作家 浅田次郎に関するニュース

『王妃の館』で腹筋崩壊・涙腺決壊! 超豪華パリ旅行の華麗な顛末とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月06日11時30分

上司と不倫の末にリストラされたOL、借金を抱え心中目的でやってきた夫婦、ベストセラー作家と編集者たち、成金カップル、詐欺師のカップル、恋人を追ってきたオカマ、元警官……ツアーに光と陰があるなら、ツアー客たちにも光と陰がある。すんなりいくはずがない。もちろん事件続出トラブル頻発。このドタバタ珍道中、さてどうなる? 浅田次郎は「泣かせる」傑作が多い作家だが、散 [全文を読む]

講談社とエブリスタによるスマホで読む小説マガジン 無実の死刑囚「袴田巌」に関する”初エッセイ”が 「小説マガジンエイジ」にて連載開始

PR TIMES / 2014年11月18日14時29分

-石田衣良を始めとするプロ作家の小説も全作品無料で読み放題- スマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」(http://estar.jp)を運営する株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:池上 真之、以下エブリスタ)は、株式会社講談社と共同で創刊されたiphone・ipad向けアプリ「小説マガジンエイジ」にて、歴史に残る冤罪事件「袴田巌事件」に [全文を読む]

古今の作家の「猫への愛」を堪能できる一冊 !『猫なんて!作家と猫をめぐる47話』

サライ.jp / 2017年05月07日17時00分

そんなブログ主の猫可愛がりようを読んでいると、時にはにんまりし、時にはジェラシーめいたものを感じるが、今回紹介する書籍『猫なんて!―作家と猫をめぐる47話』(キノブックス)に収められたエッセイは、そうしたブログとは調子がかなり異なる。 本書は、昭和から平成にかけて活躍した(している)作家47人による、猫をテーマにしたアンソロジーであるが、“ひたすら可愛い” [全文を読む]

直木賞作家や多くの人気作家を輩出し続ける『小説現代』の50年を、編集長インタビューで振り返る―1963年創刊からの歴史と、本誌が果たした文学界における役割とは?

PR TIMES / 2017年05月19日18時00分

あの作家の意外な素顔が・・・?著者出演インタビュー企画!1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画"著者出演インタビュー"で、『小説現代』編集長・塩見篤史氏が創刊からの歴史について、語りました。 [画像1: https://prtimes.jp/i/13301/20/resize/d13301-20-952500-0.jpg ]◆本編再 [全文を読む]

浅田次郎&ながやす巧の両巨匠が贈る 本格派幕末歴史コミック『壬生義士伝』が 2016年12月16日(金)待望の6巻発売!

DreamNews / 2016年12月12日18時00分

1991年『とられてたまるか』で作家生活に入る。『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞を受賞。時代小説のほか『蒼穹の昴』など、中国を舞台とした歴史小説など多彩な執筆活動を行う。【漫画/ながやす巧 プロフィール】 1949年(昭和24年)熊本県生まれ。ちばてつや氏の漫画に感銘を受け、漫画家を目指し上京。15歳でデビュー以来、ア [全文を読む]

創刊50有余年の娯楽小説誌「小説現代」《電子版》配信開始のお知らせ

PR TIMES / 2015年10月01日10時10分

電子版には本誌掲載作品(一部を除く)のほか、10月号からは小説現代長編新人賞作家・塩田武士氏の渾身長編「最果ての碑」が〈電子版限定〉で短期集中連載開始。 創刊から50有余年、常に娯楽小説の最前線に立ってきた「小説現代」の新たな“分身”をお楽しみください。 「小説現代」とは……1963年創刊の講談社のエンターテインメント小説“最前線”に立つ文芸小説誌です。 [全文を読む]

作家がみんな、読書好きとは限らない? 芥川龍之介から朝井リョウまで、偉大なる作家たちの本に対する想い

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月03日06時30分

なるほど、もの書きってやっぱりそれだけ本が好きでやってるのね…と思いきや、『本なんて! 作家と本をめぐる52話』(芥川龍之介、朝井リョウ、浅田次郎ほか/キノブックス)によると、必ずしもそうではないようだ。本書は、芥川龍之介のような伝説的文豪から若き作家・朝井リョウまで、52人の作家たちの本に対する想いを綴るエッセイを集めた一冊である。 本書に登場する作家 [全文を読む]

浅田次郎の名作短編『ラブ・レター』朗読CDが発売。声優・置鮎龍太郎が声で魅せる珠玉のストーリー。

DreamNews / 2015年07月01日09時00分

2015年6月30日、株式会社イー・スピリット(本社:東京都港区、代表:足立茂樹)より、作家・浅田次郎氏の短編でも屈指の呼び声高い人気作品『ラブ・レター』の朗読CDが発売。作品の要となる朗読を担当するのは、人気声優・置鮎龍太郎![文芸×声優]のコラボレーションで再現される悲しく美しいラブ・ストリーが、”耳で聴く読書”に新たな風を吹き込みます。2015年6月 [全文を読む]

木下昌輝×すっちー「江戸から盗め、笑いの秘訣!」

文春オンライン / 2017年06月13日11時00分

作家の木下昌輝さんは、江戸時代、民百姓を笑わせるために大坂や江戸で芸を磨き、上方落語の祖となった米沢彦八(よねざわひこはち)の生涯を『天下一の軽口男』(幻冬舎)で描かれました。そしてすっちーさんは、吉本新喜劇の座長をつとめ、大阪のおばちゃんに扮した“すち子”のキャラクターや、“乳首ドリル”のギャグなどがお茶の間で大人気です。本日は、お二人に江戸から現代ま [全文を読む]

漫画「壬生義士伝」7巻発売記念キャンペーン実施! テレビ初出演!NHK「浦沢直樹の漫勉」にながやす巧登場!

DreamNews / 2017年03月14日09時00分

1991年『とられてたまるか』で作家生活に入る。『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞を受賞。時代小説のほか『蒼穹の昴』など、中国を舞台とした歴史小説など多彩な執筆活動を行う。【漫画/ながやす巧 プロフィール】 1949年(昭和24年)長崎県生まれ、熊本県育ち。ちばてつや氏の漫画に感銘を受け、漫画家を目指し上京。15歳でデビ [全文を読む]

浅田次郎&ながやす巧の両巨匠が贈る 本格派幕末歴史コミック『壬生義士伝』が 2016年8月5日(金)よりWEBで連載再開!

DreamNews / 2016年08月04日17時00分

1991年『とられてたまるか』で作家生活に入る。『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞を受賞。時代小説のほか『蒼穹の昴』など、中国を舞台とした歴史小説など多彩な執筆活動を行う。【漫画/ながやす巧 プロフィール】1949年(昭和24年)熊本県生まれ。ちばてつや氏の漫画に感銘を受け、漫画家を目指し上京。15歳でデビュー以来、アシ [全文を読む]

水谷豊、“右京”コールに「メルシー」と笑顔

Movie Walker / 2015年04月16日20時04分

「相棒」シリーズで右京役を演じている水谷が、アバンギャルドなファッションに身を包んだ天才作家・北白川右京役を演じる本作。会場に集まったファンから「右京さーん!」との掛け声が上がると、水谷は「メルシー」とうれしそうな笑顔を見せた。 水谷にとって浅田作品への参加は初めてのこと。水谷は「この映画で二つの夢が叶った」と告白。「ひとつには、チャップリンが好きで、い [全文を読む]

【今日のインサイト】今さら聞けない、直木賞と芥川賞の違いって?

Woman Insight / 2015年02月24日06時00分

ところで、「直木賞」と「芥川賞」の違いと詳細って、ご存じですか? 「半年に一度発表されているけれど、それぞれどのような作家・作品から選ばれているのか、実は知らない……」という人が多いかもしれません。今回それぞれ解説をしていきますので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。 まず直木賞の解説から。直木賞は、当時の文藝春秋社・社長であった菊池寛さんにより、直木 [全文を読む]

工藤阿須加&川島海荷、恋人役で初共演!浅田次郎ドラマSP「琥珀」

CinemaCafe.net / 2017年08月21日15時00分

西田敏行が主演を務め、直木賞作家・浅田次郎の原作をNHK朝ドラ「ひよっこ」の岡田惠和の脚本によりドラマ化する浅田次郎ドラマスペシャル「琥珀」。このほど、実力派女優・鈴木京香が殺人逃亡犯に想いを寄せる人妻役、工藤阿須加と川島海荷が初共演で恋人役を演じることが分かった。 本作は、蜃気楼の町・魚津を舞台に不器用な大人たちが織りなすヒューマンドラマ。西田さん演じる [全文を読む]

「自炊代行は著作権侵害」最高裁で確定「同様のビジネスモデルの存続が困難に」

弁護士ドットコムニュース / 2016年03月24日10時50分

その代行業は著作権法に違反するとして、作家の東野圭吾さんら7人が東京都内の代行業者に事業の禁止などを求めた裁判で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は3月16日、代行業者の上告を受理しない決定を出した。判決などによると、自炊代行業者は、客から送られてきた本を裁断して、スキャナーで読み取り、電子データに変換して納品するサービスを有料で提供していた。著作権者の [全文を読む]

『日本と日本人を危うくする 安保法制の落とし穴』なぜ今、集団的自衛権が問われているのか? それがいかに国際情勢とそぐわないものなのか?直木賞作家浅田次郎はじめ、8人の論客が徹底的に明らかにする!

DreamNews / 2015年08月21日10時00分

直木賞作家の浅田次郎の特別寄稿とともに、元陸自レンジャーで前加古川市議会議員という異色の経歴を持つ井筒高雄が憲法学者の小林節、元官僚の柳澤協二など7人の論客を徹底取材。その危険性、問題点を多面的に明らかにした、安保法制に疑問を持つすべての人に答える1冊となっております。 本書の構成 〈安保法制と外交〉法治国家の崩壊宣言に他ならない!浅田次郎(日本ペンクラブ [全文を読む]

紙の本を「デジタルデータ」に変える 「自炊」代行は違法なのか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年09月30日13時17分

自炊の「代行」は著作権を侵害する行為だとして、東野圭吾さんや浅田次郎さん、弘兼憲史さんといった著名な作家・漫画家たちが自炊代行業者7社に対して、スキャン代行の差し止めを求める裁判を起こしたのだ。昨年11月に提訴された裁判は、まだ法廷で争われている。こうしたなか、代行業者大手のブックスキャンが自炊代行の業界団体の設立を進めている。業界のルールを検討し、作家[全文を読む]

【AKB48×ナツイチ直筆読書感想文集】浅田次郎×入山杏奈・奇跡の年の差44歳対談!

週プレNEWS / 2013年09月09日12時00分

その感想文を一冊にまとめた文集(9月17日発売)に収録される、昭和を生き抜いた大作家・浅田次郎×平成生まれの黄金アイドル・入山杏奈による年の差対談“イイとこ出し”をお届けします! ■小説家はウソをついてなんぼ 入山 私、ステージに上がるときは全然緊張しないんですけど、実は今、すごく緊張しているんです。 浅田 失礼だけど、あなた何歳? 入山 17歳です。 [全文を読む]

ココリコ田中、ゴールデン連ドラ初主演 浅田次郎原作「プリズンホテル」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月16日06時00分

お笑い芸人の田中直樹が、10月7日からBSジャパンでスタートする、作家・浅田次郎原作の連続ドラマ「浅田次郎 プリズンホテル」(毎週土曜・午後9時~)に出演することが明らかになった。日本テレビ系連続ドラマ「増山超能力師事務所」「リセット」などで主演を経験している田中だが、ゴールデン帯の連ドラ主演を務めるのは初となる。 本作は、BSジャパンがゴールデンタイムの [全文を読む]

国際社会から「共謀罪」の危険性を指摘する声が続々! 国連特別報告者は安倍官邸の反論のインチキを完全暴露

リテラ / 2017年06月11日11時30分

たとえば、世界100以上の国・地域から2万6000人を超す作家らが参加する国際組織「国際ペン」(本部・ロンドン)は6日、ジェニファー・クレメント会長の名で、共謀罪法案に反対する声明を発表。〈同法が成立すれば、日本における表現の自由とプライバシーの権利を脅かすものとなるであろう〉として、〈日本国民の基本的な自由を深く侵害することとなる立法に反対するよう、国 [全文を読む]

フォーカス