小説 浅田次郎に関するニュース

浅田次郎&ながやす巧の両巨匠が贈る 本格派幕末歴史コミック『壬生義士伝』が 2016年12月16日(金)待望の6巻発売!

DreamNews / 2016年12月12日18時00分

『鉄道員』『蒼穹の昴』でおなじみの浅田次郎が新境地を切り拓いた小説を、『愛と誠』『Dr.クマひげ』のながやす巧が重厚かつ緻密なタッチで描き、第39回日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞した本格派幕末歴史コミック。知られざる“新選組最強の男”吉村貫一郎の生涯を通して、幕末の侍たちの生き様を、そして家族愛を描く傑作の最新6巻が、2016年12月16日(金)に発売致し [全文を読む]

漫画「壬生義士伝」7巻発売記念キャンペーン実施! テレビ初出演!NHK「浦沢直樹の漫勉」にながやす巧登場!

DreamNews / 2017年03月14日09時00分

『鉄道員(ぽっぽや)』『蒼穹の昴』でおなじみの浅田次郎が新境地を切り拓いた小説を、『愛と誠』『Dr.クマひげ』のながやす巧が重厚かつ緻密なタッチで描き、第39回日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞した本格派幕末歴史コミック。知られざる“新選組最強の男”吉村貫一郎の生涯を通して、幕末の侍たちの生き様を、そして家族愛を描く傑作の最新7巻が、2017年3月16日(木) [全文を読む]

浅田次郎作品 韓国で初の連続ドラマ化!『椿山課長の七日間』

PR TIMES / 2016年01月26日11時43分

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、『鉄道員(ぽっぽや)』で有名な浅田次郎氏の小説『椿山課長の七日間』(朝日文庫刊)の韓国での映像化権に関して、韓国の総合エンタテインメント企業HUNUS ENTERTAINMENT INC(フナス・エンターテイメント)へ橋渡しを行い、ライセンス契約を締結いたしました。浅田次郎氏の作品が韓国で連続ドラマになることは、初とな [全文を読む]

創刊50有余年の娯楽小説誌「小説現代」《電子版》配信開始のお知らせ

PR TIMES / 2015年10月01日10時10分

五木寛之氏、浅田次郎氏、宮城谷昌光氏、夢枕獏氏等、豪華連載執筆陣、藤田宜永氏、真保裕一氏新連載、塩田武士氏〈電子版限定〉新連載等、ボリュームたっぷりの「小説現代」が、電子書籍で手軽に読めます! 株式会社講談社は2015年10月1日(木)より「小説現代」2015年10月号の電子版を各電子書店にて配信開始いたしました。紙の雑誌は毎月22日発売、電子版は毎月1日 [全文を読む]

『王妃の館』で腹筋崩壊・涙腺決壊! 超豪華パリ旅行の華麗な顛末とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月06日11時30分

『王妃の館』はドタバタの現代パートと、コンシェルジュが語りツアー客の作家が小説にしたルイ14世時代のパートで構成されている。この現代パートはまさに予定調和。しかし単なる予定調和ではない。浅田次郎はわざと早い段階で手の内を読者に見せる。だから読者は先を読めるし、その通りに進む。なのに感動する。なのにカタルシスがある。それはお約束の展開をお約束以上に見せる描 [全文を読む]

水谷豊演じる右京が驚きのビジュアルに!

Movie Walker / 2015年02月18日05時00分

浅田次郎原作の人気小説を「相棒」シリーズの水谷豊主演で映画化する『王妃の館』(4月25日公開)。本作は、花の都パリを舞台に、個性派ぞろいのツアー客たちの人間模様が錯綜するエンタテインメント作品だ。 今回、水谷豊演じる天才小説家・北白川右京の衝撃ビジュアルが初公開された。右京は、ひとたび小説のインスピレーションが湧くと、我を忘れて自分の世界に没頭してしまう執 [全文を読む]

浅田次郎&ながやす巧の両巨匠が贈る 本格派幕末歴史コミック『壬生義士伝』が 2016年8月5日(金)よりWEBで連載再開!

DreamNews / 2016年08月04日17時00分

http://www.mibugishiden.com幕末を駆け抜けた「最強最後の義士」の伝説が今、蘇る── 『鉄道員』『蒼穹の昴』でおなじみの浅田次郎が新境地を切り拓いた小説を、『愛と誠』『Dr.クマひげ』のながやす巧が重厚かつ緻密なタッチで描き、第39回日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞した本格派幕末歴史コミック。 知られざる“新選組最強の男”吉村貫一郎 [全文を読む]

浅田次郎×WOWOWついに実現!土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW きんぴか」 原作者の浅田次郎からドラマ化へのコメントが到着!「映像化は難しいだろうなとは思っています。」

PR TIMES / 2016年01月15日14時17分

≪原作:浅田次郎コメント≫ この小説は25年前くらい前に書いたものなので、映像化したいというお話をいただいた時は、正直、「ええ?」って驚きました。ただ、その当時、社会の話題になっていたことが、時代がめぐりめぐって、また同じようなことが出てきている。不思議な感じがしました。 映像化していただけるということなんですが、難しいだろうな、とは思っています。この小説 [全文を読む]

浅田次郎の名作短編『ラブ・レター』朗読CDが発売。声優・置鮎龍太郎が声で魅せる珠玉のストーリー。

DreamNews / 2015年07月01日09時00分

e-Spirit Booksでは、人の心を惹きつける力のある小説を、魅力的な声やキャラクターを持った俳優・タレントが朗読する、高品質なオーディオブックを制作、リリースしていきます。 【既刊】『光と影』原作:渡辺淳一/朗読:大沢たかお『孤舟』原作:渡辺淳一/朗読:黒木瞳『京都まで』原作:林真理子/朗読:小西真奈美『鈍感力』原作:渡辺淳一/朗読:小泉孝太郎『約 [全文を読む]

右京スタイルを自らスケッチ!水谷豊「僕の頭にあった」

Movie Walker / 2015年04月18日08時00分

人気作家、浅田次郎の同名小説を映画化した『王妃の館』(4月25日公開)。ルイ14世が自ら改装を指示した歴史的邸宅を使ったパリの超高級ホテル“王妃の館”を舞台に、そこに集うツアー客の人間模様を描いたエンタテインメント。本作で人気作家、北白川右京を演じる水谷豊にその熱い思いを聞いた。 執筆中は“小説の神様”が体に宿り、我を忘れるほど集中するという風変わりな性格 [全文を読む]

フォーカス