人間ドック 市川海老蔵に関するニュース

小林麻央の乳がん闘病を説明した市川海老蔵「麻央という存在の大きさを痛感」

messy / 2016年06月10日00時30分

夫婦で人間ドックを受診し、約1年8カ月前に発覚したという。「人間ドックを受け、何回か診断を受けた」「進行具合はかなりスピードが早いもので、なかなか大変なものだと医者に言われた」「ステージについては、すべて聞いてはいる。麻央も自身の病状を把握している。深刻だということをご理解いただければ。深刻なので、これだけ時間がかかっているということ」「手術に向けて入院し [全文を読む]

小林麻央が海老蔵の密着特番に出演 夫婦愛&親子愛に感動の声

しらべぇ / 2017年01月10日07時00分

麻央さんに奇跡が起こりますよう...— junko.t (@1021_junko) 2017年1月9日■悔やまれる「半年」の遅れ2014年2月に海老蔵とともに人間ドックを受けた小林。すると、左乳房に腫瘤が見つかり、精密検査へと至った。しかし、マンモグラフィー検査を受けても「癌を疑うようなものではない」とされ、組織を採取する検診も受けず。医師からは「心配ない [全文を読む]

市川海老蔵、人間ドックへ「病はそんな感情関係なく来る」

RBB TODAY / 2017年09月07日20時33分

歌舞伎俳優の市川海老蔵が7日、ブログで人間ドックに行ってきたことを報告。今年6月に亡くなった妻・小林麻央さん(享年34歳)の乳がんの兆候が確認されたのも人間ドックだったことを思い返し「己に憤りを感じてます」とやりきれない思いをつづっている。 「今日は人間ドックです。短めですが、一人で検査です」と切り出した海老蔵は「今は物凄く進んでいる事を知っています。なん [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小林麻央、“後悔していること”の核心か? 再検査で「癌を疑うようなものではない」。

TechinsightJapan / 2016年09月11日19時41分

夫である市川海老蔵と一緒に受けた人間ドックで、「左乳房に腫瘤があります」と指摘されたのが31歳の時。早期の検査を強く勧められた彼女は、すぐに大きな病院へ予約を入れ再検査を受ける。小林の後悔に該当する部分の始まりなのだろうか。 人間ドックで見つかった腫瘍が、癌である確率が「五分五分」だと診断されたことを知人である乳腺専門の先生2人に話したところ、「授乳中のし [全文を読む]

小林麻央さん 左胸に腫瘤発見時に“生検”を受けなかった

NEWSポストセブン / 2017年07月07日07時00分

夫・市川海老蔵(39才)と一緒に人間ドックを受診した麻央さんの左胸に、腫瘤が見つかったのだ。 「改めて触診と超音波検査、マンモグラフィーを受けましたが、乳腺線維腺腫という良性の腫瘤だと見受けられたようです。はっきりしない点もあり病院側は3か月後の再診をすすめたそうですが、麻央さん自身は担当医や知人から楽観視するような言葉をかけられていたこともあり、深刻には [全文を読む]

乳がんで逝去・小林麻央さん、初診の「しこりなので心配ない」信用を後悔…がんと食事

Business Journal / 2017年06月28日21時00分

・14年2月:人間ドックで「五分五分で乳がん」と指摘されたが、再検査の結果、経過観察となった。しかし、生体検査(細胞診断)は行われなかった。・14年10月:自身で「乳房のしこり」に気づき、病院で乳がんと診断された。・16年6月9日:海老蔵氏が「(麻央さんが)進行性の乳がんで闘病中」と公表。・同年9月1日:麻央さんがブログ「KOKORO」を開設。・同年9月2 [全文を読む]

小林麻央さん、最期の言葉は「愛してる」 34年の生涯を振り返る

しらべぇ / 2017年06月23日15時35分

人間ドックで判明し、1年8ヶ月もの間治療を続けてきたが、後に病名を公表した。市川海老蔵が妻・小林麻央の「乳がん」を公表 記者会見で涙こらえる9月1日には、公式ブログ『KOKORO.』を新設。「病に負けない」「なりたい自分になる」という想いから、さまざまなメッセージを発信し、多くの人に勇気を与えていた。■病魔に少しずつ冒されるしかし、病魔は少しずつ麻央さんの [全文を読む]

小林麻央さんが乳癌で逝去 ツイッターでは悲しみの声が広がる

しらべぇ / 2017年06月23日12時00分

■2014年の発覚から3年間の闘病2014年の人間ドックで乳癌におかされていることを知った彼女。海老蔵や姉・小林麻耶のサポートの中、懸命な治療を行なっていたが、スポーツ紙の報道を受ける形で昨年6月に海老蔵が会見で病を公表へ。以降、多くの人々が彼女の回復を願ってきたが、21日に容態が急変。22日夜に都内自宅で死去した。この件に関し、海老蔵は23日14時半から [全文を読む]

小林麻央が闘病ブログを新設「なりたい自分になる」→応援の声殺到

しらべぇ / 2016年09月01日13時10分

・がんは1年8ヶ月前の人間ドックで判明・現在の状況は「比較的深刻」で、自分に合う抗がん剤を探しながら、手術をする方向性で治療中・息子・勸玄くんのお目見えのときにはすでに闘病中だった・病名を公表しなかったのは家族のことを考えての判断一般に、がんは20代など若いうちに罹患すると、腫瘍の広がりも早いとされる。病状など、詳しいことは今後彼女のブログで公表されていく [全文を読む]

がんの早期発見に!「人間ドックを安く受けられる」方法3つ

WooRis / 2016年07月11日09時00分

市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんが乳がんにより闘病中だと世間をにぎわせてから1か月、ニュースを受けてがん検診の大切さをあらためて実感した方も多いのではないでしょうか?小林麻央さんの場合は若年性乳がんのため進行が早く、人間ドックを定期的に受けていたにも関わらず状況は“深刻”とのことです。それでも、がん検診や人間ドックは体の異常の早期発見のために受けるべきだと [全文を読む]

小林麻央 海老蔵も許可?「VIP闘病」に古巣の日本テレビ「NEWS ZERO」が独占密着

アサ芸プラス / 2016年07月02日09時57分

人間ドックで、麻央の体にガンが見つかったのは昨年10月。以降は入退院を繰り返している。「麻央さんが一時入院していたのはセキュリティも厳しく、室内にはバスタブなども完備されている“VIP部屋”で、1泊12万円ほどもする。6月13日に再入院した病院でも同クラスの個室にいると聞いています。すでに4000万円近くの治療費がかかっているそうですが、海老蔵はワラにも [全文を読む]

妻の病気、父の借金、成田屋の伝統──海老蔵が背負う重圧

NEWSポストセブン / 2016年06月17日16時00分

夫婦で受けた人間ドックの結果だった。 「すでに症状は進んでいたそうです。抗がん剤投与で腫瘍を小さくしてから手術に臨む方針でしたが、麻央さんの場合、肝心の抗がん剤の効果が芳しくなかったといいます」(歌舞伎関系者) 通常、手術のための抗がん剤投与はどんなに長くても半年間だといわれる。「今も投与を続けている」という海老蔵の言葉が、深刻な病状を暗に示す。 海老蔵に [全文を読む]

小林麻央が乳がんに 若者にも増えるがんの原因と治療法とは

しらべぇ / 2016年06月14日05時30分

人間ドックの適齢が35歳からと言われていますが、今後は年齢が下がる可能性が高いです。 がんの宣告をした若い人たちも、思った以上に冷静に受け止められる人が多いですね。がんは心疾患などの突然死と違い、死に対する不安などを受け止められる期間が長いです。すぐ冷静に受け止められるわけではないんでしょうが、みなさん徐々に受け止めていくんだと思います」Q.なぜ若者のがん [全文を読む]

市川海老蔵 箝口令敷き妻・麻央の乳がん闘病に献身

NEWSポストセブン / 2016年06月13日07時00分

でも、彼女は気丈に明るく振る舞ってくれる」 海老蔵によれば、1年8か月前に人間ドックを受けた際に異変が見つかり、検査で乳がんと診断されたという。 「ステージは比較的深刻です。簡単に治らないからこそ、いまこのような会見になっている」(海老蔵) これまで麻央は入院して抗がん剤治療を続け、現在では、通院での治療に切り変えている。今後、手術に踏み切るという。乳がん [全文を読む]

市川海老蔵が妻・小林麻央の「乳がん」を公表 記者会見で涙こらえる

しらべぇ / 2016年06月09日15時20分

■体調不良の噂 まさかの「がん」海老蔵によると、がんは1年8ヶ月前の人間ドックで判明。現在の状況は「比較的深刻」なそうで、自分に合う抗がん剤を探しながら、手術をする方向性で治療中とのこと。息子である勸玄くんのお目見えの時にはすでに闘病中だったが、話し合いの末、覚悟を決めた上で向かったそうだ。病名を公表しなかったのも、家族のことを考えての判断。子供たちには、 [全文を読む]

麻央さんの入院費は払わない?市川海老蔵が病院と法廷闘争の可能性

デイリーニュースオンライン / 2017年07月19日19時45分

■「入院費3000万円払わない!」海老蔵が怒りの訴訟準備か 麻央さんは2014年2月に海老蔵と二人で受診した人間ドックで乳房の腫瘍を指摘され、その8カ月後に多忙のために遅れてしまった再診で乳がんを告知された。それと同時に脇のリンパ節にがんが転移していることが発覚し、当時通っていた有名総合病院からは「早めに切るべき」と提案されたが、麻央さんと海老蔵は「切ら [全文を読む]

小林麻央さん、樹木希林や謎の気功師にまですがった”生への思い”

デイリーニュースオンライン / 2017年06月29日19時00分

「麻央さんは2014年2月、人間ドックでがんの疑いのあるしこりが発見されています。ただ、当時は授乳中だったということもあり、東京・港区内の大学病院での精密検査でも、がんとは診断されませんでした」(芸能誌記者) そして同年10月、乳房への違和感が止まらないことに不安を覚えた麻央さんが、改めてこの大学病院を受診。結果、乳がんを宣告された。がんと診断されなかっ [全文を読む]

切らない選択をした麻央さん 「できれば3人目」という思い

NEWSポストセブン / 2017年06月29日07時00分

夫・市川海老蔵(39才)と人間ドックを受けた麻央さんの左胸に腫瘤が見つかった。 麻央さんのがん闘病の最初のターニングポイントはここだった。そのとき、まだ生後11か月の長男・勸玄くんを、麻央さんは母乳で育てていた。「授乳期にはおっぱいが張るのは普通のことですし、麻央さんは乳腺の状態をよくするために週1で母乳マッサージにも通っていた。おっぱいには人一倍気を使っ [全文を読む]

麻央さんの最期、海老蔵「愛してると言われた」…報道陣400人詰めかける

弁護士ドットコムニュース / 2017年06月23日15時09分

2014年10月に人間ドックで進行性の「乳がん」が見つかった。海老蔵さんは2016年6月、記者会見を開いて、麻央さんが乳がんを患っていることを公表。麻央さんは闘病を続けていた。 (弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

小林麻央ほか「乳がんと闘う」女性の“過酷な闘病生活”

日刊大衆 / 2016年10月11日19時00分

一方、女優の南果歩(52)は今年3月、夫の渡辺謙(56)とともに受けた人間ドックで乳がんのステージ1と診断された。同月中に手術を受けた彼女だが、ブログで「早期だったとは言っても、乳がんという病には病巣を取り除いただけでは済まないデリケートな問題を多分に含んでいることを、実際に自身が当事者になって初めて理解しました」と伝えたように、その後もさまざまな治療を [全文を読む]

フォーカス