小説 渡辺淳一に関するニュース

集英社クオータリー『k o t o b a』第23号 3月5日(土)発売! 特集テーマは「映画と本の意外な関係」

DreamNews / 2016年03月04日12時00分

小説が映画化されるとき、必ずしもストーリーが原作どおりとは限らない。映画監督や小説家たちの本にまつわる様々なドラマ……。「映画と本の意外な関係」を、映画評論家・町山智浩の協力でディープに探る。【特集構成】巻頭言町山智浩 映画の本棚内田 樹 僕のハリウッド映画鑑賞法Part1 映画と本 川本三郎 メルヴィルの『白鯨』、ジョイスの『ユリシーズ』藤原帰一 映画と [全文を読む]

『涙活』初の公認朗読CDが発売。女優・桜庭ななみ朗読による実話を元にした、優しい奇蹟の感涙ストーリー『ボクと7通の手紙』

DreamNews / 2015年03月17日15時00分

原作には『涙活』イベントでもっとも反響を呼んだ感動の実話を元にした小説、『ボクと7通の手紙』。2015年3月22日、株式会社イー・スピリット(本社:東京都港区、代表:足立茂樹)より、巷間で話題の『涙活』とのコラボーレーションによるオーディオブック(書籍などを朗読作品化したもの)が、女優・桜庭ななみによる朗読CDとして発売されます。原作は、『涙活』イベントで [全文を読む]

<訃報>まど・みちお、 渡辺淳一ら逝去 海外では ダニエル・キイスも【出版ニュース2014】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月28日11時30分

『失楽園』『愛の流刑地』などベストセラーになった性愛小説のほか、医学小説や評伝小説、エッセイなど幅広い分野で活躍。また、30年間にわたって直木賞の選考委員も務め、エンターテインメント小説業界の発展に寄与してきた。 前衛芸術家として活躍し、小説家としては尾辻克彦名義で執筆した『父が消えた』で芥川賞を受賞した赤瀬川原平も今年亡くなった人物のひとり。10月26日 [全文を読む]

北海道で失踪、遺体発見の中国人女性=死の経緯が渡辺淳一の小説に酷似―日本華字紙

Record China / 2017年09月02日10時00分

2017年9月、日本華字紙・中文導報は記事「危秋潔、死の旅路は小説『阿寒に果つ』に酷似」を掲載した。 北海道で行方不明となっていた中国人女性、危秋潔さんが27日、遺体で発見された。DNA検査で本人と確認されたことを受け、31日には父親が現地を訪問した。遺体が安置されている釧路警察署に到着したが、娘の遺体と対面する心境にはなれなかったと父親はメディアに話して [全文を読む]

渡辺淳一氏のベストセラー3作品『鈍感力』、『化粧』(上・下巻)、『化身』(上・下巻)が、ゴマブックスより電子書籍化!! Kindleストアなど6電子書店で配信開始!

DreamNews / 2015年12月21日17時30分

2人の愛の行方は? 究極の恋愛小説ともいうべき傑作。 <著者情報>渡辺淳一(わたなべ・じゅんいち) 1933年北海道生まれ。札幌医科大学卒業後、母校の整形外科講師となり、医療と並行して小説を執筆。1970年『光と影』で第63回直木賞受賞し、本格的に作家活動を開始。1980年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞を受賞。1997年に刊行さ [全文を読む]

サザン、10年ぶりのニューアルバム『葡萄』の中身が明らかに!

okmusic UP's / 2015年02月17日11時00分

一方、音楽性はもとよりある種の読物としての在り方にこだわったというこの作品を、小説や読物のタイトルかと思わせるようなものにしたかったということも『葡萄』に決定した理由のひとつ。渡辺淳一の小説にまさに『葡萄』があるし、芥川龍之介の『蜜柑』、梶井基次郎の『檸檬』など確かに果物と小説のタイトルはイメージが結びつきやすい。 [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

とくに、小説は......。Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『海賊と呼ばれた男』(百田尚樹)も去年の作品。いかに今年が不作だったか。村上春樹の『女のいない男たち』もミリオンに届かなかった。Z いちばんの話題はやっぱり、百田 [全文を読む]

瀬戸内寂聴「私は100歳まで恋をするつもりです」

WEB女性自身 / 2013年11月17日07時00分

渡辺淳一さん(80)が老年の性の葛藤を描いた『愛ふたたび』(幻冬舎)という小説を出して、主人公が73歳でダメになったという話を書いていますが、あれはきっとご自分のことです(笑)。(中略)大女優の岸恵子さん(81)が『わりなき恋』という小説を書きましたね。70歳くらいの女の人が65歳くらいの男の人と仲よくなる。それで、いざというときに女の人の潤いが足りなくて [全文を読む]

渡辺淳一氏 週刊誌が盛り上げる「生涯現役」ブームに苦言

NEWSポストセブン / 2013年07月25日16時00分

だが、自身の体験を通じ、そして小説を通じ、深き性の世界と向き合ってきた作家・渡辺淳一氏は、最新作『愛ふたたび』(幻冬舎刊)で全く異なる世界観を提示した。すなわち、「男たちよ、いいかげん、セックスをあきらめろ」と──。渡辺氏だからこそ響くこの言葉の意味するところとは。 「あなたたちは、何もわかっていない」 開口一番、本誌記者に向けられたのは、お叱りの言葉だっ [全文を読む]

【著者に訊け】21万部ヒット『定年後』執筆の背景

NEWSポストセブン / 2017年09月14日16時00分

内館牧子『終わった人』、渡辺淳一『孤舟』といった定年後を描いた小説が話題になり、年金や老後の貯金、健康問題を取り上げた週刊誌の記事も目立つ。 「ベストセラー小説と、定年後を取り上げた一般書籍や雑誌記事にはズレがあるんです。小説以外で、人や社会とのつながり、心の問題を書いている本はほとんどない。だから、この本は、ポイントをそこに置きました。ぼく自身、生命保険 [全文を読む]

南伸坊、関川夏央、みうらじゅんが語らう「昭和のエロ」

文春オンライン / 2017年06月12日17時00分

小説の挿絵。ここで描くということは、そういう人たちが喜ぶような絵描かないといけないと思うじゃない。だから、それ用の写真集見ながら真面目に写実的な絵を描いてました。ところが、隣で描いているナベゾ(故・渡辺和博氏 イラストレーター、エッセイスト。著書に『金魂巻』など)の見たら、いつもの絵のまんまでね(笑)。すぐに描き終わっちゃうんだよ。 みうら ペンネームはあ [全文を読む]

日本の作家、広州の大学で中国人作家より人気に=1位は日本でも大人気のあの作家―中国

Record China / 2016年07月04日21時10分

多くの大学で、参考書や教材が人気図書トップ10に多くランクインしているものの、それでもやはり一番人気は「小説」だ。なかでも最も人気なのが恋愛小説と推理小説。   広州の大学14校の図書館で最も人気だった図書トップ10のうち、「小説」は6割以上を占めている。人気の図書としては、作家・路遥の「平凡的世界」と当年明月の「明朝那些事児」がそれぞれ8回ずつランク入 [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

07年に刊行された小説「あじさい日記」。著者は故・渡辺淳一氏(享年80)。その表紙裏には、〈川島なお美さんへ〉 と、著者の直筆サインが記されていた。渡辺氏が川島に宛てた贈呈本のようだ。週刊アサヒ芸能に写真を提供した古物商関係者が語る。「11月の初旬に、複数の業者を介して、ある熱心なファンの手に渡ったと聞いています」 その本は、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(5 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏「不倫なんかしても利益はない。危険なだけ」

NEWSポストセブン / 2014年05月10日16時00分

「渡辺さんの恋愛小説が読者を引きつけたのは、単に性描写が刺激的だったからではありません。変化する男女関係、衰えゆく肉体、欲望、嫉妬、孤独。そこに人間の本質が色濃く表れていたからです」(渡辺さんの知人) 「リアリティーのない小説は書いちゃいけないと思うね」 本人がそう語るように、渡辺さんの多くの作品は実体験に基づいている。 高校時代、渡辺さんは同級生とつき [全文を読む]

渡辺淳一氏「男性が不能になっても女性は意外に失望感ない」

NEWSポストセブン / 2013年07月28日16時01分

自身の体験を通じ、そして小説を通じ、深き性の世界と向き合ってきた作家・渡辺淳一氏は、最新作『愛ふたたび』(幻冬舎刊)で全く異なる世界観を提示した。すなわち、「男たちよ、いいかげん、セックスをあきらめろ」と──。 渡辺氏は最近のインタビューなどでも、自らがインポテンツになったことを明かしている。氏は3年前、前立腺がんのために抗がん剤治療を受けていることを告白 [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2)「パーティでの猛アプローチ」

アサ芸プラス / 2013年02月13日09時59分

しかし、 「ドル箱作家のスキャンダルはある種のタブーであり、不倫密会写真はお蔵入りした」(写真誌関係者) 2人が道ならぬ恋に陥るきっかけは、日経新聞に連載された渡辺氏の小説「失楽園」。出版社勤務の50男と人妻書道家の愛欲を描いた問題作は、その映画化を巡ってさまざまな「主演女優」の名前が取りざたされた。文壇関係者が回想する。 「渡辺氏主催のパーティに参加した [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(1)「サイズが小さい」と悩み…

アサ芸プラス / 2013年02月12日09時59分

激しい性描写が売りの性愛小説を世に送り出してきた大御所作家が、小説さながらの下半身履歴をさらけ出す。あの日経新聞に「オナニー」「堕ろす」「浮気」といった文字が次々と登場したものだから、読者はさぞかし目を丸くしたに違いない。いや、そこにはまだまだ書ききれない性豪実態があった─。 天下の日本経済新聞の終面に60年近くも続く連載「私の履歴書」。名だたる著名人がみ [全文を読む]

囲碁名人に囲碁で負けた渡辺淳一「次は絶対勝つ」と再戦要求

NEWSポストセブン / 2012年04月10日16時00分

渡辺さんの打ち方は、小説に登場する魅力的な登場人物や、飾らぬ感情を表現するエッセー同様に人間っぽさがあって、実に面白い対局でした。そういうタイプの方はミスも出るのですが、渡辺さんはそれも含めて普段通りの碁を打っていました」(武宮プロ) 囲碁は「打ちたいところに打つ」のが大切。「それが成功だったか失敗だったかを対局後に反省する。その積み重ねで実力がアップす [全文を読む]

90年代生まれの中国の若者に日本文学が大ブーム 又吉が現地ルポ

J-CASTテレビウォッチ / 2017年06月30日09時12分

不器用で社会になじめない芸人志望の若者たちを描いた小説「火花」は今月初旬、中国でも発売されたという。外国文学は通常、初版5000部程度のところ、「火花」は2万部、発行。すでに増刷も検討されているという。 今月中旬、又吉さんは中国の出版社からの招待で、上海を訪問。書店でのトークライブには120人ものファンが集まったという。この書店では100冊が予約で売り切れ [全文を読む]

「手土産」に見る日本の文化―中国紙

Record China / 2017年06月29日00時50分

渡辺淳一や村上春樹などの小説は世界中で人気があり、ドラえもんは各国の子供たちに夢を与えている。また、宮崎駿監督のアニメや歌手・中島みゆきの歌、作曲家・喜多郎、インストゥルメンタルユニットS.E.N.S.(センス)のオリジナル楽曲も、世界各地で愛されている。日本のお茶の袋に描かれている浮世絵は、ゴッホを含むヨーロッパの印象派の画家にも影響を与えた。文化に優劣 [全文を読む]

フォーカス