教授 大村智に関するニュース

ノーベル賞を受賞した大村智教授、成功の秘訣は「出会いを大事にすること」

まぐまぐニュース! / 2016年01月01日22時00分

2015年ノーベル化学賞を受賞した大村智教授。彼の研究はアフリカに住む多くの人々を失明する病から救いました。そんな彼の足跡についてメルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』の著者・伊勢雅臣さんが紹介しています。 大村智教授、一期一会のノーベル賞 大村智(さとし)が東京・墨田区の夜間高校で物理と化学の試験を監督している際、ふと目に [全文を読む]

【クイズ】ノーベル賞受賞の日本人教授、最初の職業はどれ?

まぐまぐニュース! / 2015年11月09日08時00分

ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智教授。その研究の内容もさることながら、彼の一風変わった経歴も話題になっています。英語塾の講師を務めている由紀さんのメルマガ『世界の人と話そう! やさしい英語ニュース』では、大村教授のことを英語の勉強も交えて、紹介しています。 大村智教授 ノーベル医学生理学賞を受賞 やさしいニュース英語QUIZ Q1 大村さんの大学卒業後 [全文を読む]

【しんコロ】びっくりするほど似ている、日本人とドイツ人の共通点

まぐまぐニュース! / 2015年11月05日02時30分

今年のノーベル生理学医学賞は北里大学特別栄誉教授である大村智(おおむらさとし)教授に授与されましたが、例えてみればそんな偉い人にも「やあ、さとし!」と言うようなものです。日本では考えられません。 ここまで極端な例でなくても、アメリカと日本の上下関係に対する感覚の差はかなりあります。たとえば、日本では年齢をかなり気にします。年齢が一つ上か下かくらいで、言葉遣 [全文を読む]

“最高学府”ソウル大学は不祥事だらけ!? 韓国からノーベル賞受賞者が生まれないワケ

日刊サイゾー / 2015年10月06日19時00分

日本の大村智・北里大特別栄誉教授と、中国の女性薬学者・屠ユウユウ氏がノーベル医学・生理学賞を受賞する中、今年も韓国人の受賞者はゼロ。歴代で振り返っても、ノーベル平和賞の金大中元大統領ただひとりだ。「予想はできていたけど、やっぱり韓国の受賞はないね」「学歴社会だけど、その目標は大企業への入社。そんな国に何を求めるのか」「韓国における勉強は、学問ではなく階級闘 [全文を読む]

【ノーベル賞速報】寄生虫やマラリア研究の北里大・大村智教授ら3人がノーベル医学生理学賞を受賞、日本人は2年連続

FUTURUS / 2015年10月05日19時15分

source:http://www.shutterstock.com/ 日本人が2年連続でノーベル受賞だ! 本日10月5日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、ノーベル医学生理学賞を、北里大の特別栄誉教授である大村智氏をはじめ、William C. Campbell氏、Youyou Tu氏ら3名に授与すると発表した。 氏らは、寄生虫やマラリアなど、寄生虫感 [全文を読む]

韓国科学界が考える「日本のノーベル賞受賞の原動力」とは?=韓国ネット「今さら後悔しても遅い」「韓国には無理!」

Record China / 2016年10月04日16時20分

イ・ドクファン西江大学化学科教授も「日本は19世紀末に欧州とともに基礎科学の研究を開始した」とし、「これまでに多くの投資をしたため、基礎科学のレベルが非常に高い」と述べた。 長年の投資の結果、日本は細菌学や粒子物理の分野で圧倒的な力と存在感を持つようになった。そのため、「最初」の研究者に授与されるノーベル賞を受賞する科学者が次々に出ている。ペク・ソンヒソウ [全文を読む]

ノーベル賞・大村智教授が明かした「私の歩んで来た道」、受賞につながった「12の秘訣」とは?

Record China / 2016年06月11日18時40分

ノーベル賞受賞者の大村智・北里大学特別栄誉教授が「私の歩んで来た道」と題して日本記者クラブでこのほど講演、有用だった「12の秘話」を語った。同教授は寄生虫が引き起こす難病の治療に役立つ微生物由来物質「エバーメクチン」を発見。マラリア治療に有効な成分を発見した中国・屠ヨウヨウ氏らとともに、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。(1)雑草のように伸び伸 [全文を読む]

工業高校定時制教師時代、生徒の油まみれの手を見て研究者に=「研究一筋」がよかった―ノーベル賞受賞の大村智教授

Record China / 2016年05月28日04時00分

2016年5月25日、ノーベル賞受賞者の大村智・北里大学特別栄誉教授が「私の歩んで来た道」と題して日本記者クラブで講演した。「眺望がいい」山梨県の農村で野良仕事をしながら幼少時代を送り、自然やスキーに親しんだことがよい思い出になっている、と振り返った。大学卒業後、東京の工業高校定時制で教師をした際、油が付着している生徒の手を見て「中小町工場で昼間働き、手を [全文を読む]

ノーベル賞もココから生まれる!「子どもの探究心を育む」4つの秘訣

BizLady / 2015年12月17日18時00分

ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智教授。12月10日の授賞式で見せた笑顔が印象的でしたよね。ご存じの方も多いかもしれませんが、大村さんは山梨の農村出身で、夜間学校の教師から研究者になったという異色の経歴を持っています。育った家庭は、当時は珍しい共働き家庭。ご両親は忙しく働きながら教育にも熱心だったようで、大村さんも両親の背中から多くのことを学んでいたよう [全文を読む]

「ノーベル賞授賞式は写真持参で…」大村教授 亡き愛妻への“感謝の式辞”

WEB女性自身 / 2015年12月11日06時00分

まあ、彼女の支えがなければ、ノーベル賞をもらうこともなかったでしょうし、この恩はひとときも忘れたことはありません」 そう静かに語りだしたのは、今年のノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授(80)。12月10日、スウェーデン・ストックホルムで行われるノーベル賞授賞式を目前に控え、大村教授が15年前にがんで亡くなった妻・文子さん(享年60 [全文を読む]

大野智!?ノーベル賞「大村智」と嵐の「大野智」と空目する人続出

秒刊SUNDAY / 2015年10月05日19時54分

今年のノーベル医学生理学賞を大村智(北里大教授)ら3人に授与すると発表。授賞理由は「寄生虫によって起こる感染症の治療法の発見」とされる。これで日本のノーベル賞は昨年の赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏続き2年連続の受賞という快挙を成し遂げた。ネットではこの快挙に意外な人物の受賞と見間違えるという珍事態が起きている【速報 JUST IN 】ノーベル医学・生理学賞 [全文を読む]

犬猫の死因1位はがん、今や動物向け放射線治療もある

NEWSポストセブン / 2016年12月13日16時00分

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智博士が1979年に開発した寄生虫駆除薬「イベルメクチン」は、今でも、アフリカだけで年間数万人を失明から救っている、代表的な寄生虫予防薬だ。同薬は、当時、心臓病や肝臓病などを引き起こすとされ、犬の死因の30%を占めていた「フィラリア症」の予防にも絶大な効果を示し、犬の寿命を10年延ばし [全文を読む]

なぜ日本ばかりが?中韓で図らずも一致した、ノーベル賞が取れない理由

Record China / 2016年10月15日13時30分

2016年10月14日、今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に、細胞が不要なたんぱく質などを分解する「オートファジー」の仕組みの研究に取り組んできた東京工業大学の大隅良典栄誉教授が選ばれた。この受賞が、中国と韓国で大きな波紋を広げている。日本人のノーベル賞受賞者は25人目。医学・生理学賞の日本人の受賞は、昨年の大村智氏(北里大学特別栄誉教授)に続いて2年連 [全文を読む]

日本が3年連続!ノーベル医学生理学賞に東工大・大隈名誉教授

しらべぇ / 2016年10月03日19時30分

初日は医学・生理学賞が発表されたが、日本人では東京工業大学名誉教授の大隅良典氏(71歳)が「オートファジー」の研究により受賞した。日本人のノーベル賞は3年連続、アメリカ国籍を取得した人を含め25人目となる。医学生理学賞の受賞は、昨年の大村智さんに続き4人目。■「オートファジー」って何?そもそも「オートファジー」とはギリシャ語で「自分」+「食べる」という意味 [全文を読む]

今最も読みたい『ミライの授業』、Amazonランキング1位獲得!14歳の人も、かつて14歳だった人も必読!「未来を作る」ための思考法

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月03日06時30分

本書では万有引力の法則を発見したニュートン、地動説を唱えたコペルニクス、ノーベル賞を受賞した大村智教授らの人生や偉業からさまざまな考えを学ぶ授業が行われる。それは14歳の中学生の目を開かせ、大人にはいつの間にか体に付いてしまっていた思考の贅肉を落とし、偏狭な色眼鏡を外してくれることにつながる。特に瀧本氏の言葉にもある伊能忠敬と緒方貞子氏のページは「歳だか [全文を読む]

今さら獣医師に聞けないシリーズ:春の予防~フィラリア編~/武田 真優子

INSIGHT NOW! / 2016年04月20日07時00分

■フィラリア予防薬は、あのノーベル賞のお薬!!2015年ノーベル生理学・医学賞は、北里大学の大村智教授が受賞され、その理由が「イベルメクチン」を発見をしたからということでした。もともとは動物用で販売されたものが、人間にも有効なことがわかり、アフリカや中南米の風土病に効果を上げているのです。日本のイヌたちは、今よりずっと多くフィラリア症にかかり、短命でしたが [全文を読む]

大学、壊滅的不況期突入か…18歳人口半減なのに大学数倍増という悪夢

Business Journal / 2015年12月20日06時00分

2008年に化学賞を受賞した下村脩・米ボストン大学名誉教授は長崎大学出身、14年の物理学賞を受賞した中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授は徳島大学出身、今年の生理学・医学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授は山梨大学出身、物理学賞を受賞した梶田隆章・東京大学宇宙線研究所所長は埼玉大学出身だ。 世界大学ランキングに登場しない国立大学だからと [全文を読む]

それでも中国はノーベル賞受賞を喜ばない

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月04日11時05分

医学生理学賞のパネルには、「河川盲目症」の特効薬「イベルメクチン」を発見・開発した北里大学特別栄誉教授の大村智氏(80)と共同受賞者の米国ドリュー大学名誉研究フェローのウィリアム・キャンベル氏(85)、マラリアの特効薬「アルテミシニン」を抽出した中国の漢方医学研究院研究員の屠呦呦(トウ・ヨウヨウ)女史(84)。物理学賞のパネルには、素粒子の一種ニュートリノ [全文を読む]

特許出願 商品開発者がつかないと審査請求しない例が多い

NEWSポストセブン / 2015年11月15日16時00分

ノーベル賞を受賞した大村智教授(80才)が保有していたワクチンの特許の一部を放棄したことで多くの人々の命が救われたことや、小学6年生が「アルミ缶とスチール缶を自動分別するゴミ箱」を発明して特許を取得したことなど、多方面から注目が集まっているのだ。しかし、そもそも特許ってどういうものなのか? 『一人で特許「実用新案・意匠・商標」の手続きをするならこの1冊』 [全文を読む]

「歌手でもないのに...」ビートたけしが桑田佳祐を天才と評して意見紛糾!?

tocana / 2015年11月01日17時00分

26日放送の『ビートたけしのTVタックル』では、ノーベル医学生理学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智氏、ノーベル物理学賞を受賞した東京大学教授の梶田隆章氏を取り上げ、日本ではまだ無名の天才について紹介。冒頭のトークで進行役の阿川佐和子がたけしに対し、「誰か天才だと思う人はいますか?」と質問、これに対したけしが、「サザンの桑田さんとかね。ああいう人は [全文を読む]

フォーカス