転移 川島なお美に関するニュース

近藤誠医師 がん手術が転移・再発を引き起こす可能性を指摘

NEWSポストセブン / 2015年10月31日07時00分

しかしその手術によって、がんの転移が早められている可能性があるという。 先月、胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、2014年の1月に手術を行った。そのわずか半年後の7月に再発。それから1年足らずで亡くなってしまった。同じく先月、胃がんで亡くなったアナウンサーの黒木奈々さん(享年32)は、昨年9月に胃の全摘出手術を受け、今年の7月に再発し、やは [全文を読む]

川島なお美さん訃報に際し考える がんの早期発見・治療は本当に正しいのか?

Business Journal / 2015年10月09日06時00分

前者を「浸潤」、後者を「転移」といいます。その場で大きくなっても通常は命に別状ないのです。たとえば妊娠中の方はお腹に3キログラムの赤ちゃん、そして胎盤などを抱えていますが、元気ですね。そんな悪さをしないが大きくなるものは、がんではなく良性腫瘍とも呼ばれます。もちろん妊娠は腫瘍ではありません。 さて、これからが問題で、顕微鏡で組織を見ると、いままでの経験から [全文を読む]

がん新時代「見つけ方&治し方」超入門

プレジデントオンライン / 2017年06月10日11時15分

断端から5ミリ以内にがん細胞が見つかった場合、粘膜層のさらに下までがん細胞が広がり転移の可能性がある。病変を切り取る開腹手術か腹腔鏡切除術の適応だ。 さらに手術で切り取ったリンパ節からがん細胞が見つかると「リンパ節転移あり」の病期III。再発予防を目的に術後の半年間は抗がん剤治療が行われる。リンパ節転移がない病期IIでも再発率は約13%。病期IIIの約3 [全文を読む]

川島なお美さん 手術遅かったとの指摘は間違いと近藤誠医師

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

他臓器に転移しないがんを「がんもどき」と名づけ、治療せずに放っておいた方が長生きできるというのだ。 そんな近藤医師から川島さんはどんなセカンドオピニオンを受けたのだろうか。取材にあたり、近藤医師は患者のプライバシーに関わること、亡くなった人に対する守秘義務は生じないことを説明した上で、「話しておかなくてはならないことがある」と取材に応じてくれた。「テレビの [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

その時点で転移は確認できませんでしたが、胆管がんは予後の悪いがんのひとつです。肝臓の中を這うように広がっていることが多く、いずれ転移が発覚する可能性が高かった」(近藤医師) 診察時、川島はミュージカルの舞台を優先するため、体にメスを入れることは避けたいと訴えたという。 川島の意志を汲むように、近藤医師は手術の回避を提案した。理由についてこう語る。 [全文を読む]

川島なお美の手術が遅れたのは「がんと闘うな」近藤誠医師の診断のせいだった? がん専門医からも誤診との批判が

リテラ / 2015年10月28日09時00分

近藤医師によると「セカンドオピニオン外来」に川島がやってきたのは肝臓内に影が見つかってから1カ月のこと、彼女の検査画像は「(MRI検査での)病巣の大きさが二センチほどでした」「検査画像では転移の所見は認められなかった」。 川島は「十月から始まる稽古に備え、『手術をしてしまおうかとも思いましたが、やはり年内のハードな仕事はできなくなると考え直し、しばらく様 [全文を読む]

川島なお美も受けた肝内胆管がん腹腔鏡手術に医師から疑問の声

NEWSポストセブン / 2017年09月14日16時00分

さらに、がんのステージが高く、あちこちに転移しているとなれば、手術自体が有効とはいえず、抗がん剤などの化学療法や焼灼療法、放射線照射を選ぶのが普通です」 患者本人が抗がん剤治療を拒否し、腹腔鏡手術を強く望むケースが多いといわれるが、あえて難易度の高い治療法を選べば、失敗のリスクは当然高まる。 川島さんも術後2年以内に再発して亡くなっている。 ※週刊ポスト2 [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【後編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

また、初発病巣を手術で取り除くと、潜んでいた転移巣が急激に増殖するケースも多々ある。“このまま放っておいても1年で死ぬことはない。1年以内で死ぬとすれば、手術や抗がん剤治療を受けた場合です”と伝えました。抗がん剤は胆管がんには効かず、副作用しかありませんからね」 などとコメント。手術は無意味であると指摘している。川島は近藤医師の元を訪れた4か月後の昨年1月 [全文を読む]

重大病が見つかるチェックリスト「前立腺がん」

アサ芸プラス / 2015年10月14日17時55分

転移がなくステージBくらいまでであれば、前立腺全摘除術によって完全に治る可能性が高いと言われています。しかし術後、一部の人に尿失禁が見られたり、性機能障害が起きたりすることもあります。 前立腺がんは、1つのがん細胞ができて、それが増殖し、治療を要するようになるまで一般的に40年近くかかるとされています。つまり、年齢を重ねるごとにがん細胞の数がゆっくりと増 [全文を読む]

急逝・川島なお美が「女優」を貫き通した壮絶闘病

アサ芸プラス / 2015年10月03日09時57分

みずから、転移はしておらず、腫瘍を完全に切除することに成功したと語った。「艶っぽさがある健康な熟女」を気丈に演じたのだった。 術後も放射線治療や抗がん剤治療を拒否したが、これも女優業のためだったようだ。医療ジャーナリストの笹川伸雄氏が解説する。「治療も大幅に進歩していますが、抗がん剤を飲むと9割9分脱毛症状は起きますし、激痛が体を襲います。放射線治療も、照 [全文を読む]

川島なお美母「もう少し病室にいれば」と後悔も鎧塚氏に感謝

NEWSポストセブン / 2015年10月02日16時00分

がんが全身に転移しており、主治医も手の施しようがなかったのだそうです」(川島を知る芸能関係者) 容体が急変したのは、24日のことだった。川島の母が語る。 「鎧塚さんから“危ないかもしれません”と連絡を受けて、急遽病室に駆けつけたんです。主治医の先生も“今日、明日が山場かもしれません”とおっしゃいました。でも、私たちがなお美の手を握ったら、とても温かかった。 [全文を読む]

【川島なお美】「抗がん剤拒否」は間違いだった!? 代替医療にハマった有名人がん患者5名!!

tocana / 2015年09月26日09時00分

その後、がんがリンパ節にも転移し、5年生存率が40%であると宣告された竹原は、手術や抗がん剤投与などを経て、現在は治療を終えた。代替医療がどれほど効果を発揮したのかは不明だが、見事にがんを克服した。 [全文を読む]

何故?川島なお美さん「抗がん剤拒否」報道にネットざわつく

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日09時58分

抗がん剤治療とは、細胞の増殖を防ぐ抗がん剤を用いた治療法としてよく使われており、成長を遅らせたり、転移や再発を防いだりする。ただし、これは正確には「抗がん剤を拒否」したのではなく、女優として最後まで行きたいという選択をしたという女優魂といったほうが正しいのかもしれない。抗がん剤治療の副作用として吐き気・脱毛などが認められるので、その状態では舞台に立てないの [全文を読む]

川島なお美 露出の多いワンピースで深刻な様子ナシと目撃談

NEWSポストセブン / 2015年09月20日07時00分

全身にがんが転移した後も、死ぬ間際までがんを隠して演技を続け、2008年8月、椅子に座りながら絶命した。 乳がんを患った田中好子さん(享年55)は抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ち、やせ衰えて、かつらの着用を公にしながらも芸能活動を続け、2011年4月に亡くなった。 樹木希林(72才)もまた、全身がんに侵されながら、手術や抗がん剤治療を拒否して活動を続けて [全文を読む]

「再婚しないでほしい」ガンから復帰した川島なお美が夫宛てに書いていた遺書

アサジョ / 2015年09月10日09時59分

今は通院もしていない、と全快ぶりをアピールしていますが、転移していた場合の生存率はけっして高くないと言われているだけに、仕事のし過ぎを危ぶむ声もあります」(前出・写真誌カメラマン)「私の血はワインでできている」の名言で知られる川島なお美。ガンを完全に克服して、美味しいワインを飲む日が来ることを祈るばかりだ。(村上トマト) [全文を読む]

渡瀬恒彦を襲った胆のうガンの「怖い原因」

アサ芸プラス / 2017年03月24日05時59分

痛みなどの症状が出始めた時は、すでに他の臓器に転移しており、末期の場合が多い。渡瀬も川島なお美(胆管ガン)もそうだった。 ではコレステロール値の高い食品(脂肪の多い肉、鶏卵、魚卵、バターや糖質の多いお菓子やアルコール等)の摂取を減らせば予防になるのか。前出・中島院長が言う。「体内のコレステロールの80%は肝臓で作られ、食品から取り込まれるものは全体の20% [全文を読む]

渡瀬恒彦 胆のうに腫瘍、闘病しながらドラマ撮影継続

NEWSポストセブン / 2016年05月25日16時00分

発見したらすぐに手術で摘出することが一般的ですが、見つかった時には他部位に転移していて、手術ができない場合も多い。そうすると、1年生存率は20%ほど、3年生存率は3%まで下がります。腫瘍が悪性か良性かを見分けるのが難しいという難点もあります。10mm以上の腫瘍ならがんの可能性が高いため切除しますが、5mm程度の腫瘍なら手術をせずに様子を見る選択肢もあります [全文を読む]

不要ながん治療が患者を殺す?がん診断の9割は間違い?治療やめたら治る例も

Business Journal / 2015年12月31日06時00分

また転移することもなく、ほかの臓器を侵食することもありません。近藤医師は、この悪性でない腫瘍をがんもどきと呼んでいるのです。 [全文を読む]

原千晶 自身が受けたがん告知時の状況と治療後の後悔を語る

NEWSポストセブン / 2015年11月29日07時00分

全摘手術というのは再発転移を防ぐための予防的な見地で、そのことにも納得がいかなかった。まだ結婚もしてなくて、出産にも希望を持っていたので…。結局、手術をキャンセルし、温存手術をお願いしました。それが自分で出した結論だったんです。今振り返っても、あの時はそう決断するしかなかったと思っています。 その4年後に今度は子宮体がんの告知を受け、手術の後に抗がん剤治療 [全文を読む]

川島なお美さん、手術しなければ長生きできた?不自然な治療過程、早期発見の罠

Business Journal / 2015年09月30日06時00分

だから、腹腔鏡を選択したということは、がんの状況は肝臓転移がなく、周囲のリンパ節へも浸潤しておらず、まして腹膜播種がなかった、つまりお腹の中に広がっていなかったと考えられる。 ところが報道によれば、川島さんの場合は、肝臓の外の胆管にできた肝外胆管がんではなく、肝臓内の細い胆管にできた肝内胆管がんだった。肝内胆管がんの腹腔鏡手術は、胆管がんのなかでも肝門部胆 [全文を読む]

フォーカス