作家 浅田次郎に関するニュース

帝京大学が2月28日に日本ペンクラブ獄中作家・人権委員会シンポジウム『日本文学、世界文学のいま』を開催 -- 作家・日本ペンクラブ会長の浅田次郎氏らが登壇

Digital PR Platform / 2017年02月08日08時05分

帝京大学は2月28日(火)に、八王子キャンパスにて日本ペンクラブ獄中作家・人権委員会シンポジウム『日本文学、世界文学のいま』を開催する。これは、同大メディアライブラリーセンター(MELIC)館長の田村さと子・外国語学部教授が所属する「日本ペンクラブ」と、MELICの共催により開かれるもの。当日は、作家で日本ペンクラブ会長の浅田次郎氏による講演『日本文学は、 [全文を読む]

『王妃の館』で腹筋崩壊・涙腺決壊! 超豪華パリ旅行の華麗な顛末とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月06日11時30分

上司と不倫の末にリストラされたOL、借金を抱え心中目的でやってきた夫婦、ベストセラー作家と編集者たち、成金カップル、詐欺師のカップル、恋人を追ってきたオカマ、元警官……ツアーに光と陰があるなら、ツアー客たちにも光と陰がある。すんなりいくはずがない。もちろん事件続出トラブル頻発。このドタバタ珍道中、さてどうなる? 浅田次郎は「泣かせる」傑作が多い作家だが、散 [全文を読む]

講談社とエブリスタによるスマホで読む小説マガジン 無実の死刑囚「袴田巌」に関する”初エッセイ”が 「小説マガジンエイジ」にて連載開始

PR TIMES / 2014年11月18日14時29分

-石田衣良を始めとするプロ作家の小説も全作品無料で読み放題- スマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」(http://estar.jp)を運営する株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:池上 真之、以下エブリスタ)は、株式会社講談社と共同で創刊されたiphone・ipad向けアプリ「小説マガジンエイジ」にて、歴史に残る冤罪事件「袴田巌事件」に [全文を読む]

古今の作家の「猫への愛」を堪能できる一冊 !『猫なんて!作家と猫をめぐる47話』

サライ.jp / 2017年05月07日17時00分

そんなブログ主の猫可愛がりようを読んでいると、時にはにんまりし、時にはジェラシーめいたものを感じるが、今回紹介する書籍『猫なんて!―作家と猫をめぐる47話』(キノブックス)に収められたエッセイは、そうしたブログとは調子がかなり異なる。 本書は、昭和から平成にかけて活躍した(している)作家47人による、猫をテーマにしたアンソロジーであるが、“ひたすら可愛い” [全文を読む]

直木賞作家や多くの人気作家を輩出し続ける『小説現代』の50年を、編集長インタビューで振り返る―1963年創刊からの歴史と、本誌が果たした文学界における役割とは?

PR TIMES / 2017年05月19日18時00分

あの作家の意外な素顔が・・・?著者出演インタビュー企画!1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画"著者出演インタビュー"で、『小説現代』編集長・塩見篤史氏が創刊からの歴史について、語りました。 [画像1: https://prtimes.jp/i/13301/20/resize/d13301-20-952500-0.jpg ]◆本編再 [全文を読む]

浅田次郎&ながやす巧の両巨匠が贈る 本格派幕末歴史コミック『壬生義士伝』が 2016年12月16日(金)待望の6巻発売!

DreamNews / 2016年12月12日18時00分

1991年『とられてたまるか』で作家生活に入る。『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞を受賞。時代小説のほか『蒼穹の昴』など、中国を舞台とした歴史小説など多彩な執筆活動を行う。【漫画/ながやす巧 プロフィール】 1949年(昭和24年)熊本県生まれ。ちばてつや氏の漫画に感銘を受け、漫画家を目指し上京。15歳でデビュー以来、ア [全文を読む]

創刊50有余年の娯楽小説誌「小説現代」《電子版》配信開始のお知らせ

PR TIMES / 2015年10月01日10時10分

電子版には本誌掲載作品(一部を除く)のほか、10月号からは小説現代長編新人賞作家・塩田武士氏の渾身長編「最果ての碑」が〈電子版限定〉で短期集中連載開始。 創刊から50有余年、常に娯楽小説の最前線に立ってきた「小説現代」の新たな“分身”をお楽しみください。 「小説現代」とは……1963年創刊の講談社のエンターテインメント小説“最前線”に立つ文芸小説誌です。 [全文を読む]

作家がみんな、読書好きとは限らない? 芥川龍之介から朝井リョウまで、偉大なる作家たちの本に対する想い

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月03日06時30分

なるほど、もの書きってやっぱりそれだけ本が好きでやってるのね…と思いきや、『本なんて! 作家と本をめぐる52話』(芥川龍之介、朝井リョウ、浅田次郎ほか/キノブックス)によると、必ずしもそうではないようだ。本書は、芥川龍之介のような伝説的文豪から若き作家・朝井リョウまで、52人の作家たちの本に対する想いを綴るエッセイを集めた一冊である。 本書に登場する作家 [全文を読む]

浅田次郎の名作短編『ラブ・レター』朗読CDが発売。声優・置鮎龍太郎が声で魅せる珠玉のストーリー。

DreamNews / 2015年07月01日09時00分

2015年6月30日、株式会社イー・スピリット(本社:東京都港区、代表:足立茂樹)より、作家・浅田次郎氏の短編でも屈指の呼び声高い人気作品『ラブ・レター』の朗読CDが発売。作品の要となる朗読を担当するのは、人気声優・置鮎龍太郎![文芸×声優]のコラボレーションで再現される悲しく美しいラブ・ストリーが、”耳で聴く読書”に新たな風を吹き込みます。2015年6月 [全文を読む]

漫画「壬生義士伝」7巻発売記念キャンペーン実施! テレビ初出演!NHK「浦沢直樹の漫勉」にながやす巧登場!

DreamNews / 2017年03月14日09時00分

1991年『とられてたまるか』で作家生活に入る。『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞を受賞。時代小説のほか『蒼穹の昴』など、中国を舞台とした歴史小説など多彩な執筆活動を行う。【漫画/ながやす巧 プロフィール】 1949年(昭和24年)長崎県生まれ、熊本県育ち。ちばてつや氏の漫画に感銘を受け、漫画家を目指し上京。15歳でデビ [全文を読む]

フォーカス