小説 浅田次郎に関するニュース

木下昌輝×すっちー「江戸から盗め、笑いの秘訣!」

文春オンライン / 2017年06月13日11時00分

笑いも小説も仕込みが大事 すっちー トランクを開けたら花束が出てくるサプライズをしようと思ったら、「花の香りしたらばれるから絶対あかんよね。レシートあってもあかん」って考えますよね。サプライズも笑いも仕込みが大切なんです。小説の伏線を張る作業と似ていると思うのですが。 木下 はい、僕も伏線を大事にしていて、最後の場面を引き立たせるために、逆算して話の構成 [全文を読む]

浅田次郎&ながやす巧の両巨匠が贈る 本格派幕末歴史コミック『壬生義士伝』が 2016年12月16日(金)待望の6巻発売!

DreamNews / 2016年12月12日18時00分

『鉄道員』『蒼穹の昴』でおなじみの浅田次郎が新境地を切り拓いた小説を、『愛と誠』『Dr.クマひげ』のながやす巧が重厚かつ緻密なタッチで描き、第39回日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞した本格派幕末歴史コミック。知られざる“新選組最強の男”吉村貫一郎の生涯を通して、幕末の侍たちの生き様を、そして家族愛を描く傑作の最新6巻が、2016年12月16日(金)に発売致し [全文を読む]

朝日新聞社、ABCライツビジネス、オトバンクがオーディオブック事業

PR TIMES / 2017年07月14日09時00分

浅田次郎「椿山課長の七日間」、朝日放送アナも起用株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、朝日放送グループの株式会社ABCライツビジネス(東京都中央区、代表取締役社長:幡谷和久)、株式会社オトバンク(東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)の三社共同で、浅田次郎氏の人気小説『椿山課長の七日間』(朝日新聞出版刊)をオーディオブック化しました。朝日放 [全文を読む]

漫画「壬生義士伝」7巻発売記念キャンペーン実施! テレビ初出演!NHK「浦沢直樹の漫勉」にながやす巧登場!

DreamNews / 2017年03月14日09時00分

『鉄道員(ぽっぽや)』『蒼穹の昴』でおなじみの浅田次郎が新境地を切り拓いた小説を、『愛と誠』『Dr.クマひげ』のながやす巧が重厚かつ緻密なタッチで描き、第39回日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞した本格派幕末歴史コミック。知られざる“新選組最強の男”吉村貫一郎の生涯を通して、幕末の侍たちの生き様を、そして家族愛を描く傑作の最新7巻が、2017年3月16日(木) [全文を読む]

浅田次郎作品 韓国で初の連続ドラマ化!『椿山課長の七日間』

PR TIMES / 2016年01月26日11時43分

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、『鉄道員(ぽっぽや)』で有名な浅田次郎氏の小説『椿山課長の七日間』(朝日文庫刊)の韓国での映像化権に関して、韓国の総合エンタテインメント企業HUNUS ENTERTAINMENT INC(フナス・エンターテイメント)へ橋渡しを行い、ライセンス契約を締結いたしました。浅田次郎氏の作品が韓国で連続ドラマになることは、初とな [全文を読む]

創刊50有余年の娯楽小説誌「小説現代」《電子版》配信開始のお知らせ

PR TIMES / 2015年10月01日10時10分

五木寛之氏、浅田次郎氏、宮城谷昌光氏、夢枕獏氏等、豪華連載執筆陣、藤田宜永氏、真保裕一氏新連載、塩田武士氏〈電子版限定〉新連載等、ボリュームたっぷりの「小説現代」が、電子書籍で手軽に読めます! 株式会社講談社は2015年10月1日(木)より「小説現代」2015年10月号の電子版を各電子書店にて配信開始いたしました。紙の雑誌は毎月22日発売、電子版は毎月1日 [全文を読む]

『王妃の館』で腹筋崩壊・涙腺決壊! 超豪華パリ旅行の華麗な顛末とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月06日11時30分

『王妃の館』はドタバタの現代パートと、コンシェルジュが語りツアー客の作家が小説にしたルイ14世時代のパートで構成されている。この現代パートはまさに予定調和。しかし単なる予定調和ではない。浅田次郎はわざと早い段階で手の内を読者に見せる。だから読者は先を読めるし、その通りに進む。なのに感動する。なのにカタルシスがある。それはお約束の展開をお約束以上に見せる描 [全文を読む]

水谷豊演じる右京が驚きのビジュアルに!

Movie Walker / 2015年02月18日05時00分

浅田次郎原作の人気小説を「相棒」シリーズの水谷豊主演で映画化する『王妃の館』(4月25日公開)。本作は、花の都パリを舞台に、個性派ぞろいのツアー客たちの人間模様が錯綜するエンタテインメント作品だ。 今回、水谷豊演じる天才小説家・北白川右京の衝撃ビジュアルが初公開された。右京は、ひとたび小説のインスピレーションが湧くと、我を忘れて自分の世界に没頭してしまう執 [全文を読む]

浅田次郎&ながやす巧の両巨匠が贈る 本格派幕末歴史コミック『壬生義士伝』が 2016年8月5日(金)よりWEBで連載再開!

DreamNews / 2016年08月04日17時00分

http://www.mibugishiden.com幕末を駆け抜けた「最強最後の義士」の伝説が今、蘇る── 『鉄道員』『蒼穹の昴』でおなじみの浅田次郎が新境地を切り拓いた小説を、『愛と誠』『Dr.クマひげ』のながやす巧が重厚かつ緻密なタッチで描き、第39回日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞した本格派幕末歴史コミック。 知られざる“新選組最強の男”吉村貫一郎 [全文を読む]

浅田次郎×WOWOWついに実現!土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW きんぴか」 原作者の浅田次郎からドラマ化へのコメントが到着!「映像化は難しいだろうなとは思っています。」

PR TIMES / 2016年01月15日14時17分

≪原作:浅田次郎コメント≫ この小説は25年前くらい前に書いたものなので、映像化したいというお話をいただいた時は、正直、「ええ?」って驚きました。ただ、その当時、社会の話題になっていたことが、時代がめぐりめぐって、また同じようなことが出てきている。不思議な感じがしました。 映像化していただけるということなんですが、難しいだろうな、とは思っています。この小説 [全文を読む]

浅田次郎の名作短編『ラブ・レター』朗読CDが発売。声優・置鮎龍太郎が声で魅せる珠玉のストーリー。

DreamNews / 2015年07月01日09時00分

e-Spirit Booksでは、人の心を惹きつける力のある小説を、魅力的な声やキャラクターを持った俳優・タレントが朗読する、高品質なオーディオブックを制作、リリースしていきます。 【既刊】『光と影』原作:渡辺淳一/朗読:大沢たかお『孤舟』原作:渡辺淳一/朗読:黒木瞳『京都まで』原作:林真理子/朗読:小西真奈美『鈍感力』原作:渡辺淳一/朗読:小泉孝太郎『約 [全文を読む]

右京スタイルを自らスケッチ!水谷豊「僕の頭にあった」

Movie Walker / 2015年04月18日08時00分

人気作家、浅田次郎の同名小説を映画化した『王妃の館』(4月25日公開)。ルイ14世が自ら改装を指示した歴史的邸宅を使ったパリの超高級ホテル“王妃の館”を舞台に、そこに集うツアー客の人間模様を描いたエンタテインメント。本作で人気作家、北白川右京を演じる水谷豊にその熱い思いを聞いた。 執筆中は“小説の神様”が体に宿り、我を忘れるほど集中するという風変わりな性格 [全文を読む]

水谷豊、“右京”コールに「メルシー」と笑顔

Movie Walker / 2015年04月16日20時04分

浅田次郎の同名小説を映画した『王妃の館』(4月25日公開)の完成披露試写会が4月16日に新宿バルト9で開催され、水谷豊、田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、尾上寛之、中村倫也、山中崇史、野口かおる、石橋蓮司、石丸幹二、橋本一監督、原作者の浅田次郎が登壇。 「相棒」シリーズで右京役を演じている水谷が、アバンギャルドなファッションに身を包んだ天才作家・北白川右京役を [全文を読む]

水谷豊が天才小説家の北白川 “右京”になる!? 【映画『王妃の館』公開記念 浅田次郎×水谷 豊SP対談】

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月09日11時30分

「相棒」シリーズでもおなじみの杉下“右京”演じる水谷豊が、今作では天才小説家の北白川 “右京”になる!?ルイ14世が最愛の妃のために建てた館を改装したという最高級ホテルに宿泊する。夢のようなツアーに隠されたある秘密とは──? そんな『王妃の館』映画化の特別企画としてダ・ヴィンチとコラボレーション! 扉ページには原作本を持った水谷さんが登場! 原作者・浅田次 [全文を読む]

『涙活』初の公認朗読CDが発売。女優・桜庭ななみ朗読による実話を元にした、優しい奇蹟の感涙ストーリー『ボクと7通の手紙』

DreamNews / 2015年03月17日15時00分

原作には『涙活』イベントでもっとも反響を呼んだ感動の実話を元にした小説、『ボクと7通の手紙』。2015年3月22日、株式会社イー・スピリット(本社:東京都港区、代表:足立茂樹)より、巷間で話題の『涙活』とのコラボーレーションによるオーディオブック(書籍などを朗読作品化したもの)が、女優・桜庭ななみによる朗読CDとして発売されます。原作は、『涙活』イベントで [全文を読む]

「2回読んだが、2回とも眠ってしまった」 選考委員の頭も悩ませた芥川賞受賞作

ニコニコニュース / 2012年01月17日23時27分

「田中さんの小説はどちらかといえば古いタイプの小説だが、円城さんの作品はふつうの小説ではない」 選考会後の記者会見で、両作品をそう評したのは今回を最後に選考委員を辞する作家の黒井千次さんだ。 複雑な構造で、実験的な作風の「道化師の蝶」について、「私は部分的に面白いと思うところはあっても、全体的に理解することができなかった」と、選考委員にとっても難解な作品で [全文を読む]

【アジドラマチック TV 5月新番組情報 】

PR TIMES / 2017年03月22日11時55分

韓国財閥の闇に迫る!帰ってきて ダーリン!(ベーシック初!韓国ドラマ 全16話 ノーカット字幕版)RAIN(ピ) 最新主演作!浅田次郎の人気小説「椿山課長の七日間」が原作韓国版ならではの設定やストーリー展開も必見![画像1: https://prtimes.jp/i/196/1162/resize/d196-1162-214480-0.jpg ]★浅田次郎 [全文を読む]

「いやしこむ」では、思い出の本に関するアンケートを303人に実施しました。第1位は、20代からの支持を集めたあの本でした。

DreamNews / 2015年10月07日12時00分

大好きです」(23歳女) □『きけわだつみのこえ』日本戦没学生記念会編集(岩波文庫)「現代人が読むべきだと思います」(30歳女) など、小説からビジネス書まで幅広い本が挙がりました。(25冊の詳細については http://iiiyashi.com/024/)第4位(3票)の本は5冊ありました。 □『心を整える。』長谷部誠(幻冬舎)「自分のことに置きかえても [全文を読む]

夢の続きを見られる浅田次郎氏が「夢見ること」自体を描く小説

NEWSポストセブン / 2015年03月20日07時00分

これまでにも夢で見たことを書いた経験はあるが、夢を見ること自体を小説に書こうと思ったのが、この『ブラック オア ホワイト』だ。 豪華な自宅マンションで友人の「私」に夢を語るのは元商社マンの都築(つづき)。スイス、パラオ、インド、中国、京都と、仕事や休暇で訪れた先々で不思議な夢を見る。幸福な夢もあればその逆もあり、彼の見る夢と彼の置かれた現実はいつしか交錯し [全文を読む]

講談社とエブリスタによるスマホで読む小説マガジン 無実の死刑囚「袴田巌」に関する”初エッセイ”が 「小説マガジンエイジ」にて連載開始

PR TIMES / 2014年11月18日14時29分

-石田衣良を始めとするプロ作家の小説も全作品無料で読み放題- スマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」(http://estar.jp)を運営する株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:池上 真之、以下エブリスタ)は、株式会社講談社と共同で創刊されたiphone・ipad向けアプリ「小説マガジンエイジ」にて、歴史に残る冤罪事件「袴田巌事件」に [全文を読む]

フォーカス