乳癌 北斗晶に関するニュース

「がん」になりにくい食生活はあるのか?米国研究でわかった新説

まぐまぐニュース! / 2015年10月01日20時00分

1.幼少期に多量の大豆を摂取した女性は、乳癌発症リスクが低い これは、米国立癌研究所(U.S. National Cancer Institute, NCI)のLarissa Korde博士らが、アジア系米国人の女性1,563人を対象として調べてわかったものです。 このうちの597人が乳癌を発症しており、これらの人について、幼少期の大豆の摂取量について分 [全文を読む]

北斗晶さん「乳がん」をブログで告白。

秒刊SUNDAY / 2015年09月23日19時11分

・ 北斗晶さん好きだったから乳癌はかなりのショックだ・ 北斗晶の記事見て泣いた・ 北斗晶さんのブログ泣いた・ 北斗晶さん病気だったのか。。・ 昨日もあんなに元気に5時夢に出てたのに… 髪を切ったのはそういう理由だったのね・ 北斗晶さんのブログ見て、涙が出そうになった。・ 北斗晶さんの乳癌のニュースでショック。・ 北斗晶の乳癌。全摘…リンパ転移してるみたいだ [全文を読む]

SMAPよりトランプより…ゲス不倫!? 彼女たちの“今年一番記憶に残る”ニュースは…

週プレNEWS / 2016年12月27日17時00分

芸能人という立場にもかかわらず、誰かに見られる可能性がある場所で飲酒をしていたことにびっくり! 同い年で親近感が湧く存在のほのかりんがこのような騒動を起こしてしまったのはショックだけど、未成年飲酒に関しては、大学生である私達もいろいろ考えさせられるところがあります」(なぎさちゃん・共立女子大学1年・19歳) 「小林麻央さんや北斗晶さんの乳癌のニュースです。 [全文を読む]

40代後半の乳がん 罹患率上昇も死亡率一定はマンモの影響か

NEWSポストセブン / 2015年10月25日07時00分

また乳頭の真下で見つけにくい場所だったという人もいますが、マンモの場合、位置は関係ありません」(近藤氏・以下同) 北斗は自身のブログで「女性の皆さん、若かろうが年を取っていようが乳癌検診に行ってください!」と呼びかけているが、若い世代に対してはマンモはあまり有効ではない側面もあるようだ。それどころか、マンモグラフィは今世界的に不要論が高まっている検査だと近 [全文を読む]

心身ともに強い人ほど危ない! 北斗晶さんのがん闘病

プレジデントオンライン / 2017年03月04日11時15分

乳癌撲滅の為に裸を見せる位、役に立てるならいいと思ってる」とつづっています。胸を締め付けられるような決意です。ところが、手術から1週間が経過した時点でも、「まだ観てないのよ……胸を」と告白。これは闘病の闇に呑み込まれてしまっているからでしょう。まずはご自身のためだけのことを考えてほしい。そう願わずにはいられません。 心身ともに強い? と思われる方もいるかも [全文を読む]

摘出手術をしない「乳がん新薬」! 小林麻央さんが通った代替医療クリニックは業務停止に

ヘルスプレス / 2017年07月27日08時00分

徳島大学の片桐豊雅教授(ゲノム制御学)らの研究グループは、「乳がん患者」の乳房摘出を回避する治療に道を開く新薬「ERAP」を開発し、7月13日から福岡市で開催の日本乳癌学会学術総会で発表した(「産経新聞」2017年7月12日)。乳房を摘出せず新薬で乳がん治療!3年後の実用化をめざす 今回の研究対象は、女性ホルモンのエストロゲンの刺激によって増殖する「エスト [全文を読む]

採血でがんを発見!? がんを溶かす特効薬!? ゲノム研究の進んだ未来では、がんは怖い病気ではなくなる!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月22日06時30分

乳癌は女性12人に1人はなる可能性があるという、女性にとっては非常に身近ながんといえる。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 一般的に根治は難しいというイメージのあるがんだが、医療の技術は、私たちの想像をはるかに超えるスピードで発展している。そして近い将来、がんの早期発見や治療には、画期的な進歩が見られそうだ。そんな明るい未来を示してくれるのが『未来 [全文を読む]

マンモグラフィでは乳がんを見つけられない 日本人女性に8割もいる“デンスブレスト”って何?

ウートピ / 2016年07月12日20時00分

しかし、日本乳癌学会は、40代のマンモ検診の推奨度のグレードをAからB*に1ランク格下げして、超音波検査を組み合わせるかどうかを検討している状況にあります。それというのも、マンモでは乳がんが見つかりにくいタイプの乳房が日本女性に多いことがわかってきたからです。*推奨グレード A:十分な科学的根拠があり、積極的に実践するよう強く推奨するB:科学的根拠があり、 [全文を読む]

【速報】小林麻央さん「進行性乳がん」1年8か月ほど前判明!

秒刊SUNDAY / 2016年06月09日15時16分

・ 小林麻央乳がんなんだ・ 乳癌ほんと多いな。お子さんがまだ小さいのが気の毒だな。。。 ・ 他人事じゃない。 検診受けなきゃ。。。・ どうか効果的な治療がありますように・ 小林麻央さんは乳がんで1年8ヶ月前からなのか…ステージは言いたくないんだろ…聞くなや…・ 乳がんだったのか…・ 深刻って言ってたけど、良くなってほしいなぁ。。・ 乳がんか。こわいな・ 北 [全文を読む]

読売テレビ清水健アナ 妻が亡くなってから見つかった日記

NEWSポストセブン / 2016年02月11日07時00分

日本乳癌学会乳腺専門医のナグモクリニック南雲吉則院長が説明する。「最近の研究結果で、従来の抗がん剤治療に、ホルモン療法や分子標的薬を併用することで、多くの乳がん患者の命が助かるようになったことがわかりました。これらのタイプは、その有効な治療法を判断するものです。 例えば『ルミナルAタイプ』(ホルモン受容体陽性、HER2陰性)は、乳がん全体の60~70%を占 [全文を読む]

乳がん手術 全摘と同時再建を保険適用で選択する患者が増加

NEWSポストセブン / 2015年10月20日11時00分

医学博士で日本乳癌学会入選専門医の南雲吉則さんが言う。 「再建方法として、昔は自家移植といって自分の背中やお腹の筋肉と脂肪組織を乳房に移植する方法が一般的でした。しかし、近年ではインプラントを使っての再建が主流になっています。そのほうが簡単にきれいに再建できる。自分のがんがどんな種類でどのステージにあるかで状況は変わりますが、温存か全摘出か選べる場合、その [全文を読む]

乳がん早期発見でも手術必要な例も 切らずに治すは検討段階

NEWSポストセブン / 2015年10月15日07時00分

最近では乳房を切除しなくても、乳癌の治療はできると聞いていたけれど、どうやらそんなこともないよう…。 乳がんの最新治療とはいかなるものなのだろうか。遺伝でなくても、生活習慣に気をつけていても、完全にがんを予防できるとは言い切れない。もし乳がんだと言われたときに慌てないため、どんな治療法があるのか事前に知っておくのも大切だ。 濱岡ブレストクリニックの濱岡剛院 [全文を読む]

食の欧米化で乳がんリスク高まる 閉経後の肥満には要注意

NEWSポストセブン / 2015年10月14日07時00分

乳房にしこりがないか、乳房の位置が左右対称ではないかなど、直接手で触りながら変化がないか確かめましょう」(濱岡院長) 医学博士で日本乳癌学会乳腺専門医の南雲吉則さんは、さらに予防意識を高めるために「毎日手のひらで体を洗うこと」を勧めている。 「お風呂で、タオルを使って体を洗っていると気づきませんが、手でなで洗いをすれば、なんだかリンパが腫れている、しこりが [全文を読む]

福山雅治結婚で“ましゃロス”な女たち「ふたりはお似合い」と傷を癒している?

週プレNEWS / 2015年10月03日15時00分

マチャハル ンも~、最近は北斗晶の乳癌発覚だわ、(川島)なお美は逝くわ、ナンノ(南野陽子)の離婚危機だわでウワサ好きのゲイ的には大忙しよ! クリス松村さんもショック受けてたみたいだけど、私も、そりゃもうショックよ! ―マシャの何が魅力的だったのでしょうか? マチャハル 私は顎(あご)のラインよー。舌でチロチロなぞりたいわ。マシャはライブ中ノーパンなんだけ [全文を読む]

フォーカス