結婚式 徳光和夫に関するニュース

徳光アナ「紀香も」陣内の“二度目”の司会に立候補!

日刊大衆 / 2017年06月10日22時05分

さらに、ゲストで出演した徳光和夫アナウンサー(76)が「陣内くん、もし2回目の結婚式やるなら、また私が司会させてもらっていい?」と発言したことが紹介されると、陣内は「ウソでしょ!? いえいえ、そんなんもう……もう、いやいやいや……これはもう恐れ多い」としどろもどろに。 徳光アナは「アッコさんと、紀香さんは実はね、再婚のときも(司会をした)」と語り、「お別 [全文を読む]

指原莉乃とノブコブ・吉村が結婚!?AKB48新曲MVが公開!

Smartザテレビジョン / 2016年08月04日10時06分

結婚式”をテーマに、センターを務める指原莉乃が“破天荒芸人”でおなじみの平成ノブシコブシ・吉村崇と結婚式を挙げる内容になっている。 今回のMVは、「ゼクシィ」のCMを手掛けるクリエイティブ・ディレクター箭内道彦が監督を担当。ウェディングプランナーの進行に加え、会場は「アーフェリーク白金」という式場で、本物の挙式さながらに撮影された。 披露宴の司会役の徳光 [全文を読む]

テレ東を丸パクリした徳光和夫のテレ朝『路線バス』も終了危機? 視聴率は及第点も、やはり「体力が……」

日刊サイゾー / 2017年03月13日13時00分

昔のように、大きな番組の司会のオファーは来なくなったが、かといって、結婚式の司会の依頼も、そうしょっちゅうあるわけでもない。周囲に「働かないと大好きな競馬ができないんだよ」漏らしていたというが、それだけに、老体にむち打ってでも『路線バスで寄り道の旅』は続けたいらしいが、寄る年波には勝てないようだ。 番組では、道中徳光がバスの中でこっくりこっくりと仮眠する姿 [全文を読む]

嶋大輔の引退&政界転身会見で一番おいしかった!? 名司会者・徳光和夫の魂胆

サイゾーウーマン / 2013年04月29日13時00分

芸歴32年をかなぐり捨ててまでの新たな門出――その記念すべき会見を仕切ったのは、意外にもタレントの「結婚式」でお馴染み、フリーアナウンサーの徳光和夫だった。 一見、嶋とは何の関係もないと思われる徳光が司会を務めるということで、記者の中には驚いた者も少なくなかったという。 「会見前に、実は徳光は嶋と長年親しいこと、また嶋の所属事務所でバーニング系列の『フロム [全文を読む]

「いったいなぜ越谷で!?」加藤茶が埼玉県で結婚式を挙げた裏事情

日刊サイゾー / 2012年03月14日15時32分

【関連記事】・「新妻の目的は芸能界進出!?」完全に色ボケする加藤茶に所属事務所が困惑中・献心的に尽くした前妻よりもやっぱり若い娘? 加藤茶、ギョーテンの45歳差婚!・「顔が好みで......」ダルビッシュ、泥沼離婚成立も紗栄子に未練タラタラ!?・「養育費に加え、不動産も!?」ダル・紗栄子"巨額離婚"の明かされないカラクリとは?・「5億+月500万円? 慰謝 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「せんだみつお」(4)せんださんの軽さは貴重だと思うよ

アサ芸プラス / 2017年09月08日17時57分

結婚式やパーティの司会をやらせるなら、日本で一番は徳光和夫さん。あの人にはかないません。でも僕はその次、二番目にいると思っていますから。テリー 確かに今日聞いていても、70歳のトークとは思えないもんね。何でせんださんがもっとテレビに出ないのか、不思議なんですよ。せんだ それは逆に、僕がテリーさんに聞きたいですよ。家でテレビを見ていると、「この人、私よりおも [全文を読む]

徳光和夫は蛭子能収とよく似てる?働くのは「ギャンブルのため」だが…

アサ芸プラス / 2017年06月06日17時59分

同日放送『アッコにおまかせ!』(TBS系)ではフジテレビの松村未央アナとの再婚が決まっているお笑い芸人の陣内智則に『もし2回目の結婚式やるなら、また私が司会させてもらっていい?』と迫っていました。これはひとえにギャンブル資金が欲しいからでしょうね」(他局制作スタッフ) 言動が蛭子ソックリでも蛭子扱いされない徳光。これが「人徳」というものなのだろう。 [全文を読む]

バブル期に活躍した大物MCのギャラは1番組3億円!?

ザテレビジョン / 2017年06月03日09時00分

ほかにも、山田の当時の月収が1億円であったことや、芸能人の結婚式では挙式の費用から新婚旅行まで、全てテレビ局が支払ってくれたことなど、今では考えられないMCたちの裏事情が次々と明かされていく。 [全文を読む]

紀香「“禁句”が続出…」テレビ新聞が報じない挙式の舞台裏

WEB女性自身 / 2016年10月05日06時00分

ただ徳光さんは紀香さんの 最初の結婚式 でも司会をしていますし、触れないのも不自然だと配慮したのでしょう」(芸能関係者) もう一人、紀香にジョークの利いたエールを送ったのが、大黒摩季(46)。実は、紀香と大黒は大親友なのだ。 「大黒さんはヒット曲『ら・ら・ら』と、この日のために書き上げたオリジナル曲『スポットライト』の2曲を熱唱しました。でも彼女、『これだ [全文を読む]

藤原紀香、星条旗に身を包んだ胸の谷間披露で「ラブリンに怒られない?」の声 5億円披露宴疑惑には、「ラブリンがコブクロを?」と期待

おたぽる / 2016年06月11日09時00分

その一方で、前回の披露宴では、陣内が、人気フォークデュオ・コブクロの10枚目のシングル曲『永遠にともに』(ワーナーミュージック・ジャパン)をピアノで弾き語りし、話題となっていたことから、『今度はラブリンがコブクロを熱唱?』と期待する声も少なくないようです」(同) 陣内が弾き語りをした際には、コブクロ・ファンから批判の声も届いていたようだが、陣内効果もあって [全文を読む]

「あの女も厄介者」田野辺実鈴アナ、徳光次男との“バカ親告発”離婚劇に業界人苦笑のワケ

サイゾーウーマン / 2015年02月06日14時00分

当時行われた結婚式では、徳光の人脈なのでしょうが、芸能界の大御所が大挙し、それこそ“芸能界のドン”ことバーニングプロダクション・周防郁雄社長まで参加していたのに、あっさり離婚するとは思いもよらなかったですね」(同) さらに離婚にあたって、名字を徳光から再び旧姓の田野辺に戻したことから、今後は再びテレビ露出をもくろんでいるとみられている。 「即座に名前を変え [全文を読む]

加藤茶の嫁は、やはり芸能界デビューが目的だった!?

メンズサイゾー / 2012年03月09日22時10分

3月1日に69歳を迎えた加藤茶が同日、昨年6月に入籍した46歳年下の綾菜さんと盛大な結婚式を挙げた。式の前にはメディア向けに会見も行われ、綾菜さんは加藤に伴われ、神田うのがプロデュースしたというウエディングドレスに身を包み登場。取材陣に初ツーショットを披露した。式には、高木ブーや仲本工事、フリーアナウンサーの徳光和夫ら約230人が出席し、盛大に執り行われた [全文を読む]

フォーカス