アトピー 高畑裕太に関するニュース

釈放されてもやまない「高畑裕太=発達障害」説にひそむ偏見...発達障害は犯罪予備軍などではない!

リテラ / 2016年09月10日12時30分

そんななかでも、今週発売の「女性セブン」(小学館)は「高畑淳子 アトピー ぜんそく 発達障害 息子の呪縛22年の落とし穴」と題し、発達障害と今回の事件をつなげて記事にしていた。 この記事では、裕太が幼いころからアトピーやぜんそくもちで母の淳子が苦労していたことにくわえ、裕太が言葉を覚えるのが遅かったことや教室の机のまわりがゴミだらけだったことなどを記述。 [全文を読む]

オバ記者「高畑容疑者は地方の中年女性を安く見た!」

NEWSポストセブン / 2016年09月09日07時00分

裕太容疑者が生まれてすぐに離婚した母の負い目をえぐるかのように、息子はアトピーでぜんそく。甘やかす条件は整いすぎるほど整っている。 おまけに高畑母は、「30代半ばでようやく女優として食べていけるようになった」という苦労人。自分が辛酸をなめると、子供にはこの思いをさせまいと、転ばぬ先の杖を何本も用意するのよ。俳優になる息子の背中に、追い風も当てたはず。これ [全文を読む]

性的暴行で逮捕された高畑裕太容疑者の余罪を徹底追及!(1)事件以外の被害も…

アサ芸プラス / 2016年09月03日17時57分

体が弱く、喘息やアトピーだったことを明かしています」(前出・芸能記者) 裕太容疑者は都内の郊外の中学校に通うが、当時の友人が振り返る。「親子で集まる会合の時に、脈略もなく突然、大声を上げながらズボンだけ脱ぎ始めたり‥‥。小さい頃から、ちょっと変わった子だなとは思っていました」 その中学時代に裕太容疑者は激しいいじめにあう。母・淳子が、いじめた相手の家にどな [全文を読む]

高畑裕太容疑者、業界内で広まっていた悪癖 母は新居建築中

NEWSポストセブン / 2016年08月25日07時00分

3才からアトピーと闘い、中学時代は淳子さんが“魔の反抗期”と話すくらい、毎日怒鳴り合いのけんかをしていたそうですから。高校に上がり野球に熱中するようになると、だいぶ落ち着いたようですけどね」(高畑家を知る芸能関係者) 卒業後、短大に進学した裕太容疑者はバンド活動を開始、俳優業にも興味を示し始めた。「高畑さんは全ての撮影現場に裕太さんを連れて行き、挨拶して回 [全文を読む]

高畑裕太、女性への欲求を抑えきれない愚行に「母の高畑淳子が不憫すぎる!」

アサジョ / 2016年08月24日17時59分

4歳までしゃべらずにいたことが不安だったそうで、左耳の失調や喘息、アトピーなどアレルギー症状も持っていました。小学生になると忘れ物がひどく、淳子さんが学校に忘れ物を届けにいくと裕太容疑者は学校から抜け出しており、近くのコンビニでマンガを立ち読みしていたこともあったそうです。役者になってからも、裕太容疑者の空気が読めない度合いや、他人の気持ちを考えずに猛進し [全文を読む]

高畑裕太容疑者が逮捕 女手ひとつで育てた母・淳子の苦悩

WEB女性自身 / 2016年08月23日17時00分

「裕太はアトピーやぜんそくもあって病気がち。救急車で病院に連れていくこともしょっちゅうでした。夜もかゆさから体をぽりぽりかくし 。でも、ステロイドは使わずに治そうと決意したころから、自分のことをまったく気にしなくなりました。『子どもさえ元気でいてくれたら、それでいい』と思ったのです」 調べに対し「女性を見て欲求を抑えられなかった。やったことは認めるが、計 [全文を読む]

フォーカス