結婚 野田秀樹に関するニュース

宮沢りえとV6森田の温泉旅行から「結婚秒読み」が推測されるワケ

アサジョ / 2017年03月02日10時15分

その意味でも結婚はあながちウソではないと見ているわけです」(女性誌記者) 2人の今後に注目だ。(伊藤その子) [全文を読む]

“ヨルタモリ”で人気再燃中!宮沢りえの魅力とは?「試練を乗り越えつかんだ女優力」

アサ芸プラス / 2015年06月21日09時57分

ありきたりの人気女優ではなくて、きちんと一本、筋が通っている」(碓井氏) 私生活では09年4月にハワイ在住の実業家と結婚。女児を出産したが、12年5月に離婚報道が伝えられ、現在も離婚協議中。 宮沢は、インタビューなどで自身の半生について問われた際、しばしばこのような言葉を口にするという。「試練は、ご褒美」 菅原氏は、感慨深げにこう語る。「この世界って華やか [全文を読む]

大森南朋に妻・小野ゆり子紹介したのは元カノ蒼井優との証言

NEWSポストセブン / 2012年03月29日07時00分

結婚にあたって、大森も小野もそれぞれホームページ上で結婚を報告したものの、お決まりの出会いや、交際期間については一切語らなかった。双方の事務所も「ホームページで発表したこと以外は公表していません」とのことだったが、これに対し、夫妻の知人が、「そりゃ~、公表できないことだらけですから」と苦笑いしながら、ふたりのなれそめを話し始めた。 「実は、大森さんに小野 [全文を読む]

大竹しのぶ「男を吸い尽くす」魔性の手口(1)略奪婚で「泥棒猫」と罵倒された

アサ芸プラス / 2017年06月03日09時57分

さんまさんも、私と結婚している時は、ちょっとつまんなかったし。あ、こんなこと言うなんて、ひどいなぁ、私」「野田さん」といえば、かつて同棲関係にあった劇作家の野田秀樹氏(61)。「さんまさん」は、言わずと知れた「2度目の結婚相手」明石家さんま(61)のことである。さらに、三谷氏が「じゃあ、今まで関係のあった男を集めて番組を作るとしたら、成立します?」と畳みか [全文を読む]

大竹しのぶ「30人ちょっと」の衝撃発言 60代女性平均の3倍

NEWSポストセブン / 2017年05月17日16時00分

私も結婚前に1~2人いたけど、結婚してからはそんな機会もまったくないし」(58才) 同世代の想像の遥か上をいく大竹の男性経験。1982年に略奪婚したドラマディレクターをはじめ、死別後は明石家さんま(61才)と再婚。さんまと離婚後は演出家の野田秀樹(61才)と事実婚状態に。破局して独り身の今は、“まさか”とは思うが、RADWIMPSの野田洋次郎(31才)や松 [全文を読む]

『ごちそうさん』小姑役で注目のキムラ緑子の離婚と復縁再婚

NEWSポストセブン / 2013年11月22日07時00分

大学さえ卒業したら、ぼつぼつと結婚準備でもしたらええと思ってたから、ほんまに寝耳に水だってね。それで主人とふたりで京都まで飛んで行って、一晩中あの子を説得したんです。“新車買ってやるから”言うて、結局、200万円もするグレーのスポーツカーを買ってやったわ(笑い)」 卒業後は家庭教師で英語を教えていたというキムラだが、芝居の道をあきらめきれていなかった。現在 [全文を読む]

窪塚洋介、離婚していた! 結婚9年目の「円満離婚」報告

サイゾーウーマン / 2012年07月12日12時00分

約9年の結婚生活でしたが、嫁と話し合った結果、『子供のことを第一に考える』という鉄の掟の下、下した判断です」と報告している。 窪塚は2003年5月、3歳年下の元ダンサー・のんちゃんと入籍。同年10月には第一子となる長男が誕生したが、翌04年には自宅マンションの9階から転落して騒動になったことも。また今年1月には一部女性誌で、放射能の影響を考えた末に妻と子供 [全文を読む]

大河内奈々子、離婚原因は夫・宅間孝行の「女優に手を出す」悪癖か

サイゾーウーマン / 2012年05月12日12時00分

翌日のスポーツ紙によると、昨年11月から長男のために広い自宅に住もうと神奈川・逗子に住まいを構えたものの、生活にスレ違いが生じてしまい、結婚6年目にして夫婦生活にピリオドを打ったという。しかし、この「スレ違い」という理由に疑問を持つのは、宅間と親交のある演劇関係者だ。「正直言って結婚生活が6年も続いたということに驚きです。彼が旗揚げした劇団『東京セレソンD [全文を読む]

大竹しのぶ 還暦で思うこと「長い休みとってみたい」

WEB女性自身 / 2017年07月28日11時00分

2人とも結婚していなくて。まだしてほしくないと思う半面、大丈夫かなと心配にも思っています。息子が35歳くらいになったらお見合いを勧めようかな(笑)」 還暦を機に挑戦してみたいことを聞くと、第一線を走り続けてきたからこその答え。 「 うーん。長い休みをとってみたい。せめて半年、できれば1年。今まで長く休んだのは、娘出産時の1年半くらいかな。いま、休んだら何が [全文を読む]

大竹しのぶ還暦パーティーで古田新太「どういうこっちゃ!」

NEWSポストセブン / 2017年07月27日07時00分

「大竹さんと事実婚状態だった野田秀樹さん(61才)に向かって、“なんで(大竹と)結婚してくれなかったの”と言った時は大爆笑。野田さんも笑っていましたが、一応2人の共通の知人である鶴瓶さんが気を使い、双方の席でフォローに回っていました」(前出・出席者) しかし、パーティーはそう“ちゃんちゃん”とは終わらなかった。会も半ば、ビール、ウイスキー、日本酒とハイペー [全文を読む]

瑛太、撮影で「笑って」と言われた時は…「A-Studio」

CinemaCafe.net / 2017年07月07日13時35分

2010年には歌手の木村カエラと結婚。昨年も『殿、利息でござる!』や『土竜の唄 香港狂騒曲』が公開、話題を呼んだ瑛太さん。 俳優としてだけでなく月刊誌「GINZA」ではカメラマンとして菅田将暉、野村周平ら「年下の男」たちを撮影する連載を持つなど多彩な一面をみせる瑛太さんだが、番組では「笑ってと雑誌の撮影で言われても笑えなくて」笑顔が不自然になってしまうと告 [全文を読む]

大竹しのぶの経験人数が凄かった!さんまもビックリの下半身事情とは?

アサ芸プラス / 2017年06月01日17時59分

さんまさんも、私と結婚している時は、ちょっとつまんなかったし。あ、こんなこと言うなんて、ひどいなぁ、私」 野田さんといえば、かつて同棲関係にあった劇作家の野田秀樹氏。さんまさんとは言わずと知れた「二度目の結婚相手」明石家さんまのことである。さらに、三谷が「じゃあ、今まで関係のあった男を集めて番組を作るとしたら、成立します?」と畳み掛ければ、そこに間髪入れず [全文を読む]

大竹しのぶ「経験30人超」告白は明石家さんまがナメられている証拠?

アサ芸プラス / 2017年05月22日09時59分

大竹と言えば前夫と死別後、明石家さんまと結婚していたが、お笑い系のライターがささやく。「お笑い界ではさんまは超大物ですから、その妻だった大竹と関係を持つことなど畏れ多くて不可能。しかしお笑い界の外に出れば、そんなことを気にせず大竹としっぽりする男性が多いということでしょう。お笑い界の人間から見れば『あのさんまさんがナメられている!?』という思いじゃないでし [全文を読む]

黒木華 きわどい写真集だけじゃない…本格艶技を新作映画「永い言い訳」で解禁!

アサ芸プラス / 2016年06月18日09時57分

黒木演じる幸薄い女教師はネットで出会った男と結婚するのだが、その後は次々とトラブルに見舞われる──。 男にダマされてホテルに拉致されると、涙ながらにブラジャーを取る。シャワーを浴びるシーンではまっさらな“背中ヌード”を披露。さらに偶然知り合った女友達と深い関係になり、ベッドの上で抱き合っての“レズキス”までさらし、黒木が女優として大きく踏み込んだ作品となっ [全文を読む]

故・蜷川幸雄さん 臨終の床で残した妻への呼びかけ

NEWSポストセブン / 2016年05月19日07時00分

妻・蜷川宏子さん(75才)は、結婚前、「真山知子」という名前で女優として活動していた。日常生活はもういいんだ、結局、おれは劇場でしか生きられない──そう常々語っていた生涯現役の蜷川さんは、妻の宏子さんを最期まで「女優・真山知子」の名前で呼び続けていた。 [全文を読む]

<37年ぶり舞台「熱海殺人事件」>つか芝居のDNAを感じさせた、愛娘女優・愛原実花

メディアゴン / 2015年12月14日07時30分

後に平田さんと結婚した井上加奈子さんの役を引き継いだ愛原実花さんは、つかさんの愛娘らしい奔放な演技で、そのDNAと舞台女優としての可能性を感じさせました。つか芝居の伝統はこの2人の将来性ある役者に引き継がれることになりました。400席の紀伊国屋ホールよりも大箱の新しい劇場で公演したほうが、商業的にも多くのファンのためにも良かったのかもしれません。しかし、風 [全文を読む]

「タモリ本」の真打ちで明かされた、知られざる“空白の7年間”。その生き方こそ、今後の日本社会の参考になる

週プレNEWS / 2015年10月20日06時00分

ただ、結婚してちょっと落ち着きすぎちゃった気もしなくはないですねえ。 ―タモリという人間は戦後日本という土壌なくして生まれなかったということが、この本を読むとよくわかります。では、タモリを補助線にして今後の日本を語るとしたら、どうなりますか? 近藤 今年元日に放送された『NHKスペシャル』で、タモリは「これからは日本人の持つ勤勉さと従順さが今後のよりよい社 [全文を読む]

若い男子好き大竹しのぶ 三浦春馬に入れ込み「夢のよう…」

NEWSポストセブン / 2015年09月14日07時00分

父の死後、金で買われるように結婚した彼女は、それまで苦汁をなめながらも淡々と過ごしてきた。そんなある日、突然現れた青年・ヴァル。野性味や純粋さを感じさせる彼にレイディの心は奪われていく――。 1957年にアメリカの劇作家、テネシー・ウィリアムズが発表した『地獄のオルフェウス』を原作に、6月に日本で舞台化。レイディを大竹しのぶ(58才)、ヴァルを三浦春馬(2 [全文を読む]

黒木華 脇役でも目を引く“演技派女優”の艶技とは?

アサ芸プラス / 2015年07月26日17時57分

生涯結婚せず、老女となったタキが物語の語りべとなっています。語りべのタキは別の女優が演じているんですが、要は生涯、松に『淡い恋心』を抱いていたために独身を通したという筋立てです」 若き日のタキを、同性である松に対する「恋心」とともにみごとに演じきっていたのだ。 この演技で黒木は、第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を左幸子、田中絹代、寺島しのぶ [全文を読む]

宮沢りえ・松たか子同盟に りえの天敵・大竹しのぶ「ギョッ」

NEWSポストセブン / 2014年11月21日07時00分

まだ結婚も妊娠も発表していないなか、りえさんのお腹はどんどん大きくなっていきました。野田さんの舞台は台詞が多いことで知られているんですが、それがどんどんつらくなった時に、松さんが“じゃあ、その台詞、私が言いますよ”ってさらりと言ってくれたそうです。そんな松さんがりえさんにとっては、ものすごくかっこよく見えたと聞きました」(テレビ局関係者) 番組中りえは、松 [全文を読む]

フォーカス