女優 鈴木京香に関するニュース

シミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオール C ホワイティア」TV‐CM

@Press / 2015年03月26日10時00分

エスエス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋利哉)は、シミ・そばかすなどの肌トラブルを改善するOTC医薬品「ハイチオールC」シリーズの新製品「ハイチオール C ホワイティア」(第3類医薬品)のイメージキャラクターに女優の鈴木京香さんを起用し、新TV-CM『本気のシミ対策』篇(15秒)を、2015年3月27日(金)から全国でオンエアを開始い [全文を読む]

「嫌いな女優」剛力彩芽・武井咲・上戸彩が上位になったワケ

メンズサイゾー / 2013年02月14日18時30分

昨年同様に対象を「女優」にしぼり、同誌の公式メールマガジン会員のうち1,600人が回答したという今回だが、「好きな女優」トップは綾瀬はるか、2位は吉永小百合と昨年と変化はなかった。だが昨年5位だった松嶋菜々子が10位に落ち、昨年はランクインしていた蒼井優や長澤まさみ、尾野真千子、新垣結衣、竹内結子、中谷美紀の6名が「好きな女優」BEST15の選に漏れるなど [全文を読む]

鈴木京香 ドラマ監督もアキレた「女帝化」現場

アサ芸プラス / 2015年11月22日09時57分

大物になればなるほどその「取り扱い」が難しくなるのが、女優というプライドの高い人たちだ。鈴木京香(47)もその部類に入るようで、撮影現場では「女王様」ぶりを全開。驚きの言動を連発しているというのだが‥‥。「来春、ちょうど番組改編期にオンエアする予定の2時間ドラマがあるんですが、その撮影現場が大変なことになったんです」 こう言って顔をしかめるのは、このドラマ [全文を読む]

芸能人ギャラ・ボッタクリ女王大発表、小雪を鈴木京香が猛追

アサ芸プラス / 2013年01月07日10時00分

“数字は持ってないのにギャラは高い”テレビ界の不良債権をあぶり出す! 「妖艶さが全然なくギャラ分の数字を持っていない!」 ついに明らかになったNO1ボッタクリ女優。ギャラ泥棒にランクインした芸能人の中から、本誌が注目した数々の美女たち。危険すぎてキャスティングできないオンナの一年を振り返る。 * 2012年の「芸能界ボッタクリ美女ランキング」だが、栄えある [全文を読む]

「男運抜群!?」芸能界入りからキャバ時代の人脈を駆使しまくった井上和香の剛腕人生

日刊サイゾー / 2012年04月29日08時00分

23日付のサンケイスポーツが、女優の井上和香が自身の誕生日である5月13日、交際中の映画監督・飯塚健氏と婚姻届を提出し結婚することをスクープした。 同紙によると2人は、飯塚氏の監督作品『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』の撮影が始まった昨年3月に現場で知り合い、撮影終了後の同5月、役者仲間ら複数での食事会で再会。井上は飯塚監督の役者に分け隔てなく接する姿に、飯塚 [全文を読む]

“丁寧な暮らし系女子”アピールに余念がない宮崎あおい、男性共演者を次々に魅了する理由

messy / 2017年04月27日23時00分

好きな顔の女優を聞かれた綾野は、「会ったことのある中でトータル的に本当に素敵だなと思ったのは宮崎あおいさん(31)」と発言。笑顔も醸し出すオーラも素敵で、心配りもできると絶賛をしていた。 子役時代から実に30年近いキャリアを持つ宮崎は、日本の映画監督にとっては一時期まさにミューズで、数々の主演映画が制作されてきた。NHK朝ドラも大河も主演を経験し、今や大御 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安住紳一郎アナの好みは「スタイル抜群のサバサバ系美女」 イタいエピソード暴露にタジタジ

TechinsightJapan / 2016年10月22日14時09分

このほど女優の渡辺えりが“あるエピソード”を根拠に安住アナの好みのタイプの女性を予想した。そのなんとも不義理なエピソードとともに、渡辺えりや大竹しのぶらベテラン女優陣に追い詰められてしまった安住アナは、ただただその場を取り繕うしかなかった。 10月21日放送の『ぴったんこカン・カン』のゲストは11月1日から東京・新橋演舞場で始まる舞台『三婆』に出演する、大 [全文を読む]

女優 鈴木京香さんが未来の映画人を発掘!!

PR TIMES / 2016年08月23日10時53分

「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」最終審査員に決定!CCCグループで、全国にTSUTAYAを展開する株式会社TSUTAYA(以下、TSUTAYA)と、映像・出版・音楽の企画製作等のエンタメ事業を展開するカルチュア・エンタテインメント株式会社(以下、C&E)は、様々なエンタテインメントコンテンツを創り出すクリエイターを [全文を読む]

新グラビア女王と話題の片山萌美、ランジェリー&ビキニの王道カットに絶賛の声

メンズサイゾー / 2016年07月26日10時00分

女優でグラビアタレントの片山萌美(25)が、24日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)の表紙と巻頭グラビアに登場し、ネット上のファンから絶賛の声が上がっている。 これまで「週刊プレイボーイ」(集英社)などのさまざまな男性誌を彩り、「新グラビア女王」との呼び声も高い片山。「スピリッツ」にも今年2月に初登場しているが、読者の熱烈アンコールにより半年 [全文を読む]

仕事する40代美女は男を安定の為でなく人生の彩りとして選ぶ

NEWSポストセブン / 2012年07月31日07時02分

2人の間に何があったかは知る由もないが、当時は「堤が共演女優と噂になることも多く、すれ違いが深まっていった」(芸能関係者)といわれた。 その後、堤の先輩格だった真田広之(51)とも交際、「結婚間近」と報じられている。08年、真田がハリウッド進出に際し拠点を米・ロサンゼルスに移すと、京香は後を追うかのようにロスに豪邸を購入。当時の所属事務所も辞め、仕事以外は [全文を読む]

鈴木京香、石田ひかり、岡本綾……朝ドラ女優の明暗くっきり

NEWSポストセブン / 2012年07月03日07時00分

朝ドラは全国各地、本編だけでも週6日放送されるとあって、出演女優の知名度を一気に押し上げる力を持っている。 また、そこは演技の訓練学校でもある。放送は基本6か月間だが、撮影は8か月間に及ぶ。放送評論家の松尾羊一氏が話す。 「撮影は毎日朝から深夜まで。自分の両親ほどの年齢のベテラン共演者から演技指導が行なわれるわけです。最初は演技がぎこちなかったヒロインも、 [全文を読む]

「仕事を選んでいる場合じゃない?」鈴木京香が元恋人・堤真一との共演を決断した理由

日刊サイゾー / 2012年04月28日08時00分

これまで映画を中心に活躍してきた女優の鈴木京香だが、昨年は、NHKで放送され話題となった同タイトルドラマを映画化した主演映画『セカンドバージン』が大コケ。今年1月から放送されたジャニーズ事務所のアイドルグループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介とW主演した連続ドラマ『理想の息子』(日本テレビ系)もふるわなかった。「『セカンドバージン』は公開直前、共演 [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(3)沢尻エリカ←前田有一(映画評論家)

アサ芸プラス / 2012年03月08日10時54分

女優の沢尻エリカ(25)が、約5年ぶりの復帰作に選んだ映画「ヘルタースケルター」(7月14日公開予定)。クランクインするや、全裸に過激なセックスシーン満載と騒がれる中、早くも「バストトップ封印」情報が‥‥。映画評論家の前田有一氏も思わず喝! * 「極端に言えば、沢尻のヌードに注目の集まる作品ですよ。『セカンドバージン』の鈴木京香や、深田恭子が『夜明けの街で [全文を読む]

「ギャラの9割+運転手」を要求!! 鈴木京香がケイダッシュに仰天売り込みで門前払い

日刊サイゾー / 2012年01月30日08時00分

日本の芸能界でも1、2位を争う大手事務所だが、この事務所に最近、自ら売り込みをした大物女優がいるという。「鈴木京香さんです。彼女は個人事務所に所属しているのですが、ここのところ仕事が減少気味。大手芸能事務所の傘下に入って恩恵にあずかろうとしたものの、トンデモない要求を出したそうで、相手にもされなかったそうですよ」(芸能事務所関係者) 通常、俳優と事務所のギ [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(5)「あげ濡れ場」「さげ濡れ場」

アサ芸プラス / 2012年01月28日11時00分

封印された伊東美咲のヌード ひるがえって“ワースト濡れ場”は、女優生命をも左右しかねない。前田氏が1位にあげた鈴木京香(43)の「セカンドバージン」(松竹)は「出し惜しみ」と酷評され、興行成績も冴えなかった。あげく、相手役の長谷川博己との交際が発覚し、女優としての商品価値は大きく下落した。 「ドラマよりぬるい濡れ場でがっかりです。鈴木京香は何度も濡れ場を期 [全文を読む]

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(1)<芸人も歌手も奮起>泉ピン子の貴重なシーン

アサ芸プラス / 2017年09月20日12時57分

女優だけが一糸まとわぬ姿になるのではない。時には笑いで勝負する芸人も、美声を聴かせるアーティストも、本業よりも悩ましい艶姿を披露してくれた。 14年に亡くなった高倉健と菅原文太の最後の共演作が「神戸国際ギャング」(75年、東映)である。ここで健さんは絵沢萠子を相手に生涯唯一のカラミをこなしているが、もう一人、貴重なベッドシーンに挑んだのが泉ピン子(70)だ [全文を読む]

結婚の絶対条件!? 妻夫木聡が掃除すべき「金銭問題」と「性的サービス」

日刊サイゾー / 2016年01月04日17時00分

俳優・竹野内豊と女優・倉科カナ、ミュージシャン・DAIGOと女優・北川景子、俳優・長谷川博己と女優・鈴木京香など、大物の結婚報道さえあれば、新年の芸能ニュースもある程度潤ったと思うのだが、そういった報告は4日時点ではなし。記者たちもガックリきたことだろう。 そんな“結婚秒読み”といわれる大物芸能人の一人が、俳優・妻夫木聡だ。すでに2年以上、女優のマイコと交 [全文を読む]

結婚目前カップル・鈴木京香と長谷川博己が同棲解消 “鈴木京香の恋人”という肩書きに嫌気?

messy / 2015年07月16日18時00分

2010年のドラマ『セカンドバージン』(NHK)での共演がきっかけで交際をスタートさせた女優の鈴木京香(47)と俳優の長谷川博己(38)。2013年には鈴木のマンションで同棲も始め、また今年6月にはタヒチのタハア島へ旅行に行く姿が目撃されるなど交際は順調で、結婚目前と言われていた。しかし、発売中の「女性セブン」(小学館)によると、破局は確認されていないもの [全文を読む]

詐欺容疑で逮捕の映画P「小池栄子らを俺が脱がせる」と豪語

NEWSポストセブン / 2014年05月19日16時00分

巨乳を売りにする女優を脱がします”と豪語していた」 彼が持ち出した名前がまたすごい。 「元グラドルで女優の小池栄子や井上和香を起用したいといっていた。それよりも驚いたのは、“隠れ巨乳”といわれている清純派女優の石原さとみの名前も挙げていたことです」 こうして、“脱ぐ脱ぐ詐欺”の手口で、映画出資話が、若杉容疑者の口からポンポン飛び出したという。 「有名女優[全文を読む]

恋多き女、鈴木京香が初エッセーで“恋ばなスルー”、その真意は?

アサ芸プラス / 2013年12月04日09時59分

女優の鈴木京香(45)が初めてのエッセー「丁寧に暮らすために。my Favorites A to Z」(講談社)を12月13日に出版する。発売前に出版関係者を集めて異例の講演会を行ったが……。 同書は、女優生活25年目の節目に初挑戦。自身の好きなものをAからZまでアルファベット順に書き綴った。多忙な女優業の合間に執筆、掲載写真の多くも自ら撮影、校正も他人任 [全文を読む]

フォーカス