ゴール 武藤嘉紀に関するニュース

香川が今季初ゴールで日本人のブンデス得点ランキングは“ダブル・シンジ"が並ぶ!!

超ワールドサッカー / 2017年09月21日09時50分

▽2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍した香川は、デビュー3戦目となるヴォルフスブルク戦で、リーグ戦初ゴールをマーク。そのシーズンは8ゴールを奪い、チームの9年振りとなるリーグ優勝に貢献した。 ▽主力として臨んだ2011-12シーズンは、13ゴールを挙げる好パフォーマンスでチームのリーグ連覇、DFBポカールの2冠達成に貢献。翌シーズンからは活躍 [全文を読む]

マインツの「救世主」へ…復活弾の武藤嘉紀「絶対的な選手になる」

サッカーキング / 2017年04月06日09時00分

ゴール右隅へ決め、マインツは1点差に迫った。しかし、試合は2-3で終了。勝ち点を得ることはできなかった。 武藤にとっては、リーグ戦約7カ月ぶりのゴール。試合後、同選手は「やっとですね」と安堵の第一声を発し、以下のように心境を語っている。 「非常に身体の状態も良かったですし、決めるべくして決められたと思います。強いて言うなら、最後の失点(3失点目)をなくして [全文を読む]

[特別インタビュー]スターダムを一気に駆け上がったF東京MF武藤(後編)「点を取らないと満足できない」

ゲキサカ / 2015年01月01日14時32分

新人最多得点記録タイの13得点を挙げて得点ランク4位となったFC東京MF武藤嘉紀だが、初ゴールを挙げるまでには時間を要した。しかし、一度ゴールを奪うと、ゴールラッシュを演じることとなる。果たして、得点量産の背景には何があったのだろうか――。――FC東京と日本代表の試合を見て、ゴールに対する意識の高さが、他の日本人選手とは違うと感じます。「自分も元々、ゴール [全文を読む]

F東京が千真&武藤のアベックゴールで広島を下し、3試合ぶり白星

ゲキサカ / 2014年10月22日21時00分

1-1で迎えた後半29分、FW武藤嘉紀がシーズン12点目となるゴールを決めたF東京が、2-1で勝利。広島に勝ち点3差を付けて6位をキープしている。 前節、大宮に敗れて2連敗中のF東京は、FWエドゥーが先発に復帰。MF河野広貴を9試合ぶりのベンチスタートにして3トップで試合に臨んだ。前節、名古屋に4-0と快勝している広島は、MF山岸智をベンチに置き、MF清水 [全文を読む]

公式戦3試合ぶりゴールのF東京 FW武藤「チームを優勝させたい」

ゲキサカ / 2015年05月20日22時46分

20日のナビスコ杯、ヴァンフォーレ甲府戦にスタメン出場したFC東京のFW武藤嘉紀は、「公式戦で2試合ゴールを取れていなかったので、今日は絶対にゴールを取ろうと思っていた」と、ゴールへの強い意欲を口にした。 その言葉通り、前半41分にはDF森重真人のクロスを左足で合わせて先制点を記録。さらに1-1で迎えた後半アディショナルタイムにもセットプレーの流れから、F [全文を読む]

2ゴールのF東京FW武藤「チームを助けられたことが嬉しい」

ゲキサカ / 2015年03月07日18時21分

これがゴールに決まり1点差に詰め寄った。さらに後半アディショナルタイムには、相手DFのクリアーミスをコントロール、浮き球に対して右足を振り抜き、距離のある位置から鮮やかなシュートをゴールに叩き込んだ。 2ゴールでチームに勝ち点1をもたらした武藤だが、自身の出来には満足していなかった。「ゴール以外は、酷い内容だった」と反省する。それでも、2つのゴールについて [全文を読む]

「より多くのゴールを」…武藤嘉紀、マインツでの“岡崎超え”に意欲

サッカーキング / 2017年08月15日08時29分

12日に行われたリューネブルガーSK(4部)とのDFBポカール1回戦で、マインツの日本代表FW武藤嘉紀は2ゴールを挙げて勝利に貢献した。今週末に開幕するブンデスリーガでの活躍に期待が高まる中、武藤本人は新シーズンの目標として、日本代表FW岡崎慎司がマインツ所属時に記録した通算得点数を上回ることを狙っているようだ。13日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。 [全文を読む]

武藤2発のF東京が敵地で昨季王者G大阪と分ける

ゲキサカ / 2015年03月07日17時24分

前半アディショナルタイムにFWパトリックのゴールで先制したG大阪は、後半8分にもFW宇佐美貴史が自ら得たPKを決めた。しかし、F東京もFW武藤嘉紀が2ゴールを決めて試合を振り出しに戻し、試合は2-2のドローで終了している。 すでにゼロックススーパーカップとACLで公式戦計3試合を戦っているG大阪は、右SBにDFオ・ジェソク、左SBはDF藤春廣輝が入っている [全文を読む]

チームメイトの祝福を素直に喜ぶ香川「心配かけていたのかな」

ゲキサカ / 2015年01月20日22時31分

1-0で迎えた後半37分、MF清武弘嗣のスルーパスからFW武藤嘉紀が左サイドのスペースに抜け出すと、MF香川真司が猛然とゴール前に走り込んだ。武藤からのグラウンダーの折り返しを捉えた右足シュートがGKの手を弾いてゴールネットを揺らす。背番号10に待望のゴールが生まれた。 「何回もゴール前に走り込んでいたし、(武藤が)相手の股を狙ってセンタリングをくれた。そ [全文を読む]

シーズン10点を達成し、新人最多ゴール記録に迫るF東京FW武藤「あと2点は、取らないといけない」

ゲキサカ / 2014年09月27日19時57分

その重圧から、彼を解放するものはゴールなのだと続ける。「得点することによって、サッカーをやっていて楽しく感じますし、今日に関しては、早い段階で得点できたことで、楽しく、自分のプレーを示せたんじゃないかなと思います」。 開始早々の4分、F東京はDF徳永悠平が右サイドを突破し、ゴール前に低いクロスを入れる。ゴール中央に走り込んでいた武藤の前には、相手GKとDF [全文を読む]

武藤嘉紀が今季初ゴール、貴重な同点弾でマインツの連敗ストップに貢献

サイクルスタイル / 2017年09月10日15時10分

3-1の勝利を収め武藤は前半45分に今季初ゴールを奪っている。 開幕2連敗スタートのマインツ。この試合でも前半22分に先制点を奪われる苦しい展開になった。ここでチームを救ったのが武藤。前半終了間際に左サイドを突破したダニエル・ブロジンスキからクロスが上がると、ボレーで同点弾を叩き込んだ。 今季日本人ゴール第1号になった武藤はブンデスリーガ公式サイトのインタ [全文を読む]

武藤が今季4ゴール目を記録もマインツが3試合ぶりの黒星…《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2017年04月30日00時56分

フル出場したマインツの日本代表FW武藤嘉紀は、89分に今季4ゴール目を記録した。 ▽前節、首位バイエルンと2-2のドローを演じた13位マインツ(勝ち点33)が、本拠地コファス・アレーナに11位ボルシアMG(勝ち点39)を迎えた一戦。そのマインツは、前節のバイエルン戦からスタメンを1人変更。エツナリに代えてオニシウォをスタメンで起用した。 ▽一方、ミッドウィ [全文を読む]

武藤がPK獲得で勝ち点1奪取に貢献、バイエルンはCL敗退ショック拭えず

ゲキサカ / 2017年04月23日01時04分

こぼれ球を拾ったFWボージャン・クルキッチが冷静にワンフェイントでMFチアゴ・アルカンタラをかわし、ゴール中央から右足で先制点を奪った。 前半15分にはカウンターから武藤のスルーパスに抜け出したMFレビン・エズトゥナリがGKとの1対1から左足でシュートを打ったが、左足を骨折し、今季絶望となったGKマヌエル・ノイアーに代わってゴールを守るGKスベン・ウルライ [全文を読む]

武藤先発のマインツが新生ヴォルフスブルクとホームでドロー《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2017年03月05日04時43分

20分、R・ロドリゲスの右CKがファーサイドに流れると、詰めていたゴメスが頭で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したマインツもすぐさま反撃に転じる。24分、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったエツナリがそのままドリブルで仕掛ける。2人をかわして、ボックス内に侵攻すると、GKカスティールスを引き付け、ラストパス。これを走りこんだコルドバがきっち [全文を読む]

武藤マインツvs大迫ケルンはゴールレスドロー決着 互いに決定機生かせず《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2017年01月23日03時21分

▽その後もマインツが効率的にゴールに迫る展開とする中、ケルンは33分にようやくモデストが難しい体勢から枠内シュートをマーク。すると36分、左サイド絞った位置のFKから大迫がヘディングシュート。しかし、GKの正面を突いた。 ▽立て続けにゴールへ迫られたマインツは40分、ラツァの左足ミドルで牽制。すると42分、デ・ブラシスのバイシクルシュートが枠を捉えたが、 [全文を読む]

【サッカー日本代表】本田、岡崎に次ぐ点取り屋が超意外! 香川でも宇佐美でもない“第三の男”とは?

日刊サイゾー / 2016年03月25日18時00分

結果は、岡崎とともに1ゴールを挙げ、日本代表のFW争いでアピールに成功したといえるだろう。しかし、今まで宇佐美貴史、武藤嘉紀、川又堅碁など数々の点取り屋を新たに試してきたハリルホジッチだったが、その中で誰ひとり“ある意外な男”のゴール数には及んでいないと、今ファンの間で話題になっている。 「ブラジルW杯以降の代表得点ランキングは、1位が本田圭佑の11ゴール [全文を読む]

中山氏の現役復帰報道に発奮のF東京FW前田 6年ぶりハットで「負けないように頑張る」

ゲキサカ / 2015年09月12日22時54分

前半38分の先制点は、中盤でボールを奪ったMF米本拓司からのMF高橋秀人とボールがつながり、高橋のパスを受けて右足でゴールに蹴り込んだ。後半24分の2点目は、MF東慶悟からのクロスに対し、GKの鼻先で合わせてゴールネットを揺らす。さらに後半33分には再び東からのパスを受けて右足でゴールを決めた。 「本当にうれしいし、チームメイトに感謝したいです」と前田は [全文を読む]

ドルトムントになれなかったF東京 石川「ボールを取った後の精度とやり切るところが…」

ゲキサカ / 2015年07月11日22時43分

[7.11 J1第2ステージ第1節 川崎F2-0F東京 等々力] 第1ステージでチームの全24ゴールのうち、10ゴールを挙げていたFW武藤嘉紀がマインツ(ドイツ)へ移籍したFC東京。第2ステージの開幕戦となった川崎フロンターレ戦では、最前線には石川直宏、前田遼一、東慶悟の3選手が並んだ。 最終ラインからボールをつなぐ川崎Fに対し、最前線の3人はしっかりとボ [全文を読む]

遠藤復帰弾などアギーレJが6発大勝!!乾、豊田も代表初ゴール

ゲキサカ / 2014年11月15日15時30分

後半2分にFW乾貴士、同24分にはFW豊田陽平に代表初ゴールが生まれ、乾は後半29分にも2点目を決めてゴールラッシュを締めくくった。 W杯以来の代表復帰となったDF内田篤人と遠藤、キャプテンに指名されたMF長谷部誠がそろってW杯後初出場となり、アギーレジャパン初先発。中盤はMF香川真司と遠藤がインサイドハーフ、長谷部がアンカーに入った。3トップは右から本田 [全文を読む]

シャルケを下したマインツが3連勝で暫定5位に浮上《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2016年02月13日07時05分

6分、中盤でボールを受けたマリのロングパスからカウンターを仕掛けると、このボールに反応したコルドバがゴール右からシュート。しかし、これはGKフェールマンの体を張ったブロックに阻まれた。▽ポゼッションではシャルケに上回られるマインツだが、数少ないチャンスから先制に成功する。33分、ガイスの左CKをノイシュテッターがクリア。このこぼれ球をボックス手前で拾ったブ [全文を読む]

フォーカス