最近 麻木久仁子に関するニュース

ベッキー復活のカギはあの偉大なる不倫タレントの教え!? 矢口真里、麻木久仁子が越えられなかった高い壁をクリアできるのか?

Business Journal / 2016年05月17日19時00分

最近では、相手の川谷に対するバッシングが高まる中、「そこまで叩かなくても…」といった同情的な意見も多少は出ているが、やはり前述のインパクトは大きく、復帰はしたものの、復活には程遠いというのが実状だ。 芸能プロダクションの幹部はいう。「元々のキャラがキャラだからね。ずっと一貫して“不倫”とか“ウソ”とかと真逆のイメージで売ってきたコだし。今回一応は復帰した [全文を読む]

知性派美魔女・麻木久仁子のプライベートがノーブラ&スケスケキャミでエロすぎる 「不倫したい」の声

AOLニュース / 2015年08月26日12時00分

内容は「最近通販にハマっている」という麻木が、自宅で梱包を解く姿であったが、なんとその映像の中で、麻木は、ブラジャーもスケスケの、セクシーすぎるキャミソール姿で登場。谷間や太股を惜しげもなく披露していたことから、男性ゲストたちは思わず騒然。しかもその映像の中には、ノーブラのものもあったそうで、出川哲郎からは「危ない危ない危ない!」というツッコミが入るひと幕 [全文を読む]

「堂場瞬一の100冊」特別トークイベントを2015年6月26日(金)に実施決定本日より参加者募集を開始

PR TIMES / 2015年05月22日15時04分

リアルスポーツ路線の始まり『キング』(実業之日本社)からミリオンセラー『アナザーフェイス』(文藝春秋)シリーズまで、取材・執筆の現場は想像以上にハードで予測不能!?そんな創作秘話から、最近の気になる本まで、ゲストに書評家としても活躍中の麻木久仁子氏をお招きし、存分に語り合います。・ゲスト: 堂場瞬一(作家)、麻木久仁子(タレント・書評家)・実施日: 201 [全文を読む]

出ると視聴率が下がる!? 業界で密かに嫌われる「逆・視聴率タレント」とは

メンズサイゾー / 2013年10月21日10時00分

最近では前者で言えば米倉涼子、後者は堺雅人といったところだろうか。だが一方でこの業界では、画面に映った瞬間に数字が落ちると言われる、「逆・視聴率タレント」が存在するという。 そんなありがたくないレッテルを貼られている芸能人は本当にいるのか、放送作家歴20年の関係者に聞いてみた。 「いますよ。と言っても、自分たちが担当している番組の中の経験則だけですが。ただ [全文を読む]

「真冬の突然死」その兆候とは

日刊大衆 / 2017年02月17日11時30分

最近は、あの有名人の激白も話題だ。1月下旬、「ある日突然、脳梗塞?」と題し、読売新聞「ヨミドクター」に登場したのは、タレントの麻木久仁子(54)。2010年の冬のある日、<突然、右腕の付け根から先と右脚の付け根から先が、ジーンと痺れたのです。(中略)右側の手脚だけがひどく痺れては、ふいっと治るということが、1日に何回か起こったのです。> 麻木は学習院大学 [全文を読む]

冨永愛、麻木久仁子、矢口真里ら……色恋スキャンダルで消えた&売れた芸能人は今

サイゾーウーマン / 2014年11月23日16時00分

最近の芸能界で一番そのイメージが強いのは、冨永愛かな。2012年に塩谷瞬の二股騒動が発覚して、「かわいそうな女」扱いになったけど、あの3人の中で1人だけ生き残ったよね。 [全文を読む]

山路徹氏 女装趣味夫に悩む妻に「夫婦生活楽しむ好機」と助言

NEWSポストセブン / 2012年05月29日16時00分

大桃美代子(46才)、麻木久仁子(49才)との結婚歴があり、最近では塩谷瞬(29才)の二股騒動でコメンテーターとして脚光を浴びている山路徹さん(50才)。試練を乗り越えてきた山路さんが女性セブンの読者のお悩みにズバリ回答します。 【お悩み】 押し入れを掃除していたら、見覚えのない女性ものの洋服や下着が。夫のものだとピンときました。夫には女装趣味があるようで [全文を読む]

50代でも「カワイイ」は可能、アラフィフ女性芸能人の清潔感

messy / 2017年06月10日16時00分

その石田よりも年上の女性タレント・大桃美代子(52)もまた、「最近可愛い」ひとり。2010年に山路徹(55)と麻木久仁子(54)とのドロドロ関係が明らかになった45歳当時にも、「45歳なのに若くて肌も綺麗!」「うそだろ。見た目若すぎる!」「不倫よりも45歳でこの可愛さという方に目がいく(笑)」と反響が起こっていたが、7年後の今でも美貌は変わっていない。 [全文を読む]

ベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の不貞行為は川谷の一人勝ち!?

アサジョ / 2016年01月14日09時59分

とくに女性タレントでは痛手が大きく、最近だと1年超の謹慎を余儀なくされた矢口真里の不貞離婚が記憶に新しいところ。ほかにもビートたけしと噂になった細川ふみえや、大桃美代子の夫を略奪した麻木久仁子らも、一気に仕事を失いました」 こんな現状を知りつつベッキーとの浮名を楽しんでいたのであれば、川谷はまさに「ゲスの極み」を地で行く男なのかもしれない。(金田麻有) [全文を読む]

TV出演で重宝される離婚経験者 スザンヌ注目だが矢口はダメ

NEWSポストセブン / 2015年04月20日16時00分

そうした微妙なラインで、最近重宝されているのが、離婚経験者やシングルマザーだ。 「菊池桃子などが典型ですが、離婚すると人間的な深みが増したと視聴者に見られる。今後の注目は元プロ野球選手と離婚したスザンヌ。どんどん出番が増えそうです。 ただし、同じ離婚経験者でも不倫のイメージがついている場合は主婦に嫌がられるので、矢口真里や麻木久仁子は厳しいでしょう」(ワ [全文を読む]

フォーカス