ファン 布施明に関するニュース

Yogee New Wavesがいた未来 冷笑の時代に現れた感情そのものを描ききる音楽集団

GIZMODO / 2017年07月25日10時08分

Video: ㅤYogee New Waves/YouTube『Yogee New Waves / CLIMAX NIGHT (New Version - Official MV)』 大学在学中だった彼らは、楽園を意味したアルバム『PARAISO』をリリースした頃から「シティポップ」を牽引する存在として音楽ファンからの熱い視線を注がれるようになる。201 [全文を読む]

五木ひろしがノリノリ 田原俊彦の曲をタップ踏みながら熱唱し番組カオス状態に

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月10日06時28分

もしかしたら、五木ファンにとってみれば、五木のタップダンスは当たり前なのかもしれない。もしかしたら、五木は家でいつもドラムを叩くマネをしているのかもしれない。だが、見慣れていない視聴者にとっては、衝撃以外何ものでもない。「ヘイ!」「ヘイ!」と叫びながら登場し、突然タップを踏む五木ひろし。原曲をほぼ無視して、気持ち良く発声する布施明(ハッセイと言っても、オ [全文を読む]

コブクロのバラードは女々しくも図々しくないか――近田春夫の考えるヒット

文春オンライン / 2017年06月14日18時00分

よほどのファンならいざ知らず、歌手が自身の書いたコトバにうっとりの姿なんて誰が見たいもんですか。 さてコブクロの新曲だが、まさに今述べてきた文脈の真っただ中、俺の一番受けつけぬ、jpopで、自作自演で、切なさ全開、というヤツだ。 しかもこの歌、主人公がやたら繊細な心の持ち主ときた。自分の方が弱いけれど君を必ず守るよと。要約すればそんな歌詞だ。なんかこう、こ [全文を読む]

星野源、キレキレ「恋ダンス」に女性ファン悶絶!

日刊大衆 / 2016年12月16日20時00分

ファンの間で大人気の名曲『くせのうた』と、『逃げ恥』の主題歌である『恋』の2曲を披露した。 「ドラマでは超がつくほど真面目な平匡役を演じていますが、実際の星野はとてもおちゃめな人物です。『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では下ネタトークまで披露していますし、ライブや『恋』の特典DVDでは、往年の布施明(68)をオマージュしたような“ニセ明”と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】玉置浩二が“本当に歌が上手いランキング”でダントツ1位。一部では「普通に歌って欲しい」と要望も。

TechinsightJapan / 2014年07月10日20時00分

ネットでもその結果を称えるつぶやきが飛び交っており、「玉置浩二さん1位に納得の声が多くて嬉しい」とファンも感激している。ただ、番組では出演者の一部から小声で「普通に歌って欲しい」と囁かれたことも事実だ。お笑い芸人らが独断で仮説を立てて、それを検証する斬新な企画が注目されている『水曜日のダウンタウン』(TBSテレビ系)が7月9日の夜9時から2時間スペシャルで [全文を読む]

矢沢永吉が掟破りの6万円設定! 大物芸能人たちの“荒稼ぎ場”ディナーショーの相場とは

日刊サイゾー / 2013年12月15日09時00分

同誌によると、矢沢のファンはヤンキーや暴走族出身の元不良が多いだけに、何もかもが異例尽くしのディナーショーなのだという。 「刺繍入りのスーツや派手なカラースーツの着用が禁止されていて、定番の“E.YAZAWA”のロゴが入ったタオルの持ち込みもNG。違反者は強制退場になることもあるのだとか」(音楽ライター) なんといっても異例なのは、6万円という料金設定。会 [全文を読む]

秋の番組改編 注目の北欧ポップスやBirthdayソングなど 音で「おもてなし」を演出

PR TIMES / 2013年10月01日12時02分

◇K-52~63 プロ野球応援ソング1~12 ≪ファン待望の通年放送プロ野球応援ソング≫ 従来臨時特集として、放送していたプロ野球応援ソングを通年で放送。シーズンのオンオフに関わらず、話題に事欠かないプロ野球ファンの盛り上げや地域の活性化に貢献すべく12チャンネルで各球団の応援ソングをお届します。 (クライマックスシリーズ、日本シリーズに向けた臨時特集番 [全文を読む]

フォーカス