その後 田代まさしに関するニュース

【朗報】「神」である「田代まさし」が公に復活!ネットでは歓喜に沸く

秒刊SUNDAY / 2015年02月21日00時59分

覚せい剤取締法などで逮捕されその後ようやく刑務所で刑期を終えたあの元タレントの「田代まさし」がついに「ツイート」したのだ。田代まさしは、「皆さんご無沙汰しております。田代まさしです!」とつぶやいた。みなさんご無沙汰しております。田代まさしです! この度の事件では大変ご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。 2014年7月2日に、3年半の懲役を終え [全文を読む]

元・KAT-TUN田中、押尾学、橋爪遼…薬物で“逮捕”された芸能人のその後

dmenu映画 / 2017年06月16日07時00分

そこで今回は、薬物での逮捕歴のある芸能人のその後を調べてみました。 ASKA(覚せい剤取締法違反で2014年・2016年逮捕) CHAGE&ASKAのメンバーとして絶大な人気を誇っていたASKAは、2014年に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕。これにより所属事務所とはエージェント契約が解消され、事実上音楽活動からの引退に追い込まれてしまいます。裁判での判決は [全文を読む]

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

デイリーニュースオンライン / 2016年07月03日08時07分

参考になるのは、かつて違法薬物所持で逮捕された芸能人のその後だろう。ここでは、彼らの異常なる再犯率の高さに改めて驚いてしまう。 ■清水健太郎(63) 薬物事犯といえば、横綱級の存在感を放つのが清水健太郎だ。大麻、覚せい剤、合成麻薬の使用で過去に6度逮捕されている。交通死亡事故やひき逃げでも逮捕歴があり、2013年には脱法ハーブ使用による入院歴も。現在は歌 [全文を読む]

田代まさし、出所間近! 業界筋が、薬物芸能人を復帰させる「うま味」と「問題点」

サイゾーウーマン / 2014年06月21日13時00分

その後、01年に軽犯罪法違反容疑と覚せい剤所持・使用容疑で逮捕、さらに執行猶予中の04年に、覚せい剤取締法と銃刀法違反で逮捕され、3年半の服役生活を送った。そんな田代は、インターネット掲示板「2ちゃんねる」などのユーザーの間で盛んに話題にされるようになり、これに目をつけた一部の業界筋やプロデューサーが、田代の囲い込みに動き出したという。 「08年、出所と同 [全文を読む]

ASKA逮捕直前!? 連日ファンレター、挙動不審ら人気芸能人の刑務所生活に迫る

サイゾーウーマン / 2013年09月02日14時00分

2日間ほどは精神的にも動揺したようですが、その後は身体を動かして鍛えたり、夫人が差し入れた般若心経を読むなどして過ごし、警察の調べにも協力的でした。心配したファンは拘留されている長渕を勇気付けようと、彼の曲『人間』を留置施設の外から大音量で流して応援していたそうです。」(同) 逮捕から10日間で釈放され、その後、起訴猶予になったのは彼の反省を汲み取った検察 [全文を読む]

「神」と崇められた男・田代まさしが語る、薬物と刑務所の怖~い話

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月02日06時30分

その後、軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕。直後に覚醒剤の所持や使用が明らかになると、事務所からも解雇され、テレビ画面からは姿を消していきました。一度は釈放され、芸能関係の仕事に復帰するも、度重なる薬物使用により、逮捕、また逮捕…。連行時のやせ細った姿の写真を見て、驚いた記憶があるという方も多いでしょう。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ そんな彼が、自 [全文を読む]

総合的に見てサゲマン!? “未来の梨園の妻”藤原紀香を通り過ぎた著名人たちの「その後」

日刊サイゾー / 2015年10月29日13時00分

その後、双方が公の場に登場したものの、結婚報道についての明言は避け続けている。 「紀香の所属事務所といえば、“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションの傘下。前夫でお笑い芸人の陣内智則との結婚時同様、紀香サイドが周到な“仕込み”に入っているようで、結婚は既定路線。ただ、最近、主導権を取られ続けている愛之助がヘソを曲げてしまっている、との [全文を読む]

田代まさし、救いの手は伸びるのか

NewsCafe / 2015年07月17日16時00分

今月6日にタレント、田代まさし(58)が東京都世田谷区の東急・二子玉川駅構内で女性のスカート内を盗撮し、その後警視庁が書類送検の意向と報じられた。 これまでも田代は盗撮、覚せい剤使用を繰り返してきたが、昨年7月に6年もの刑期を終えて出所してからは、薬物依存からの脱却を訴えるなど順調に回復していると思われていたが…。 「第1報が出てから、本人と直接連絡を取れ [全文を読む]

田代まさし、今度の言い訳は「ミニにタコ」を超えられる?

アサ芸プラス / 2015年07月13日17時59分

その後、薬物の使用で逮捕、実刑判決も受けている。「そっちの再犯は盲点だった」という声も多い中、さすがにあきれて声も出ないというが世間の反応だろう。 声は出ない代わりに、ネット上では「田代まさしあるある」で大盛り上がり。「写真機能がさらに充実したスマホ発売日の行列の中で発見される」「次はライザップでイメチェンを図ろうとしている」「“ミニにタコ”が15年越しの [全文を読む]

田代まさし盗撮再び! 心理学者が語った「盗撮エクスタシー」の深い闇とは?

tocana / 2015年07月11日08時00分

その後はメディア出演などの活動をしていたが、10年9月にコカイン所持、10月には覚せい剤取り締まり法違反の疑いで逮捕され、服役。昨年7月に出所していた。 これまでの15年で、実に5回の逮捕と2回の懲役刑を受けており、今回で6回目になることも考えられる。田代凋落のきっかけとなったのは、奇しくも今回と同じ"女性のスカートの盗撮"だ。順風満帆だった芸能活動を行っ [全文を読む]

田代まさし二子玉川駅ホームで盗撮か「欲求に逆らわない感じがしていた」

messy / 2015年07月10日18時50分

その後は麻薬による逮捕の連続で実刑判決。昨年7月に刑期を終え、最近はリハビリ施設に通いながら「生き方は変えられる」と立ち直りを訴える講演活動も行なっていた。逮捕直前の7月4日も秋田県で講演をしたばかり。薬物脱却の広告塔のような存在として、この夏も7月24日の福岡県でのイベントなど出演依頼が集まっていた。 今回の件を受け、田代とイベントで共演したことがある [全文を読む]

ASKAが九州「流浪の潜伏生活」?(1)東京の自宅には姿がなく…

アサ芸プラス / 2015年05月21日05時56分

「7月の保釈後は、千葉市内の国立病院に入院して3カ月の薬物依存の治療プログラムを受けていました」(女性誌記者) その後、薬物依存症更生施設「静岡ダルク」に入寮。既報だが12月中旬には、東京都内で開かれた「ダルク」主催のクリスマスパーティに参加。進行役の田代まさしの呼びかけでステージに上がり「SAY YES」を熱唱してもいた。 ASKAの実父を知る地元関係者 [全文を読む]

【ウラ芸能】田代まさし、目指せ! 最強「トリオ」

NewsCafe / 2015年02月25日15時00分

いくら甘い芸能界でも田代になんか係ってたら、係った人間が痛い目に遭いそうだもん」記者「ただ、歌手、ASKA(56)が去年、覚せい剤事件で執行猶予付の有罪判決を受けたこともあり、『薬物から抜け出ることの苦しさ』を講演などで訴えるという"お座敷"がかかる可能性はありそうです」デスク「でも、芸能活動とは違うよねぇ…」記者「何年かはそういう地道な活動を続けて信頼を [全文を読む]

「楽屋に吸引器具あった」小向美奈子、怪しい業界人もお手上げのヤバすぎる薬物依存度

サイゾーウーマン / 2015年02月10日13時00分

その後はストリッパーに転身し、AVデビューや深夜番組出演、さらには週刊誌のグラビアを飾るなど、徐々に芸能活動を再開していました」(スポーツ紙記者) また2回目に逮捕状が取られた時点では、小向は留学のためフィリピンに滞在していた。「週刊誌に薬物疑惑の記事が出ることを察知して、いち早く海外に逃亡といわれていましたが、真相は不明です。その後、帰国と同時に逮捕され [全文を読む]

田代まさし 極秘出所し「薬物依存リハビリ施設」で潜伏療養の真相

アサ芸プラス / 2014年07月24日09時58分

その後の人生はまさに転落の一途。翌年には風呂場をのぞき見して逮捕。その際、自宅から覚醒剤が発見されたのだ。 かろうじて執行猶予が付いたが、04年に覚せい剤所持で3度目の逮捕。3年6カ月の実刑に処される。08年に満期出所したかと思えば、10年9月に今度はコカイン所持で逮捕され、再び3年6カ月の実刑判決を受けて下獄。それでも今年7月上旬、ひそかに仮釈放となった [全文を読む]

敏いとう「俺が見てきた芸能界薬物汚染40年」の闇真相(3)清水健太郎は病気だから治らない

アサ芸プラス / 2017年03月08日12時57分

その後も清水健太郎は薬物をやめられず、逮捕され続けた。そのつど、敏のもとには取材依頼の連絡が入るが全て断ってきたという。 ごく最近、清水健太郎に話を聞いた芸能レポーターの石川敏男氏が明かす。「今は奥さんや周りの人が監視してるから、完全にクスリはやってない状態。黒い交際も一切なくて、地方での仕事も1人で行かずに、いつも奥さんを同行させてるみたい。一生懸命 [全文を読む]

なぜ、息子の罪を母が、夫の罪を妻が謝まるの? 高畑淳子の謝罪会見から感じる社会の重圧

ウートピ / 2016年09月02日23時00分

その後、母親の高畑淳子さんが謝罪会見を開くなど、一週間以上が経過した今もマスコミを騒がせています。芸能ライターの小田慶子さんは、今回のスキャンダルをどのように見ているのでしょうか?大物芸能人の息子の愚行そもそも、その容疑が強姦致傷罪というのが前例のないことでした。タレントや俳優の逮捕劇は珍しくありませんが、そのほとんどが大麻取締法違反や交通法違反など。性的 [全文を読む]

芸能“危ない”スクープ!春の放出座談会(3)清原逮捕で芸能界の薬物汚染が明るみに?

アサ芸プラス / 2016年03月19日17時56分

すでに逮捕から6年も経過しているのに、その後も田代まさしや高部あいなどが薬物逮捕され、そのたびにテレビなどでの本格復帰が遠のいてきた。そのため表舞台に戻れず、昔とったきねづかで中国など人気を博したアジアで、ひっそり出稼ぎ仕事をするしかない状況が続いているんです。E(芸能プロ幹部) ところが、そののりピーが、ひそかに営業活動を始めているんです。実は、高校生に [全文を読む]

【ウラ芸能】清原逮捕で『降臨』マーシーの狙い

NewsCafe / 2016年02月05日15時00分

デスク「元プロ野球選手のタレント、清原和博(48)が覚せい剤所持で逮捕された事件は相当根が深そうだな」記者「芸能界では、みな清原はヤバいと思っていたのが多数ですから、これをきっかけに芋づる式に芸能界からも逮捕者が出るっていう事態はないと思いますが…」デスク「なるほど…、ただ、清原のネタに便乗する動きもありそうだぜ」記者「どういうことですか」デスク「清原逮捕 [全文を読む]

覚せい剤中毒から更生中のチャゲアス・ASKA、西麻布で女子アナをナンパしていた!

日刊サイゾー / 2015年10月28日13時00分

その後、薬物依存症更生施設「静岡ダルク」に入寮し、昨年12月中旬には、都内で開かれたダルク主催のクリスマスパーティに参加した。 「進行役の元タレント・田代まさしの呼びかけで『SAY YES』をステージで熱唱したといいます。最近は家族に迷惑をかけたという自責の念にさいなまれ、体重は10キロ増加、一時期は円形脱毛症に悩まされていたと報じられています」(芸能記者 [全文を読む]

フォーカス