降板 膳場貴子に関するニュース

“降板報道”膳場貴子アナ 実母は「精神状態が…」と心配

WEB女性自身 / 2015年12月18日06時00分

女の子で、出産したのは11月30日でした」 なんと膳場アナが、あの 降板報道 を目にしたのは、初産からたった3日後のことだったのだ。 「12月3日朝、スポーツ報知が《NEWS23膳場アナ降板へ》というタイトルの記事を報じました。記事には、膳場アナが出産後は育児に専念するため、専属契約を結んでいるTBSに、自ら降板を申し入れたことが掲載されていました。しかし [全文を読む]

産休2週間で第一子出産! 膳場アナがギリギリまで『NEWS23』に出続けたのはTBSのマタハラ降板圧力への抵抗だった

リテラ / 2015年12月07日12時00分

この膳場アナの頑張りの背景には、TBSからの降板圧力に対する抵抗があったと考えられる。 本サイトでも報じたとおり、膳場アナをめぐっては今月3日、スポーツ報知が「育児専念を理由に、自ら降板申し入れ」と報道。これに対して、膳場アナが自らFacebookで「申し入れしていない」と否定する騒動があった。 スポーツ報知に嘘情報をリークしたのは、もちろんTBSサイド [全文を読む]

石坂浩二だけではないNEWS23やZEROも TV界のパワハラ病

NEWSポストセブン / 2016年02月06日16時00分

1月31日、石坂浩二(74才)が『開運! なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜19:54~)を3月末で降板することが発表された。多くの関係者が「ありえない」と口をそろえるこの降板劇。 ことの発端は、2年ほど前の飲み会の席。同番組の制作者が石坂にからみ、口論になったのがきっかけだという。この時期から、石坂のコメントを意図的にカットする、“いじめ”ともいえ [全文を読む]

やっぱり...TBS『NEWS23』で岸井に続き膳場貴子降ろし!“育児専念降板“のマタハラ情報流され膳場が反論

リテラ / 2015年12月03日20時40分

本日、スポーツ報知が「TBS膳場アナ、「NEWS23」来年3月末降板へ「育児に専念したい」」という記事を出した。 本サイトでは、先日、同じ『NEWS23』でアンカーを務める岸井成格氏(毎日新聞特別編集委員)の降板問題を伝えた。自民党の圧力、そして安倍応援団の極右人脈で結成された「放送法遵守を求める視聴者の会」の意見広告に屈服したTBS が岸井氏の降板を決定 [全文を読む]

膳場貴子アナの『報道特集』への“降格”が決定! TBS『NEWS23』は“地味地味コンビ”で大丈夫?

日刊サイゾー / 2016年01月28日13時00分

膳場アナは3月で同番組を降板し、4月2日より『報道特集』のキャスターに就任する。 昨年7月、3度目の結婚をして、第1子を妊娠した膳場アナは、11月20日の出演を最後に産休に入った。12月3日、スポーツ報知が、「膳場アナから『番組に区切りを付けて、育児に専念したい』との申し入れがあった」と報道。これに怒った膳場アナは、自身のSNSで「降板申し入れはしており [全文を読む]

『NEWS23』膳場貴子と岸井成格が最後の放送!「直接圧力はなかった」という岸井に代わり鳥越俊太郎が官邸のやり口を暴露

リテラ / 2016年03月26日08時00分

膳場貴子キャスターとアンカーの岸井成格氏が、昨日25日の放送をもって『NEWS23』(TBS)を降板した。本サイトは昨年11月に岸井氏と膳場キャスターの降板、さらに岸井氏の後任が朝日新聞特別編集委員で保守派寄りの星浩氏であることをスクープしたが、ついにその日が来てしまったのだ。 そんな2人の最後の挨拶は、じつに含みのあるものだった。「さまざまな立場からの視 [全文を読む]

安倍政権の圧力で降板、NHK国谷裕子が『クロ現』最終回でSEALDs奥田愛基を取り上げ“最後の一刺し“

リテラ / 2016年03月18日07時30分

今回の『クロ現』の改編および国谷キャスターの降板も、"やらせ問題からの再出発"といったように印象付けられているが、もちろんこれは表面上の話でしかない。 本サイトでは繰り返しお伝えしているように、国谷キャスターの降板は、『NEWS23』(TBS)の膳場貴子キャスターと岸井成格・番組アンカー、そして『報道ステーション』(テレビ朝日)の古舘伊知郎キャスターの降板 [全文を読む]

【政権批判】古舘伊知郎ら辛口TVキャスターが続々と退陣するワケ

まぐまぐニュース! / 2016年02月22日19時30分

岸井成格(しげただ)アンカー(71)も降板し、4月以降、同局専属のスペシャルコメンテーターになる。 ジャーナリストの筑紫哲也さんのメインキャスター時代(89~07年)は2ケタ近い平均視聴率だったが、今年度は5.4%(以下、視聴率はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)。午後11時台は報道番組の激戦区で、「NEWS ZERO」(日本テレビ系)の2015年の月 [全文を読む]

降板・交代劇が相次ぐ今春の改編 番組の「顔」が代わることで変わることとは?

日刊サイゾー / 2016年02月09日22時00分

発端は、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター降板を発表した古舘伊知郎。以降、さみだれ式にというか雪崩のようにというか、さまざまな名物番組で司会者、パーソナリティ、MCの降板・交代劇が相次いでいる。ざっと振り返ってみよう。◎『報道ステーション』古舘伊知郎→富川悠太(テレビ朝日アナウンサー)◎『ニュース23』(TBS系)膳場貴子・岸井成格→星浩( [全文を読む]

膳場貴子アナ「降板申し入れ」誤報の内情 TBS局内で問題に

NEWSポストセブン / 2015年12月10日07時00分

出産・育児を理由にしたキャスターの降板勧告は「マタハラ(マタニティー・ハラスメント)」ではないのか──女性セブンはその可能性を指摘した。 ところが、その女性セブンの発売日(12月3日)、『スポーツ報知』は、真逆の内容の記事を掲載した。見出しは《来年3月末 NEWS23膳場アナ降板へ「育児に専念したい」》というものだ。記事の中では、TBS関係者が《「膳場ア [全文を読む]

政権圧力はあったのか? 古舘伊知郎ら降板キャスター「最後の発言」

まぐまぐニュース! / 2016年04月10日19時30分

創刊号は、政権に批判的とされる各局のニュースキャスターたちが降板したという異例の事態を受け、彼らの「最後の挨拶」の書き起こしを全文掲載、そして分析しています。 【今週の<TVウォッチ>】 創刊号は特別の内容でお届けします。 このメルマガ創刊のきっかけとなった出来事の1つに、各局の辛口コメンテーターが一斉に降板するということがありました。NHKクローズアップ [全文を読む]

<膳場貴子氏・岸井成格氏「NEWS23」降板>何が自由な言論やジャーナリズムを弱体化させるのか?

メディアゴン / 2016年03月28日07時40分

榛葉健[ テレビプロデューサー/ドキュメンタリー映画監督]* * *TBS系列の夜の看板ニュース番組「NEWS23」の膳場貴子キャスター、岸井成格アンカーが3月25日に退任。その最後の挨拶から、静かな、そして熱い想いが伝わってきた。<膳場貴子氏> 「私がこの番組に加わったのは、2006年。当時は筑紫哲也さんがアンカーでした。それからあっという間の9年半。リ [全文を読む]

膳場貴子 「NEWS23」産休でTBSとの「クビ切り」攻防戦!

アサ芸プラス / 2016年01月16日09時57分

ところが12月に一部スポーツ紙が、膳場が翌3月末で同番組降板の意向を局側に伝えたと報じたのだ。これに対し、本人がフェイスブックで〈責任と愛着を持ってやってきた仕事です。降板申し入れはしておりません。このような誤報を、たいへん残念に思っています〉と否定したため、物議を醸している。 時を同じくして今度は金曜日のアンカーを務める、毎日新聞特別編集委員・岸井成格氏 [全文を読む]

行く末はバラエティ進出? 膳場貴子アナ vs TBS壮絶バトルの終着点は……

日刊サイゾー / 2015年12月09日09時00分

後任を含めて、これから検討しますが、了承することになると思います」と、膳場アナ自ら降板を申し出たと報じた。 これに怒ったのは、膳場アナ。自身のSNSで「責任と愛着を持ってやってきた仕事です。降板申し入れはしておりません。このような誤報を、たいへん残念に思っています」と完全否定。どうやら、スポーツ報知の報道は、TBS側からの悪質なリークとみられ、両者に大きな [全文を読む]

話題に事欠かない人気美女アナたちのサバイバル競争!(3)山岸アナは賞味期限切れ間近?

アサ芸プラス / 2014年12月16日09時56分

13年4月から鳴り物入りで「NEWS ZERO」(日テレ)のキャスターに就いたフリーアナウンサーの山岸舞彩(27)は、「3月降板説」が浮上している。日本テレビ関係者が語る。 「硬派なニュースを目指す番組ですから山岸さんの採用が決まってスタッフらが『軽すぎる』と陰口を言い始めました」 プロデューサーによるセクハラ事件についても局内では山岸「暴露主犯説」が確定 [全文を読む]

TBSが『Nスタ』キャスターの堀尾正明アナをリストラ! 低視聴率番組『ビビット』に“降格人事”

日刊サイゾー / 2017年01月14日22時00分

『イブニングワイド』時代から通算すると、実に7年半にわたって“TBSの夕方の顔”として君臨してきた堀尾アナだが、ついに降板の憂き目に遭うハメになったのだ。後任には現在『ビビット』で進行を担当する局アナの井上貴博(32)が就き、堀尾アナは、その『ビビット』にコメンテーターとして帯で出演することになる。 「『Nスタ』は同時間帯の民放各局の報道番組の中では、日 [全文を読む]

そしてTBSに誰もいなくなる? 小林悠アナに続き、“重鎮”久保田智子アナも退社する非常事態に……

日刊サイゾー / 2016年03月30日11時00分

膳場貴子アナの降板に伴い、『NEWS23』サブキャスターに抜擢されることが決まっていた小林悠アナが、健康上の理由で出演を辞退し、3月4日付で電撃退社したのは記憶に新しいところだが、今度は同局の女子アナでは“重鎮”といえる久保田智子アナも退社することが明らかになったのだ。 久保田アナは3月26日に出演した『報道LIVE あさチャン!サタデー』が最後の収録と [全文を読む]

「日刊ゲンダイがあるんだから報道の自由は守られてる」とネトウヨ答弁した安倍首相に官邸の報道介入の実態を改めて突きつける!

リテラ / 2016年02月05日22時00分

「現に今も安倍政権に批判的なテレビキャスターやコメンテーターが次々と番組を降板している」と、『NEWS23』(TBS)や『報道ステーション』(テレビ朝日)、『クローズアップ現代』(NHK)のキャスター降板劇を取り上げた。 だが、安倍首相は「現在、まるで言論機関が萎縮しているかのような表現があったが、まったくしていない」と反論し、いつものニヤケ面を浮かべなが [全文を読む]

衝撃!現役アナが解説「報ステ」古舘氏降板に見るキャスターの裏側

BizLady / 2016年01月08日22時00分

春の番組改編に向け、降板や交代の話が飛び交いやすいこの時期。 そこで今回は、自らもアナウンサーである筆者が、“有名番組のキャスターの実情”を掘り下げます。 ■あの人もこの人も……じつはフリーだった 老舗番組の看板キャスターを長く続けている人を見ると、その局のアナウンサーなのかと誤解してしまうことがありますが、じつは局アナではなくフリーの場合が多い。古舘伊 [全文を読む]

『ミヤネ屋』が安倍政権に批判的なコメンテーター・青木理をクビ切り降板! 政権への配慮、読売新聞の圧力説も

リテラ / 2015年12月24日11時00分

TBS『NEWS23』の岸井成格、膳場貴子両キャスターが安倍政権と右派勢力の圧力で降板させられそうになっていることを本サイトがスクープしてから2カ月。この間、『NEWS23』問題はさまざまなメディアで取り上げられ、論議をよんだが、ここにきて、2人の更迭は回避される可能性が出てきたらしい。「二人の降板問題については、複数のメディアが後追い報道。視聴者からも批 [全文を読む]

フォーカス