生まれ 福沢諭吉に関するニュース

「諭吉・一葉・英世」がお札になった理由

プレジデントオンライン / 2017年06月16日09時15分

■3人とも生まれはかなり貧しかった 1万円札の福沢諭吉、5000円札の樋口一葉、1000円札の野口英世。この3人全員に共通するのは、裕福な家庭の出身ではない、ということだ。お札の顔にするなら、巨万の富を築いた金満家のほうがふさわしい気もするのだが、彼らはなぜ、「お札のカオ」に選ばれたのだろうか。 福沢諭吉は1834(天保5)年、豊前国・中津藩(現在の大分 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】福田萌や“歴史的人物”もランクイン 名前に「福」が入る有名人TOP10

TechinsightJapan / 2017年01月06日16時59分

一万円札の肖像画でおなじみ福沢諭吉については「1835年1月10日生まれ 大阪府出身」「1858年に慶應義塾を設立 『学問のすゝめ』は明治初頭に300万部の大ベストセラー」「子どもは4男5女の9人 玄孫は大ヒットドラマ『半沢直樹』の福澤克雄監督」「大のお酒好きでお酒をやめようとタバコを始めるもどちらも大好きになった」とプロフィールも紹介された。 ちなみに [全文を読む]

謝らない韓国人、トンデモ洗脳教育「韓国は世界から称賛」「日本が諸悪の根源」

Business Journal / 2015年06月19日06時00分

筆者は韓国生まれの韓国育ちですが、その部分に対して嫌気が差しているのです。愛国心はありますが、日本も大好きです。それゆえに、韓国における執拗な反日教育に疑問を抱いているのです。 韓国における「歴史上の3大極悪人」をご存じでしょうか。豊臣秀吉、伊藤博文、福沢諭吉の3人です。豊臣秀吉は、朝鮮出兵によって大量の朝鮮人(韓国人)を虐殺し、さらに優秀な陶工を拉致して [全文を読む]

「漫画には筆者の心が鏡のように映るものである」(北沢楽天)【漱石と明治人のことば137】

サライ.jp / 2017年05月17日06時00分

可恐(おそるべし)可慎(つつしむべし)」 --北沢楽天 北沢楽天は明治9年(1876)生まれ。神田錦華小学校時代から図画が得意。小学校を卒えると絵画研究所「大幸館」で腕を磨き、さらに横須賀の日本画家・井上春瑞に師事した。 福沢諭吉との出会いが運命の転機。その資質を見抜いた福沢の勧めで、楽天は横浜の英文雑誌『ボックス・オブ・キューリオス』の編集部の社員となり [全文を読む]

知っているはずの物事を思い出して認知症予防 脳トレドリル

認知症ねっと / 2016年11月28日19時00分

福沢諭吉の前の1万円札の肖像は? 著者の児玉光雄氏は、1947年の兵庫県の生まれ。1971年に京都大学工学部金属加工科を卒業した児玉氏はイチローやタイガー・ウッズなどをテーマにした「スポーツ天才学」の研究を行っており、追手門学院大学客員教授、前鹿屋体育大学教授で、日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員でもある。 そして、「イチロー思考」「マンガでわか [全文を読む]

ミス・ワールド2017日本代表に現役慶大生21歳の国際派・山下晴加さん

ORICON NEWS / 2017年09月05日11時30分

■山下晴加(やました・はるか)プロフィール 1995年11月5日生まれ、東京都出身 身長:170cm 学歴:慶応義塾大学法学部、法律学科4年生 [全文を読む]

創業370年でも挑戦を恐れない。老舗醤油「ヤマサ」のサバイバル術

まぐまぐニュース! / 2017年08月31日04時45分

<出演者略歴> 濱口道雄(はまぐち・みちお)1943年、東京生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、1968年、ヤマサ醤油入社。1983年、代表取締役社長就任。2017年、会長就任。 source:テレビ東京「カンブリア宮殿」 出典元:まぐまぐニュース! [全文を読む]

「民衆の幸せを考えないようでは政治家でも実業家でもない」(松永安左エ門)【漱石と明治人のことば116】

サライ.jp / 2017年04月26日06時00分

【今日のことば】 「民衆の幸せを考えないようでは政治家でも実業家でもない」 --松永安左エ門 実業家の松永安左エ門は、明治8年(1875)長崎県の壱岐の島に生まれた。15歳で上京し、福沢諭吉の慶応義塾に学ぶが、父の死後、いったん帰郷して家業の酒造業をついだ。だが、飽き足らず、家督を弟に譲って慶応義塾に復学。日本銀行員、石炭商を経て電力事業に進出した。 自 [全文を読む]

大分県立美術館にて廣池千九郎の特集展示開催

PR TIMES / 2017年02月22日16時14分

大分県中津市生まれ。青年期に小学校教員として初等教育に携わり、のちに『古事類苑』編纂員、早稲田大学講師、神宮皇学館教授などを歴任。その間、東洋法制史、漢文法、日本の国柄の研究などを行う。大正時代より道徳の科学的研究に取り組み、総合人間学モラロジー(道徳科学)を提唱。昭和10年、千葉県柏市にモラロジーに基づく道徳教育を行う「道徳科学専攻塾」を開設。現在、社会 [全文を読む]

<コラム>飛行機に乗り合わせた北朝鮮の一般市民、私が日本人だと知ると…

Record China / 2016年08月18日18時00分

■筆者プロフィール:北岡裕 76年生まれ。東京在住。過去5回の訪朝経験を持つ。主な著作に「新聞・テレビが伝えなかった北朝鮮」。コラムを多数執筆しており、朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」では異例の日本人の連載で話題を呼ぶ。講演や大学での特別講師、トークライブの経験も。 [全文を読む]

東出昌大「やはり歴史オタクとしては織田信長はやってみたい」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月06日11時00分

なんかマニアックな話になっちゃってすみません(笑)」 (取材・文=松井美緒) ■東出昌大 ひがしで・まさひろ●1988年、埼玉県生まれ。2012年、『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビューし、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞など多数の新人賞を受賞。14年には『クローズ EXPLODE』と『アオハライド』で映画主演。今年は、大河ドラマ『花燃ゆ』の久坂玄瑞役 [全文を読む]

男が女になれるのか/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2014年10月23日03時17分

ボーヴォワールは、1949年、『第二の性』において、「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」と言い、「女」が男社会に捏造された欺瞞であることを暴き、戦後のフェミニズムの道を切り拓いた。しかし、「女性が輝く」なんとかなどと言って、「野生」の女性を去勢し社畜化し、昨今の人手不足を補おうなどという姑息な政治がいまだに表通りをまかり通る。だが、大阪のおばちゃ [全文を読む]

いまもっとも人気の高い評伝作家がおくる最新刊『叛骨の宰相 岸信介』。「昭和の妖怪」とよばれた岸信介の知られざる実像と多大な功績に迫る!

PR TIMES / 2014年01月20日12時08分

白洲次郎、吉田茂、福澤諭吉、安田善次郎などを手がける、いまもっとも人気の高い評伝作家 北 康利(きた・やすとし) 昭和35年12月24日名古屋生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月にみずほ証券を退職し、本格的な作家活動に入る。『白洲次郎 占領を背負った男』( [全文を読む]

有名作品の速聴用朗読音声を無料でダウンロードできる「速聴マラソン」に新コンテンツを追加!

@Press / 2013年08月01日09時30分

音源の倍速化に使用しているのは、インターナルが誇る高音質速聴ソフト「スピードリスニングProfessional」で、ドイツ生まれの世界最高レベルの音声倍速化エンジンDiracエンジンを利用していますので、2倍速・3倍速でも音質の劣化は一切ありません。速聴に関するコラムや会員専用のコンテンツ、Facebookでいいねをつけてくれた方専用のコンテンツなど、有料 [全文を読む]

有名作品の速聴用朗読音声を無料でダウンロードできる『速聴マラソン』を公開!

@Press / 2012年11月30日11時00分

音源の倍速化に使用しているのは、インターナルが誇る高音質速聴ソフト「スピードリスニング Professional」で、ドイツ生まれの世界最高レベルの音声倍速化エンジン Diracエンジンを利用していますので、2倍速・3倍速でも音質の劣化は一切ありません。 速聴に関するコラムや会員専用のコンテンツ、Facebookでいいね!をつけてくれた方専用のコンテンツ [全文を読む]

フォーカス