映画 渡辺淳一に関するニュース

集英社クオータリー『k o t o b a』第23号 3月5日(土)発売! 特集テーマは「映画と本の意外な関係」

DreamNews / 2016年03月04日12時00分

3月5日(土)発売・第23号の特集テーマは「映画と本の意外な関係」です。多様性を考える言論誌[集英社クオータリー]コトバ『k o t o b a』第23号http://kotoba.shueisha.co.jp/【発売日】3月5日(土) (季刊・3月、6月、9月、12月の各6日発売。今号は3月6日が日曜日のため、前日発売)【定価】1,440円(本体1,33 [全文を読む]

渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『別れぬ理由』や『遠き落日』で主演した三田佳子(72才)、名取裕子(56才)、八代亜紀(63才)のほか、小池真理子さん(61才)や北 [全文を読む]

『涙活』初の公認朗読CDが発売。女優・桜庭ななみ朗読による実話を元にした、優しい奇蹟の感涙ストーリー『ボクと7通の手紙』

DreamNews / 2015年03月17日15時00分

いままでにも数多くの映画や書籍とコラボ実績のある「涙活」としては初の公認朗読CD。原作には『涙活』イベントでもっとも反響を呼んだ感動の実話を元にした小説、『ボクと7通の手紙』。2015年3月22日、株式会社イー・スピリット(本社:東京都港区、代表:足立茂樹)より、巷間で話題の『涙活』とのコラボーレーションによるオーディオブック(書籍などを朗読作品化したもの [全文を読む]

川村ひかる「AVデビュー」のウワサ再燃 すでに全裸DVDを撮影していた!?

メンズサイゾー / 2013年09月23日13時00分

「当時、川村主演の官能映画の製作が進行していました。フランスの古城を舞台に、医師の夫が性に消極的な妻を異国の男たちに調教させるという渡辺淳一原作の『シャトウルージュ』の映画化でした。ガチ挿入こそありませんが、オールヌードで乳首やアンダーヘアをあらわにした激しい濡れ場があったようです。某大手AVメーカーが撮影を担当し、映画公開とセットで発売される全裸ありの [全文を読む]

秋吉久美子が自身の体験を振り返る 女優が脱ぐ理由とは?

NEWSポストセブン / 2017年01月07日11時00分

当時はヨーロッパ映画がとても刺激的で、『レッスンC』ナスターシャ・キンスキーの裸体や『昼顔』カトリーヌ・ドヌーブの背中に驚き、「なんてきれい。私も皆に見せてあげたい」と、本当はやる気満々。 翌日一人で電車に乗り、仕切り直しの六本木のスタジオで撮りました。九十九里の写真とは表情がまったく違う。今から40年前、流されそうな自分を、24時間以内で主体的な立場に変 [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2)「パーティでの猛アプローチ」

アサ芸プラス / 2013年02月13日09時59分

出版社勤務の50男と人妻書道家の愛欲を描いた問題作は、その映画化を巡ってさまざまな「主演女優」の名前が取りざたされた。文壇関係者が回想する。 「渡辺氏主催のパーティに参加した川島は積極的に渡辺氏に猛アタックした」 果敢な「営業活動」だ。 「どうにかして主役の座を取りたい一心でのアプローチであり、事務所にも相談していなかったと聞いています」(芸能ジャーナリス [全文を読む]

舘ひろし“刑事定年”で「終わった人」に!? 黒木瞳とは20年ぶり共演

ザテレビジョン / 2017年06月14日04時00分

大河ドラマ「毛利元就」(1997年、NHK総合)など、数々ヒット作の脚本を手掛けてきた内館牧子原作によるベストセラー小説「終わった人」が、2018年に映画化されることが分かった。大手銀行のエリートコースを外され、子会社へ出向となりそのまま定年を迎え、世間から“終わった人”と思われるようになった主人公・田代壮介役に舘ひろし。かつての輝きを失った夫と向き合えな [全文を読む]

がん告白の川島なお美が大物作家から受けた寵愛秘話

東京ブレイキングニュース / 2014年07月07日13時10分

「ふたりの付き合いが始まったのは、映画『失楽園』の主演を狙った川島なお美からの猛烈なアピールから。ルックスにもベッドテクにも自信満々だった川島でしたが、氏からはダメ出しの連続で逆に手ほどきを受けるようになっていた。男女としての仲は終始、渡辺氏が主導権を握っていました」(芸能ライター) 渡辺淳一は生前、川島なお美についてこう評していたという。 「渡辺先生は [全文を読む]

故・渡辺淳一氏の「お別れ会」で“共演NGすぎる”黒木瞳と川島なお美がニアミスか

日刊サイゾー / 2014年05月08日13時00分

渡辺氏の死を受け、映画『失楽園』に出演した女優の黒木瞳は「今、訃報を知り、一人泣いています。先生に初めてお会いした時のことからのことを、思いだしています。28年前のことからです。渡辺先生は私にとって運命の人だったと言っても過言ではありません。語りつくせない思い出は私の今日の宿題です。ありがとうもさようならも、今は、まだ、言う整理がつかない、みたい、です、 [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(3)「うなじと胸元をホメ口説き」

アサ芸プラス / 2013年02月14日09時59分

映画「失楽園」の主役を川島からさらった黒木は86年、渡辺作品が原作の映画「化身」で主演デビュー。大胆な全裸を披露している。前出・文壇関係者が話す。 「渡辺氏のもとにさまざまな女優の売り込みがあった中から黒木を見初め、指名したと言われます。主役を射止めるにあたっては、もちろん大人のつきあいもあったと文芸界ではもっぱらでした。『忘れぬ理由』(87年)と『遠き落 [全文を読む]

津川雅彦 「ラブシーンは、殺陣である」

NEWSポストセブン / 2017年07月27日16時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、作家の渡辺淳一氏と意気投合した理由、完璧主義だった伊丹十三監督作品に出演した思い出について語った言葉を紹介する。 * * * 津川雅彦は1980年から1990年代にかけ、渡辺淳一原作の作品をはじめとする文芸映画に多く出演、数々の女優と濃厚なラブシーンを繰り広げてきた [全文を読む]

川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉

リテラ / 2015年10月01日13時14分

その後へアヌード写真集の出版や映画『極道の妻たち』への出演など徐々に女優としての地位を確立していくのだが、それを決定的なものにしたのが1997年に放映されたドラマ『失楽園』(日本テレビ系)に主演女優として抜擢されたことだった。 そしてこの直前、川島は、『失楽園』の原作者でもある渡辺と"不倫密会"を報道されている。だがそれは作家と女優の単なる不倫だったわけで [全文を読む]

激やせ心配される川島なお美 堂々と出る姿に関係者が決意感じる

NEWSポストセブン / 2015年09月19日07時00分

「ヘアヌード写真集をはじめ、映画やドラマでは濡れ場も辞さない。美しさを武器にすべてをさらけだして女優業を邁進してきたのが川島さんです。 そんな彼女が今の姿で公の場に出れば、どんな騒ぎになるか、重々承知しているはずです。普通の女優だったら闘病姿を隠そうとするはずなのに、彼女は以前と変わらないセクシーなドレスをまとって臆することなく堂々と表に出てくる。なぜこ [全文を読む]

川島なお美 渡辺淳一さん一周忌で明かした追憶秘話

WEB女性自身 / 2015年04月29日11時00分

『失楽園』(日本テレビ系)、『くれなゐ』(’98年・日本テレビ系)そして映画『メトレス・愛人』と、渡辺文学のヒロインを3人も演じさせて頂きました。渡辺文学のヒロインたちはみな、芯は強くても女性的で、はかなげで、思わず男性が守ってあげたいと、魅かれてしまう女性たちです。そういう女性たちを生きることができたのは、感謝の気持ちで一杯です」『失楽園』には大胆なベッ [全文を読む]

【調査で予想】「ダメよ〜」vs「レリゴー」 流行語大賞の本命は一騎打ち!?

しらべぇ / 2014年11月21日18時00分

今年は、毎月のように「話題をさらった人物」が登場し、サッカーW杯や冬季五輪、ヒット映画やドラマなども目白押しのため、年間大賞やトップテンは、熾烈な激戦が予想される。 そこで、しらべぇ編集部では、全国16,309人に緊急アンケートを実施。ノミネートされた50語の中で「年間大賞にもっともふさわしい言葉」はどれかを聞いてみた。その上位をご紹介しよう。 第1位「ダ [全文を読む]

渡辺淳一氏お別れ会で勃発 黒木瞳と川島なお美「女の意地」

NEWSポストセブン / 2014年08月03日16時00分

そこには、共演NGといわれてきた、映画『失楽園』で主演を務めた黒木瞳(53才)と川島なお美(53才)が同席した。2人とも渡辺さんとはただならぬ関係にあったと言われているが、『お別れの会』でのその胸中はいかに。17年前の映画『失楽園』では川島は主演女優レースで黒木に敗れた。だが、その後は連ドラで見事高視聴率を稼ぎ出し、女優としての評価も高まった。「今思うと [全文を読む]

故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時58分

「渡辺さんには、『失楽園』のように社会現象にまでなるような作品もあり、映像化の許諾が欲しい制作サイドは、原作者がキャスティングの意向を口にすれば、無視できるはずもなかったですからね」 その映画版「失楽園」(97年)と「化身」(86年)の黒木瞳(53)や、「別れぬ理由」(87年)と「遠き落日」(92年)の三田佳子(72)など、“好色無頼作家”との関係を噂さ [全文を読む]

渡辺淳一さん 生前明かしていた「石田純一に僕の言葉が“盗まれた”…」

WEB女性自身 / 2014年05月18日07時00分

男女の性愛の世界を書き続け、不倫をテーマにした代表作『失楽園』は’97年に映画も大ヒットし、社会現象に。それだけに渡辺さんには不倫愛の第一人者としての強い自負も持っていたようだ。「’96年10月、石田純一さんの発言が世間で話題になっていたころです」と、親しかった知人が、こんなエピソードを明かす。 当時、長谷川理恵とのデート現場を写真週刊誌に報じられた石田は [全文を読む]

渡辺淳一氏 日本の婚姻制度は「男女が幸せになる機会奪う」

NEWSポストセブン / 2012年01月02日07時00分

「好きになった男と女が結婚し、幸せになる機会を、こんな制度が奪っていると思うと、残念です」 そういえば、欧米の映画やドラマで見るウエディングシーンでは同僚や友人は大勢登場するが、親の存在というのはきわめて薄い。式そのものも、続くパーティーもとても簡素だ。 現在の憲法では、「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、 [全文を読む]

ドラマ共演の黒木瞳と三田佳子に周囲の忖度が働きまくり

NEWSポストセブン / 2017年07月21日07時00分

1986年、黒木は渡辺淳一氏原作の映画『化身』で、初主演ながらフルヌードを披露するという体当たりの演技を見せ、一気にスターダムを駆け上がった。この作品での黒木の役柄は、文芸評論家に女としての魅力を磨き上げられる銀座のホステス。そして、文芸評論家の元妻役だったのが三田だった。これが2人の初共演作だ。 [全文を読む]

フォーカス