自宅 沢田研二に関するニュース

ザ・ピーナッツ伊藤ユミ 姉と沢田研二の子と暮らした家売却

NEWSポストセブン / 2014年05月31日07時01分

自宅は改修工事をしたばかりで、ユミさんはAさんとずっと一緒に暮らしていくつもりでした。でもAさんは、お母さんが病に倒れてから、“自分の力で生きていきたい”と思うようになったんです。親離れ、というか…今は自立して音楽関係の仕事もしていますからね。 ユミさんはエミさんと離れることができず、結婚して家庭を築くという“普通の幸せ”を手に入れられなかったという思 [全文を読む]

妻・田中裕子と仲睦まじい沢田研二 家事手伝いゴミ出しも担当

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

横浜市内の自宅周辺では、夫婦の姿がよく見られていた。 「朝おふたりで散歩されたり、ジュリーさんが外出する時は必ず田中さんがお見送りに出てきます。 逆に田中さんが出かける時も、ジュリーさんが玄関まで出てきてね。本当に仲良し。ふたりで中華街に行くことも多いです。お子さんがいないからか、夫婦の時間が多いんですね。 ジュリーさんは家事も率先して手伝う方で、ゴミ出 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

──有名人の自宅を直撃するのも、いろいろとあつれきが生じるご時世です。二田 沢田研二と田中裕子の不倫が発覚した87年、世田谷の自宅の近辺で聞き込みしたら、すぐに通報された。だって隣の家が先輩のハナ肇!石川 あそこは、もともと渡辺晋社長の広大な土地を分譲した一帯だから、ナベプロの関係者ばかり住んでいたんだよ(笑)。二田 マンションでもおもしろい話がありました [全文を読む]

沢田研二の故・伊藤エミさんへの離婚慰謝料は18億円だった

NEWSポストセブン / 2012年07月05日16時00分

愛する人の望むようにしてやるのが本当の愛情なんだというきれいな気持ちで決心したんだと思う」 長男の親権はエミさんが持ち、慰謝料は自宅やテニスコート、伊豆の別荘などの資産を含めて当時、日本芸能界史上最高額の18億円にのぼったといわれている。 ※女性セブン2012年7月19日号 【関連ニュース】ザ・ピーナッツのエミさんと中尾ミエ “最後の会話”の中身金子哲雄氏 [全文を読む]

女優・大谷直子、唯一の写真集で妊娠の過程を撮り続けた

NEWSポストセブン / 2017年06月07日16時00分

この写真集をずっと自宅の本棚に置いていましたが、本人と話したことはないですね。今、10代の孫に見られたら困っちゃうけど(笑い)。 私はもともと裸って清潔なものだと捉えています。あれだけの写真家に選ばれて撮られる人は少ない。この撮影は女優冥利、女冥利に尽きる仕事でした。今は裸が氾濫して価値が薄れているような気がしますね。だから「袋とじ」はいいシステム、日本の [全文を読む]

町あかり初のクリスマスソング 期間限定フリーダウンロード実施中

太田出版ケトルニュース / 2016年11月25日10時20分

新曲『クリスマスをレンジでチン!』は、クリスマスを恋人と過ごす世間の風潮に反し、自宅で冷凍食品を解凍してひとりで自由に食べる楽しさを歌うという、新しいクリスマスの過ごし方を提案する楽曲だ。 今回は、町あかりからのクリスマスプレゼントとして、11月21日から希望者にフリーダウンロードの形で無料プレゼントを実施している。フリーダウンロードは、町あかりオフィシ [全文を読む]

昼間からガード下で浴びるように酒摂取 心配される沢田研二

NEWSポストセブン / 2015年02月06日16時00分

あれだけ飲んでいると、やっぱりカッと感情的になりやすくなるんじゃないかって…」(ファンの女性) ジュリーが昼間から飲む姿は、自宅周辺でも目撃されている。 「行きつけのそば店にも、ひとりでランチに来て、日本酒を飲んでいますね。夜は奥さんの田中裕子さん(59才)と一緒に来ることも多くて、奥さんはあまり飲まないけど、ジュリーはやっぱりひとりで日本酒を5合も6合も [全文を読む]

ものまねタレント岩本恭生が語る亡き妻との“涙の別れ悲話”

WEB女性自身 / 2014年03月02日07時00分

その妻で、6年間、札幌市内の自宅で闘病生活を続けていた恵美さんが、誤嚥性の肺炎で亡くなったのは2月9日。52歳の若さだった。仕事で東京にいた岩本さんへ、長女からの訃報だった。「彼女が使っていた化粧ポーチなんかも、そのまま家に置いてあります。何もかもが、いつもどおりの生活だったのに、彼女だけが誰にも何も言わずに、突然いなくなってしまうなんて……。東京から札幌 [全文を読む]

76年の木之内みどりと岡田奈々(1)水島新司や倉本聰がシンパ

アサ芸プラス / 2013年07月12日10時00分

「水島先生は素直に大ファンとおっしゃっていたし、倉本先生には自宅での誕生会にも招かれましたよ」 女優やグラビア展開は順調だが、それでも川岸は、みどりにヒット曲を与えたかった。そのための“軍師”として、かつて沢田研二らを手がけた大輪茂男をディレクターに招いた。 大輪はビジュアルを含めた全権を任されたため、それまでの「はかなげなアイドル」からの脱却を図る。 [全文を読む]

フォーカス