代表曲 星野源に関するニュース

2017年上半期チャート発表総合ソング・チャートは星野源「恋」が首位、総合アルバム・チャートはSMAPの『SMAP 25 YEARS』が首位に。

@Press / 2017年06月09日15時45分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130548/img_130548_1.jpg上半期【JAPAN Hot 100】では、2016年後半の代表曲となった星野源「恋」が勢い止まらず、シングル・セールス以外のダウンロード、ストリーミング、ラジオ、Twitter、ルックアップ、動画再生の6指標で首位となり、2位以下に [全文を読む]

2017年上半期チャート発表 総合ソング・チャートは星野源「恋」が首位、総合アルバム・チャートはSMAPの『SMAP 25 YEARS』が首位に。

PR TIMES / 2017年06月09日15時10分

[画像: https://prtimes.jp/i/5179/934/resize/d5179-934-234422-0.jpg ]上半期【JAPAN Hot 100】では、2016年後半の代表曲となった星野源「恋」が勢い止まらず、シングル・セールス以外のダウンロード、ストリーミング、ラジオ、Twitter、ルックアップ、動画再生の6指標で首位となり、2位 [全文を読む]

星野源 午前3時の恋ダンス!おげんさんメンバーと歓喜の夜

WEB女性自身 / 2017年05月11日06時00分

放送の最後には、星野が代表曲『恋』を熱唱。それに合わせて藤井と高畑が完璧な 恋ダンス を披露するなど、息もぴったりだった。 「星野さんはオファーを受けた際に『失敗しても平気な、ダラダラとした音楽番組だったら是非やりたいです』と答えたそうです。共演者のキャスティングも、星野さんの強い希望があって実現したもの。細野さんは、星野さんが高校時代から憧れているスタ [全文を読む]

星野源「長生きしたい」5年前の大病を語る

日刊大衆 / 2017年04月14日07時05分

また、星野は代表曲『化物』について、メロディは完成したのに歌詞が浮かばなかったという苦労を語り、「勘三郎さんについて歌詞を書こうと決めたらスラスラと書けた」と告白。だが、この曲のレコーディングが終わった直後、星野はクモ膜下出血で倒れてしまう。 星野は翌年2月に大病から復帰。『化物』も無事にリリースされ、周囲から「星野の復活の歌」と絶賛を受けたというが、星 [全文を読む]

音楽配信サービスGIGA「2016年 年間ダウンロードランキング」発表

PR TIMES / 2017年01月31日12時41分

ハイレゾでは、ゴダイゴの代表曲を網羅した「GODIEGO GREAT BEST」が上位にランクインし、昭和の名曲からジャズ、クラシックなど様々なジャンルの楽曲が人気となりました。今後もGIGAは、音楽配信の拡充・活性化に取り組み、様々な環境で音楽を楽しむ機会を創造することを目指してまいります。■GIGA 2016年 年間ダウンロードランキング:http:/ [全文を読む]

「反体制的なことを歌いたくなる」...星野源の盟友・浜野謙太が語る“反骨の音楽“としてのファンクと反戦メッセージ

リテラ / 2016年12月13日22時00分

この曲はジェームス・ブラウンからの影響をモロに出した70年代風ファンクサウンドが特徴的な曲で、いまでも在日ファンクの代表曲のひとつとされているが、この楽曲では「爆弾こわい」という言葉が何度もシャウトされるなかに、こんなフレーズも挿入されていた。〈真面目なうたを歌えという ボケてるやつにツッコめという 武器を持ってこそ国だという 我が国我が国言っている〉 こ [全文を読む]

大阪で初開催の「ビクターロック祭り」、11,000人が燃えた!

okmusic UP's / 2016年10月12日20時00分

代表曲の「狩りから稲作まで」演奏時の会場全体に揺れる稲穂の光景は、まさに“大阪の秋”を感じさせてくれた。そして、いよいよ後半戦。スガ シカオが同じビクター所属のTHE BACK HORNのギタリスト、菅波栄純を迎えてステージに登場。ハードかつディープなサウンドのパフォーマンスで観客を魅了した。イベントの最後を務めるのは、10月5日にニューシングル「恋」をリ [全文を読む]

フォーカス