リンパ 北斗晶に関するニュース

北斗晶さん「乳がん」をブログで告白。

秒刊SUNDAY / 2015年09月23日19時11分

残念ながら、私の癌は胸だけでなく脇のリンパにまで転移している可能性がある様です。これから長い闘病生活が始まります。術後ほどなく抗がん剤治療が始まり。1ヶ月後くらいには髪も抜け始め最終的には全部なくなるでしょう。番組・CM・タレント活動、この手術そして告白で全てに影響が出る。それを覚悟での告白。ネットではこのブログの報告に多くのファンが応援メッセージを送って [全文を読む]

北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情

アサジョ / 2016年12月02日10時15分

今後についても『薬で治していくので、あと5年、10年かな』と長いスパンで対応していくことを語っていました」 北斗は2015年9月に乳ガンを公表、同24日に右乳房全摘出手術を、同29日に転移した腋のリンパ摘出手術を受け、10月3日の会見を最後に長期休養に入った。その後は自身の公式ブログで情報を発信。11月28日のブログによると、先日の術後1年の全身検査で転移 [全文を読む]

つらい副作用 母が語る北斗晶の壮絶闘病生活

NEWSポストセブン / 2016年04月28日16時00分

「胸の周りとリンパも全部取ったんだけど、転移があったら怖いから。強い薬を使ったんです。副作用がすごくってね。髪の毛がどんどん抜け落ちて…。でも、あの娘は“かあちゃん、心配しないでいいよ~”って。髪のなくなった頭を触りながら、無理して笑うんです。もう胸が痛くて、見ていられなかった。今だって、代われるもんなら代わってやりたいです」 副作用は脱毛だけではなく、 [全文を読む]

北斗晶告白による乳がん検診ブームは危険?不必要に乳房全摘や抗がん剤治療の恐れも

Business Journal / 2015年10月27日22時00分

北斗さんは毎年欠かさず検査を受けていたにもかかわらず、気づいたときには腫瘍が直径約2センチになっており、さらにはリンパに転移している可能性もあると言われたという。それで、右乳房を全摘出する手術を受けることになった。●有効性を示すデータはない? 今の日本のがん治療は、乱暴な言い方をすれば、早期だろうと後期だろうと、「切り取る」「抗がん剤で小さくする」「放射線 [全文を読む]

バストの過小申告多発 育乳の鍵は「ノーブラ禁止」と専門家

NEWSポストセブン / 2015年10月12日16時00分

リンパマッサージを得意とするエステティシャンの富永恵美さんは、病気を予防する意味でもバストケアは必要と説く。「今、喫煙、アルコール摂取、乳製品や高カロリーな食事によってホルモンバランスは崩れ、冷えやすい体になっている女性は多いと感じています。胸に溜まった老廃物を放置しておくと病気にもつながるため、早いうちからのケアがとても大事です」(富永さん、以下「」内同 [全文を読む]

【乳がん】北斗晶を襲った日テレ「24時間テレビ」の呪縛

デイリーニュースオンライン / 2015年10月02日12時00分

北斗のがんは脇のリンパへの転移も確認されたため、脇の神経も併せて切除したことも報告したが、ブログではすでにリハビリを開始したことも伝えられている。しかし、実は北斗を巡っては一昨年にも体調に関する問題から、関係者の間で心配の声があがっていたという。 「北斗は2013年2月より、両ひざの治療のために長期入院生活を送っていました。現役時代から膝の痛みと戦ってき [全文を読む]

北斗晶「どんなことも2人で解決してきた」父語る夫婦の絆

WEB女性自身 / 2015年09月29日00時00分

お医者さんは『リンパに転移したところも含めて目で見えるところは全部取りました』とおっしゃってくれたそうなので、とりあえずは成功しました。それでも久子(北斗晶の本名)は、乳房を全摘出したことが堪えたのでしょう。麻酔から覚めても、『眠らせてほしい……』と言っていたそうです」 と明かしたのは、北斗晶(48)の実父・宇野誠一さん(74)。北斗がブログで乳がんのため [全文を読む]

北斗晶「どんなことも2人で解決してきた」父語る夫婦の絆

WEB女性自身 / 2015年09月29日00時00分

お医者さんは『リンパに転移したところも含めて目で見えるところは全部取りました』とおっしゃってくれたそうなので、とりあえずは成功しました。それでも久子(北斗晶の本名)は、乳房を全摘出したことが堪えたのでしょう。麻酔から覚めても、『眠らせてほしい……』と言っていたそうです」 と明かしたのは、北斗晶(48)の実父・宇野誠一さん(74)。北斗がブログで乳がんのため [全文を読む]

北斗晶 検査していたのになぜ?医師語る確率5%の落とし穴

WEB女性自身 / 2015年09月29日00時00分

にもかかわらず気付いたときには腫瘍が直径約2.5センチ大になっており、脇のリンパ節に転移するほど成長していた。なぜ、がんは検診をすり抜けたのだろうか。乳がん検診の落とし穴について、岩手医科大学の乳腺専門外科医・柏葉匡寛さんはこう語る。「早期発見には、やはり北斗さんのような定期的な検診が重要です。一般的にがん検診は2年に1度。北斗さんは毎年受診されていたそう [全文を読む]

小林麻央の壮絶闘病で知りたい「乳がん治療最前線」(1)白血病よりも多い乳がん

アサジョ / 2017年03月11日06時00分

胸の腫瘍、さらには脇のリンパへの転移を取り除くための手術が行われ、右の乳房を全摘出したことが知られている。 さらに海外ではアンジェリーナ・ジョリーが両乳房摘出手術を受けた。自身の母や叔母が乳がんに倒れたことを受け、「自分も高確率で乳がんにかかる」と考えた末の、乳がん予防のための処置だ。 国立がん研究センターの調査によれば、昨年新たに乳がんと診断された数は8 [全文を読む]

小林麻央ほか「乳がんと闘う」女性の“過酷な闘病生活”

日刊大衆 / 2016年10月11日19時00分

右胸の全摘手術を受けた彼女は、さらに脇のリンパまで転移したがんを取り除くため、神経を取ったことも明かした。進行度はステージ1から4のうち、極めてステージ3に近い2bで、担当医からは「胸だけなら生存率は70%だが、脇までいったら5年生存率は50%」と言われたとのこと。しかしその後は過酷な闘病生活を経て、この8月には家族で海外旅行へ出かけられるまで回復。治療の [全文を読む]

闘病中の北斗晶が新商売 父は「誰にも止められん(笑い)」

NEWSポストセブン / 2016年07月21日16時00分

「胸の周りとリンパも全部取ったんだけど、転移があったら怖いから、強い薬を使ったんです。副作用がすごくって、髪の毛がどんどん抜け落ちていって…。もう胸が痛くて見ていられませんでした」 今年4月、北斗の母親は本誌にそう話していたが、実際、薬の副作用は凄まじいものだった。脱毛に加え、強烈な吐き気、全身の倦怠感や味覚障害が断続的に北斗を襲い、見かねた医師が投薬量 [全文を読む]

海老蔵会見で分かったリポーターの「質」

NewsCafe / 2016年06月22日15時05分

昨年9月に元女子プロレスラーの北斗晶(48)が乳がんを公表したときも、がん腫瘍は右乳房にでき、脇のリンパに転移したことなどを明らかにしている。海老蔵だって聞き方がうまければ、もっといろんな情報を提供したでしょう」(先の医療ジャーナリスト) リポーターで生きようと思っているならネット民を恐れず、もっとがんの本質に食い込んでほしかった。NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

海老蔵は気丈に対応も……小林麻央の“病状”聞けない芸能レポーター陣に大ブーイング!

日刊サイゾー / 2016年06月13日18時00分

昨年9月に北斗晶が乳がんを公表したときも、がん腫瘍は右乳房にでき、脇のリンパに転移したことなどを明らかにしている。 「海老蔵さんは会見で病状のステージを聞かれ、明言はしなかった。質問に対してどこまで公表するかは、海老蔵さんサイドの意向があるからもちろんそれでいい。問題は、なぜ芸能リポーター陣が基本的なことを質問しなかったのかということ。病状の確認をおろそか [全文を読む]

読売テレビ清水健アナ 妻が亡くなってから見つかった日記

NEWSポストセブン / 2016年02月11日07時00分

その後リンパ節への転移と「5年生存率は50%」と宣告されたことを明かし、女性たちに衝撃を与えた。 ただ一言に乳がんといっても、進行度合いを示す「ステージ」とは別に、増殖が活発か比較的おとなしいかなどを示す、主に4つの「タイプ」がある。「ホルモン受容体」と「HER2」がそれぞれ「陰性」か「陽性」かで、タイプは大きく分類される。日本乳癌学会乳腺専門医のナグモク [全文を読む]

G・パルトロウ、「ブラで乳がんになる」説で大炎上

Movie Walker / 2015年10月25日09時00分

それは、きついブラジャーを付けていることで、胸と脇の下周辺のリンパの流れが制限されることになるからです。それによって毒素を蓄積することになり、ガンになりやすい身体になってしまう」と原理を説明。「ワイヤー無しのブラジャーをするという少しのライフスタイルの変化で、乳がんのリスクが軽減し、よりよい生活を送ることができる」としている。 それについて米がん協会は、「 [全文を読む]

食の欧米化で乳がんリスク高まる 閉経後の肥満には要注意

NEWSポストセブン / 2015年10月14日07時00分

北斗の乳がんはリンパ節まで進行しており、5年後の生存率は50%という告知まで受けたという…。 「北斗さんは1年に1回乳がん検診を受けていたのになぜ…」という声が女性の間で挙がっている。その理由について、濱岡ブレストクリニックの濱岡剛院長はこう語る。 「腫瘍が乳頭の下にある場合は発見しにくい時があります。通常は、見つかったとして1cm前後のことがほとんどで、 [全文を読む]

北斗晶 検査していたのになぜ?医師語る確率5%の落とし穴

WEB女性自身 / 2015年09月29日00時00分

にもかかわらず気付いたときには腫瘍が直径約2.5センチ大になっており、脇のリンパ節に転移するほど成長していた。なぜ、がんは検診をすり抜けたのだろうか。乳がん検診の落とし穴について、岩手医科大学の乳腺専門外科医・柏葉匡寛さんはこう語る。「早期発見には、やはり北斗さんのような定期的な検診が重要です。一般的にがん検診は2年に1度。北斗さんは毎年受診されていたそう [全文を読む]

フォーカス