演歌 鳥羽一郎に関するニュース

語っていいとも! 第29回ゲスト・山川豊「今度は離島にも行こうと。“会いに行く歌手”です」

週プレNEWS / 2016年09月04日12時00分

デビュー35周年となり、実兄の鳥羽一郎さんとともに演歌界を代表する顔となった今。前回は貧しかった幼少時代からデビューまでの道のり、そして家族や後輩の氷川さんとの絆まで、まさに“演歌な男気”人生を語ってもらったがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―デビューされた80年代はレコードが売れた時代ですし、ヒットチャートとかTVの歌番組も全盛で華や [全文を読む]

【船村徹作曲作品】シングル22・アルバム2タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2015年04月22日10時00分

http://meg-cd.jp/artist/takahashi_kiyoko/鳥羽一郎■兄弟船・鳥羽一郎 海のロマンと男の哀愁を唄う 収録曲:1. 兄弟船 2. 矢切の渡し 3. 海の匂いのお母さん 4. 宗谷岬 5. 別れの宿 6. あの娘が泣いてる波止場 7. 南十字星 8. 母のいない故郷 9. 羅針盤 10. わすれ宿 11. 故郷の山が見える [全文を読む]

語っていいとも! 第29回ゲスト・山川豊「五木ひろしさんをTVで観た時に、まだ子供ですから衝撃でね」

週プレNEWS / 2016年08月28日12時00分

今年がデビュー35周年ということで、実兄の鳥羽一郎さんとともに演歌界を代表する顔となった今、最近ではバラエティ番組等でも素の魅力を発揮。後輩の氷川さんも絶大な信頼を置く、その男気とはーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―氷川きよしさんの御紹介ということで。事務所の大先輩であり、兄貴のような感じですかね。 山川 いや、そんな大したあれでは…芸 [全文を読む]

演歌の大御所そろい踏み!日本クラウン創立50周年記念コンサート開催

okmusic UP's / 2013年08月11日08時00分

終盤では、北島三郎と鳥羽一郎の2人が「演歌兄弟」を熱唱。北島の代表曲「函館の女」を北島と後進の和田青児、大江裕、三山ひろしによる披露と、このコンサートならではの貴重なステージが続く。 大トリの北島は、「北の漁場」「風雪ながれ旅」「百年の蝉」を立て続けに歌い上げ、最後は出演者員で「まつり」を合唱。“クラウンまつり"にふさわしい華やかなステージで観客を楽しま [全文を読む]

美人演歌歌手・丘みどり 幼い頃に鳥羽一郎コンサートに感動

NEWSポストセブン / 2014年12月12日07時01分

「平成の美人演歌歌手」はどこにいる? というわけで探しだしたのが丘みどり(30)。幼い頃に初めて行った鳥羽一郎のコンサートに感動し演歌歌手を目指すようになったという。 「でも、演歌歌手になる方法がわからなかったので、近道になるかと思って18歳でアイドルユニットのオーディションを受けてデビューしました」 アイドルユニットの一員として活動しながらも、演歌歌手へ [全文を読む]

ムッシュかまやつ逝去で分かった「テレビは高齢者向けメディア」

プレジデントオンライン / 2017年03月04日09時15分

そして、船村さんの葬儀には、鳥羽のほかにも、舟木一夫、大月みやこ、伍代夏子といった演歌界の重鎮が姿を見せた。葬儀は多数の芸能人を一気にインタビューできる場となっており、これまたテレビ局にとっては貴重な映像素材の供給源となっている。 別に「人の命に優劣をつけるのはけしからん」と言っているわけではない。マスメディアというものは案外、公共性を考えているだけではな [全文を読む]

北島三郎、記者会見で「事件」勃発…NG質問出て、その場が凍りつく

Business Journal / 2016年02月11日17時00分

あるレコード会社関係者はその翌週インフルを発症したそうですが、とても北島の感染との関係性について触れられる空気ではないようです」(スポーツ紙記者) さすがに演歌界の大御所である北島ゆえに、インフルエンザ発症が周囲に与える“影響”も大きいようだが、実は1日の囲み会見では、マスコミを恐れさせる事態が起こっていたという。 「事前に関係者からマスコミに対しては、『 [全文を読む]

「紳助以上の大物芸人S」にも暴力団幹部との交友が! 暴力団と「黒い交際」が囁かれてきた芸能人総まくり

リテラ / 2015年11月14日13時00分

美空ひばりもそうだが、芸能界と暴力団のつながりというと、なんといっても演歌界ではその結びつきがことさらに強い。そのなかでもよく知られているのは、北島三郎だろう。彼と稲川会との関係は深く、84年、稲川聖城総裁をモデルに製作された映画『修羅の群れ』の主題歌に「神奈川水滸伝」を提供、その曲は後に稲川会の会歌となった。さらに86年には稲川会の新年会に出席していた [全文を読む]

「秋元康、和田アキ子は負け組」!? 北島三郎G1制覇に見る、“芸能人馬主”の現実が悲しすぎる……

日刊サイゾー / 2015年10月30日23時30分

演歌の大御所・北島三郎の愛馬、キタサンブラックが25日、第76回菊花賞(G1)を優勝。馬主歴47年(初出走時)のベテランがついにG1オーナーの座についた。賞金はなんと1億1200万円である。 北島氏は京都競馬場での優勝馬主インタビューで、公言していた「まつり」の菊花賞優勝バージョンを熱唱し、その模様は各局のスポーツニュースやスポーツ紙に掲載された。 北島氏 [全文を読む]

フォーカス