小説 星野源に関するニュース

幸福の科学・大川隆法の「星野源」守護霊インタビューを読んでみたら驚愕の内容が...いまも童貞、風呂の鼻歌で曲作り

リテラ / 2017年02月16日21時37分

人知れずエッセイや小説を書いていたなかそれでは飽き足らず、〈知り合いのライターさんを通じて、編集者さんを紹介してもらい、頼み込んで、文筆の仕事をもらうようになりました。事務所には「直接こんな仕事が来たんですけど......」と言いましたが、本当は一人で営業していました(笑)〉(『働く男』文藝春秋)と綴るほど「書く」仕事に憧れとこだわりをもっている人がそこに [全文を読む]

星野源が『夜は短し歩けよ乙女』の主人公役に 原作ファンから賞賛殺到

しらべぇ / 2016年12月15日16時30分

■森見登美彦原作『夜は短し歩けよ乙女』の先輩役星野が声優を務めるのは、小説『夜は短し歩けよ乙女』の主人公「先輩」役。原作は森見登美彦の人気小説で、京都(の)大学を舞台に阿呆大学生な先輩が黒髪の乙女とムズキュンな関係になるべく奮闘する物語だ。小難しい文体とは裏腹な阿呆極まりない物語は、まさに唯一無二の一言。しかし、あまりに独創的すぎるストーリー展開やSF要素 [全文を読む]

石田ゆり子インスタ「意外な撮影者」にファン大興奮!

日刊大衆 / 2017年04月05日08時05分

『プラージュ』は、『ストロベリーナイト』などで知られる誉田哲也氏による同名小説を原作にしたWOWOWの新ドラマ。ワケあり人物たちが集まるシェアハウスを舞台にした物語で、星野源(36)が主演を務め、薬物使用の前科を持つ青年を演じる他、仲里依紗(27)や眞島秀和(40)など個性豊かなキャストが出演。石田はシェアハウスのオーナー役を担当する。 ファンが注目したの [全文を読む]

『夜は短し歩けよ乙女』が主演:星野源、監督:湯浅政明で劇場アニメ化! だから皆で『四畳半神話大系』を見よう

おたぽる / 2016年12月16日18時00分

15日、森見登美彦の人気小説『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫)が、劇場アニメ化され、2017年4月7日より公開されることを発表! あわせて、監督:湯浅政明、脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案:中村佑介、音楽:大島ミチル、主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATIONという、同じ森見登美彦の小説を原作とするTVアニメ『四畳半神話大系』 [全文を読む]

新海誠「夢中でページをめくった」 星野源も推薦する『世界から猫が消えたなら』の著者・川村元気の2年ぶりの最新小説登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月02日11時00分

佐藤健主演で映画化もされた『世界から猫が消えたなら』の著者・川村元気の2年ぶりとなる最新小説『四月になれば彼女は』が、2016年11月4日(金)に発売される。 発売に先立ち、映画「君の名は。」が大ヒット中のアニメーション監督・新海誠、そして俳優で音楽家の星野源からの推薦コメントが公開された。 音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「連載1000回記念・太田光」(4)俺たち、星野源に絶対勝てないよね

アサ芸プラス / 2017年06月02日12時57分

先方からは「別の企画を」と言われたんですけど、僕はその作品に本気で取りかかるつもりだったし、こだわりがあったので、そのシナリオを小説に直してる最中なんです。テリー なるほど。その小説が評価されて話題になれば、あらためて映画化の道が開けるかもしれない。太田 そうなんですよ。今それを毎日シコシコ書いているので、目先でいちばんかなえたい夢は、それを完成させてノー [全文を読む]

3/30発売『いのちの車窓から』の発売を記念し、『ダ・ヴィンチ』5月号にて 星野源 総力特集決定!

PR TIMES / 2017年03月03日15時27分

『いのちの車窓から』のインタビューほか、作家・米澤穂信氏との対談、作家・乙一氏によるトリビュート小説寄稿、脚本家・野木亜紀子氏による『逃げ恥』寄稿など、星野源の魅力に迫る全35ページ超にて展開予定です。 [画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3110/resize/d7006-3110-862791-0.jpg ] ▶▶▶ダ・ヴィ [全文を読む]

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

HANJO HANJO / 2016年10月25日07時54分

近年、漫画や小説を実写映像化すると必ず物議を巻き起こすが、彼女の手掛けた原作モノはどれも評価が高い。 この『逃げ恥』も講談社から出版されている海野つなみの少女漫画が原作だ。まだ第二話で物語自体ははじまったばかりだが、饒舌で理屈っぽいが淡々としていて心地いいという漫画の持ち味を殺さずに、まずは二人を魅力的に見せることに成功している。 [全文を読む]

【視聴熱】同級生と共演した“あの人”が話題に! 5/1-7ウィークリーランキング

Smartザテレビジョン / 2017年05月08日17時30分

同作は雫井脩介の同名小説が原作で、木村はエリート検事を演じ、二宮演じる若き検事との対立が描かれる。また、5月4日に高校の同級生であるマツコ・デラックスとの共演が話題となった「夜の巷を徘徊する」(毎週木曜夜0.15-0.45ほか、テレビ朝日系)の後編がオンエア。木村が「俺、老眼がちょいきた」と発言し、視聴者を驚かせた。 ■ ドラマランキング 第4話ラストで今 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(4月7日付)

ガジェット通信 / 2017年04月07日14時00分

■関連映像:T2トレインスポッティング 劇場予告編(http://yahoo.jp/WZ9cON) 4位 『夜は短し歩けよ乙女』(http://yahoo.jp/HI9zsj) ■公開日 :2017年4月7日(金) ■監督 :湯浅政明 ■キャスト:星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次、 他 ■作品概要:第20回山本周五郎賞、第4回本屋大賞第2位に輝いた森 [全文を読む]

『2016年honto 12月月間ランキング』発表!~東野圭吾の文庫書き下ろし『雪煙チェイス』が総合ランキング第1位~

PR TIMES / 2017年01月11日11時01分

季節物や流行物といえば、本の通販ストアランキングで河合出版の受験物が上位にランクインし、映画が大ヒット中の『小説 君の名は。』も電子書籍ストアランキング1位。「逃げ恥」で時の人となった星野源の『そして生活はつづく』も女性に人気です。ビジネス書ランキングは『僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』が [全文を読む]

新垣結衣&星野源にもう会えない?『逃げ恥』ロスの効果的な対処法とは

デイリーニュースオンライン / 2016年12月24日12時30分

西尾維新の小説の初実写化で好評を博しました。他には『重版出来!』『空飛ぶ広報室』(共にTBS系)なども手がけています。通常、漫画や小説などが実写化されると、原作ファンから批判が起きがちなのですが、野木さんの場合はうまく実写化してファンを取り込む手腕を持っています。そのため、近ごろは漫画からの実写化が多いので、引っ張りだこなんですよ。世界観を壊さずにオリジナ [全文を読む]

『ダ・ヴィンチ』5月号オリジナル付録“描き下ろし6つ子しおり6種”初公開!【『おそ松さん』総力特集】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月05日17時00分

そして一番の注目は、製作委員会の監修のもと、『おそ松さん』の世界観を引き継いだ小説が『ダ・ヴィンチ』に登場!執筆に挑戦するのは今年でデビュー20周年を迎えた人気作家・乙一。タイトルは「なごみ探偵おそ松さん・リターンズ」だ。昨年11月に放送された第8話から、なごみのおそ松が1万4000字超の大ボリュームで帰ってくる。『おそ松さん』ファンのみらなず、読書好き [全文を読む]

「羊飼い」にしか書けない小説 『颶風の王』河﨑秋子インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月21日17時30分

又吉直樹さん、星野源さん、加藤シゲアキさん、今年の文芸は専業の作家ではない“異業種作家”の活躍が印象的な一年だった。芸人やミュージシャン、それぞれの本業で活躍しているからこそ描きだせる独創的な作品世界に多くの読者が魅了されたはずだ。そしてもうひとり、今年デビューした異業種作家がいる。名前は、河﨑秋子(かわさき・あきこ)。彼女の本業は、羊飼いだ。【画像あり】 [全文を読む]

「ダ・ヴィンチ」Book of the Year 2012発表!

PR TIMES / 2012年12月05日12時48分

<「ダ・ヴィンチ」Book of the Year 2012 ※抜粋> 小説ランキング部門 ※誌面には50位まで掲載 1位『空飛ぶ広報室』(有川浩) 2位『三匹のおっさん ふたたび』(有川浩) 3位『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(東野圭吾) 4位『ビブリア古書堂の事件手帖3 栞子さんと消えない絆』(三上延) 5位『楽園のカンヴァス』(原田マハ) 男性誌コミックラ [全文を読む]

星野源、阿部サダヲ主演映画『ぱいかじ南海作戦』の主題歌書き下ろし

リッスンジャパン / 2012年04月17日20時00分

星野源 - アーティスト情報2004年に刊行された椎名誠の同名小説を原作にしたこの映画は、主演の阿部サダヲのほか、永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希らがそれぞれ個性豊かな役どころを演じる話題作。タイトルの「ぱいかじ」とは沖縄地方の方言で「南から吹く風」という意味を持ち、失業と離婚で人生につまずいた男が南の島で人生の再スタートを切ろうとするさまを、楽園で出会う [全文を読む]

石田ゆり子 WOWOW新ドラマで挑む「アラフィフ」艶技!(1)「逃げ恥」の星野源と再共演

アサ芸プラス / 2017年04月16日09時57分

そんな思いを後押しするのは、原作が誉田哲也氏の同名小説(幻冬舎)という点だ。 誉田作品では、11年のドラマ「ジウ」(テレビ朝日系)で黒木メイサ(28)が初濡れ場を演じ、13年に上映された映画「ストロベリーナイト」(東宝)では竹内結子(37)がやはり男に身を任せる艶技を披露している。「石田は“訳あり”な住人たちを受け入れるシェアハウスのオーナー・潤子役です。 [全文を読む]

お互いに片思い…切ない「両片思い」を卒業する方法は?「両思い」のサインも

ココロニプロロ / 2017年04月03日12時15分

堀北真希さん&小栗旬さんの2007年のドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)が忘れられない!という人も多いのでは?◎『あと1センチの恋』2015年に日本で公開された映画で、原作はセシリア・アハーンの小説『愛は虹の向こうに』。幼い頃から親友としてそばにいながらも、お互いの気持ちがなかなか伝わらないロージーとアレックスの両片思いが [全文を読む]

永井豪50周年記念作品 原作漫画「デビルマン」アニメ化決定!!『DEVILMAN crybaby』2018年初春、Netflixにて独占全世界公開!!ティザービジュアル&特報 解禁!!

PR TIMES / 2017年03月16日09時30分

これまで、映画、アニメ・ゲーム・小説・派生マンガなど、多くのメディアミックスが行われ、日本を代表する作品です。その原作漫画「デビルマン」が、Netflixというネット配信の新たなプラットフォームでアニメ化されます。「今作は、デビルマンの原作が持つニュアンスを最大限活かしつつ、湯浅監督に現代に描かれるべきアニメとして、新たな映像化をしていただきます。激しいバ [全文を読む]

『デビルマン』史上初 原作結末までのアニメ化がNetflixで実現! 湯浅監督「制約も少ないので、限界までやりますよ!」

ガジェット通信 / 2017年03月16日07時10分

これまで、映画・アニメ・ゲーム・小説・派生マンガなど、多くのメディアミックスが行われた『デビルマン』が、Netflix というネット配信の新たなプラットフォームでアニメ化。新作アニメ『DEVILMAN crybaby』となって、Netflix独占で全世界190カ国にて配信。日本語の他9ヶ国語に吹き替え、字幕版は25ヶ国語で配信されます。 監督は、多くのハ [全文を読む]

フォーカス