役者 半沢直樹に関するニュース

夏ドラマ「堺、満島、黒谷、福士」の芝居に要注目と女性作家

NEWSポストセブン / 2013年07月13日16時00分

作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、注目の役者をピックアップする。 * * * いよいよ、7月期の新ドラマが続々スタート。各局、どんなカードを切ってくるのか。期待に胸を膨らませつつチャンネルをあわせると……同じ時代の空気を吸っているというのに、緊迫企業もの、新しい恋愛の形を見せようとするもの、凝りに凝った構成もの、役者の迫力が画面からはみ出しそうなもの [全文を読む]

成功する2世、ヒントは「才能を社会のために」との使命感

NEWSポストセブン / 2016年12月19日11時00分

芸能界、とくに役者の世界には「2世」が多い。歌舞伎などの伝統芸能はそもそもが世襲。数百年にもわたって脈々と「芸」が受け継がれてきた。 子供はその「家」に生まれた瞬間から、将来は名跡を継ぐことが運命づけられ、幼い頃から稽古をつけられる。そうした環境のなかで育てば芸が磨かれるのは当然で、「遺伝」が役者としての才能を決めるかどうかを見極めるのは難しい。 だが、一 [全文を読む]

堺雅人、「極貧でタンポポ食べてた」早稲田時代のリアル“倍返し”人生

サイゾーウーマン / 2013年08月21日13時00分

だが、役者人生は最初から順調だったわけではない。堺の役者人生は、逆境を跳ね返した“倍返し”の道のりだった。 1973年に宮崎県に生まれた堺。小学生の頃から勉強が得意で、中学も高校も地元の名門校へ進んだ。高校では演劇部に入り、演技の世界に触れ、大学も演劇が盛んな早稲田大学へと進学。 「堺が入ったのは第一文学部です。彼は中国語の語学クラスだったんですが、そこで [全文を読む]

1位は誰?木村拓哉に堺雅人…役者別「過去3作品視聴率」ランキング

VenusTap / 2015年12月25日07時40分

近年「数字が取れなくなった」と言われるドラマ業界ですが、それでも木村拓哉や米倉涼子など、安定した数字を取る役者たちがいます。今回は、主な人気役者たちの“直近の主演3作品”の視聴率を調べ、彼らの実力を比較してみたいと思います。 今クールのドラマで視聴率トップだった『下町ロケット』(TBS系)の阿部寛は一体何位に輝くのでしょうか? ■主な役者の民放連続ドラマの [全文を読む]

阿部寛『下町ロケット』 松平定知氏のナレーションが絶妙だ

NEWSポストセブン / 2015年10月25日16時00分

役者同士で感情を増幅させる、現場の恐るべき集中力 主役は、町工場・佃製作所の二代目社長、佃航平(阿部寛)。理不尽な特許侵害で訴えられ資金繰りに窮し、会社を手放すことを覚悟し、売却後に社長を辞めると言う彼を、経理部長の殿村直弘(立川談春)が必死に止める。そのシーンについて、阿部はこう振り返っている。「号泣しました。現場でも大泣きしました」「何回見てもあそこ [全文を読む]

「半沢直樹」最終回、視聴者たちの反応は?続編は?

モデルプレス / 2013年09月23日01時39分

・演技力ある役者だけで配役できたことが最高だった。 ・すごいドラマ。カロリー消費ハンパなかったもん。 ・泣きすぎ。やばすぎ。おもしろかった。 ・続編すぐ見たい!よろしくおねがいします。 ・こんな面白いドラマを作ってくれた制作陣に感謝! ・ドラマを毎週ちゃんと見たのは8年ぶりでした。本当に楽しかった。 ― 最終回について ・結局、出向させられなきゃならんの [全文を読む]

堺雅人「妻 菅野美穂も知らない夫の変人素顔」

アサ芸プラス / 2013年08月02日10時00分

宮崎県出身で、上京して早稲田大学に入学すると、92年に劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加し、役者人生をスタートさせた。 旗揚げ時から堺とは20年来の盟友で、同劇団を主宰する横山仁一氏が言う。 「野球のイチロー(39)とイメージが重なります。とにかくその道が好きで己の技術を向上させるためなら、あらゆる努力をする。旗揚げした当初から、例えば新しいことをやると『 [全文を読む]

ギョロ目俳優・滝藤賢一が『半沢』同期近藤を演じるまで

WEB女性自身 / 2013年10月07日07時00分

映画をやりたい僕としては戸惑いましたが、映像の世界に入ることを夢見ながらも、日々、役者としての修業を積ませてもらいました。3年の塾生時代を含め、役者として鍛えてもらった10年間は、今の僕の土台になっています」(滝籐・以下同) 俳優人生を大きく変えたのが、堺雅人との初共演作『クライマーズ・ハイ』。若手新聞記者が壮絶な航空機の墜落現場を取材し、正気を失っていく [全文を読む]

モロ師岡×テリー伊藤(3)三谷幸喜さんのコントから付けた芸名

アサ芸プラス / 2013年10月01日10時00分

役者とコメディアン、どっちが本来の姿なんですか。 師岡 両方やっているという感じですね。両方を目指しているというか、両方やめられないというか。 テリー そもそもは、どういうきっかけでこの道へ? 師岡 大学で演劇研究会だったんで、それからずっとですね。大学を卒業して新劇の劇団に行ったんですけど、食えないんです。ノルマばっかり渡されて。 テリー ノルマっていう [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

同ドラマがいかに傑作だったかは、生徒役を演じ、後にブレイクした役者陣が物語る。松本潤、小栗旬、成宮寛貴、松山ケンイチ、上地雄輔――皆、このドラマから巣立っていったのだ。■木皿泉という異才不思議なもので、1つのドラマの成功が、局の風向きをガラリと変えることがある。当時の日本テレビもそうで、『ごくせん』の翌年、一風変わったドラマが世間を賑わした。『すいか』であ [全文を読む]

フォーカス