映画 中村吉右衛門に関するニュース

【フジテレビ】動画配信サービス初出し!二代目中村吉右衛門主演『鬼平犯科帳』HDデジタル・リマスター版として全138話を見放題配信!10月1日(木)より配信開始

PR TIMES / 2015年10月01日11時26分

[画像2: http://prtimes.jp/i/84/525/resize/d84-525-778111-2.jpg ]◇ 時代劇『鬼平犯科帳』概要[画像3: http://prtimes.jp/i/84/525/resize/d84-525-654448-3.jpg ]■タ イ ト ル : 『鬼平犯科帳』■配 信 開 始 日: 10月1日(木)0:0 [全文を読む]

尾上菊之助の挙式で思い出す「染五郎に捨てられた」女優・寺島しのぶの“復讐劇”

日刊サイゾー / 2013年03月07日13時00分

しかし、寺島は染五郎への思いを断ち切るかのように、映画『赤目四十八龍心中未遂』(03)や『ヴァイブレータ』(同)に出演。それまでのイメージからは想像できない大胆な演技を披露して、関係者を驚かせると同時に、女優として高い評価を得た。“梨園の妻”になることを夢見ていた寺島が、染五郎の裏切りを機に、女優として生きることを決意した証しだろう。筆者には、いわば染五郎 [全文を読む]

本田博太郎 良い作品はスタッフもキャストもみな共犯者

NEWSポストセブン / 2017年02月17日11時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、無宿人の直次郎として本田博太郎が必殺シリーズにレギュラー出演した当時について語った言葉をお届けする。 * * * 本田博太郎は1981年、テレビシリーズ『必殺仕舞人』にレギュラー出演。メイン監督は工藤栄一が務め、撮影は京都映画撮影所(現・松竹撮影所)だった。 「あそ [全文を読む]

宇多田ヒカルも反発!? 平蔵がイケメンで細くてカッコいいアニメ『鬼平』に対するファンの期待と不安とは

おたぽる / 2016年09月01日18時00分

累計発行部数2,700万部を誇る池波正太郎の超人気シリーズで、八代目松本幸四郎(松たか子の祖父)、丹波哲郎、萬屋錦之介、二代目中村吉右衛門といった名優たちによるTVドラマ、『ゴルゴ13』のさいとうたかをによるマンガ(脚色:久保田千太郎)、さらに映画化、舞台化も幾度となくされてきた『鬼平犯科帳』が、2017年に誕生50周年を迎えることを機に、『鬼平』とタイト [全文を読む]

中村嘉葎雄 梨園とは男に生まれたら役者になるしかない世界

NEWSポストセブン / 2014年10月16日07時00分

俳優の中村嘉葎雄(なかむら・かつお)は高校生のとき兄・萬屋錦之介に続いて銀幕デビュー、映画やテレビドラマなどで長く活躍してきた。映画デビュー以前、役者としての基礎が形作られ、鍛えられた歌舞伎の世界について中村が語る言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 中村嘉葎雄は歌舞伎役者・三代目中村時 [全文を読む]

映画『柘榴坂の仇討』監督 若松節朗氏インタビュー

PR TIMES / 2014年09月18日15時06分

当社が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナー「VILLAGE CAFE」で、映画『柘榴坂の仇討』の監督、若松節朗氏のインタビューを行ないました。 演出・ドラマディレクター・映画監督としてドラマ『やまとなでしこ』(00/CX)や映画『沈まぬ太陽』(09)など、様々な作品を世に送り出してきた若松節朗氏。若松氏が映像の世界に興味を抱いたき [全文を読む]

木崎ゆりあ出演!「柘榴坂の仇討」予告編が公開へ

dwango.jp news / 2014年06月20日13時05分

この映画の予告編が解禁となった。待望の予告編では、出演全キャストが出演。動く、木崎ゆりあも見ることが出来る!「柘榴坂の仇討」(ざくろざかのあだうち)9月20日(土)全国ロードショー原作:浅田次郎(「五郎治殿御始末」所収 中央公論新社刊/新潮文庫刊)監督:若松節朗 脚本:高松宏伸 飯田健三郎 / 長谷川康夫 音楽:久石譲出演:中井貴一 阿部寛 広末涼子 髙嶋 [全文を読む]

ドラマ&映画・これが「伝説のミスキャスト」だ!(3)

アサ芸プラス / 2012年03月29日10時57分

この一件が、漫画をドラマ化すると原作とかけ離れたものになる、と視聴者があきらめるようになった分岐点ではないか」「テルマエ・ロマエ」「宇宙兄弟」「るろうに剣心」‥‥、撮影技術の向上で今年も漫画原作映画は引きもきらない。中でもオールドファンを憤怒させるのが、ウエンツ瑛二(26)=12位=主演の実写版「タイガーマスク」。「タイガーマスクを実写と言われても‥‥。い [全文を読む]

『鬼平犯科帳』アニメ化&誕生50年記念オリジナル電子書籍を一挙に3点配信!

@Press / 2016年12月22日12時15分

小説のみならず、テレビ、映画、舞台、マンガと様々な形で親しまれており、2016年12月には、中村吉右衛門の主演で1989年から続いた大人気テレビドラマがシリーズ大団円を迎え、高視聴率を記録しました。 また初のアニメ化が決定! アニメ「鬼平」は2017年1月9日(深夜2時05分~)からテレビ東京系列、1月15日からCS「時代劇専門チャンネル」(23時30分~ [全文を読む]

鬼平が長身でスタイリッシュなイケメンに! 『鬼平犯科帳』初のテレビアニメ化決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月14日17時30分

2017年に誕生50周年を迎える『鬼平犯科帳』シリーズのテレビアニメ化を担当するプロデューサーは、映画「時をかける少女」「サマーウォーズ」など200本以上のアニメ作品を手がけてきた丸山正雄。 主人公の鬼平は、長身でスタイリッシュな現代風のルックスとなり、クールな色気と力強さを感じさせる。 さらに2016年10月22日(土)には、文藝春秋が発行する月刊小説 [全文を読む]

美味しい料理は料理番組だけじゃない!?日本ドラマの名(迷)料理人10選!

日本タレント名鑑 / 2016年02月13日09時55分

現在主演映画も好調ですし、まさに出世作ですね。 病気の母親の代わりに弟妹のためにご飯をつくるイケメン兄と、育ての家族、血のつながりのある家族との交流や、心の葛藤を描いた2015『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~』。 主人公の律(高杉真宙さん)も、義弟・義妹のために心をこめて料理をつくり、ネグレクトに苦しむ実弟のために料理を作る心の料理人です。周囲 [全文を読む]

勝野洋 いつ剣の仕事来てもいいように木刀を毎日振っている

NEWSポストセブン / 2015年05月06日16時00分

殺陣を教わった東映京都撮影所での思い出について勝野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 1970年代に『太陽にほえろ!』『俺たちの朝』といった人気テレビドラマに相次いで出演して人気俳優となった勝野洋は1980年代初頭、テレビシリーズ『柳生あばれ旅』や映画『燃える勇者』に出演。千葉真一率 [全文を読む]

年末年始のTVはこれを見よ 忠臣蔵ほか注目の時代劇3作品

NEWSポストセブン / 2014年12月26日16時00分

年末年始は芸のないタレントが騒ぐだけのバラエティばかりかと思われがちだが、人間の生きざまをじっくり追ったドキュメント、重厚なドラマや見逃していた話題の映画、息詰まるスポーツ中継など、見応えのある番組も少なくない。年末年始だからこそテレビの前にどっしりと腰を落ち着けて見たい時代劇を3本紹介しよう。 (1)『忠臣蔵~決断の時~』時代劇専門チャンネル 12月31 [全文を読む]

松たか子VS寺島しのぶ 親族の祝宴で同席を拒否した梨園オンナの30年遺恨(1)昔は仲良かったが…

アサ芸プラス / 2014年06月24日09時58分

ところが、今回の事態を見ると、共演どころか、同じ場所で同じ空気を吸うことさえ嫌だったのかと‥‥」(映画関係者) きな臭い話が聞こえてきたが、2人の因縁を理解するには説明が必要だろう。 「もともと尾上家と松本家は歩いて行けるほどの距離に互いの邸宅を構え、寺島と染五郎は同級生、寺島と松は幼なじみで仲がよかった。ところが、小学生になったぐらいから容姿端麗だった松 [全文を読む]

フォーカス