脚本家 中園ミホに関するニュース

高梨臨、新ドラマで「花子とアン」中園ミホ氏と再タッグ 本人コメント到着

モデルプレス / 2015年03月03日06時00分

【モデルプレス】女優の高梨臨が、4月スタートの日本テレビ系ドラマ「Dr.倫太郎(りんたろう)」(水曜よる10時)に出演し、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」を手掛けた脚本家・中園ミホ氏と再タッグを組むことがわかった。 堺雅人が約1年半ぶりに連続ドラマ主演をつとめる同作は、精神科医である主人公・倫太郎(堺)が、様々な症状をもつ精神疾患患者たちと向き合い、 [全文を読む]

堺雅人が天才精神科医に!4月連ドラで「ドクターX」脚本家とタッグ

VenusTap / 2015年01月30日17時40分

■確実なまでに視聴率を持つ脚本家! 中園ミホとの強力タッグも話題に…… また今回は脚本をあの『ドクターX』シリーズ、『花子とアン』の大ヒットで記憶に新しい中園ミホが手がけることでも大きな話題だ。過去にはあの『やまとなでしこ』や『ハケンの品格』など、数々の高視聴率作品を執筆している中園との強力タッグは、ドラマファンにとって期待度MAX! 加えて演出に、『M [全文を読む]

堺雅人、1年半ぶり連ドラ主演で「ドクターX」「花子とアン」脚本家とタッグ

モデルプレス / 2015年01月29日14時09分

◆「ドクターX」「花子とアン」脚本家・中園ミホとタッグ 脚本家は「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日)、「花子とアン」(NHK)などのヒット作品を手掛けた中園ミホ氏。さらに演出は「Mother」「Woman」(日本テレビ)などドラマ以外にも「謝罪の王様」などエンターテインメント映画の監督としても評価の高い水田伸生氏。プロデューサーは同じく「 [全文を読む]

時代とともに変化を遂げた「フジ月9」の30年

WEB女性自身 / 2017年04月02日06時00分

当時、月9のプロデューサーだった大多亮さんが『物語上の必要性からロケ地を決めるのではなく、話題になっている場所や若い人が集まっている場所を選んでロケ地にした』と語っています」 【第4期】野島伸司、坂元裕二 花開く「月9」が育んだ脚本家たち フジが新しい脚本家を発掘する目的で 87年に創設したのが「ヤングシナリオ大賞」。第1回の大賞は坂元裕二、第2回は野島伸 [全文を読む]

脚本家、若手俳優…NHK「ドラマ10」が大人の女性にウケるワケ

WEB女性自身 / 2016年11月23日06時00分

青春時代に胸をときめかせたドラマの脚本家が今、40代になった私たちをドキドキさせてくれているのです」 ■若手ホープが発掘できる 「斎藤工さんは朝ドラ『ゲゲゲの女房』に漫画家のアシスタント役として登場した後、大河ドラマ『江』に出演して、ドラマ10『ガラスの家』に抜擢されました。NHKは俳優を お抱え のように使うのが上手なんです。これは民放では、なかなかでき [全文を読む]

SMAP稲垣吾郎「今は渦中の人間」3年後は「全然違う生活をしている」?

モデルプレス / 2016年11月11日12時59分

◆稲垣吾郎の3年後は「全然違う生活をしている」? 番組には、ドラマ「やまとなでしこ」「ハケンの品格」「ドクターX」「花子とアン」などを手掛けた脚本家・中園ミホ氏がゲスト出演。脚本家になる前、占い師として活躍していた中園氏は、稲垣と外山アナを占うことになった。 すると稲垣は「今、渦中の人間になっちゃってますけど」とSMAP解散騒動を思わせる発言でスタジオを沸 [全文を読む]

堺雅人 日テレ連ドラ出演決めた背景に脚本家と高額ギャラ説

NEWSポストセブン / 2015年04月10日07時00分

堺が日テレの連ドラに主演するのは初めてだが、この作品のオファーを受けた裏事情とは? 視聴率42.2%を記録した『半沢直樹』(TBS系)、続いて出演した『リーガルハイ』(フジテレビ系)以来1年半ぶりの主演ドラマとなる今作。 もちろんそれまでの間も、各局、あの手この手で、堺にオファーを出していたわけだけれど、彼はすべて拒否してきたといわれている。 では、なぜ今 [全文を読む]

「花子とアン」から約半年!高梨臨が中園作品に再び挑む

Smartザテレビジョン / 2015年03月03日06時00分

そして、花子とアンでお世話になった脚本家の中園ミホ先生とまたご一緒させていただけて、とてもうれしいです。たくさんの方に見ていただけるように、そして皆さんの期待に応えられるように取り組んでいきたいと思います。このドラマを見て、皆さんが楽しい時間を過ごしていただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。 その他、超豪華出演者が脇を固める。 倫太郎と恋に落ちる [全文を読む]

「花子とアン」脚本家・中園ミホ氏“ゴーストライター”の存在をカミングアウト

モデルプレス / 2015年02月05日22時09分

【モデルプレス】NHK連続テレビ小説「花子とアン」の脚本家・中園ミホ氏が、“ゴーストライター”の存在をカミングアウトした。 5日、都内ホテルで行われた日本映画テレビプロデューサー協会主催の「2015年 第39回エランドール賞」に登場した中園氏。同作のチーフプロデューサー・加賀田透氏がテレビ部門のプロデューサー賞を受賞したため、花束贈呈に駆けつけ「加賀田さん [全文を読む]

日本テレビ4月ドラマ主演に堺雅人が決定!

Smartザテレビジョン / 2015年01月29日06時00分

以前から堺さんの大ファンだったので、脚本家の私が一番『こんな精神科医がいてくれたら!』と心をトキめかせています」とコメント。一方、水田氏は「『半沢直樹』VS『ドクターX』? それは凄いかも!…違う、違います。私の仕事は『Dr. 倫太郎』という全く新しいドラマを届けることだ。4月クールNo.1ドラマを目指し、腕まくりして頑張ります!」と意気込みを語った。さら [全文を読む]

フォーカス