エッセイ 星野源に関するニュース

星野源 雑誌「ダ・ヴィンチ」の人気連載が単行本化

dwango.jp news / 2016年12月20日10時59分

そんな中、雑誌「ダ・ヴィンチ」で2014年12月号よりスタートし、現在唯一の自筆連載となっているエッセイ「いのちの車窓から」が来年3月30日(木)に単行本化されることが発表された。 これまで、雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されてきた内容に加え、新たに書き下ろしも加えたエッセイ集となっており、星野も出演中のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」撮影現場での秘話や、念 [全文を読む]

「逃げ恥」星野源のモテが加速!福山雅治との違いと共通点は

WEB女性自身 / 2016年11月18日17時00分

もともと文才はなかったという彼ですが、エッセイのお仕事にチャレンジし、勉強して今の書き口を手に入れたといわれています。 星野さんは文化系女子に圧倒的に人気なわけですが、その理由はこうして文学をアピール要素の1つに持てていることだけでなく「努力したら才能があった」という点にも、女子をくすぐるポイントが隠されているように思います。 星野源さんと福山雅治、こうし [全文を読む]

2015年に20歳が一番読んだエッセイTOP10

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月11日09時00分

ハイブリッド型書店サービス「honto」より、「2015年 二十歳(はたち)が一番読んだエッセイランキング」が発表された。早速トップ10を見ていこう! <2015年 二十歳が一番読んだエッセイランキング> 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 第1位『僕の隣で勝手に幸せになってください』 著:蒼井ブルー 価格:1,404円(税込) 発売日:2015年 [全文を読む]

星野源、最高傑作と呼ぶにふさわしいニューアルバムの詳細解禁

okmusic UP's / 2015年10月29日12時00分

さらに初回盤A、B、通常盤初回限定仕様に付属の特製ブックレットは、星野源の最新インタビュー、書き下ろしエッセイや曲解説を含む、こちらも充実の内容となっている。 いよいよ全貌を現し始めた『YELLOW DANCER』。初回限定盤、初回限定仕様は数に限りがあるので、早めに手に入れてほしい。■アルバム『YELLOW DANCER』2015年12月2日発売 【初 [全文を読む]

星野源が最近“ひとり泣いた”シチュエーションは?

Smartザテレビジョン / 2017年04月02日21時52分

星野源のエッセイ集「いのちの車窓から」(KADOKAWA)の発売記念トークイベントが行われ、会場には応募総数6593人の中から選ばれた150人のファンが集まった。 3月30日に発売された本書は、「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)に連載していたエッセイに書き下ろしを加えて単行本化したもの。エッセイとしては異例の初版12万部で、今夏には台湾版も出版される予定 [全文を読む]

幸福の科学・大川隆法の「星野源」守護霊インタビューを読んでみたら驚愕の内容が...いまも童貞、風呂の鼻歌で曲作り

リテラ / 2017年02月16日21時37分

人知れずエッセイや小説を書いていたなかそれでは飽き足らず、〈知り合いのライターさんを通じて、編集者さんを紹介してもらい、頼み込んで、文筆の仕事をもらうようになりました。事務所には「直接こんな仕事が来たんですけど......」と言いましたが、本当は一人で営業していました(笑)〉(『働く男』文藝春秋)と綴るほど「書く」仕事に憧れとこだわりをもっている人がそこに [全文を読む]

特別番組「V.I.P. ―星野 源―」ゲストにハマ・オカモトを迎え11月28日(土)20:00からオンエア!

PR TIMES / 2015年11月25日12時55分

音楽家として、作詞・作曲まで自らこなすだけにとどまらず、ドラマ・舞台・映画で俳優としても活躍、さらに文筆家として著書の刊行やエッセイの連載を持つなど幅広く活動する星野源。番組には、ニューアルバム『YELLOW DANCER』に参加、プライベートでも親交の深いハマ・オカモト(OKAMOTO'S)がゲストとして登場。“星野源のYELLOW RADIO”と題し [全文を読む]

星野源「伊丹十三賞」受賞に「人生を丸ごと認めていただいたよう」

dwango.jp news / 2017年03月28日10時22分

大ヒット曲『恋』が累計150万ダウンロードを突破、同曲が入場行進曲となっている「第89回選抜高等学校野球大会」も日々熱戦が繰り広げられている中、3月30日にはエッセイ「いのちの車窓から」が発売、4月7日には声優として出演する映画「夜は短し歩けよ乙女」が公開、さらには今夏、WOWOWで放送される「連続ドラマWプラージュ」の主演が発表されるなど、音楽家、文筆家 [全文を読む]

星野源エッセイ集、異例の初版12万部と大反響!

Entame Plex / 2017年02月17日10時00分

3月30日(木)に発売となる星野源のエッセイ集「いのちの車窓から」。このたび、本書のカバーが完成し解禁となった。 2014年12月号より雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載をスタートし、現在も継続中のエッセイに新たに書き下ろしを加えた星野の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ珠玉のエッセイ集となっており、出版決定を発表後瞬く間に反響を呼び予約が殺到! 異例と [全文を読む]

『逃げ恥』秘話も!? 星野源のエッセイ集が発売決定

Entame Plex / 2016年12月20日18時25分

彼の雑誌『ダ・ヴィンチ』での連載に、書き下ろしも加えたエッセイ集『いのちの車窓から』が3月30日(木)に発売されることが決定した。 話題のドラマ『逃げ恥』撮影現場での秘話や念願だった紅白出場、ヒット曲「SUN」や「恋」ができるまで。さらにこっそり別人としてツイッターをやっていたエピソードや、集団ではいつも一人でいた自分が、「自分が人見知りである」と自ら言う [全文を読む]

『逃げ恥』ロスに朗報! 星野 源 待望の最新著書『いのちの車窓から』が来年3月30日(木)緊急出版決定 ! 本日12月20日より予約受付開始!

PR TIMES / 2016年12月20日09時27分

怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! [画像: https://prtimes.jp/i/7006/2905/resize/d7006-2905-267697-0.jpg ] 写真=江森康之 現在唯一の自筆連載が、単行本化熱望の声殺到で緊急出版! 雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号よりスタートし、これまで連載されてきた [全文を読む]


星野源、新刊「蘇える変態」発売決定!

okmusic UP's / 2014年04月08日15時00分

【その他の画像】星野源内容は、雑誌「GINZA」での連載エッセイ「銀座鉄道の夜」に書下ろしを加えたもの。2009年に発表したエッセイ集「そして生活はつづく」(マガジンハウス)、2013年の「働く男」に続く新刊となる。■「蘇える変態」クソ最高の人生だよ。まったく。 資生堂アネッサCMソング「夢の外へ」、「知らない」と立て続けにヒット。アルバムもオリコンチャ [全文を読む]

星野源著『いのちの車窓から』 発売1週間で3刷6万部決定! 累計24万部に!

PR TIMES / 2017年04月07日11時11分

[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3203/resize/d7006-3203-901934-0.jpg ] 話題沸騰! エッセイ集としては驚異の販売スピード! 12万部という異例の大部数初版で販売がスタートした本書。 昨年12月の発売決定の告知後予約が殺到し、発売前にすでに6万部の重版が決定。それにも関わらず発売開始4日目 [全文を読む]

3/30発売『いのちの車窓から』の発売を記念し、『ダ・ヴィンチ』5月号にて 星野源 総力特集決定!

PR TIMES / 2017年03月03日15時27分

35ページにわたる大特集! 星野源が『ダ・ヴィンチ』表紙を飾り、また写真家 荒木経惟が星野の“素顔”「裸ノ顔」を撮る! 3/30に発売される星野源 最新エッセイ『いのちの車窓から』を記念し、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)が発行する月刊誌『ダ・ヴィンチ』5月号(4/6発売)にて星野源 総力特集の掲載が決定しました。 [全文を読む]

星野源 最新エッセイ『いのちの車窓から』予約開始初日でAmazon総合ランキング1位! “星野本”が4位まで独占の快挙!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日16時10分

雑誌『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)で連載中の星野さん唯一の自筆エッセイ「いのちの車窓から」が、ファンからの単行本化熱望により、2017年3月30日に緊急出版が決定。書籍予約が開始された12月20日(火)の時点で、Amazon総合ランキングで1位、楽天ブックス総合ランキングでも1位におどりでた。予約開始初日で“ベストセラー”になるのはまさに快挙。また、 [全文を読む]

星野源氏、エッセイ集を初電子書籍化 『そして生活はつづく』10月9日発売!

@Press / 2015年10月08日14時15分

今回、電子書籍版が発売される『そして生活はつづく』は、携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく、つまらない生活をおもしろがろうという星野氏独特の視点で、日常を綴った初めてのエッセイ集です。巻末には俳優のきたろう氏との文庫版特別対談も収録されています。2013年に発売された文 [全文を読む]

星野源はなぜ大衆ウケするようになったのか?...いまだから語れる、くも膜下出血が変えた人生観

リテラ / 2017年04月24日12時00分

今月は主演声優を務めたアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』も公開され、先月末に発売された最新エッセイ集『いのちの車窓から』(KADOKAWA)は重版が連続し、累計発行部数は早くも24万部に到達。先日は、過去に糸井重里、タモリ、内田樹、リリー・フランキー、是枝裕和といった錚々たる面々が受賞している「伊丹十三賞」を受賞した。 音楽、演技、文筆、どの分野でも外れなし [全文を読む]

新垣結衣の内面をベタ褒めの星野源、「逃げ恥」続編なら本気で狙いにいく?

アサ芸プラス / 2017年04月14日09時59分

星野は3月30日に発売した最新エッセイ「いのちの車窓から」の中で、ドラマの撮影中の新垣の印象について「本当に普通の女の子だ。来る日も来る日も撮影があり、夫婦という設定から二人だけのシーンが多く、いつも一緒にいるけれど、一日に一回はこの人は素敵だなと思う場面がある」と大絶賛。しかしそんなことは星野に言われずとも、清楚系美人の新垣なだけにたいていの男性は同様 [全文を読む]

星野源初のMV集 ジャケット写真など詳細を発表

dwango.jp news / 2017年03月29日18時45分

大ヒット曲『恋』が累計150万ダウンロードを突破、同曲が入場行進曲となっている「第89回選抜高等学校野球大会」も日々熱戦が繰り広げられている中、3月30日にはエッセイ「いのちの車窓から」が発売、4月7日には声優として出演する映画「夜は短し歩けよ乙女」が公開、さらには今夏、WOWOWで放送される「連続ドラマWプラージュ」に主演するなど、音楽家、文筆家、俳優 [全文を読む]

フォーカス