抗がん剤 川島なお美に関するニュース

何故?川島なお美さん「抗がん剤拒否」報道にネットざわつく

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日09時58分

どうやら「抗がん剤」を使わず民間療法で治療を試みていたという。理由としては最後まで女優として舞台に立ちたいという意気込みからということだが、ネットでは「民間療法かよ・・・」「何故拒否したのか」など疑問の声が上がっている。【川島なお美さん死去 54歳】女優の川島なお美さんが胆管がんのため、都内の病院で亡くなった。54歳だった。 http://t.co/96E [全文を読む]

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日08時00分

2014年3月27日のブログには、 「素晴らしい民間療法との出会いがありました」 というコメントともに、安易に外科手術や抗がん剤を薦める医師に辟易してきたことも記されていた。腫瘍発見から手術までに期間が空いたのも、納得のいく医師を見つけられなかったからとしている。 抗がん剤は使わずに貫いた「女優道」 7月5日のブログには、自身のがんは「完治した」とし、川 [全文を読む]

がん新時代「見つけ方&治し方」超入門

プレジデントオンライン / 2017年06月10日11時15分

3つ目は当然ですが、そのがんに対する有効な治療法(手術、放射線、抗がん剤など)が確立されているか、ということです」(若尾氏) 胆管がんは管の壁に沿って発育するため、また膵臓は身体の奥深くに位置しているため、一般的な画像検査では早期発見が難しい。たとえば、新たに診断される膵がんの7割はIV期の進行がんだ。進行スピードも大腸がんに比べると段違いに速い。 したが [全文を読む]

川島なお美 露出の多いワンピースで深刻な様子ナシと目撃談

NEWSポストセブン / 2015年09月20日07時00分

乳がんを患った田中好子さん(享年55)は抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ち、やせ衰えて、かつらの着用を公にしながらも芸能活動を続け、2011年4月に亡くなった。 樹木希林(72才)もまた、全身がんに侵されながら、手術や抗がん剤治療を拒否して活動を続けている。がんが発覚して以降、「ジタバタしなくても勝手に死ぬ」という諦念を持って人生を歩んでいる。 医学が進 [全文を読む]

川島なお美、女優としての仕事とその人柄ーー岡田惠和作品ではコメディのセンスも

リアルサウンド / 2015年09月26日08時22分

昨年1月にがんが発覚し、摘出手術を受けたが、術後は抗がん剤や放射線治療を一切受けずに、免疫療法を向上させる食事療法や運動を実践してきたという。最後まで女優として生き、再び舞台に立つことを願ったうえでの選択だったとのことだ。 参考:浜辺美波は『あの花』めんま役にふさわしい? 女優としてのポテンシャルを検証 川島なお美は1979年、青山学院大学文学部在学中に女 [全文を読む]

“女優であること”を選んだ川島なお美、芸道者の「生き方」と「逝き方」とは?

アサ芸プラス / 2015年09月25日17時58分

1年9カ月の闘病生活は抗がん剤による治療は行わず、民間療法を選択。「抗がん剤の副作用でステージに立てなくなる可能性があるなら、最後まで女優として舞台に立ち続けたい」という理由だった。「あまりにも若くして逝かれてしまったので、抗がん剤拒否についていろいろな意見があると聞きます。しかし近年、生存期間を延ばすことより生活や生き方の質・QOL(クオリティ・オブ・ [全文を読む]

【川島なお美】「抗がん剤拒否」は間違いだった!? 代替医療にハマった有名人がん患者5名!!

tocana / 2015年09月26日09時00分

2013年夏に腫瘍が見つかり、昨年1月には約12時間にわたる腹腔鏡手術を受けたが、その後は抗がん剤や放射線による治療を拒否し、代替医療による健康維持に努めてきた川島なお美。その様子は本人のブログなどを通じて頻繁に発信されており、多方面から反響を呼んでいた。 代替医療とは、近代医学の限界を指摘した上で、いまだ有効性が科学的に証明されていないものも含めた多種多 [全文を読む]

川島なお美の手術が遅れたのは「がんと闘うな」近藤誠医師の診断のせいだった? がん専門医からも誤診との批判が

リテラ / 2015年10月28日09時00分

抗がん剤は効かない」「手術は命を縮めるだけ」「検査も不要」と主張するとの持論を展開、2012年12月に初版1万部でスタートした著書『医者に殺されない47の心得』(アスコム)は100万部を超えるベストセラーになった。14年3月末には慶應義塾大学医学部を定年退職し、現在は、「セカンドオピニオン外来」での診察が中心になっている。セカンドオピニオンとは現在の主治医 [全文を読む]

川島なお美さんの抗がん剤拒否や代替療法、間違っていたのかは「わからない」

Business Journal / 2015年10月13日22時00分

「女優の川島なお美さんは、すぐに手術をしなかったり、抗がん剤を拒否したり、代替療法などに頼ったため、死期を早めてしまったのでしょうか」 確かに非常識君は、非常識ですね。そんなことを公言すること自体がとても非常識です。しかし、公言しないだけで同じように思っている人は少なくないと思います。 医療には99%正しいと思われることもあれば、なんとなく正しそうだなと [全文を読む]

これが真実!川島なお美さん「抗がん剤治療」しない理由が明らかに

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日17時49分

―「この人になら命を預けられる」そう思える先生と出会うまで手術はしたくありませんでした川島なお美さんのブログには、なぜ抗がん剤治療を行わなかったのか「真実」というタイトルで2014年3月27日に投稿されておりました。その記事の内容によると以下の様な記載がされております。言われるがままわけもわからずただ切られる、とか不必要な抗がん治療を受ける、とか私は反対で [全文を読む]

夫婦で闘病に臨む川島なお美「朝からシャンパン」復活なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年09月24日12時00分

10年生存率は30% 川島は自らブログで、 「私が乗り越えた病気は 5年生存率50% 10年生存率2~30%という厳しいものです」 と発表するだけあって、有効な抗がん剤がなく、放射線の治療もままならない。再発したら手術を繰り返すしかないという厳しいものなのだ。 ネットユーザーからも、メディアに“激やせ”姿を晒しながらも仕事をこなそうとするその姿に、 「き [全文を読む]

川島なお美も受けた肝内胆管がん腹腔鏡手術に医師から疑問の声

NEWSポストセブン / 2017年09月14日16時00分

さらに、がんのステージが高く、あちこちに転移しているとなれば、手術自体が有効とはいえず、抗がん剤などの化学療法や焼灼療法、放射線照射を選ぶのが普通です」 患者本人が抗がん剤治療を拒否し、腹腔鏡手術を強く望むケースが多いといわれるが、あえて難易度の高い治療法を選べば、失敗のリスクは当然高まる。 川島さんも術後2年以内に再発して亡くなっている。 ※週刊ポスト2 [全文を読む]

小林麻央さんの死去で、再び“民間療法”話題に……セレブ芸能人につけ込む悪徳業者も

日刊サイゾー / 2017年07月06日13時00分

麻央さんが医師から抗がん剤などを用いた標準治療を提示されるも、これを断って気功などの民間治療を行っていたというもの。ネット上でも「現代医療で、北斗晶はちゃんと助かった」「民間療法にだまされる人間が悪いのではなく、悪いのは民間療法そのものだ」などの声が聞かれる。 ある芸能関係者によると、数年前にがんで亡くなった20代の女性モデルは、病院での手術を拒み、「奇跡 [全文を読む]

【書評】「効き過ぎる」から目の敵にされるがんの特攻療法とは

まぐまぐニュース! / 2017年05月03日09時28分

そういう患者を助けるには、手術、抗がん剤、放射線という標準治療が施されるが、それより効果的で優れた治療が、筆者が進めるANK免疫細胞療法であると主張する。 私の定年は、全国のがん専門医が、免疫を温存する分子標的薬と強力な免疫療法の併用でがんを完治させることに理解を示し、病診連携で協力体制を築いてがんサバイバーを増やし、国民医療費を削減して国家財政の破綻を回 [全文を読む]

川島なお美が遺著で近藤誠医師のセカンドオピニオンを告発していた!「あれは何だったの」「がんを放置しないで」

リテラ / 2015年12月14日08時00分

抗がん剤や放射線治療に見向きもしなかったのも先生の影響かもしれません。でも、がんは放置さえすれば本当にいいのでしょうか?〉 今年2015年9月に54歳と若くして胆管がんで亡くなった川島なお美が、ベストセラー『患者よ、がんと闘うな』などの著書をはじめ"がん放置療法"で知られる近藤誠医師を批判していたことがわかった。 たしかに、川島は近藤医師からセカンドオピ [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

「手術も抗がん剤も患者には有害である」とする“がん放置療法”で知られる近藤誠医師が登場し、川島が2年前に近藤医師の外来を訪れ、がん治療のセカンドオピニオンを受けていたことを告白。近藤医師は川島に外科手術の無意味さを説き、別の治療法を提案したと明かした。 女性セブンの取材に応じた近藤医師は、改めて当時の川島とのやりとりを説明する。最初にコンタクトがあったのは [全文を読む]

川島なお美さん 手術遅かったとの指摘は間違いと近藤誠医師

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

近藤誠医師といえば、手術も抗がん剤も患者にとって有害だとする「がん放置療法」で知られる。他臓器に転移しないがんを「がんもどき」と名づけ、治療せずに放っておいた方が長生きできるというのだ。 そんな近藤医師から川島さんはどんなセカンドオピニオンを受けたのだろうか。取材にあたり、近藤医師は患者のプライバシーに関わること、亡くなった人に対する守秘義務は生じないこ [全文を読む]

急逝・川島なお美が「女優」を貫き通した壮絶闘病

アサ芸プラス / 2015年10月03日09時57分

術後も放射線治療や抗がん剤治療を拒否したが、これも女優業のためだったようだ。医療ジャーナリストの笹川伸雄氏が解説する。「治療も大幅に進歩していますが、抗がん剤を飲むと9割9分脱毛症状は起きますし、激痛が体を襲います。放射線治療も、照射した部分の臓器が機能低下を起こすリスクから逃れることはできません」 夫と病院を探したが、放射線や薬を拒否した場合、「免疫療 [全文を読む]

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

舞台後はファンのかたと元気に握手などしていたので、体調は大丈夫だと信じていたんです」(川島の母) 術後、川島は放射線治療や抗がん剤治療を一切行わず、免疫力を向上させる食事療法や運動を実践していた。「彼女は抗がん剤などの副作用に苦しむより、痛みを和らげる緩和療法的な治療を模索しました。余命1年という宣告を受け、女優としての仕事と、鎧塚さんとの日常生活を何より [全文を読む]

がん治療は是か非か 専門医が語る「がん放置療法」の現状

NEWSポストセブン / 2016年12月11日16時00分

かなり前から「がんは治る病気になった」「手術も抗がん剤も目ざましく進歩」「とにかく早期発見・早期治療を」と、国も医療界も連呼している。しかし、がんで死ぬ人は1981年以来増え続けて、なんと35年以上も「日本人の死因のトップ」に君臨。「治る病気」には、全くなっていないのが現状だ。「早期発見・早期治療」が功を奏していないことも、前立腺がんのPSA検診や、乳がん [全文を読む]

フォーカス