相手 内田篤人に関するニュース

堀北真希の電撃結婚に続きたい!あなたが「結婚できない理由」はこの4つ

WooRis / 2015年08月25日21時00分

電撃結婚したい人は、さっそくチェックしましょう! ■1:断わられることを恐れている 恋愛において、相手に拒否されたり断られたりするのは、確かに避けたいことですよね。でも、この気持ちが強すぎると、なかなか一歩を踏み出すことができないのではないでしょうか。 相手に拒絶されたり、逃げられたりすることがあるのも恋愛なのです。もし結婚したいと思っているのなら、心をオ [全文を読む]

長谷部フル出場のフランクフルト、守護神の劇的PKストップで8強入り! ベスト8が出揃う《DFBポカール》

超ワールドサッカー / 2017年02月09日07時34分

57分、相手の前線へのフィードを跳ね返してカウンターに転じると、ゴール前で味方が潰れたボールに反応したハルニクが長谷部を振り切り、ゴールネットを揺らした。 ▽格下相手にまさかの先行を許したフランクフルトだったが、ここから意地を見せる。62分、右サイド深くに侵入したチャンドラーの絶妙なクロスをファーサイドでドフリーのタワサが頭で押し込み、同点に追いつく。さら [全文を読む]

嵐と“内田篤人軍団”がサッカー対決!【視聴熱】8/3デイリーランキング

ザテレビジョン / 2017年08月04日18時10分

対戦相手は、内田篤人選手が国内、海外で活躍するサッカー選手を率いた「内田篤人軍団」。特別企画「サッカー対決」では、パスを回す相手からボールを奪うことに挑むが、櫻井翔がボールを一瞬受けたものの相手チームに返してしまう一幕が。「ルール忘れちゃって。パスもらえてうれしくなっちゃって」と櫻井。結果は「内田篤人軍団」が勝利した。また、同日の「櫻井・有吉THE夜会」( [全文を読む]

優勝候補2チームが黒星スタート…日本人選手6人が出場! ゼニトが3点差跳ね返す劇的勝利!《EL》

超ワールドサッカー / 2016年09月16日06時49分

その初陣となった開幕節では、優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドとインテルが、それぞれフェイエノールトとハポエル・ベエルシェバと格下相手に敗れる波乱の幕開けとなった。また、その他の強豪クラブでは、ローマとフィオレンティーナのセリエA勢が、共に敵地でドロースタートとなった。 ▽ELの舞台で圧倒的な強さを誇るスペイン勢では、ビジャレアルがチューリッヒ相手 [全文を読む]

埼スタのサイドを沸かせる! 酒井宏樹、大声援を背に「勢いを持ち込みたい」

サッカーキング / 2017年08月30日20時41分

相手は今年から本格的に導入している3バックの布陣で臨んでくることが予想される。左サイドバックで先発出場が濃厚の長友佑都(インテル)が「サイドが勝負になる」と語ったように、酒井も「相手のサイドをしっかりと押し込める状況になればいい」と意気込んだ。攻撃はもちろんのこと、守備も勝敗を決する大事なポイントとなる。フィジカルと空中戦の強さに関しては、アジア屈指のオ [全文を読む]

Jリーグ鹿島の番記者を直撃。勝ちにこだわるサッカーが「世界一になる日」

週プレNEWS / 2017年05月29日11時00分

自分も長年そういう思いで取材を続けてきたので、実際に世界最強チームであるレアル相手にその実力を示せたのは感慨深かったですね。 結束力を高めて守りつつゴールを狙い、戦う姿勢を見せていく。みんなで助け合って勝ちにこだわることが、世界と戦うためには必要だと証明されたわけですから。 ―鹿島のサッカーが、日の目を見たような思いです! 田中 日本ではどうしても「攻撃的 [全文を読む]

内田篤人が約2か月ぶりの実戦復帰! “アシスト未遂”も右サイドで奮闘し先発フル出場

ゲキサカ / 2017年03月24日04時27分

約2か月ぶりの実戦となった内田は、オーバーラップから相手の裏にボールを要求するなど積極的に攻撃に絡んでいくと、前半33分には、PA左手前から中央にラストパスを出したが、FWバーナード・テクペティの右足シュートはわずかにゴール右に外れ、アシストとはならなかった。 後半は相手に押し込まれる時間が続き、内田もなかなか高いポジションでプレーすることができなかったが [全文を読む]

連勝対決制したシャルケが3連勝! 南野途中出場のザルツブルクはホームでニースに敗れ、3連敗…《EL》

超ワールドサッカー / 2016年10月21日04時07分

相手陣内左サイドで得たFKの流れからボックス手前左でクリアボールに反応したコノプリャンカの右足ダイレクトボレーが、ゴールネットを揺らした。 ▽コノプリャンカの移籍後初ゴールで先手を奪ったシャルケは、このゴールで気を良くしたコノプリャンカがカウンターから積極的に2点目を狙うなど、終始試合をコントロールし、前半を終えた。 ▽シャルケの1点リードで迎えた後半は拮 [全文を読む]

インテルがまさかの連敗…イブラやトッティ活躍でユナイテッド&ローマが初勝利! 武藤がEL初ゴールを記録《EL》

超ワールドサッカー / 2016年09月30日06時37分

▽初戦でフェイエノールト相手に苦杯を舐めたユナイテッドは、ホームでウクライナのゾズリャと対戦。ポグバやイブラヒモビッチ、ラッシュフォード、マタなどの主力を先発で起用したホームチームだったが、相手の組織的な守備に苦戦。それでも、69分に途中出場のルーニーのシュートミスを、イブラヒモビッチが泥臭く押し込んでようやく先制に成功。このリードを守り切ったユナイテッド [全文を読む]

原口フル出場のヘルタ・ベルリンがシャルケ撃破で開幕3連勝!!《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2016年09月19日02時27分

しかし相手陣内でのパスにミスが散見され、フィニッシュに持ち込む場面がなかなか作れない。 ▽それでも30分を過ぎる頃からシャルケが徐々にボールを持ち始めて相手陣内でプレーする時間が長くなっていく。36分には右サイドからの鋭いクロスに対して、チュポ=モティングがゴール前に飛び込むなど、ヘルタ・ベルリンのゴールマウスへと迫っていく。しかし前半にスコアが動くことは [全文を読む]

内田篤人が絵本の主人公に!? 326(ナカムラミツル)とのコラボ作『がんばれ! ウッチーマン』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月04日17時30分

サッカーは仲間や相手がいてこそ成立するスポーツで、お互いがリスペクトし合うことが大切です。この物語を読んでくれた子どもたちが、諦めない心や、周りにいる人たちをもっと大切にしよう、ケンカしているお友だちと明日仲直りしよう、なんて思ってくれたら嬉しいです。僕は今、本当にたくさんの方々に支えていただき、ピッチへの復帰を目指しています。復帰したら、「伝説の勇者」の [全文を読む]

「同級生婚」急増 SNSの普及と「同窓会ブーム」が後押し

NEWSポストセブン / 2015年06月28日07時00分

出会った相手の人間性を見極めたり、素の自分を出すって簡単ではないですよね。その点、気心の知れた人にはカッコつける必要がないですし、久々に会ってもすぐに落ち着くと感じて接近しやすいのでは。お互いが着飾らないところからのスタートなら、価値観のすり合わせだけで済みます。また、大人になって成長した相手に子供の時に見られなかった魅力を感じたり、再評価したりすることも [全文を読む]

前回ヨルダン戦のミスは意識しない酒井「そのときとは違う立場」

ゲキサカ / 2015年01月18日21時42分

0-1の後半15分、相手陣内の左サイドで酒井が切り返して相手をかわそうとしたところでボールをカットされると、カバーに入った吉田もかわされ、カウンターから失点。DF長友佑都がケガのため不在で、左SBで先発していた酒井にとって因縁の相手だが、本人は「前のヨルダン戦のことは考えていない。今は今」と強調する。 「自分自身、そのときとは違う立場になっている。自信を持 [全文を読む]

【今日のインサイト】本日「愛と希望と勇気の日」…に、プロサッカー選手・内田篤人が“あのキャラ”とコラボ!

Woman Insight / 2015年01月14日06時00分

それを見ていると、フチ子さんは、コラボ相手がたとえ誰であれ物怖じしない“勇気”があり(いつもひょうひょうとした表情のフチ子さん)、コラボしたことで新たな物が生まれる“希望”(そして、これからのコラボ相手に期待が膨らむ)を持ちあわせているキャラクターのように、筆者、個人的にそう思っております。これもすべて、フチ子さんを生み出した、タナカカツキさん&奇譚クラブ [全文を読む]

4年越しアジア杯デビューの酒井「久々に緊張した」

ゲキサカ / 2015年01月12日20時53分

相手がどういうタイプか分からなかったので手探りになってしまい、前半は後手後手に回ってしまった。それでも、時間が経つにつれて相手との関係には慣れてきて、対応できたのは良かったと思う」 もっとも、予選勝ち上がりでアジア杯初出場を果たしたパレスチナ相手では、参考にならない点も多いと感じている。 「先制点を取れたことは良かったし、試合の流れ自体は良かったけれど [全文を読む]

圧巻アシストにも淡々、内田「フンテラールの足にぶつけるのが僕の仕事」

ゲキサカ / 2014年11月01日17時22分

前半37分、自陣で相手のパスをインターセプト。対峙した相手選手をかわすと、一気にスピードに乗った。ボールを大きく蹴り出しながらドリブルで独走。相手ゴールライン近くまで持ち上がり、倒れ込みながらゴール前に折り返した。ファーサイドで待ち構えていたFWクラース・ヤン・フンテラールは右足に当てるだけ。内田の3試合ぶり今季2アシスト目でシャルケが先制した。 「右サイ [全文を読む]

内田フル出場のシャルケは10人のS・リスボンに辛勝…今季CL初勝利

ゲキサカ / 2014年10月22日05時42分

ホームで、しかも10人相手に勝ち点1で終わるわけにはいかないシャルケは勝ち越しゴールを目指して攻勢を強める。すると後半アディショナルタイム、フンテラールのシュートが相手のハンドを誘い、PKを獲得。これをシュポ・モティングが落ち着いて決め、土壇場で4-3と勝ち越した。 10人相手の辛勝だったが、これでロベルト・ディ・マッテオ監督初陣となった18日のヘルタ・ [全文を読む]

AFC U-19選手権]4大会ぶりのU-20W杯出場へ、U-19日本代表が9日初戦で中国と激突!

ゲキサカ / 2014年10月08日20時40分

勝って弾みをつけたい初戦の対戦相手は中国。昨年中国で開催されたAFC U-19選手権予選では最終戦で対戦し、1-1で引き分けている相手だ。後半8分にFW小屋松知哉のゴールで先制した日本だったが、アウェーのブーイングの中、22分に同点ゴールを献上。グループ1位の座は守ったものの、勝ち切ることはできなかった。今回は“死のグループ”を勝ち抜くためにも勝ち点3を [全文を読む]

長谷部が退場誘発も…フランクフルトは9人のシャルケとドロー

ゲキサカ / 2014年09月21日00時26分

それでも同40分、相手のハンドでPKを獲得すると、MFエリック・マキシム・シュポ・モティングがGKのタイミングを外したチップキックでゴール中央に決め、1-2と1点差に詰め寄って前半を折り返した。 すると後半立ち上がりの5分、シャルケはシュポ・モティングの右クロスにMFユリアン・ドラクスラーが走り込み、フリーでヘディングシュート。この日が21歳の誕生日だった [全文を読む]

内田篤人の相手は川島か吉田か サッカーW杯開幕目前!“腐女子たち”の妄想が止まらない!!

日刊サイゾー / 2014年06月11日16時00分

その上、ブラジルW杯アジア最終予選のオーストラリア戦では、内田が相手に与えてしまったPKを川島は止められず、「篤人のためにPKを止めたかった」とコメントしていたことから、ますます妄想が膨らんでいる。川島のガッシリとした体つきや男らしい見た目と内田のかわいらしい感じからか、ネット上では「お似合いのカップルだと思うな」というコメントも数多く見られる。 しかし、 [全文を読む]

フォーカス