バット 長嶋茂雄に関するニュース

苦手な平松政次との対戦 長嶋茂雄がおかしな打ち方した理由

NEWSポストセブン / 2015年01月22日11時00分

ある対戦では、打つ瞬間にグリップを緩めてバットを落とし、グリップエンドを余して振ったこともあった。もともと長嶋さんはバットを目一杯長く持つタイプ。おかしな打ち方をするなァと不思議に思ったんです。現役時代にはどうしてそんな打ち方をするのか、なかなか聞く機会がなくて、僕の通算200勝達成パーティーの席でご本人に長年の謎をぶつけてみたら、こんな答えが返ってきた [全文を読む]

長嶋茂雄氏 伝説のフリチン素振りの音はバチンではなかった

NEWSポストセブン / 2014年09月07日16時00分

そのうちのひとつに、試合で無安打に終わった長嶋茂雄氏が、遠征先の部屋で全裸になってバットの素振りをしていたというものがある。当時、長嶋氏と同室だったのは鉄壁の内野を築いた故土井正三氏と黒江透修(ゆきのぶ)氏だった。このフリチンスイングには、「“モノ”が太股にバチンと音を立てて当たる時が良いスイング」などの逸話が伝わる。これは本当だったのか。黒江氏に訊いた。 [全文を読む]

長嶋茂雄「ポケットに隠しきった右手の真実」(1)ジャンケンができない状態

アサ芸プラス / 2013年05月16日09時59分

左手で握られたバットが高めの球を捕らえ切れず、まさに空を切らんとするその時、テレビ中継の瞬間最高視聴率は18.5%を記録した。5月5日の東京ドームでの国民栄誉賞授与式の感動は、今も冷めやらない。 一方で、何か消化不良的なスッキリしない気分が残ったのもまた事実だった。原因は、巨人軍・長嶋茂雄終身名誉監督(77)の右手が、あの一大国家行事に際してもポケットの [全文を読む]

【プロ野球】イチローも苦言?”敬遠”が生んだ名場面と名選手

デイリーニュースオンライン / 2016年06月02日17時05分

長嶋はこの試合以外でも敬遠球を打つことが何度かあり、また、敬遠に抗議してバットを持たずに打席に立ったことでも知られている。魅せる野球が信条の長嶋茂雄にとって、見せ場を無くしてしまう敬遠は何よりも憎むべき作戦だったのだ。 ■1981年/敬遠球をスタンドにまで運んだ柏原純一 1981年7月19日の日本ハム対西武戦。6回、2死三塁で日本ハムの打席には柏原純一。 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「球団創設80周年特別展~タイガースのレジェンドたち~」

PR TIMES / 2015年03月19日18時10分

<展示品>バース選手(バット)、掛布雅之選手(バット)、岡田彰布(バット)など◎T-G伝説のライバルたち・村山実vs長嶋茂雄、江夏豊vs王貞治、掛布雅之vs江川卓、岡田彰布vs原辰徳など、巨人戦を彩ったライバル対決を特集します。[画像2: http://prtimes.jp/i/5180/365/resize/d5180-365-804943-2.jpg [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「球団創設80周年特別展~タイガースのレジェンドたち~」

@Press / 2015年03月19日17時45分

<展示品> バース選手(バット)、掛布雅之選手(バット)、岡田彰布(バット)など ◎T-G伝説のライバルたち ・村山実vs長嶋茂雄、江夏豊vs王貞治、掛布雅之vs江川卓、岡田彰布vs原辰徳など、巨人戦を彩ったライバル対決を特集します。 <展示品> 村山実投手(ユニフォーム)、掛布雅之選手(300号HR記念メダル)、岡田彰布選手(1980年新人王記念ライタ [全文を読む]

長嶋茂雄「ポケットに隠しきった右手の真実」(2)キッチリ当ててはじき返した

アサ芸プラス / 2013年05月21日09時59分

ミスターは両手スイングを断念し、左手一本でバットを振る方針に切り替えた。 前出・読売グループ関係者が証言する。 「手に力が入らず握力が戻らないから、まず普通にバットを握ることができない。無理やり何かで縛りつけて振れば、脱臼してしまうし、左手で握って右手を添える方法も右肩、右腕がどうなるか予想がつかない危険性があった。右足も麻痺が残っているため、両手で振ると [全文を読む]

長嶋茂雄デビュー4三振 金田正一が負けられなかった理由

NEWSポストセブン / 2017年03月31日07時00分

金田が投じた19球のうち、バットに当たったのはファウルの1球のみ。それも、よけたバットにボールが当たったものだった。 それ以外のストライクは見逃しが2球、空振りが9球。速球、ドロップ、シュート、カーブを駆使して、当時すでに7年連続20勝を含む通算182勝をあげていた金田は格の違いを見せつける。金田は、この日、負けられない理由があったと振り返る。 「胃がんに [全文を読む]

巨人軍の伝統が復活した日

ベースボールキング / 2017年02月23日13時30分

バットを握った高橋由伸監督から、坂本勇人や村田修一、阿部慎之助といった主力選手に嵐のようなノックが浴びせられる。全体練習後の約1時間、計347球に及ぶ特守。巨人伝統の「鬼ノック」が復活した。 厳しさの中にも和やかな空気が漂い、高橋監督がミスをすれば選手側から容赦ないツッコミが。大勢の観客に見守られた中、チームとしての一体感を感じた光景だったように思う。 [全文を読む]

長嶋茂雄が“清原逮捕”で漏らしていた慟哭肉声!(2)ミスターが惚れ込んだ野球選手としての才能

アサ芸プラス / 2016年03月05日17時56分

記者から質問されるたびに長嶋氏が、「あのビシッというバットスイングがしびれますね~。バットを振るだけで並の選手でないのがわかります。ぜひともジャイアンツに欲しいですね~」 と繰り返していたことからも明らかなように、公にその実力を認めていたのだ。「ところが、実際に清原のFA宣言が噂され始めると、清原のことを質問しても、シーッと指を立てるだけでした。すでに獲得 [全文を読む]

フォーカス