妊娠 小林麻央に関するニュース

女性の保険に関する疑問「そもそも入るべき?」「何に入れば?」美人FPが解説!

Woman Insight / 2016年09月24日08時00分

バリバリ働くにも、結婚して妊娠・出産をするにも、健康が第一。 保険に入るか入らないかは別として、これからの自分の健康を保つ手段として保険のことを知っておくに越したことはありません。 まずは保険の基礎知識のご説明と、女性がチェックすべき保険の内容について簡単にご紹介していきます♪ ◆保険の基礎知識!「生命保険」と「医療保険」の違いって何? きっとみなさんが [全文を読む]

市川海老蔵・小林麻央夫妻への「なぜ標準治療を受けなかったか」という視線

messy / 2017年07月05日00時15分

さらに同誌は麻央さんが3人目の妊娠をのぞんでおり、そのため抗がん剤の投与や手術後のホルモン治療などを受けることで今後の妊娠への影響を懸念、標準治療に踏み切ることができなかったのではないかと推測している。 [全文を読む]

2016年総決算!今年ブログで話題になった芸能人・有名人ニュースは?

WomanApps / 2016年12月26日18時30分

【Ameba(アメーバ)】■App Storehttps://itunes.apple.com/jp/app/ameba-ameba/id3494421372016年月別「ブログ発&話題になったニュース」【1月】<結婚> DAIGO・北川景子が結婚<話題> ダルビッシュ有、車の免許取得<話題> 川崎希、欠陥住宅でドア閉まらず<話題> 海老蔵「カニ蔵」なくな [全文を読む]

高齢出産の時代 乳がん発見治療と妊娠出産の両立が課題

NEWSポストセブン / 2016年06月24日16時00分

つまり麻央は、2011~2013年まで妊娠と出産が続いた。それゆえママたちの衝撃は一層大きい。2人の子供を持つ菅野綾香さん(32才・主婦)もそのひとり。「これまでも乳がんにかかった芸能人が話題になっていましたが、みんな年齢が自分より上だしなって思って、どこか他人事というか…。だけど、麻央さんのように子供を2人産んで、若くて、それでも乳がんになるんだと思いま [全文を読む]

芸能界から苦言の嵐?堀北真希の早すぎる”妊娠報道”に求められるモラル

デイリーニュースオンライン / 2016年06月22日19時06分

堀北真希(27)の妊娠を21日発売の週刊誌『女性自身』(光文社)がスクープしたことを受け、夫で俳優の山本耕史(39)が同日に自身のファンクラブサイトでコメントを発表。意にそぐわないタイミングでの報道に怒りをにじませ、ネット上でも過剰なプライバシー報道を批判する声が高まっている。 ■山本耕史「意に反する」報道に怒りのコメント 山本は「このたび私たち夫婦が新し [全文を読む]

「週刊ポスト」が小林麻央のがん公表直前に“妊娠“説を報道して真っ青! 梨園関係者の「ふっくら」目撃談まで

リテラ / 2016年06月11日17時00分

6月6日に発売された「週刊ポスト」(小学館)6月17日号がなんと、"小林麻央妊娠説"を打っていたのだ。 「3人目? 歌舞伎界が注目する小林麻央ふっくら体型の真相」というタイトルがついた記事は、以下のように始まる。 〈5月26日に千秋楽を迎えた「團菊祭五月大歌舞伎」。今年80年の節目を迎えた伝統の歌舞伎公演の中で、ひときわ注目を集めたのが演目「寺小屋」での [全文を読む]

中村獅童、がんから復帰&妻の第一子妊娠でも「喜べない事情」

Business Journal / 2017年08月04日20時00分

初期の肺腺がんから復帰、2人目の妻となる沙織夫人の妊娠と、明るい話題が続く歌舞伎俳優・中村獅童が7月28日、11月1日から始まる「平成29年度 松竹大歌舞伎」秋季公演の製作発表で元気な姿を見せた。 獅童といえば、歌舞伎の世界を離れた父で初代・中村獅童の代わりに師匠となって歌舞伎を教えてくれた18代目中村勘三郎が食道がんのため2012年に逝去、翌13年12月 [全文を読む]

【6月連載企画】 第1回「乳がん」の現実を受け入れる【前編】

ZUU online / 2017年07月27日17時00分

妊娠や出産経験のある女性に比べて、その経験がない女性は乳がんにかかるリスクが高く、さらに初産年齢が遅いほどリスクが高いこともわかっています。これは、妊娠・出産の際に、乳腺の細胞が悪性化しにくい細胞に分化するためと考えられているのです。■「乳がん」=「女性の象徴」を失うこと乳がんが怖いのは、死亡率が高いからだけではありません。手術により「乳房を失う」ことも少 [全文を読む]

小林麻央さん、切除手術遅れの背景に「3人目」への強い意志か

デイリーニュースオンライン / 2017年06月30日07時50分

■手術、抗がん剤投与は妊娠の妨げに 海老蔵との間に2児をもうけた麻央さん。自身は姉・麻耶(37)との2人姉妹で育ったが、我が子にはもう1人兄弟を加えてあげたい、つまり3人目の子供をつくりたいという思いがあったようだ。そこでの障壁となるのが、がん切除手術だ。 「がん手術には、抗がん剤の投与も必須です。だが、抗がん剤を打てば母体への影響が大きく、不妊症を誘発 [全文を読む]

乳がん発見遅れる背景に大がかりな検査したがらぬ医師の存在

NEWSポストセブン / 2016年10月03日11時00分

「特に、妊娠授乳中の乳房は硬くなり乳腺も発達するため、乳腺炎と見分けがつきにくく、画像診断も難しい。本当に悪性の腫瘍なのか、妊娠授乳期特有の状態なのか、専門家でもすぐに判別できないケースはたくさんあります」 またマンモグラフィーに出てくる「石灰化」は、乳がんであるかそうでないかを判断するひとつの現象だが、これも事態をこじらせている。「石灰化」とは、乳腺の分 [全文を読む]

13才の娘と交流続く市川海老蔵 進路相談され親身に助言する

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

つかず離れずの仲だったというが、交際6年目の2001年秋、A子さんの妊娠が発覚。海老蔵に打ち明けると、こう告げられた。「結婚は考えられませんが、認知はします」 A子さんはすべてを承知したうえで出産を決意。歌手活動をやめて実家へ戻り、2002年の冬に娘を出産した。 あれから13年。海老蔵と娘の絆は切れてはいなかった。歌舞伎関係者が語る。「彼はA子さんに対し、 [全文を読む]

2002年に誕生した海老蔵の娘の近況 母「今が一番いい関係」

NEWSポストセブン / 2015年11月18日16時00分

海老蔵の交際相手だった元歌手のA子さん(41才)の妊娠が発覚したのは2001年秋。当時まだ「市川新之助」を名乗っていた海老蔵は、結婚はしなかったが娘を認知。A子さんの元にはマスコミが殺到したが、沈黙を守っていた。 関係者によると、海老蔵は、A子さんに対し、毎月十数万円の生活費を送り続けていたとのこと。A子さんは海老蔵との関係を娘に伝えており、海老蔵の妻で [全文を読む]

“オカルト大好き”市川海老蔵が、今度は女子アナの妊娠を的中! 「麻央のルビー発見は序章だった!?」

日刊サイゾー / 2014年07月18日17時30分

海老蔵と初対面のフリーアナウンサー・杉山季世がインタビューをしていると、海老蔵が突然、「あなた、もしかして妊娠してるでしょう?」「(妊娠)4カ月くらいでしょう?」と告げたという。 確かに杉山はその時、妊娠4カ月。しかし、おなかが大きかったわけでもなく、妊娠はおろか、結婚していることさえ公表していなかったため、本人や周囲はどよめいたという。 海老蔵といえば、 [全文を読む]

市川海老蔵 名古屋の美形アナ妊娠4ヶ月的中させ周囲どよめく

NEWSポストセブン / 2014年07月18日07時00分

「あなた、もしかして妊娠してるでしょう?」 杉山アナは驚き、そしてこう答えた。 「えっ! ……はい。そうなんです」 彼女は結婚していることも公表していないほどで、妊娠の事実を知っているのはごくわずかな友人たちに限られていた。 ニヤリと笑い、海老蔵はさらに続けた。 「だったら、(妊娠)4か月くらいでしょう?」 「はい、そうです……」 周囲にいた人々は思わず [全文を読む]

海老蔵と小林麻央 病床の團十郎のため第2子の性別を調べた

NEWSポストセブン / 2013年02月08日16時00分

初代團十郎が成田山を参拝したことで男子を授かったと聞けば参拝に行ったりとか、とにかく“男子を産まなきゃ”という思いに駆られていました」(歌舞伎関係者) “お世継ぎ誕生”の重圧に押し潰されそうな麻央に対して、海老蔵は第2子の妊娠がわかったときに、麻央にこんな言葉をかけたという。 「海老蔵さんは“おれは男の子でも、女の子でもどちらでも構わない。だから生まれてく [全文を読む]

海老蔵、今はわからない…麻央さん言わなかった「3人目」への思い

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月01日19時09分

この日は、抗がん剤治療で排卵機能が停止することなど、治療に伴う妊娠・出産へのリスクについて医師から説明を受けた麻央さんが、複雑な心境を明かした投稿をアップした。 その投稿内容は「『子供は2人いますので、3人目は考えていません』と何の強がりなのか言ってしまったが、私は、ふたり姉妹で育ってきたので、麗禾に妹ができたらな、とか勸玄にも分かり合える弟ができたらな、 [全文を読む]

海老蔵「偽りの情報は重罪」!麻央さんの“民間療法頼み”報道に反論か

アサジョ / 2017年07月03日18時15分

抗がん剤治療は、機能が戻る可能性が十分あるものの、排卵機能が停止し、その後の妊娠にも影響すると言われています。そのため彼女は当初、今後の出産のことも考え、気功治療を選択したのかもしれません」(前出・週刊誌記者) 様々な情報が交錯する中、海老蔵・麻央夫妻ががん治療に全力を尽くしたことは間違いないはずだ。 [全文を読む]

最愛の家族との「別れ」どう向き合えばいいか 麻央さんから学ぶこと

J-CASTトレンド / 2017年07月03日12時51分

希望に胸ふくらませる小学校教師の妻が妊娠5か月で受けた検査で、末期の乳がんが見つかった。医師からは、肝臓への転移も指摘され余命1年の宣告を受ける。最適な抗がん剤を投与すれば、羊水が減ってしまうリスクは避けられない。「自分の命」を優先すべきか「新しい命」はどうなるのか、究極の選択を迫られる。そしてアメリカで報告例があった治療と出産を同時に進めるリスク覚悟の療 [全文を読む]

海老蔵や麻耶を変えた?小林麻央さんの周囲を変えた”深い愛情”

デイリーニュースオンライン / 2017年06月28日07時45分

そんな中、麻央さんは謹慎中の海老蔵に代わり、当時第一子を妊娠中だったにも関わらず、周辺関係者に謝罪行脚に出かけていました。この様子を見て、海老蔵はこれまでの行いを改心し始めたとか。今では年齢を重ねてカドがとれ、真面目に歌舞伎に打ち込んでいる。このような海老蔵の変化も、麻央さんがいてこそ。今後歌舞伎役者としては、長男や同世代の役者の育成にも、力を入れていくこ [全文を読む]

川崎希が「夫・アレクの不貞で大儲け」に「転んでもただでは起きない」の声

アサ芸プラス / 2017年05月09日17時59分

妊娠6カ月の大きなお腹を突き出し、夫婦で撮った笑顔の写真を披露するまでに仲直り。夫婦の危機的状況を逆手にとり、まんまと商売にして成功。転んでもただでは起きない猛妻の典型です」(芸能ライター) 日々深刻な状況を伝える小林のブログをアレクサンダーのおちゃらけブログが制してトップに躍り出たこともあったし、夫婦で1・2トップを独占したことも。同ブログはアクセス数に [全文を読む]

フォーカス