ドラマ 大原麗子に関するニュース

尾野真千子が「主演ドラマ」ドタキャンで非難轟々!

メンズサイゾー / 2012年11月08日13時30分

彼女はある特別ドラマでいったん主役の座についたにもかかわらず、撮影開始直前になって降板してしまったというのである。 そのドラマは、2009年に亡くなった大原麗子(享年62)の生涯を描くとして、8月の彼女の命日に制作発表された『女優麗子 炎のように(仮)』(テレビ東京系)。芸能リポーターの前田忠明が著した『大原麗子・炎のように』(青志社)を基に、整形手術の失 [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、死の直前まで見続けた出演作

アサ芸プラス / 2013年03月13日10時00分

それでも、麗子が「生涯の代表作」と自負したのは、NHKのドラマ「チロルの挽歌」(92年)だった。高倉にとって初めてのNHKドラマで、脚本は麗子が尊敬してやまない山田太一。ここで麗子は高倉の妻の役を演じた。無口で無愛想な夫から逃げ、別の男と駆け落ちをする。その人間模様は「ギャラクシー賞」を受賞する高い評価となった。 「姉の遺品を整理していたら、DVDプレイ [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、まるで麗子が乗り移っている

アサ芸プラス / 2013年03月07日10時00分

映画・ドラマ・CMで重宝される美貌があり、大ヒット作を続々と生み出す人気と実力があり、時には小悪魔のような言動で男たちを惑わす。そんな大原麗子は、人生のすべてが「劇場」と「激情」の間で揺れ動いた──。 その“異変”は今年2月10日のことだった。09年8月3日に亡くなった女優・大原麗子(享年62)の自宅にて、追悼ドラマ「女優 麗子~炎のように」(3月6日放映 [全文を読む]

語っていいとも! 第27回ゲスト・彦摩呂「僕は藤山寛美さんみたいなおっちゃんになりたかったんです」

週プレNEWS / 2016年07月24日12時00分

(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―中山忍さんとは『刑事貴族3』というドラマシリーズで共演されて以来のおつきあいだそうですね。 彦摩呂 あ、そうそう、ぶーちゃんねぇ! そうなんですよ~。3から同期で入って。 ―忍さんの“ぶ”でぶーちゃんですか(笑)。その現場からお互いシンパシーを感じて。今も関西の旅番組でご一緒されたりするほどとか。 彦摩呂 そう [全文を読む]

「芸能界ピンチヒッター秘話」ドラマ「女優 麗子~炎のように」尾野真千子⇒内山理名は告訴寸前!

アサ芸プラス / 2015年09月02日05時59分

尾野は女優・大原麗子の波乱の生涯を描いたテレビ東京のスペシャルドラマに主演が決定。実在した人物を演ずるというので関心も高かったが突然、頓挫。「どうやら同じ時期にフジから松本清張の名作『疑惑』のオファーも来ていて、スケジュールを天秤にかけた結果、フジを選んだようです」(前出・テレビ局員) そして大原麗子役は内山理名にスケールダウンし、視聴率も1ケタに終わる [全文を読む]

現場で国会議員を一喝! “ケンカ最強”故・渡瀬恒彦さんの知られざる武勇伝

日刊サイゾー / 2017年03月18日11時00分

4月スタートのテレビ朝日系ドラマ『警視庁捜査一課9係』に出演予定だったが、所属事務所の発表では、2月中ごろ左肺に気胸を発症し、入院治療していたという。 「2015年の秋に、胆のうがんで闘病中であることを告白しましたが、ドラマの撮影現場で、闘病の話は一切しなかったそうです。撮影の合間に、病院に通っているほどだったのに……」とは、渡瀬を長く取材してきたベテラン [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(5)八千草薫が「山口百恵スケジュール」にキレて降板

アサ芸プラス / 2016年09月14日05時57分

いい役のためなら、相手が誰であっても絶対に譲らない! そんな女優たちの、阿修羅のごとき交代劇をクローズアップする。 2度も大役を蹴ってしまった悲運のアイドルがいる。84年にデビューした沖縄出身の宇沙美ゆかりという子だった。 宇沙美はまず、「不良少女とよばれて」(84年、TBS系)のヒロインに内定したが、事務所が「アイドルに不良なんかやらせられない」と激怒。 [全文を読む]

大原麗子さん 七回忌直前“孤独急逝”の大豪邸が売却決定

WEB女性自身 / 2015年08月06日06時00分

振り返ってみると、奇跡のようにも思えます」 ‘11年には彼女の人生を描いた本『炎のように 大原麗子』が上梓、’13年にはドラマ『女優 麗子~炎のように』が放映されたのだ。そして最近も政光さんにとって思いがけないことが起こったという。「実は姉が住んでいた世田谷の家の売却が急に決まったのです」 大原さん暮らしていた自宅は、世田谷区の閑静な住宅街にある。約150 [全文を読む]

絶好調の尾野真千子が年を越せない「忘れもの」とは?

アサ芸プラス / 2013年10月15日10時00分

少し前にはNHKのドラマ「夫婦善哉」やフジテレビの「最高の離婚」など、女優・尾野真千子(31)のフル稼働が続く。 シリアスからコメディまで柔軟に対応できる演技力は、近年の女優ではトップランクであろう。それでも、一部に今後の展開を危惧する声も上がっている。 「年明けのドタキャンが完全決着になっていないんです」 こう明かすのはタレントのブッキングエージェンシー [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、俳優の自殺に過剰に反応

アサ芸プラス / 2013年03月15日10時00分

鹿沼と麗子のつきあいは、麗子主演のドラマ「さりげなく憎いやつ」(82年、TBS)が最初だった。鹿沼は、このドラマに岩城滉一のマネジャー役で出演し、麗子から声をかけられる。 「えりちゃん、彼氏はいるの?」 ロマンポルノでの共演から交際に発展した古尾谷の名を出した。偶然にも麗子は若手の古尾谷に注目しており、驚いた声を上げた。以来、麗子との親交が始まったという [全文を読む]

倉本聰 大原麗子の死が『やすらぎの郷』執筆に影響した

NEWSポストセブン / 2017年09月14日07時00分

往年の大スターが勢ぞろいしたドラマ『やすらぎの郷』(毎週月~金曜昼12時半~、テレビ朝日系)が、いよいよクライマックスを迎える。今作の脚本を手掛けた脚本家・倉本聰さんが、居を構える北海道・富良野でドラマにかける思いを語った。 富良野の自然が一望できるそのソファは、きっとお気に入りの場所なのだろう。倉本さんはアトリエでおいしそうに煙草をくゆらせながら、窓の外 [全文を読む]

VOD初配信!を含む、HBC(北海道放送)と脚本家・倉本聰が描いた珠玉の名作ドラマ『HBCドラマ傑作選』がビデオマーケットにてついに配信開始!

PR TIMES / 2017年06月05日15時30分

配信ページURL:https://www.videomarket.jp/page/1465?cup=-VM_press_p1465_1 [画像1: https://prtimes.jp/i/23222/47/resize/d23222-47-686130-0.jpg ] (C)北海道放送 【HBCドラマ傑作選】 数々の名作ドラマを制作し、北海道から全国へ [全文を読む]

“素顔はゲス”な美女のシタタカ本性を公開!(3)沢尻エリカの「別に…」騒動は竹内結子が原因?

アサ芸プラス / 2016年02月12日09時57分

その結果、舞台挨拶中にジワジワ怒りが込み上げてきた沢尻さんが暴走したようなんです」 あどけない顔でCM、ドラマに数多く出演するトリンドル玲奈(24)にも、ダークサイド情報あり。「彼女は一時期、赤西仁(31)をモノにしようと追っかけ回していた。ただ、稀代のモテ男の赤西にはライバル女性も多かった。そこでライバルの陰口を吹き込み、赤西を疑心暗鬼に陥らせた。決して [全文を読む]

井川遥 アラフォーになってさらに色香上昇中

アサ芸プラス / 2014年03月12日09時58分

母性愛と魔性の部分を併せ持つことで、男を飲みに通いたいと思わせるんです」 昨年、初主演となったドラマ「ガラスの家」(NHK)でも、夫の連れ子である年下の男(斉藤工)と危険な関係に陥る人妻役を好演した井川。グラビアアイドルのデビューから15年がたつが、今やCM5本に出演するなど「第2次黄金期」が訪れている。 「女優転向時は、共演者のキムタクに嫌われるなど演技 [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、野生的な麗子が魅力的だった

アサ芸プラス / 2013年03月19日10時00分

「ほら、力也、後ろから蹴っちゃいな!」 やがて麗子はドラマに比重を移し、こうした無頼な日々とは一変した役柄が増えてゆく。内藤もテレビ局ですれ違うことはあったが、お互いの方向性が違うため「元気?」の一言くらいしか会話がない。 「カツラをつけて大河の主役をやるようになったけど、僕の中では『不良番長』でワイワイとやっていた麗子が、一番いい時期だったと胸を張って [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、私を女優と呼ばないで!

アサ芸プラス / 2013年03月12日10時00分

姉はNHKのドラマも多かったけど、ご存じのようにギャラは高くない。経費を引いたら赤字です。NHKで4日拘束されたら、残りの3日で民放のドラマをこなし、こうしたお金を作っていた」 また80年に再婚した森進一は、歌謡界の重鎮ではあるが、前年に起こった「渡辺プロからの独立」の余波で、干された時期だった。2人の新居の光熱費もお手伝いの給料も、麗子がせっせと稼いでい [全文を読む]

「男はつらいよ」のマドンナと言えば……? 寅さんのような男性に魅力を感じる人は○%いた。

PR TIMES / 2017年08月28日18時32分

[画像1: https://prtimes.jp/i/25771/100/resize/d25771-100-442600-0.jpg ]ドラマや映画、舞台……素敵な作品であればある程、終了しても長年に渡り多くのファンに愛され、語り継がれるのかと思います。その中の1作品でもあると思われるのが「男はつらいよ」です。今日は、そんな「男はつらいよ」について、見て [全文を読む]

倉本聰が『やすらぎの郷』にぶち込んだ業界騒然の爆弾 後編

WEB女性自身 / 2017年06月04日06時00分

人気タレントをずらりと並べて」(第14話より) 月9にドラマ枠を持つ湾岸テレビとは、どうみてもフジテレビのこと。倉本さんは『やすらぎの郷』の脚本を当初フジテレビに持ち込んだが、ほとんど検討されずボツにされた経緯がある。劇中では逆に菊村のもとに湾岸テレビから脚本の依頼があるが、興味がないと即断っている。テレビ朝日で実現した『やすらぎの郷』は高視聴率を記録。フ [全文を読む]

大河のヒロインが映す時代2~バブル期を物語るしたたかな女性像

WEB女性自身 / 2017年01月14日12時00分

今年スタートした『おんな城主 直虎』で56作目となるNHK大河ドラマ。国民的番組のこのドラマは、つねに時代を映しつづけてきた。そこで、 大河のヒロインが映す時代 と題し、豪華な女優たちが演じたヒロイン像とその 時代 を、テレビウオッチャーでコラムニストの林操氏とともに振り返る 。 ■1983〜1992年「バブル経済」のマッチョな作品のなかで異彩を放った『春 [全文を読む]

ファンが語るスマスマ 「第1回はすべてが印象的だった」

NEWSポストセブン / 2016年12月01日11時00分

「オープニングはドラマ仕立てになっていて、犯人役の吾郎ちゃんが仕掛けた時限爆弾のふたがあいて、中居(正広・44才)くんが万事休す! と目を閉じたら、白い鳩が出てくるんですよ。そこから『ロート製薬』の鳩が飛び立つ絵にリンクしていって…。 さらに、つよぽん(草なぎ剛)のバンジージャンプもあったし、古畑任三郎のパロディーの(木村)拓哉(44才)の“古畑拓三郎” [全文を読む]

フォーカス