判決 田代まさしに関するニュース

元・KAT-TUN田中、押尾学、橋爪遼…薬物で“逮捕”された芸能人のその後

dmenu映画 / 2017年06月16日07時00分

裁判での判決は懲役3年、執行猶予4年。保釈後は薬物依存症治療のために入院し、復帰が待たれていましたが、2016年に再逮捕。しかし、こちらの容疑については嫌疑不十分で不起訴処分となっています。 その後、新曲をYouTubeで配信したり、アルバムを自主製作でリリースするなど、インディーズではあるものの音楽活動は続けているようです。薬物事件の経緯などを含む、これ [全文を読む]

事故死はクスリが原因!?萩原流行と田代まさしの危険すぎる共通点とは?

アサ芸プラス / 2015年04月24日17時59分

翌年には懲役3年6カ月の実刑判決が下っていた。 2人の事故現場が近いのはおそらく偶然に過ぎないだろう。田代は中野区、萩原は杉並区と事故現場の近くに住んでおり、とくに萩原の場合、ここ2年で起こした4回の事故はいずれも杉並区内でのことだった。とはいえ、2人の事故には共通点も見いだせそうだ。「田代まさしは事故当時、睡眠薬を服用していたと語っています。会見でろれつ [全文を読む]

田代まさし二子玉川駅ホームで盗撮か「欲求に逆らわない感じがしていた」

messy / 2015年07月10日18時50分

覚せい剤取締法違反などで繰り返し逮捕・起訴され、実刑判決を受けていたタレント、田代まさしが7月6日、東急電鉄二子玉川駅のホームで、女性のスカート内を携帯電話のカメラで盗撮していた疑いが報じられた。警視庁は、東京都迷惑防止条例違反の疑いで書類送検する方針だ。 警視庁によると、目撃者の通報によって事件が発覚、被害女性はすでにその場からいなくなっていたが、駆けつ [全文を読む]

田代まさし、出所間近! 業界筋が、薬物芸能人を復帰させる「うま味」と「問題点」

サイゾーウーマン / 2014年06月21日13時00分

2011年7月に、3年6カ月の実刑判決を受け、年内にも出所するのではとみられているが、果たして田代に芸能界復帰の予定はあるのだろうか。 「死亡説も流れるほど話題に上がることもなくなっていた田代ですが、獄中で彼と共に服役していた人物に接触し、情報を得ていた記者は何人かいるようです。田代が府中刑務所に服役していることや、ここ最近でも禁断症状を見せていたなど、断 [全文を読む]

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

デイリーニュースオンライン / 2016年07月03日08時07分

執行猶予付き判決で出てきても、再び手を染めかねない。 参考になるのは、かつて違法薬物所持で逮捕された芸能人のその後だろう。ここでは、彼らの異常なる再犯率の高さに改めて驚いてしまう。 ■清水健太郎(63) 薬物事犯といえば、横綱級の存在感を放つのが清水健太郎だ。大麻、覚せい剤、合成麻薬の使用で過去に6度逮捕されている。交通死亡事故やひき逃げでも逮捕歴があり、 [全文を読む]

マーシーは大丈夫!? 盗撮・性犯罪者の再犯防止“電子アンクレット”、韓国芸能人初の装着へ

日刊サイゾー / 2015年07月15日16時00分

また、10年7月から12年7月にかけて、未成年3人を自身のオフィステルや車に連れ込み、酒に酔わせて強姦・暴行・姦淫した容疑で起訴され、裁判の末、懲役2年6カ月と電子アンクレット装着3年などの実刑判決を受けた。 出所したコ・ヨンウクの左足元には電子アンクレットがしっかりと装着されていたが、性犯罪者すべてに装着が義務付けられているわけではなく、実刑判決を受けた [全文を読む]

「梅干を見て唾が出るのと同じ」田代まさしが語った欲求が抑えられない悩み

アサ芸プラス / 2015年07月14日17時59分

さらに、11年には違法薬物の使用・所持などの罪で実刑判決を受け、昨年年7月に出所したばかりだった。 すっかりお騒がせタレントと化している田代だが、薬物更生施設「日本ダルク」でスタッフとして働いていたという。「勤務態度は真面目ですっかり心を入れ替えたように思えていたんですけどね。代表の近藤恒夫氏からの信頼も厚く、芸能界にあまり未練はなさそうで、『将来は芸能人 [全文を読む]

田代まさし、今度の言い訳は「ミニにタコ」を超えられる?

アサ芸プラス / 2015年07月13日17時59分

その後、薬物の使用で逮捕、実刑判決も受けている。「そっちの再犯は盲点だった」という声も多い中、さすがにあきれて声も出ないというが世間の反応だろう。 声は出ない代わりに、ネット上では「田代まさしあるある」で大盛り上がり。「写真機能がさらに充実したスマホ発売日の行列の中で発見される」「次はライザップでイメチェンを図ろうとしている」「“ミニにタコ”が15年越しの [全文を読む]

田代まさし盗撮再び! 心理学者が語った「盗撮エクスタシー」の深い闇とは?

tocana / 2015年07月11日08時00分

05年2月に、懲役3年6ヶ月の実刑判決を受け、08年6月に出所。その後はメディア出演などの活動をしていたが、10年9月にコカイン所持、10月には覚せい剤取り締まり法違反の疑いで逮捕され、服役。昨年7月に出所していた。 これまでの15年で、実に5回の逮捕と2回の懲役刑を受けており、今回で6回目になることも考えられる。田代凋落のきっかけとなったのは、奇しくも今 [全文を読む]

田代まさし出所会見で「しゃぶしゃぶの味が忘れられない」

Smartザテレビジョン / 2015年03月18日20時13分

(昨年、覚醒剤使用の罪で逮捕、懲役3年、執行猶予4年の判決が確定したASKAも同施設でリハビリを行っており)ASKAくんにメッセージを届けにいったんです。『日本でも海外でも、音楽をやっていてる人が覚醒剤に頼っているのはよく聞くことで気持ちはよく分かるけど、薬を使わなくても幸せと感じ事はいっぱいあるよ、過去は変えられないけど生き方を変えればきっと未来が待って [全文を読む]

【ウラ芸能】田代まさし、目指せ! 最強「トリオ」

NewsCafe / 2015年02月25日15時00分

デスク「覚せい剤絡みで2度の刑務所暮らしをしてたタレント、田代まさし(58)が芸能界復帰に意欲を見せてるってな」記者「2011年7月にクスリで懲役3年6カ月、2回目の実刑判決を受けたのですが、昨年7月に東京・府中刑務所から出所。今月20日になって自身のツイッターを再開して、近況を報告しています」デスク「クスリ以外でも盗撮やらのぞき、ナイフを持っていたことで [全文を読む]

「楽屋に吸引器具あった」小向美奈子、怪しい業界人もお手上げのヤバすぎる薬物依存度

サイゾーウーマン / 2015年02月10日13時00分

「初犯は執行猶予判決を受け、交際中の男性から強要されたとして、マスコミのカメラの前で更生を誓っていました。その後はストリッパーに転身し、AVデビューや深夜番組出演、さらには週刊誌のグラビアを飾るなど、徐々に芸能活動を再開していました」(スポーツ紙記者) また2回目に逮捕状が取られた時点では、小向は留学のためフィリピンに滞在していた。「週刊誌に薬物疑惑の記 [全文を読む]

ASKA ダルクでのクリスマスパーティで「SAY YES」を熱唱

アサ芸プラス / 2015年01月23日09時57分

昨年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕、9月に懲役3年、執行猶予4年の判決が確定したASKA(56)。実は意外な場所で「復活」していたことがわかった! 昨年12月中旬、薬物依存症更生施設・DARC(ダルク)が主催する恒例のクリスマスパーティが都内の区民会館で開かれた。会場には関東近郊の複数の施設の入寮者や治療プログラムに参加する外部メンバーら200人以上が集ま [全文を読む]

ASKA、「第二の愛人」「薬物入手ルート」告白! 妻&暴力団激怒で「執行猶予ついても地獄」

サイゾーウーマン / 2014年09月02日13時00分

判決は今月12日に言い渡される予定だが、ともに逮捕された栩内香澄美被告を「大事な人」とかばい、現在も好意を持っていると口にしたことは、傍聴席のメディア関係者にも衝撃を与えたという。「『え?』と息を呑む声がそこかしこで漏れており、各報道でもこの部分がクローズアップされていました」(週刊誌記者)というが、いまだ愛人への未練を隠さないASKAに、妻・洋子夫人もあ [全文を読む]

禁断の「芸能人の犯罪」を一挙プレイバック!(3)“クスリ”篇

アサ芸プラス / 2014年08月19日09時58分

83年、86年に大麻、94年に覚醒剤で実刑判決を受け塀の中へ。出所後はVシネで復活するも、04年と10年に覚醒剤(その間、08年にひき逃げ)、13年に合成麻薬使用、さらに数カ月後に脱法ハーブを吸い救急搬送──と、みごとなまでのハマりっぷり。そして、そのたびに「もうやらない」と力強く宣言するが、今回はどうか。 「今年に入り“完全復活”をうたって、Vシネ出演や [全文を読む]

田代まさし 極秘出所し「薬物依存リハビリ施設」で潜伏療養の真相

アサ芸プラス / 2014年07月24日09時58分

08年に満期出所したかと思えば、10年9月に今度はコカイン所持で逮捕され、再び3年6カ月の実刑判決を受けて下獄。それでも今年7月上旬、ひそかに仮釈放となったという。そして薬物依存症リハビリ施設「日本ダルク」を訪れていたというのだ。元受刑者が語る。 「田代が中に入ってきた時は、さすがに元芸能人だから話題になったよ。塀の中では『あいつはペラがハクい(饒舌だ)』 [全文を読む]

総合的に見てサゲマン!? “未来の梨園の妻”藤原紀香を通り過ぎた著名人たちの「その後」

日刊サイゾー / 2015年10月29日13時00分

「紀香を猛プッシュしたのは、K-1の“生みの親”で、現在は実業家に転身した石井和義氏といわれているが、石井氏は脱税で実刑判決を受け、服役までした。また、共に司会を務めていたタレントの田代まさしは盗撮で逮捕され、番組を降板。以後は真っ逆さまの“転落人生”を歩んでいる」(テレビ関係者) その間に、人気格闘家、同じ事務所の俳優・加藤雅也、プロゴルファーらとの交 [全文を読む]

田代まさしが出版イベントで「危険発言」連発!

アサ芸プラス / 2015年04月04日17時57分

再び実刑判決を受けて下獄した男は何を語ったのか。「多くの方を傷つけてしまったことをおわびします」 そうイベント前の会見で語った田代。が、若干ロレツが怪しい気が‥‥。それを記者に突っ込まれると、「クスリをやってるほうが、僕は滑舌よくなるし、手の震えが止まります(だから今はやっていない)」 と釈明。記者が「転落」の始まりとなった、私鉄駅構内での盗撮事件(200 [全文を読む]

【ウラ芸能】のりピー元夫支える意外な大物

NewsCafe / 2015年02月27日15時00分

奴はどうしてるの?」記者「高相氏も覚せい剤事件で懲役2年、執行猶予4年の判決が出て、執行猶予中に薬物依存症を治す施設であるダルクに1年半入所しました」デスク「それは田代やASKAと同じだよな」記者「しかしその後12年6月に、麻薬取締法違反で再逮捕。結局処分保留で釈放されましたが、2度目の逮捕をきっかけに周囲に勧められて精神科で3カ月の薬物依存治療プログラム [全文を読む]

フォーカス