子供 藤圭子に関するニュース

宇多田ヒカル、活動再開の理由・母の死に苦悩した過去…「ずっと苦しんでいたものが腑に落ちた」転機を赤裸々告白

モデルプレス / 2016年09月22日23時55分

◆活動再開の理由は?「子供がいなかったら仕事を始めようと思わなかった」 私生活では2014年にイタリア人の男性と再婚し、2015年に長男をもうけた。それが音楽活動復帰へのきっかけになったそうで、「もし母が亡くなった後に妊娠していなかったら、もし子供がいなかったら、たぶんアルバムを作ったり、仕事を始めようと思わなかった」と転機を語った。 そして、「自分が親 [全文を読む]

宇多田ヒカル、母・藤圭子さんの訃報にコメント 心境と真実を明かす

モデルプレス / 2013年08月26日13時06分

「誤解されることの多い彼女でしたが…とても怖がりのくせに鼻っ柱が強く、正義感にあふれ、笑うことが大好きで、頭の回転が早くて、子供のように衝動的で危うく、おっちょこちょいで放っておけない、誰よりもかわいらしい人でした。悲しい記憶が多いのに、母を思う時心に浮かぶのは、笑っている彼女です」と振り返り、「母の娘であることを誇りに思います。彼女に出会えたことに感謝 [全文を読む]

宇多田ヒカル「優しくて角取れた」周囲驚かせた帰国時の変化

WEB女性自身 / 2016年09月15日06時00分

ずいぶん優しくなって、角が取れたように見えましたね」(音楽関係者) 子供を連れて8月末に帰国した宇多田ヒカル(33)。短期間で立て続けに『SONGS』(NHK・9月22日放送)、『Love music』(フジテレビ系9月30日放送)、『NEWS ZERO』(日本テレビ系・10月初旬)の収録をこなし、あわただしく英国に戻った。5年8カ月ぶりのテレビ出演だった [全文を読む]

男性は“わが家は大丈夫”と考える人多いと『震災離婚』著者

NEWSポストセブン / 2012年10月16日16時00分

「震災がなかったら離婚なんて考えもしなかっただろう、あるいは離婚まではしていなかっただろうと感じたケースもありました」 原発事故を受けて、子供を疎開させるかどうかで真っ向から対立した夫婦。避難生活のストレスで互いの信頼を失っていった夫婦。自分たち家族のことよりも会社の業務を優先した夫に不信感をつのらせる妻。冷えきった妻との関係を解消して、愛人と家庭を築く [全文を読む]

リュ・シウォン 妻に離婚要求されるも本人は合意する気なし

NEWSポストセブン / 2012年04月14日07時00分

それにシウォンさんは、奥さんと子供と一緒に趣味の釣りに出かけるのが夢だったんですが、奥さんは“人に見られるのが嫌”といって外出しようとしなかったそうなんです」(前出・韓国在住ジャーナリスト) また報道では、妻がシウォンと子供を残して、1か月もの間家出をしたことがあったという話も飛び出し、離婚に至った経緯に話題が集中している。 韓国事情に詳しい作家の李策氏が [全文を読む]

宇多田ヒカルはやる気ゼロ?関係者が困惑する新曲発表の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月02日08時05分

「イタリア人の夫は主夫として宇多田を支え、子供ができたことで一時期関係が冷えていた父親の照實氏ともうまくやっているようです。宇多田は現在イギリスに住んでおり、孫に会うために照實氏はイギリスまでよく会いに行くそうですから。宇多田も照實氏も子供が可愛くて仕方がない、という印象ですね」(音楽関係者) 思えば宇多田には母・藤圭子(62歳没)の飛び降り自殺というシ [全文を読む]

視力低下の病に悩んだ藤圭子「光が失われないで」と娘を命名

NEWSポストセブン / 2013年09月06日16時00分

原因ははっきりとはわかっていないのですが、子供や孫へ遺伝する可能性が高いといわれています」 事実、藤さんだけでなく、兄で元歌手の藤三郎氏(63才)、また藤さんの姉も視力の低下に悩まされていた。藤さんが娘の宇多田ヒカル(30才)を授かった時に、いちばん心配したのもこのことだった。 わが子の目からはいつまでも光が失われないでほしい。そう切なる願いを込めて「光」 [全文を読む]

ブラピ&アンジー 同性婚認めぬ米国への抗議で外国で挙式か

NEWSポストセブン / 2012年07月18日07時00分

実子3人に加えて養子も3人受け入れており、子供は計6人。アンジーもブラピもともに同性婚を支持しており、「同性婚が認められるまでは結婚しない」と公言していたが、交際7年目の今年4月13日、ついに婚約を発表した。 そんな“ブランジェリーナ”の婚約について、2人のセレブウオッチャーが言いたい放題! ケン(海外セレブウオッチャー歴25年のライター):うわ~ん!! [全文を読む]

渡辺謙長男 両親の離婚裁判中に内幕暴露するも今は関係良好

NEWSポストセブン / 2012年05月03日07時00分

だが、この夫婦の愛憎劇のいちばんの被害者は、大と杏(26才)、ふたりの子供だったに違いない。 泥沼の離婚裁判が続くなか、当時、大学生だった大が『週刊文春』に、謙に宛てた手記を掲載したのは2003年12月のことだった。 父に対して、息子としての願いを伝えたうえで、できるだけの誠意を見せて、苦しむ母を助けてほしいと綴ったのだった。 さらには、毎月、大の口座に振 [全文を読む]

宇多田ヒカル「全米3位」新作アルバム「Fantome」で見ていた「藤圭子の亡霊」

アサ芸プラス / 2016年10月15日09時57分

子供ができたことで、母親を思うようになったそうです。すると日常的に藤さんの『幽霊』が目の前に現れた。『常に母親の存在を感じる』と周囲に漏らしていたそうです。子育て中、何をしていても悲しくなる時期が続いた、とも‥‥」(前出・芸能関係者) 新作アルバムは、死してなお姿を見せる母親の鎮魂の意味があるといい、同時に至るところに藤へのリスペクトもかいま見られる。「 [全文を読む]

フォーカス