騎手 北村宏に関するニュース

最新騎手データでわかる「秋競馬」コース別攻略法!(2)ダ1800メートルは吉田豊騎手に注目

アサ芸プラス / 2016年09月10日17時56分

現在、東西リーディングのトップを快走する戸崎圭太騎手は芝の全コース、8月27日に復帰したばかりの北村宏司騎手は、芝1800メートル以上を得意としており、この2人からも目が離せない。伊吹氏が話す。「戸崎騎手は『4歳馬以下の芝1600メートル』『4歳馬以上の芝1800メートル』で複勝率がさらにアップします。北村宏騎手の場合、特に『芝1800メートル』と『芝22 [全文を読む]

夏競馬で“万券ガッポリ”大作戦!「福島ダートはクロフネ産駒の牝馬」

アサ芸プラス / 2015年07月10日05時56分

先週開幕した福島は、美浦のベテランジョッキー蛯名騎手と横山典騎手で稼ぎたい。狙いは短距離戦だ。「蛯名騎手は1200メートル以下で〈17 6 14 33〉(52.9%/121%)。横山典騎手も〈9 9 11 22〉(56.9%/133%)。スタートを決めて、巧みに好ポジションを取っているんでしょうね」(伊吹雅也氏) 1700メートル以上であれば北村宏騎手の出 [全文を読む]

やはりこれも「藤田菜七子効果」なのか......デビュー通算7勝の男が「1日3勝」の大爆発!若手騎手覚醒の裏側にある「明確な理由」とは

Business Journal / 2016年08月06日09時00分

先週31日(日)、夏競馬の名物レース・アイビスサマーダッシュ(G3)が開催された新潟で、一人の若手騎手が大爆発……いや、“覚醒”の時を迎えた。 この日が始まるまでデビュー2年間で通算勝利数がわずか7勝だった野中悠太郎騎手が、そのたった1日で3勝を挙げる大爆発。ちなみにこの日に3勝を挙げたのは、札幌で騎乗していた四位洋文騎手ただ一人。 つまり7月31日に限 [全文を読む]

夏競馬後半突入!「万券ガッポリ」大作戦!“新潟で目立つのは北村宏騎手”

アサ芸プラス / 2015年08月08日09時56分

新潟に目を移すと、北村宏騎手の活躍が目立つ。特に関西馬に騎乗した際は、勝率21%、複勝率49%にまで跳ね上がる。「昨年のダリア賞でも単勝22.6倍のワキノヒビキで勝利しましたね。そもそも北村宏騎手は関東のトップクラスだけに、関西の調教師が新潟で騎乗を確保するのが難しいんです。それだけに、関西馬に騎乗した時は勝負気配が漂います」(守屋TM) 2位の石橋脩騎手 [全文を読む]

“名物穴党記者”万券座談会 大荒れ必至の「有馬記念」は“トリプルスリー馬券”の爆買いで大儲けだ!(2)

アサ芸プラス / 2015年12月26日09時56分

山河 菊花賞は枠もよかったし、北村宏騎手が最高にうまく乗りましたからね。椎名 それでも勝ちは勝ち。しかも中山はスプリングSとセントライト記念の重賞を2つも勝っている。山河 でも、本当に強いなら、皐月賞(3着)も勝っていたはずで、重賞2勝のレースは相手のレベルが高くなかったですからね。椎名 今回は(横山)典さんに乗り替わるけど、腕を見せようと張り切っているは [全文を読む]

2013年度JRAワースト騎手を勝手に表彰!(2)「“非実力派”騎手編」

アサ芸プラス / 2014年03月04日09時57分

西高東低は続くが、騎手の成績にも影響はあるようだ‥‥。 当然、騎手の東西移動による成績は、馬券オヤジにとって必須科目だ。西の専門紙記者が話す。 「あの引退した名手・アンカツさん(安藤勝己)でさえ、中山の芝の重賞勝利まで5年もかかったように、主戦場じゃない競馬場で勝ちまくるのは至難の業。それでも何年か経験すれば克服するもんやけど、100勝ジョッキーに躍進した [全文を読む]

馬主が査定した有力騎手(3)マイネルのランク争いは熾烈

アサ芸プラス / 2013年01月30日09時59分

鹿戸師といえば騎手時代に日本騎手クラブの副会長を務め、藤沢和厩舎で技術調教師として学ぶなど、温厚で人脈の広い人。その鹿戸師の下、皇成の騎乗センスが花開きつつある。休日に北海道の社台Fに勉強に行ったりしていて、その成果の表れが昨年の北海道リーディングでした」(前出・トラックマン) 非社台、特にマイネル軍団(ラフィアン、ビッグレッドファーム)のAランクに君臨す [全文を読む]

フォーカス