特許 中村修二に関するニュース

「視聴率がとれないジャニーズ」を変えた飯島マネージャーが考えていたSMAPの将来

メディアゴン / 2016年01月20日12時48分

ジャニー喜多川氏のいわば「特許」(http://mediagong.jp/?p=14598)によって生み出されたSMAPは、急速に陳腐化していく危険がある。ここに自分の考えた「実用新案」を次々に適用して新生SMAPに脱皮させ続けていかないとSMAPに未来はない。そう飯島氏は思っていたのではないか。自動車にたとえるならこうだ。ジャニー喜多川は自分の「特許」で [全文を読む]

中村修二氏が「ソニーもパナソニックも潰せばいい」と語る理由

WEB女性自身 / 2014年11月12日17時00分

英治氏のリーダーシップの賜物です」 中村氏が日亜化学との訴訟でもっとも訴えたかったのは、「企業内で業務としておこなった発明(職務発明)の特許は、会社ではなく発明者個人に帰属する。もし会社に譲渡する場合は、相応の対価が支払われる」という主張。いま、その根拠となった特許法35条が改正されようとしていることに中村氏は憤る。 「いま、職務発明の特許を会社のものにす [全文を読む]

特許法大転換 特許権帰属を発明者から企業へ法改正検討 個人が相当の対価を得られない懸念

Business Journal / 2015年02月20日06時00分

特許権は誰のものなのか――。発明した研究者のもの(発明者主義)なのか、それとも研究者が所属している企業等のもの(使用者主義)なのか。政府は現在、企業の研究者や従業員が職務上行った発明(職務発明)の特許を受ける権利をめぐり、特許法の改正を検討している。 青色発光ダイオードの発明でノーベル物理学賞を受賞した中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授が、 [全文を読む]

社員発明の「特許」は会社のもの 「法改正」の影響は?エンジニア出身の弁護士に聞く

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月17日10時30分

「職務発明」をめぐる特許法の改正に向けた議論が大詰めを迎えている。昨年12月25日には、国の審議会がまとめた制度見直し案が公表された。「職務発明の特許は社員ではなく企業のもの」という改正案については、ノーベル物理学賞に選ばれた米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二教授が反対を表明するなど、否定的な意見も存在している。改正案のポイントは何なのか、メー [全文を読む]

ノーベル賞の裏にある「確執」中村教授と日亜の特許訴訟の見方

JIJICO / 2014年12月13日10時00分

日亜化学は、中村氏の言う特許発明は使用していないと主張 裁判ではいくつかの争点があったのですが、特許訴訟としてのポイントは、「(1)日亜化学は中村氏の発明を使っているのか」「(2)使っているとして、製品における中村氏の発明の貢献度はどの程度のものか」でした。また、「(3)日亜化学に貢献した発明の真の発明者は誰なのか」も大きな問題だったのです。 (1)につ [全文を読む]

緊急出版『中村修二劇場』 単行本と電子書籍を同時発売!ノーベル賞決定後のロングインタビューも収録!

@Press / 2014年11月14日13時30分

快挙、転身、そしてかつて属した会社との闘争、巨額の「特許の対価」請求と、常に衆目を集め続けてきた中村氏の軌跡を「当時の肉声」で振り返ることが本書の趣旨です。それぞれの節目で作成された膨大な記事のなかから、歴史をなぞるうえで欠かせない解説記事やインタビュー記事を厳選、これにノーベル賞受賞決定後、急きょ敢行したロングインタビューや最新記事を加え、書籍化いたしま [全文を読む]

【中村修二氏ノーベル物理学賞受賞直後のインタビュー収録し緊急文庫化!】畠山憲司著『中村修二の反乱』

PR TIMES / 2014年11月14日11時05分

同年12月、日亜化学工業から青色LED特許に関する企業秘密漏洩の疑いで、ノースカロライナ州東部連邦地方裁判所に訴えられる。これに対して、01年8月、東京地裁に特許権の帰属などを求めて同社を提訴。05年和解。 2014年ノーベル物理学賞受賞。 ■著者紹介 畠山憲司(はたけやま・けんじ) 1954年岡山県生まれ。中央大学法学部卒業後、通信社、出版社を経て、90 [全文を読む]

ノーベル賞・中村教授も「法改正」を批判 「特許は会社のもの」で研究者は海外へ?

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月24日10時25分

ノーベル物理学賞に選ばれた米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二教授が、社員が発明した特許を「会社のもの」とする特許法改正案に「猛反対」を表明している。中村氏は、朝日新聞の取材に対し、「私の裁判を通じて(社員の待遇が)良くなってきたのに、大企業の言うことをきいて会社の帰属にするのは問題だ」と批判している。中村氏は2001年、発明の対価をめぐり、発明 [全文を読む]

中村修二氏と日亜化学の愛憎 なぜ泥沼抗争?日亜が無価値とした技術、ノーベル賞受賞

Business Journal / 2014年10月13日01時00分

発明特許を会社が独占し、中村氏へは発明の対価として「ボーナス程度」の2万円のしか支払われなかったず。中村氏は退職後も技術情報を日亜化学のライバル企業に流出させたとして同社から訴訟を起こされ、「さらに怒りを募らせた」といい、会見で中村氏は次のように語っている。「日亜化学から企業秘密漏洩で訴えられ頭にきたので、日本で原告になって日亜化学を訴えた。裁判なんかやっ [全文を読む]

テレビ東京で、明日午後1時35分から急遽放送決定!! 「緊急編成! 池上彰がノーベル賞・中村修二に迫るドラマ“ルビコンの決断”」

PR TIMES / 2014年10月10日11時50分

しかし退社後、発光ダイオードを製造するのに必要な機械の特許について、元勤務先の日亜化学工業と裁判で争うことになる。一審の判決は中村の言い分を認めた“会社は中村に200億円支払え”というもの。しかし会社側の控訴を受けた高裁はおよそ6億円での和解を勧告した。納得がいかない中村。悩んだ末、ある決断を下す。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

フォーカス