映画 中村吉右衛門に関するニュース

【フジテレビ】動画配信サービス初出し!二代目中村吉右衛門主演『鬼平犯科帳』HDデジタル・リマスター版として全138話を見放題配信!10月1日(木)より配信開始

PR TIMES / 2015年10月01日11時26分

[画像2: http://prtimes.jp/i/84/525/resize/d84-525-778111-2.jpg ]◇ 時代劇『鬼平犯科帳』概要[画像3: http://prtimes.jp/i/84/525/resize/d84-525-654448-3.jpg ]■タ イ ト ル : 『鬼平犯科帳』■配 信 開 始 日: 10月1日(木)0:0 [全文を読む]

AKB48木崎ゆりあ、念願の初挑戦「たくさん怒られました」

モデルプレス / 2014年06月17日06時00分

◆念願の初挑戦、本人コメント到着 木崎は、俳優の中井貴一主演の映画「柘榴坂の仇討」に出演することが決定。同作は、人気作家・浅田次郎氏の2004年発表の短編集「五郎治殿御始末」が原作。キャストには中井のほか、阿部寛、広末涼子、中村吉右衛門が19年ぶりに映画出演を果たすなど、大物俳優が集結。さらに、監督には「沈まぬ太陽」の若松節朗、音楽に久石譲を迎え、豪華布 [全文を読む]

尾上菊之助の挙式で思い出す「染五郎に捨てられた」女優・寺島しのぶの“復讐劇”

日刊サイゾー / 2013年03月07日13時00分

しかし、寺島は染五郎への思いを断ち切るかのように、映画『赤目四十八龍心中未遂』(03)や『ヴァイブレータ』(同)に出演。それまでのイメージからは想像できない大胆な演技を披露して、関係者を驚かせると同時に、女優として高い評価を得た。“梨園の妻”になることを夢見ていた寺島が、染五郎の裏切りを機に、女優として生きることを決意した証しだろう。筆者には、いわば染五郎 [全文を読む]

ご存知ですか? 3月24日は「桜田門外の変」の日です

文春オンライン / 2017年03月24日07時00分

近年の作品でいえば、2010年公開の映画『桜田門外ノ変』(吉村昭原作、佐藤純彌監督)では伊武雅刀が、2014年公開の映画『柘榴(ざくろ)坂の仇討』(浅田次郎原作、若松節朗監督)では中村吉右衛門がそれぞれ井伊直弼を演じている。 『桜田門外ノ変』は水戸藩の側から事件を描いたものだが、これを観ると直弼もまた、水戸浪士らと同じく、時代に翻弄されたひとりであったと [全文を読む]

本田博太郎 良い作品はスタッフもキャストもみな共犯者

NEWSポストセブン / 2017年02月17日11時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、無宿人の直次郎として本田博太郎が必殺シリーズにレギュラー出演した当時について語った言葉をお届けする。 * * * 本田博太郎は1981年、テレビシリーズ『必殺仕舞人』にレギュラー出演。メイン監督は工藤栄一が務め、撮影は京都映画撮影所(現・松竹撮影所)だった。 「あそ [全文を読む]

宇多田ヒカルも反発!? 平蔵がイケメンで細くてカッコいいアニメ『鬼平』に対するファンの期待と不安とは

おたぽる / 2016年09月01日18時00分

累計発行部数2,700万部を誇る池波正太郎の超人気シリーズで、八代目松本幸四郎(松たか子の祖父)、丹波哲郎、萬屋錦之介、二代目中村吉右衛門といった名優たちによるTVドラマ、『ゴルゴ13』のさいとうたかをによるマンガ(脚色:久保田千太郎)、さらに映画化、舞台化も幾度となくされてきた『鬼平犯科帳』が、2017年に誕生50周年を迎えることを機に、『鬼平』とタイト [全文を読む]

中村嘉葎雄 梨園とは男に生まれたら役者になるしかない世界

NEWSポストセブン / 2014年10月16日07時00分

俳優の中村嘉葎雄(なかむら・かつお)は高校生のとき兄・萬屋錦之介に続いて銀幕デビュー、映画やテレビドラマなどで長く活躍してきた。映画デビュー以前、役者としての基礎が形作られ、鍛えられた歌舞伎の世界について中村が語る言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 中村嘉葎雄は歌舞伎役者・三代目中村時 [全文を読む]

映画『柘榴坂の仇討』監督 若松節朗氏インタビュー

PR TIMES / 2014年09月18日15時06分

当社が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナー「VILLAGE CAFE」で、映画『柘榴坂の仇討』の監督、若松節朗氏のインタビューを行ないました。 演出・ドラマディレクター・映画監督としてドラマ『やまとなでしこ』(00/CX)や映画『沈まぬ太陽』(09)など、様々な作品を世に送り出してきた若松節朗氏。若松氏が映像の世界に興味を抱いたき [全文を読む]

木崎ゆりあ出演!「柘榴坂の仇討」予告編が公開へ

dwango.jp news / 2014年06月20日13時05分

この映画の予告編が解禁となった。待望の予告編では、出演全キャストが出演。動く、木崎ゆりあも見ることが出来る!「柘榴坂の仇討」(ざくろざかのあだうち)9月20日(土)全国ロードショー原作:浅田次郎(「五郎治殿御始末」所収 中央公論新社刊/新潮文庫刊)監督:若松節朗 脚本:高松宏伸 飯田健三郎 / 長谷川康夫 音楽:久石譲出演:中井貴一 阿部寛 広末涼子 髙嶋 [全文を読む]

ドラマ&映画・これが「伝説のミスキャスト」だ!(3)

アサ芸プラス / 2012年03月29日10時57分

この一件が、漫画をドラマ化すると原作とかけ離れたものになる、と視聴者があきらめるようになった分岐点ではないか」「テルマエ・ロマエ」「宇宙兄弟」「るろうに剣心」‥‥、撮影技術の向上で今年も漫画原作映画は引きもきらない。中でもオールドファンを憤怒させるのが、ウエンツ瑛二(26)=12位=主演の実写版「タイガーマスク」。「タイガーマスクを実写と言われても‥‥。い [全文を読む]

フォーカス