父親 高畑裕太に関するニュース

メンバーが女性殴打も?京本政樹Jr.の周辺に噴出していた悪評とは

デイリーニュースオンライン / 2017年02月25日09時19分

父親譲りの甘いマスクで、ジャニーズファンの注目を集めている存在でもある。これまでまるでスキャンダルとは無縁であった大我であるが、今回の報道を受けジャニーズファン達の間ではため息が漏れ続けている。 「また女性問題かという声もあると同様に、SixTONEのデビューも遠のいたという落胆の声もあるようです。SixTONEは他のメンバーが2014年、別のユニット在籍 [全文を読む]

岡田結実、“不意打ち寝顔”披露で「可愛すぎる!」と称賛の声 Tバック姿での親子共演を望む声も?

おたぽる / 2016年09月30日09時00分

「今年に入ってから、父親のギャグをやり過ぎているため、7月に行われた森永乳業のアイス『ピノ』のPRイベントに出席した際には、『お父さんから「金くれ」っていわれる』という発言をして、会場内を沸かせていた岡田ですが、裏を返せば、今年に入ってからそれだけ、バラエティ番組などへの露出が増えたという証し。お笑い芸人の2世タレントといえば、これまでは、明石家さんまと [全文を読む]

高畑裕太父親が『相棒』俳優だと判明 影響を危惧する声も

しらべぇ / 2016年08月31日17時30分

■5年半の事実婚生活今回の裕太事件の報道では、彼の父親を淳子の2番目の父親である一般人男性だとするものが多かった。しかし、実際は大谷こそが本当の父親だったのだ。取材に応じた青年座は、以下のように回答している。「高畑淳子は、二人目の配偶者と別居後、大谷氏と5年半の事実婚関係にありました。しかし高畑が妊娠した後、大谷氏と別れることになり入籍はしていません。裕太 [全文を読む]

佐藤浩市の息子・寛一郎が俳優デビュー!「前田敦子に似てる」との声も

しらべぇ / 2017年03月06日19時00分

「祖父、父親共に有名な俳優さんだと比較されたりすることが多くなるだろうけど親の七光りだなんて言われないように研鑽していってほしい」「歌舞伎のように世襲制ではないが、努力して頑張って」「息子だって言わないほうが売れた時には格好いいし、売れなかったとしても揶揄される可能性低くなると思うんだけどな」「二世でも三世でも結局、実力がないと消えていくよね」■父親似、母 [全文を読む]

石原さとみ『地味にスゴイ』“マスゴミ炎上”を描いた第4話、モデルは高畑淳子の謝罪会見か

日刊サイゾー / 2016年10月28日00時00分

父親を難病で亡くし、寂しい幼少期を送ったあすかの生い立ちにどっぷり感情移入した悦子は、内容と照らし合わせるために、勝手に彼女の自宅付近へ向かいます。そんなヤバすぎる主人公ですが、第4話ともなるとスルスルと受け入れてしまうから不思議です。 悦子があすかの自宅前でうろうろしていると、玄関の真ん前(!)で張り込んでいるゴシップ誌記者・山ノ内(山中聡)に遭遇。悦子 [全文を読む]

小堺翔太、「2世」界のダークホース

NewsCafe / 2016年09月29日10時30分

父親の数少ない持ちネタをまとめて真似するのが定番化してるんですが、帰宅すると父親から『ギャラをくれ』って言われるそうです」 デスク「あはは。うまいっ! 10月からは『誰だって波乱爆笑』(日本テレビ系)の新司会に抜擢されてるし、期待度が高いのね。どこで父娘共演するのかね。見たいわ」 記者「あ、それはないと思います。共演しないのが岡田親子の流儀というか、父親[全文を読む]

“当て書きの達人”三谷幸喜が、ひそかに込めた『真田丸』での“高畑淳子イジリ”とは――

日刊サイゾー / 2016年09月06日11時00分

裕太容疑者をめぐっては、実の父親が、テレビ朝日系『相棒』シリーズにも出演していたシブ系俳優・大谷亮介だったことが公表されたばかりだった。 事件によって出生の秘密がバレてしまったわけだが、実は『真田丸』では、高畑演じる薫の出自をめぐり、似たような展開になっているのだ。 当初、京の公家・菊亭晴季の娘という出自で真田家に嫁いだとされる薫だが、実はそれは自分に箔を [全文を読む]

尾崎豊の息子・尾崎裕哉が語る二世タレントの苦悩、そして人前で父親の歌を歌えるようになった理由

リテラ / 2016年09月02日11時30分

〈母に小さい頃言われた「自分の評価は、自分だけじゃなくて父親の印象にも繋がる」という言葉を思い出す。自分の評価が父親の名前に傷をつけかねないと、どこか萎縮していた〉 彼がミュージシャンとしていちばん最初に世に出たのは、2004年にリリースされた尾崎豊のトリビュートアルバム『"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』でのこと。当時14 [全文を読む]

高畑裕太容疑者の父親はあの「相棒」捜査一課3人組の1人だった!

アサ芸プラス / 2016年09月01日01時00分

9月1日発売の「週刊文春」が、婦女暴行容疑の疑いで逮捕された俳優の高畑裕太容疑者の父親が、バイプレーヤーとしてドラマなどで活躍している俳優の大谷亮介であることを報じた。裕太の母親である高畑淳子が所属する青年座、大谷の所属事務所が、ともに認めているという。「大谷は71年にドラマ『大岡越前』(TBS系)に出演し、86年、劇団『東京壱組』を旗揚げ。作家の原田宗典 [全文を読む]

橋爪功が“逮捕長男”を突き放し「高畑淳子とは大違い!」と共感集まる

アサジョ / 2017年06月11日18時15分

俳優の橋爪遼容疑者が6月2日に法律違反薬物で逮捕された件について、父親でベテラン俳優の橋爪功に共感の声が集まっているという。遼容疑者の出演映画「たたら侍」が3週間で上映を打ち切ったのに対し、父の橋爪は一部の仕事はキャンセルしたものの、週明けからは通常通りの仕事を再開。普通なら父親の責任を問う声が渦巻きそうなものだが、どうしたことだろうか。「今回の件は昨年8 [全文を読む]

「彼女には感謝の念が尽きません」 乙武洋匡さんがサイトで離婚を発表

ガジェット通信 / 2016年09月15日09時50分

夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。今後も彼らに恥じぬよう、父親としての責任をしっかり果たしていく所存です。 (略) http://ototake.com/ 今年3月下旬、”文春砲”ではなく”新潮砲”が乙武さんに炸裂。 参院選「自民党」最強の切り札の背徳的生活! 一夫一婦制では不満足 「乙武クン」 [全文を読む]

高畑淳子が茶髪のホストと伊豆旅行「一緒に豚しゃぶ食べた」

WEB女性自身 / 2016年09月06日06時00分

しかし、第二子・裕太容疑者の父親はM氏ではなく、『相棒』で捜査一課の三浦刑事を演じていた俳優の大谷亮介(62)であることが明るみに出たのだ。高畑とM氏の関係が破綻した後、2人は一時、事実婚状態だった。 「高畑さんと大谷さんの交際は、当時の演劇仲間の間では有名な話。裕太の父親が大谷さんであることも公然の秘密でした。大谷さんは新人の俳優にも分け隔てなく優しく [全文を読む]

高畑裕太、「実父」の評判

NewsCafe / 2016年09月02日11時11分

淳子は2度の離婚歴があることは知ってたけど、長女で女優の高畑こと美(29)と裕太の父親は、てっきり2度めの結婚相手の一般人男性だと思い込んでたから」 記者「こと美と裕太は異父姉弟ということですね。淳子の初婚は若気の至りで子供ができないまま早々に失敗。デキ婚・再婚でこと美を産み、次に裕太を出産した直後に2度目の離婚をしましたが、結果的には父親が大谷だったとい [全文を読む]

ベッキー、高畑裕太の逮捕余波で日テレ永久追放も? 浜田雅功コネ利用を促すファンも?

おたぽる / 2016年08月30日12時00分

「ハマといえば、父親がダウンタウンの浜田雅功ということで、一部のベッキーファンからは『浜ちゃんのコネでベッキーを復帰させてくれない?』という要望が寄せられているようですね。しかし、ハマ自体が、浜田や母・小川菜摘のコネを一切使わず、独学でベースの腕を磨いて、両親とは違う音楽畑で活躍しているという経緯があるため、ベッキーファンの願いが叶えられる可能性は低いで [全文を読む]

子離れできない高畑淳子にテリー伊藤が指摘「共倒れする」

しらべぇ / 2016年08月29日07時00分

なお、アンケートサイト「マインドソナー」によると、男性が「子離れできていない」と思うのは父親よりも母親のほうが多いことがわかっている。性犯罪者になってしまった高畑裕太は、今後かなりの人が冷たくなったり、縁を切ったり、遠巻きに接するようになってしまうことだろう。そう考えると、母親だけでも、家族だけでも味方でいてあげたいと思うのはある意味自然の感情のようにも思 [全文を読む]

「高畑裕太は空気が読めない」と指摘した梅宮アンナに「お前が言うな!」の大合唱

アサジョ / 2016年08月27日17時59分

父親である梅宮辰夫の反対を聞かず5年間にわたって羽賀研二と交際し、2人で赤裸々な写真集を出版。破局後、一般人男性と結婚するも2年で破局。その後、プロ野球選手と不貞騒動。そして、ブログやインスタグラムで度重なる炎上騒動。彼女の過去をざっと振り返っても、空気が読めている人の人生とは思えませんからね」(週刊誌記者) 批判されまくった過去がありながら、今なおこうし [全文を読む]

真田丸の危機は徳川家康ではなく「高畑裕太」がもたらした

しらべぇ / 2016年08月26日05時30分

■「愚息」がもたらす家の危機以上のように、史実の信政は「苦悩の父親」でもあった。そんな人物を演じようとする者が「迷惑息子」になってしまったのは皮肉である。ちなみに信政の初陣は、1614年の大坂冬の陣。当然ながら高畑容疑者は甲冑姿で大坂城を見上げる役割を与えられていたはず。それがすべて白紙となり、製作サイドは役者探しからやり直さなければならなくなったのだ。そ [全文を読む]

武田梨奈、婦警姿でケツキックに「高畑~!」とファンの嫉妬爆発! “家ではパンツ一丁”には衝撃走る

おたぽる / 2016年08月15日09時00分

「先月21日に放送された『ダウンタウンDX』に、武田は父親と共に出演し、『今でも親子でお風呂に入る』と告白。『マジか!?』『お風呂に入る時だけ、梨奈パパと入れ替わりたい』などと、ファンを興奮させていました。さらに、『パンイチです。小さい頃から教えられてきて。上もないです』と、自宅では武田も含め、家族全員がパンツ一丁で生活していることを告白した際には、『素 [全文を読む]

「閉店ガラガラ」も継承!ますだおかだ岡田の娘・結実に業界が注目する理由

アサ芸プラス / 2016年06月10日09時59分

顔は完全にパパ似ですが、父親自身も顔のパーツは整っていますから、娘が美人に成長するのは当然の結果だったかもしれません」(エンタメ誌記者) とはいえ、可愛さだけで生き残れるほど芸能界は甘くない。ところが、結実はキャラにもパンチがあると評価されている。「5月31日放送の『さんま御殿』(日本テレビ系)では、父の持ちネタ『閉店ガラガラ』でトークのラストを締めました [全文を読む]

デブ体形まで七光り!?石塚英彦の娘が芸能界デビューも「やめとこうよ」の冷視線

アサジョ / 2016年06月05日09時59分

「石塚は美人というわけでもなく、父親似のぽっちゃり体形。また、何か一芸に長けているわけでもなく、本人が言っているように周囲から“芸能人に向いている”ともてはやされたことを真に受けて、単に2世ということで芸能界デビューにこぎつけた。ぽっちゃり体形を活かしてグルメリポーターとして活動していくということであれば、父親のコネで共演などそれなりのメディア出演も期待で [全文を読む]

フォーカス