現在 麻生太郎に関するニュース

安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時45分

そうなると、「長州閥」「薩摩閥」なんていうものは古色蒼然と…と、思いきや、上記の系図のとおり現在の政治の中心にいる安倍首相や麻生太郎氏はまさに長州藩、薩摩藩の末裔です。 そして、その親戚関係にはご覧のとおり歴代総理大臣の名前が多数みられます。先ほど、安倍首相と麻生太郎氏の親戚関係の中で「いとこの奥様の…って、意外と遠い関係」という旨を書きましたが、実はこの [全文を読む]

自民党“女たちの戦い”最前線、女性登用ノルマ3割の「9月内閣改造」で笑うのは?

週プレNEWS / 2014年08月21日06時00分

9月の内閣改造では、現在ふたりいる女性閣僚をさらに増やすことが確実視されている。 元大臣秘書官のO氏が解説する。 「国会議員の男女比は9対1くらいなのに、3割は女性を起用するという話ですからモメそうです。大臣ポストは現在18あり、その3割は5.4。だから女性大臣は5人にして党三役にも1人入れるなど、党のポストと併せて考えていくと思われます」 永田町の前例で [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<登場した総理大臣8人のイロイロ>

アサ芸プラス / 2016年10月24日05時55分

もしかして、週刊アサヒ芸能が政治家のステータスを上げてしまったとか‥‥?「(辞任の原因となったウイルス性腸炎は)回復し、ここ40年でいちばん元気なくらいです」 こう語っていたのは、現在の安倍晋三総理(62)だ。12年5月10日号から3号にわたって、作家の大下英治氏との一問一答が掲載された。戦後最年少首相として総理に就任するも、1年で辞任を余儀なくされてから [全文を読む]

森永卓郎氏 「原発再稼働せねば日本経済は破綻しかねない」

NEWSポストセブン / 2012年12月11日07時00分

しかし、現在の再生エネ発電の比率は約10%。そのうち約9割は水力発電が占めており、これを除くと1%程度に過ぎないのです。つまり、現在の20倍まで増やさないといけない。 たとえば、政府案を実現するためには、住宅用太陽光は30年までに現在の約100万戸から1000万戸へ設置拡大しなければなりません。現在は東京都の10分の1の面積に設置されている風力発電の場合は [全文を読む]

二階幹事長「解散総選挙は近いと考えるべき」

プレジデントオンライン / 2017年04月26日15時15分

■衆院解散は黙って見守るしかない 【塩田】現在、翁長知事は沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対を唱え、安倍政権と厳しく対立しています。 【二階】それは政治家としての信念でいろいろとご主張されるのは当然のことで、文句をつけるつもりはまったくありません。沖縄の発展と将来を考えて共に力を尽くし合うことができれば幸いなことだと思っています [全文を読む]

「大磯町」は神奈川観光の第4の核になれるか 旧吉田茂邸の一般公開開始

東洋経済オンライン / 2017年04月02日11時20分

■博物館という位置づけで一般公開その候補地として、審査の結果、選ばれたのが、城ヶ島・三崎地域(三浦市)、大山地域(伊勢原市、秦野市、厚木市)、大磯地域(大磯町)の3地域で、現在、横浜、鎌倉、箱根に次ぐ、“神奈川観光の第4の核”になることを目指している。そのうちの大磯町に、この春オープンしたのが、2009年に原因不明の出火により焼失し、再建事業が進められてい [全文を読む]

オリンピック代表選手から国会議員へ、首相経験者も

政治山 / 2016年08月12日11時50分

スピードスケートと自転車競技で冬季と夏季の五輪に連続出場を続け、合計7回(冬季4回・夏季3回)の出場経験があり、現在でも日本最多記録です(女子の世界最多記録は8回出場)。 2014年のソチ五輪では日本代表選手団長を務めた橋本氏(日本オリンピック委員会のホームページ) 橋本氏は1984年のサラエボ冬季五輪を皮切りに、カルガリー冬季五輪(1988年)、ソウル [全文を読む]

オリンピック代表選手から国会議員へ、首相経験者も

政治山 / 2016年08月12日11時50分

スピードスケートと自転車競技で冬季と夏季の五輪に連続出場を続け、合計7回(冬季4回・夏季3回)の出場経験があり、現在でも日本最多記録です(女子の世界最多記録は8回出場)。 2014年のソチ五輪では日本代表選手団長を務めた橋本氏(日本オリンピック委員会のホームページ) 橋本氏は1984年のサラエボ冬季五輪を皮切りに、カルガリー冬季五輪(1988年)、ソウル [全文を読む]

加計学園問題 「あったものを、なかったことにする」総理周辺の“見過ごせない発言”

文春オンライン / 2017年06月03日07時00分

官邸が岩盤規制に穴を開けるために国家戦略特区を作ったのだから、加計学園の獣医学部新設には何の問題もないという見方もあるが、そもそも獣医系大学は現在、国内に国公私立あわせて16ある。それでも獣医が足りないという見方を誰もしていない中、官邸が主導して猛スピードで新設の認可に動いていたわけだから、安倍首相と加計学園理事長・加計孝太郎氏による「男たちの悪巧み」(b [全文を読む]

二階幹事長「東京都議でも自分の選挙は自分でやるしかない」

プレジデントオンライン / 2017年04月25日09時15分

小池知事は現在、東京都議会の自民党とは対立関係にありますが、一方でまだ自民党籍は残したままのようです。小池知事誕生をどう受け止めていますか。 【二階】あれだけの票を得て大東京都の知事になった。そこは評価しなければいけません。昔から小池さんを知っている者として陰から拍手は送ります。大東京の政治で、成功の方向へしっかり頑張ってもらいたいというのがわれわれの願望 [全文を読む]

安倍降ろしも!?「永田町大戦争」春の陣

日刊大衆 / 2017年04月13日11時35分

現在も、各所で火種が燻ぶっている。今回の騒動で野党が最も問題視したのは、“籠池のオッチャン”こと籠池泰典理事長が、「安倍昭恵夫人を通じて、首相から100万円の寄付を受け取った」という疑惑だ。3月23日に衆参の予算委員会で籠池氏の証人喚問が行われたが、問題の核心部分は判明しなかった。これを受けて野党側は、「もう一方の当事者である昭恵夫人を喚問すべき」と主張し [全文を読む]

旧華族に序列が存在 安倍家・麻生家は「五摂家」より格下

NEWSポストセブン / 2016年07月17日07時00分

中でも五摂家筆頭の近衞家は戦時期の首相・近衞文麿や細川護熙元首相を輩出し、現在の当主・近衞忠煇氏は日本赤十字社の社長を務める。鷹司家の現在の当主(28代目)である鷹司尚武氏は伊勢神宮大宮司の職にある。現首相の安倍晋三(大島家)や副総理の麻生太郎(牧野家)は旧華族といえども発祥は明治期。「五摂家」とは歴史が違うのだ。 公爵の下には位の順に「侯爵」「伯爵」「 [全文を読む]

地方財閥の雄 名古屋の岡谷、福岡の麻生、島根の田部

NEWSポストセブン / 2016年05月03日07時00分

「炭鉱王」と呼ばれた麻生家はその後セメント業(麻生セメント)に進出、現在はベッド数1116床という全国有数の巨大病院「麻生飯塚病院」を中心に、医療、介護、IT、各種専門学校まで多角的に経営している。現在、麻生グループの代表を務めるのは副総理の実弟、麻生泰氏だ。 地元・飯塚の中小企業経営者が語る。 「麻生は“ゆりかごから墓場まで”住民の生活に直結した事業を [全文を読む]

大正大学が地域創生学部の開設を記念して特別講演会を開催 麻生太郎 副総理、財務・金融担当大臣が登壇

@Press / 2015年12月04日16時00分

地方創生特別講演ホームページ http://www.tais.ac.jp/events151212 ◆開催日時 :2015年12月12日(土) 14:00~(13:30開場) ◆場所 :大正大学巣鴨校舎 礼拝堂(東京都豊島区西巣鴨3-20-1) ◆講演者 :麻生太郎 氏(副総理、財務・金融担当大臣) ◆申し込み方法:大正大学ホームページより申し込み (定 [全文を読む]

半藤一利氏が気づいた麻生氏の「ナチス手口学べ」発言の真意

NEWSポストセブン / 2015年08月13日07時00分

昨年10月に安倍晋三首相のブレーンだった元外交官の岡崎久彦氏が亡くなりましたが、彼は現在の安保法制につながる原案を作ったのは自分であると公言していました。また、安保法制をめぐり「法的安定性は関係ない」と発言して謝罪した礒崎陽輔・首相補佐官も安倍首相のブレーンの一人で、聞くところによれば大変な切れ者だといいます。 こういったブレーンたちが内閣官房に集まり、 [全文を読む]

「安保法制」成立で安倍首相が電撃辞任!? 早くも始まった“次の次”自民党総裁レース

デイリーニュースオンライン / 2015年07月22日08時00分

仮に安倍総裁が勇退した場合、現在の顔ぶれから“次”の有力議員は先に挙げた石破茂地方創生担当大臣のほか、谷垣禎一幹事長、麻生太郎財務大臣の3人。このあたりから、順当に決まるとの見方が強い。 「次の次」の総裁に高い関心 次の総裁が誰になるかよりも、永田町では次の次の総裁に誰がなるのかに高い関心が集まっている。現在、次の次候補で有力とされている一人は、政務会長 [全文を読む]

不可解な農地政策 農地バンクに“使わない”巨額税金投入、農地利用拡大は進まず

Business Journal / 2015年04月04日06時00分

現在、日本の農地問題は深刻で、農地利用は約50%にすぎないが、それを今後10年間で80%まで高めるのが目的である。 その仕組みは、以下のようなものである。農地の所有者から農地バンクが借り入れ、農地を借りたい人に貸し付ける。貸主と農地バンクにはそれぞれ、国から「機構集積協力金」と「農地中間管理機構事業」の予算がつく。その金額は「機構集積協力金」として13年度 [全文を読む]

ネトウヨの温床「ニコ動」と自民党の関係 麻生太郎の親族も取締役に

リテラ / 2015年01月11日20時00分

現在のネットと自民党の"蜜月関係"は、2000年代後半の "ローゼン麻生閣下"人気をぬきには語れないだろう。 麻生太郎がオタク界隈で人気を博すきっかけになったのは、安倍晋三、谷垣禎一と争った06年の総裁戦でのこと。「AERA」(朝日新聞出版)08年9月29日号によれば、弱小派閥だった麻生派の井上信治議員が麻生に「ぜひお得意のマンガの話をしてください」と進 [全文を読む]

NISAで金融機関のカモになる人々、なぜ多い?最低限抑えるべき3つの投資教育とは

Business Journal / 2014年07月18日01時00分

現在のNISAは、年間一人当たり100万円までの投資の収益に関する課税を5年間免除する投資優遇税制だ。これに対して、甘利明経済再生担当が「年間200万でもいい」と述べ、さらに麻生太郎財務相は「次考えるなら、年240万円が現場に合っている」と述べた。両名共に経済通を自任する閣僚だが、首相経験者の麻生氏が、自分のほうが大物だとの意識から、甘利氏の200万円を [全文を読む]

法人減税で社会保障費削減は不可避 代替財源をめぐり、米紙が指摘

NewSphere / 2014年06月25日18時07分

【法人税引下げは吉とでるか凶とでるか】 安倍首相の計画では、現在35.64%の法人税を30%以下にまで下げる方針だ。この税率は、世界でも最高水準である。 ウォール・ストリート・ジャーナル紙(ウォール紙)によると、法人減税は外国からの投資増加やビジネスの活性化によるプラスでマイナス分をある程度は相殺できると見る向きもある反面、単なる税収減になると考える者も [全文を読む]

フォーカス