試合 内田篤人に関するニュース

愛娘は「かわいい」…内田篤人が帰国、来季や今後のキャリアについて語る

サッカーキング / 2017年05月23日15時36分

内田は2015年3月10日に行われたレアル・マドリード戦で途中出場したのを最後に試合から遠ざかっていたが、2016年12月のヨーロッパリーグ・ザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりに試合復帰を果たした。ただ、その後は再びケガを負った影響もあり、残りの試合に出場することはできず、今シーズンは公式戦1試合のみの出場にとどまった。 シーズンを振り返った内田は、「もう [全文を読む]

ダービー戦のドローを悔やむ香川「ファンにとってすごく大事な試合」

サッカーキング / 2017年04月02日15時08分

4試合連続で先発出場した香川は1アシストの活躍を見せたが、試合は1-1のドローに終わっている。 先制したのはドルトムントだった。53分、スルーパスでディフェンスラインの裏に抜け出した香川が飛び出した相手GKの手前で横パスを選択。ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが難なく押し込み、ネットを揺らした。 だが、その後のチャンスを生かせなかったドルトム [全文を読む]

コンフェデ杯イタリアに大善戦で見えた、ザック・ジャパン「世界との埋めがたい距離」

日刊サイゾー / 2013年06月21日13時00分

「イタリアは前の試合から中2日という、日本よりも短い期間だったため、明らかにコンディション不良で出足が鈍かった。そのせいもあってか、日本は持ち味を存分に発揮して、終始、試合を優勢に進めていました」(サッカーライター) 実際、前半20分に本田圭佑がPKを決めて、先取点を奪取。続く33分には、香川真司がペナルティエリア内で鋭い反転からのボレーシュートで、追加 [全文を読む]

戦力外の選手だらけ? サッカー日本代表にも影を落とす“欧州組”の明暗

週プレNEWS / 2013年06月01日18時00分

また、正GKとしてほぼ全試合に出場した川島永嗣(えいじ/スタンダール・リエージュ)ですが、上位チームと下位チームの差が大きいベルギーではGKが試合を決めることが少ない。そして、数少ない重要な試合でミスを犯し、サポーターから激しいブーイングを浴びたことも。冬に加入した小野裕二と永井謙佑(けんすけ)もまだお客さん扱いです」(デスク) たとえ試合に出場していても [全文を読む]

試合に出続けたい…内田篤人がドイツ2部へ移籍「ウッシー頑張ってるなと思ってもらえるように」

ゲキサカ / 2017年08月22日08時11分

10年夏から7シーズンをシャルケで過ごした内田はブンデスリーガで通算104試合に出場したが、15年6月に右膝を手術した影響でここ2シーズンはリーグ戦出場の機会がなかった。昨年12月8日のELザルツブルク戦に途中出場し、約1年9か月ぶりの公式戦復帰を果たすも、その後は出場機会がなく、ドミニコ・テデスコ新監督が就任した今季も19日に行われたライプツィヒとの開 [全文を読む]

右膝の不安消えた内田篤人、完全復活への手応え

ゲキサカ / 2017年08月01日19時00分

しかし、試合に出られない。昨季終盤は新たなストレスも抱えたが、新監督を迎えた今シーズンは文字どおり横一線のスタートとなる。内田が語る完全復活への手応え――。その視線の先にはロシアワールドカップもある。―現在の右膝の状態はどうですか?「昨シーズンも終盤は普通に練習をやっていました。(昨季、チームを指揮したマルクス・バインツィール前)監督が試合に使ってくれなか [全文を読む]

内田篤人とジャイキリ作者のツジトモ氏が週刊『モーニング』で特別対談!!ゲキサカでその全文を公開

ゲキサカ / 2017年02月23日12時51分

思い返してみても、緊張感が漂っている試合や何かが懸かったビッグゲームのほうが自分の力を出せるような気がするんですよね。ツジトモ ある程度、緊張したほうが、より試合に没頭できると。内田 はい。プレッシャーがかかった試合のほうが、ちゃんとやらなきゃという思いが、いつも以上に湧くというか。ただ、もともとは緊張しすぎるタイプだったので、場数を踏んで、だんだんと変わ [全文を読む]

1stレグのアドバンテージ生かしたシャルケ、ベスト16進出《EL》

超ワールドサッカー / 2017年02月23日03時54分

▽フンテラールとチュポ=モティングの2トップとし、ガイスを中盤アンカーに据える[3-5-2]で臨んだシャルケが、立ち上がりから慎重に試合を進めていく。そんな中21分、シャルケはFKからナウドのヘディングシュートが枠を捉えたが、相手GKのファインセーブに阻まれた。それでも23分、ベンタレブのフィードをうまく収めたチュポ=モティイングが絶妙なスルーパスを通す [全文を読む]

内田、そしてU-23代表組、鹿島の先輩の言葉や活躍刺激に、U-19代表MF久保田和音はアジア突破目指す

ゲキサカ / 2016年03月10日08時01分

[3.9 練習試合 U-19日本代表候補1-2全日本大学選抜 味フィ西] U-19日本代表候補のMF久保田和音(鹿島)は練習試合に左MFで先発して1本目の30分間プレー。「30分という短い時間だったんですけれども、なかなかボールに絡めずに自分の特長である攻撃のテンポだったり、そういうところが出せなかったのでもっと絡んでいけるようにしていかないといけない」と [全文を読む]

欧州視察中のハリルホジッチが香川、内田、武藤、岡崎らと食事

超ワールドサッカー / 2016年02月15日22時09分

「13日はボルシア・ドルトムントとハノーファー96の試合を視察しました。試合後、山口蛍選手と酒井宏樹選手と話をし、特に山口選手は移籍直後でまだプレー時間が短いですが、しっかり前を向いてポジションを取ってほしいと話をしました」「その後、香川真司選手、内田篤人選手と夕食をとりながら、色々とディスカッションができました。内田選手は、怪我の回復状況を把握できたので [全文を読む]

シャルケ内田、今季初アシストも淡々「フンテラールはすごいね」

ゲキサカ / 2014年10月05日07時35分

自分も絡んでたけど、それを決め切らないとこういう試合になる」と淡々と試合を振り返った。アシストについては「彼(フンテラール)の力だけど。まあでもフンテラーはやっぱり点取るね。すごいね。苦しい状況でも点取ってくれて、流れをちょっと引き寄せてくれるのさすがだなと思います」と話した。 右ひざの故障の影響で出遅れた今季だが、9月23日のブレーメン戦で復帰すると、リ [全文を読む]

FOXスポーツ&エンターテイメントの欧州サッカーラインナップ

PR TIMES / 2014年08月18日12時20分

【FOXスポーツ&エンターテイメントの欧州サッカーラインナップ】 14/15 ブンデスリーガ 日本人選手出場試合を中心に、毎節2試合以上放送! 14/15 セリエA 日本人選手出場試合や注目カードを毎週1試合放送! FOX SPORTSジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO リック・ドヴィ)が展開する「FOX SPORTS」では、昨シーズン [全文を読む]

孤高の北朝鮮ストライカー、チョン・テセ「道なき道を歩んでいるプライドはある!」

週プレNEWS / 2013年04月20日06時00分

1年目から25試合に出場して10得点を叩きだし、ストライカーとしての能力の高さを見せつけた。 その活躍が認められ、昨年1月に同1部の名門1FCケルンにステップアップを果たす。だが、チームの低迷とともに自身も出場機会を得られず、悶々とする日々を過ごしていた。そして、チームは2部降格。プレーすることに飢えていた彼が選んだ新天地は、祖父母が生まれた地である韓国・ [全文を読む]

香川、完全復活アシスト 左肩脱臼大丈夫!今季初先発で結果

スポニチアネックス / 2017年09月15日07時01分

◇欧州CL1次リーグH組・第1節 ドルトムント1―3トットナム(2017年9月13日) 欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第1節が、13日に8試合が行われ、ドルトムントの日本代表MF香川真司(28)がアウェー・トットナム戦で今季公式戦初の先発出場を果たした。トップ下に入り、0―1の前半11分にアシストを記録。1―3で敗れたが左肩脱臼からの完全復活を [全文を読む]

デビュー弾の宇佐美に高評価…武藤のスーパーゴールは「一見の価値アリ」

サッカーキング / 2017年09月12日10時21分

武藤は開幕から3試合連続のスタメンで出場すると、1点を追う前半アディショナルタイムに左サイドからのクロスをジャンピングボレーで合わせて同点弾。開幕からノーゴールが続いていたチームに待望のシーズン初ゴールをもたらした。 しかし、地元紙『Allgemeine Zeitung』の試合後採点は「3」と平均的な点数。味方のサポートがない中でゲームに加われなかった点 [全文を読む]

サイドハーフで新天地デビューのウニオン・ベルリンDF内田篤人「準備はしてました」

超ワールドサッカー / 2017年09月11日11時50分

▽移籍後デビュー戦となった内田は「俺はディフェンダーなんで、どうしても途中交代でこういう難しい試合、前の試合(ビーレフェルト戦)も拮抗した試合だったんで、ディフェンダーで入ることはないかな、1コ前(のポジション)なら(出番が)あるかな、と。はい、準備はしてました」とコメント。サイドバックではなくサイドハーフのポジションでの出場にも問題はなかったようだ。 [全文を読む]

内田篤人がシャルケ退団セレモニーに登場…シャルケ在籍7年は「僕にとって名誉」

超ワールドサッカー / 2017年09月11日10時12分

▽今夏シャルケからウニオン・ベルリンへと移籍した元日本代表DF内田篤人が、10日に行われたブンデスリーガ第3節のシャルケvsシュツットガルトの試合前に退団セレモニーを行った。 ▽内田は2010年に鹿島アントラーズからシャルケへと移籍。7シーズンにわたって在籍し、公式戦152試合に出場し2ゴール18アシストを記録していた。 ▽この日は、ウニオン・ベルリンの試 [全文を読む]

宇佐美貴史がデビュー弾! 内田篤人はOG誘発クロス! デュッセルドルフが熱戦制す《ブンデスリーガ2部》

超ワールドサッカー / 2017年09月10日22時30分

▽先に試合を動かしたのは、序盤からアグレッシブな入りを見せたデュッセルドルフ。18分、左CKのクロスがボックス中央に混戦をもたらすと、ゾボトゥカがこぼれ球を蹴り込み、デュッセルドルフが先制した。 ▽リードしたデュッセルドルフは、その後も試合の流れで優位に。だが、攻めの回数ほど決定機を作り出せない。すると、68分には右CKからクレイラフがヘディングシュート [全文を読む]

長友vs内田の日本人対決は実現せず…インテルとシャルケはドロー決着

サッカーキング / 2017年07月21日22時38分

親善試合の「ドラゴン・シティ・カップ」が21日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルと、DF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。 インテルは中国とシンガポールを訪問するアジアツアーを開始。同試合がツアー初戦となった。一方、中国ツアー中のシャルケは19日にトルコのベシクタシュと対戦し、3-2で勝利した。今試合は中国東部の江蘇省常州市で開催。長友は [全文を読む]

内田篤人が完全復活か!? テストマッチで2ゴールの活躍など9-1の快勝に貢献

超ワールドサッカー / 2017年07月09日10時31分

試合には、今夏加入したDFパブロ・インスーアが先発出場。MFヨハネス・ガイスやMFイェフレン・コノプリャンカ、FWフランコ・ディ・サントらが先発した。 ▽試合は前半から主導権を握ったシャルケが猛攻。8分にドニス・アブディジャジが先制ゴールを決めると、14分にはコノプリャンカが自ら得たPKを沈めて2点目を奪う。27分にはダニエル・カリジウリのクロスをコノ [全文を読む]

フォーカス