社長 島耕作に関するニュース

社長から会長になった島耕作 引き続き夜も期待したいとの声

NEWSポストセブン / 2013年07月28日16時00分

人気漫画「島耕作」シリーズの主人公・島耕作が社長を辞任し、会長職に就くことになった。どういうビジネス手腕を発揮するのかファンは注目しているが、もうひとつの「注目ポイント」がある。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が語る。 * * * 少し前の話題ですが、『週刊モーニング』の2013年8月1日号(7月18日発売号)にて、『社長島耕作』の主人公、島耕作がテコ [全文を読む]

あの初芝グループが「社長、部長、課長」を大募集!

PR TIMES / 2014年07月15日11時09分

ENERGEL×ヤング島耕作「オトナのセリフ採用試験」キャンペーン ぺんてる株式会社(東京都中央区日本橋小網町7-2 社長 和田 優 TEL03-3667-3333)は、ゲルインキボールペン「エナージェル」と講談社漫画『ヤング 島耕作』のタイアップキャンペーン「オトナのセリフ採用試験」を2014年7月15日(火)から9月14日(日)まで実施します。 ■「オ [全文を読む]

ニューバランス、非効率な“職人業”で世界3位へ

プレジデントオンライン / 2017年02月27日09時15分

■前社長が急死、事業を引き継ぐ 【弘兼】その流れの中で、冨田さんも商社からニューバランスというブランド側に転職することになりました。どのような経緯だったのですか? 【冨田】兼松の同じ課の先輩がすでにニューバランス ジャパンに転職していました。彼とは年齢も12歳離れており、家も近かったので、よく飲みにいったり、いろいろと相談にのってもらったりしていました。 [全文を読む]

eBookJapanで島耕作連載開始30周年フェア開催 島耕作国民投票を実施!さらに島耕作シリーズ週替わりで1巻無料、全巻セットの割引販売も!

PR TIMES / 2013年06月07日09時31分

マンガNo.1※1の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸、以下講談社)で連載中の「 [全文を読む]

コネや有力な血縁がなくても出世しまくった「島耕作の仕事論」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日06時30分

もっとも彼は部長、取締役、社長と着々とサラリーマンロードを駆け上がり、現在は『会長 島耕作』(と『学生 島耕作』)が連載中である。起業や転職ではなく、左遷や海外勤務などを乗り越えながら組織の中で頭角を現しトップに上り つめていく様は、大企業で働く多くのサラリーマンの夢でもあるのだろう。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ このシリーズの連載は1984 [全文を読む]

副業や一人社長の強い味方、割安に雑務“以上”をこなす秘書サービスを受けるためには?

Business Journal / 2014年05月30日01時00分

こうした企業の社長は、名刺では「社長」と名乗っていても、その場合多くはプレイングマネージャーであります。つまり、監督兼選手なのです。また、たとえ「株式会社」といっても、現在の会社法においては一人でつくることもできるので、社員が一人しかいない状況かもしれません。 したがって、東証一部上場で全世界に数万人もの従業員がいる「社長」もいれば、たった一人で世界に立ち [全文を読む]

【「週刊Dモーニング」特別企画】島耕作シリーズ不動のナンバーワン小悪党脇役今野輝常(こんのきつね)カムバック記念!特別編集の「今野輝常マガジン」を無料で大公開!!

PR TIMES / 2015年02月19日09時25分

株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸、以下「講談社」)とエキサイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今川聖、以下「エキサイト」)は、共同で配信中の週刊コミック誌配信アプリ「週刊Dモーニング」(iOS/Android)最新12号(2月19日(木)配信)に掲載の『会長 島耕作』と合わせて、特別編集作の『今野輝常マガジン』を配信 [全文を読む]

弘兼憲史氏が語る「もし島耕作が東芝の社長になったら…」

NEWSポストセブン / 2017年04月30日07時00分

「もし島耕作が、東芝の社長になったら」として弘兼氏はこう話す。 「漫画だったら、島耕作が自ら上場廃止を宣言して、株主には『多大なご迷惑をおかけするが、必ず立て直す』と訴える。それでまた再上場を狙って頑張る──という物語にはなるでしょうね。 島耕作シリーズの『社長』時代に考えていたのは、韓国の電機メーカー“ソムサン”に対抗するために、“ソラー”と“(島耕作 [全文を読む]

インテル、ビジネスパーソンらにタブレットを訴求するため島耕作を起用【デジ通】

ITライフハック / 2014年06月20日13時00分

今回のキービジュアルではインテルの社章をつけた島耕作社長が、インルのロゴが入ったタブレットを活用している。弘兼さんは「まさかインテルの社長になるとは思ってなかったが、なかなか似合っている」。本物のインテル株式会社の江田社長は「島耕作が社長のインテルで働いてみたい」と語っていた。理想のビジネスパーソンについて江田社長は「行動力を持って現場に飛び込んでいき、担 [全文を読む]

抜擢人事「26人中25番目の男が選ばれた理由」

アサ芸プラス / 2013年07月18日09時58分

この3つに当てはまり、かつ世間に衝撃を与えたのが、77年に松下電器産業(現・パナソニック)の社長に就任した山下俊彦氏。当時の社長、松下幸之助氏の名参謀、専務の高橋荒太郎氏が山下氏をプッシュして決まりましたが、取締役26名中序列25番目にいた山下氏の出世は当時、“山下跳び”と呼ばれ世間をにぎわせました。 山下氏は気難しい人で知られ、私もインタビューでは苦戦 [全文を読む]

フォーカス