会長 豊田章男に関するニュース

トヨタ・スズキ提携交渉“第2のトヨス”か? その3

Japan In-depth / 2016年10月24日22時00分

遠藤功治(株式会社SBI証券)「遠藤功治のオートモーティブ・フォーカス」4)俊宏社長CEOはどこにいる?10月12日の記者会見、場所は後楽園にあるトヨタの東京本社、会見に臨んだのは、トヨタ側が豊田章男社長、スズキ側が鈴木修会長。よく考えるとこれはおかしい。スズキ側は何故、俊宏社長ではないのか。いや、トヨタに提携を申し込んだのは修会長だから、実権はまだ修会長 [全文を読む]

日産社長勇退でまさかの「ゴーン経団連会長」誕生シナリオ

NEWSポストセブン / 2017年02月28日16時00分

昨年には、経営危機に直面した三菱自動車の支援を決め、同社会長にも就任した。 社長退任とともに注目されたのは、ゴーン氏が会長に“昇格”したことだ。 「今後も経営に目を光らせるということ。後任の西川(廣人)共同CEOはゴーン路線の実務を担ってきた。西川さんとしても社内に“後ろ盾”がいることは心強いはず」(日産関係者) 一方で、日産会長就任という「進路」はこんな [全文を読む]

安倍首相の下僕・経団連会長、次期候補者ゼロの異常事態…ことごとく固辞か

Business Journal / 2017年01月04日06時00分

榊原定征日本経済団体連合会(経団連)会長が、昨年末からピリピリしている。経団連会長の任期は2期4年であり、2014年6月に就任した榊原会長の任期は18年6月まである。「昨年12月に発売された『文藝春秋』(文藝春秋/新年特別号)が“ポスト榊原”に関する記事を掲載し、まだ任期切れまで時間もあるのに、なぜポスト榊原の話が出るのかと、本人ははなはだ面白くない様子。 [全文を読む]

最重要ポストのはずが…経団連、会長人事“本命不在”の緊急事態 トヨタ・章男氏が固辞、消去法的に日立・中西氏浮上

夕刊フジ / 2017年06月21日17時12分

経団連の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問、74)の後任人事が混迷している。かつては「財界総理」と異名を取るなど経済界で最重要のポストのはずだが、大本命候補には逃げられ、社業の凋落(ちょうらく)で財界活動どころではない老舗企業も相次いでいるのだ。会長の任期が残り1年となるなか、消去法で選ばざるを得ないというのが実情のようだ。 5月31日の定時総会で榊原氏は「 [全文を読む]

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

Business Journal / 2017年04月13日06時00分

日本経済団体連合会(経団連)の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)の任期は2018年5月までで、残すところあと1年だ。5月31日の定時総会で、新任の副会長4人にトヨタ自動車の早川茂取締役・専務役員、新日鐵住金の進藤孝生社長、三菱電機の山西健一郎会長、大成建設の山内隆司会長が加わる。「トヨタと新日鐵住金は指定席だ」――、榊原氏は昨年末から周辺にこう語ってきた。 [全文を読む]

財界の人材難を露呈した経団連の新副会長人事

経済界 / 2017年02月20日10時00分

経団連の榊原定征会長の任期は2018年5月までとあと1年あまり。そのため今年5月の定時総会で就任する副会長選びは、今秋にも決まる次期会長人事を左右するものとして注目されていた。ただ結果的には、財界の人材不足を露呈する苦しい人事となった。文=ジャーナリスト/根島隆明トヨタ、新日鉄住金の後継候補は「苦肉の策」 経団連の副会長は定員18人。現在は2人欠員で16人 [全文を読む]

【外食役員報酬ランキング】すかいらーく5億円超、破格の理由

プレジデントオンライン / 2017年04月05日09時15分

15年度は、前年度にあった前会長への報酬3億3900万円(子会社からの支給分を含む)がなくなったことで平均額は下がっているが、サラ・カサノバ社長兼CEOの報酬そのものは、赤字にもかかわらず対前年比6000万円アップの1億6700万円だった。3期ぶりに最終黒字へ転換したことで、16年度は大幅アップの2億7600万円。平均も6483万円に増額である。 『図解! [全文を読む]

トヨタ、「安倍首相のいいなり」を頑なに拒絶…経団連・財界に嫌気で軽視鮮明に

Business Journal / 2017年02月27日06時00分

日本経済団体連合会(経団連)は、新任の副会長に新日鐵住金の進藤孝生社長、大成建設の山内隆司会長、三菱電機の山西健一郎会長、トヨタ自動車の早川茂取締役・専務役員の4氏を充てる人事を内定した。5月31日の経団連の定時総会で副会長に就く。今回の人事に伴い、副会長は16人から18人に増え、来年6月までの任期の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)を支える。 大成建設の [全文を読む]

アジアで「最も影響力のある人物」 トップは中国の習近平首席

Forbes JAPAN / 2016年12月17日19時00分

アジアの富豪の中では、中国の不動産王でワンダ・グループの王健林会長が59位。インドの財閥トップ、ムケシュ・アンバニは38位、香港・長江実業グループの李嘉誠会長は33位だった。中国からはアジア最多の7人がリスト入りした。前述の2名以外に李克強首相(12位)、アリババのジャック・マー会長(28位)、中国投資有限責任公司(中投公司)の丁学東会長(41位)、テンセ [全文を読む]

自動車産業再編は“生き残りへの不安”。「すべてが異例」なスズキ、トヨタ仲間入りのなぜ…

週プレNEWS / 2016年11月02日06時00分

両社は一体、何を胸に秘めつつ会見に臨んでいたのか? 自動車産業の勢力図を一変させる歴史的提携の内幕に迫る! ■一体、なんだ…? 不思議な提携会見 10月12日に開かれたトヨタとスズキによる「業務提携検討」の記者会見には、豊田章男社長と鈴木修会長が顔をそろえた。日本で1番目と2番目(?)に有名なカリスマ経営者が席を隣にしたのだ。 早い話が今回の提携は、「トヨ [全文を読む]

フォーカス