公演 尾上菊之助に関するニュース

博多座・夏の風物詩“船乗り込み”に3万人のファン集まる

Walkerplus / 2017年05月29日20時06分

6月2日(金)から26日(月)まで、博多座(福岡市博多区)で公演する「六月博多座大歌舞伎」に先駆け、出演者の“ご当地到着”を船に乗ってお披露目する「船乗り込み」が、5月29日に行われた。 同公演で、親子4人そろっての襲名披露となる、中村橋之助改め八代目中村芝翫(しかん)、長男・四代目橋之助、次男・三代目福之助、三男・四代目歌之助らが登場。晴天のなか、川沿い [全文を読む]

尾上菊之助 第一子誕生を心待ちに「音羽屋に縁のある名前を…」

WEB女性自身 / 2013年11月01日00時00分

お兄さん(三津五郎)の気持ちと一緒に全国公演を回りたい」と語った。 この日は尾上松也(28)らが出演する「明治座 十一月花型歌舞伎」も開幕。元AKB48の前田敦子(22)と松也の熱愛報道に触れ、「AKBに負けないようにしたい」と自身の公演をアピールした。(撮影/桑原 靖) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】古舘伊知郎、歌舞伎座で深々とお辞儀「大麻騒動の芸能人の心境」

TechinsightJapan / 2016年10月27日21時24分

公演は、現在開催中の東京国際映画祭のプログラムのひとつ。観客は記者を含め外国人が多い。そのため、外国人は同時通訳を通じて喋りを理解するわけだ。そこで「早口が身上だから」という古舘は「僕の言うことは同時通訳できない。外国の方はつまらないと思う」とバッサリ。以前に国連本部で同時通訳した経験者が古舘のトークを同時通訳した際にイラッとさせてしまったことを明かし [全文を読む]

息子・染五郎の復帰公演もガラガラ 窮地に立つ松本幸四郎

NEWSポストセブン / 2013年09月20日07時00分

松本幸四郎(71才)が座頭を務める『十月歌舞伎公演「春興鏡獅子」』が、10月3日から東京・国立劇場でスタートする。この舞台で、幸四郎の孫で市川染五郎(40才)の長男・松本金太郎(8才)とともに、香川照之(市川中車・47才)の長男・市川團子(9才)が“胡蝶の精”という大役を務めることになった。 梨園関係者の間では、歌舞伎界で孤立する香川照之が、名門の高麗屋に [全文を読む]

新・歌舞伎座開場で注目の役者 海老蔵、菊五郎、菊之助他

NEWSポストセブン / 2013年03月30日07時00分

開場公演4月の、男が女に扮する弁天小僧(『弁天娘女男白浪』)は当たり役。 そして、菊五郎の長男・尾上菊之助(35才)。行儀がよく、まじめで先輩からの信頼が厚いのは、子供の頃から共演も多い海老蔵と対照的。中村吉右衛門の四女・瓔子さん(30才)と結婚、歌舞伎界全体を考えている人物と評価を高めた。今は両家を継ぐ男子2人の誕生に期待が集まる。 女形として、父よりも [全文を読む]

寺島しのぶ 眞秀くんデビューの陰に外堀埋めた水面下の2年間

WEB女性自身 / 2017年05月13日06時00分

公演があるときは必ず眞秀くんを連れていくようにしていました」(歌舞伎関係者) 菊五郎との仲を深めていった結果、15年5月の團菊祭で驚きの 事件 が起きた。千穐楽の際、眞秀くんが菊五郎の腕に抱かれながら舞台初登場を果たしたのだ。 「寺島さんは、この團菊祭で海老蔵さんの楽屋にも眞秀くんを連れて行きました。そこで『眞秀があなたの大ファン。iPadの写真を見せると [全文を読む]

中村勘九郎も恋ダンス?時事ネタ、パロディー満載の新作歌舞伎

Smartザテレビジョン / 2017年04月21日19時46分

さらに、中村七之助らがグッズや飲食物を販売する模擬店の様子や、公演の舞台裏なども放送。ほか、懐かしの名優の秘蔵シーンも公開する。 番組のナビゲーターは「にっぽんの芸能」(毎週金曜夜11:00 NHK Eテレ)でおなじみの“古典芸能好き”の名コンビ、石田ひかりと秋鹿真人アナウンサーが務める。 豪華俳優が一堂に会する華やかな“祭”。参加した人もそうでなかった [全文を読む]

六本木歌舞伎の舞台に立った寺島しのぶ 海老蔵がオファー

NEWSポストセブン / 2017年02月10日07時00分

今回の公演に先駆けて、海老蔵は「歌舞伎と女性」についてこう語っていた。《歌舞伎が今の形になってから二、三百年という月日が経ってそろそろ考え直す時期がきていると思うし、垣根というものがありますが、本来はそれがないはずだと僕は思っています。(中略)性別を理由に女性が歌舞伎をできないことが、僕にはわからなかったんです》(「座頭市」パンフレットより、以下《》内同) [全文を読む]

「週刊ポスト」が小林麻央のがん公表直前に“妊娠“説を報道して真っ青! 梨園関係者の「ふっくら」目撃談まで

リテラ / 2016年06月11日17時00分

今年80年の節目を迎えた伝統の歌舞伎公演の中で、ひときわ注目を集めたのが演目「寺小屋」での市川海老蔵、尾上菊之助、尾上松緑という、かつて「平成の三之助」と呼ばれた3人の夢の共演だった。 だが、一部の贔屓筋で演目以上に話題になったのが、海老蔵の妻・小林麻央(33)の体型だったという。〉 そして、「歌舞伎贔屓筋」のコメントとして、こんな目撃談を掲載するのだ。 [全文を読む]

熱愛報道翌日も同席の中田英寿氏と柴咲コウ お泊りはナシ

NEWSポストセブン / 2014年11月20日07時00分

尾上菊之助さんのこけら落とし公演を仲よく観劇していました」(居合わせた客) 一方、10月中旬には、柴咲と小橋賢児(35才)との原宿デートもキャッチしている。 「小橋さんは今年の柴咲さんの誕生パーティーを企画したひとりで、男女の仲を超えた親友。ふたりきりで食事に行ったりショッピングしたりする仲ですが、彼女はサバサバした性格ですから、そんな男友達は何人もいます [全文を読む]

熊切あさ美はタダの遊び? 「後援会が許さない」梨園の嫁の条件

メンズサイゾー / 2013年02月15日15時00分

熊切は自身のブログで1月に新春浅草歌舞伎を観劇したとつづり、今月7日には、愛之助が大阪松竹で公演中の二月花形歌舞伎を見たことも明かしている。「GOEMONなんかすごかった」としているが、夜の部の『GOEMON 石川五右衛門』はまさに愛之助が石川五右衛門に扮し、ファンからも評判の高い演目だ。これを「もう一回みたいなぁ」と言い、さらに愛之助が4役を務めている [全文を読む]

フォーカス