53)と浜田雅功(54)を驚かせる場面が見られた。 番組ではまず千葉と谷が共演した『キイハンター』について説明。1968年から73年の5年間にわたり放送され、視聴率が30%を超える大ヒットドラマだったこと、人気に火をつけた派手なアクションシーンのほとんどが、千葉が [全文を読む]

野際陽子さん追悼「須藤甚一郎の偏見自在」

日刊大衆 / 2017年06月16日06時05分

話題のシニアドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)に出演中で、元気に見えた女優・野際陽子さんが突然亡くなった。享年81。出演者一同、驚いている。 野際さん、実は3年前に肺がんを手術したが、たっての希望で、治療を続けながら女優を続けていた。野際さんが女優デビューをしたのは、1963年のTBSドラマだった。ちなみに、野際さんは立教大学文学部卒、立教大学野球部で [全文を読む]

北村匠海、次世代の“演技派”として頭角を現した背景ーーたしかなキャリアと複雑な役どころに迫る

リアルサウンド / 2016年07月23日06時10分

村上淳を父、UAを母に持つ村上虹郎や、千葉真一を父に持つ真剣佑など、二世俳優が出演していることでも話題になっているドラマ『仰げば尊し』。今をときめく若手俳優が大集結したこの作品の中で、安保圭太を演じる北村匠海にも注目が集まっている。 参考:滝沢秀明、濃密ラブシーンで一皮剥けるか? 今夜初放送『せいせいするほど、愛してる』への期待 北村はスターダストの若手男 [全文を読む]

意外!?元AKB48、倉持明日香「グロテスクな●●すごく好き」

Woman Insight / 2015年09月17日16時30分

本作は、ゾンビとのアクションシーンも見どころのひとつですが、出演者から「千葉さんにアクション指導をしてほしい」と言われ、千葉さんも「アクションはドラマなので……。アクションものだけど、相手はオバケ。難しいアクションだから工夫をしないと、見世物になってしまう。リアリティのないアクションは難しい」とコメントしました。 次のページは皆さんの写真とコメントをご紹 [全文を読む]

トミタ栞「みんなが困った顔をしてるのが快感(笑)」

Smartザテレビジョン / 2015年07月26日07時19分

7月26日(日)からMBSで放送が始まるドラマ「となりの関くんとるみちゃんの事象」(TBSは7月28日(火)スタート)の「るみちゃんの事象」パートで、るみちゃん役を務めるトミタ栞にインタビューを敢行。原克玄の同名漫画をドラマ化した作品で、るみちゃんは趣味・特技が脱臼、「My name is Nancy.」を「あたいの名は、あけみ」と訳し、カラオケでは「千葉 [全文を読む]

松坂桃李、土屋太凰、真剣佑も…!? 芸名より変わってる(?)、実は本名の芸能人

dmenu映画 / 2017年09月21日07時00分

また、今年の夏期ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)でヤンキー役を演じる俳優・新田真剣佑(まっけんゆう)も、本名で活躍する芸能人の一人である。芸名のようで芸名でない……。そんな変わった(!?)本名をもつ芸能人を紹介する。 由来が気になる!インパクト大の名前<男性編> 一見して女の子のような字面だが、松坂桃李(まつざか・とおり)は正真正銘の本名である [全文を読む]

フォーカス