成宮寛貴 ごくせんに関するニュース

小栗、松潤、亀梨…イケメンだらけな「伝説の学園ドラマ」

日刊大衆 / 2016年10月03日13時30分

02年の第1シリーズには、嵐の松本潤、小栗旬、成宮寛貴、上地雄輔、松山ケンイチなどが出演している。松本&小栗は、このおよそ3年後、『花より男子』(TBS系)でも共演。このドラマは大ブレイクし、一躍“花男”ブームを巻き起こした。そして松本の知名度が上がることで、嵐というグループ自体も成長を遂げた。 そして05年の『ごくせん』第2シリーズでは、KAT-TUN [全文を読む]

成宮寛貴コカイン使用疑惑に続報 少なくない「服装のほうが気になる」の声

しらべぇ / 2016年12月09日10時30分

写真週刊誌『FRIDAY』の報道に端を発した俳優・成宮寛貴のコカイン使用疑惑。所属事務所は「事実無根」と表明し、法的措置も辞さないと怒り心頭の様子だった。しかし、9日に発売された同誌の最新号で、成宮がコカインを使用したときの音声テープとされるものの一部が掲載され、波紋を広げている。■チャーリー? そうね......とりあえず持ってきて......紙面上には [全文を読む]

放送禁止!? 成宮寛貴が出演した名作ドラマ

日刊大衆 / 2017年01月15日23時00分

『FRIDAY』(講談社)に俳優の成宮寛貴(34)が薬物使用疑惑を報じられ、疑惑そのものは否定したものの2016年12月9日に突如、芸能界からの引退を発表した。これを受けて、同年12月12日に再放送される予定だった『相棒11』(テレビ朝日系)が差し替えられる事態となった。となると、気になるのは過去に成宮が出演していた数々のドラマの行方。再放送NGになってし [全文を読む]

引退の成宮寛貴を襲った「10年前の挫折」……赤西仁、瑛太との因縁のめぐり合わせ

日刊サイゾー / 2016年12月16日11時00分

もしかしたら、それがきっかけで……と思うことはありますね」(映画関係者) 12月2日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)でコカイン吸引疑惑を報じられ、9日に芸能界からの電撃引退を発表した成宮寛貴。 「本人はすでに海外にいるそうですし、真相は闇の中。ただ、俳優としては伸び悩んでいたのも事実です」(芸能事務所関係者) 00年に、宮本亜門演出の舞台『滅びかけ [全文を読む]

過去は隠さない成宮寛貴、引退文書の不可解

NEWSポストセブン / 2016年12月15日07時00分

12月9日、俳優の成宮寛貴さん(34才)が引退を発表した。発端は『フライデー』が報じた、成宮さんのコカイン吸引疑惑。自室でコカインのみならず大麻やケタミンまで使用していたという友人男性A氏の証言に加え、コカイン吸引現場とされる写真も公開された。 直筆文書で引退を表明した成宮さん。違法薬物疑惑には具体的に触れず、セクシャリティな問題に言及するというものだっ [全文を読む]

成宮寛貴、役者としての功績 菅田将暉、松坂桃李の道を開拓したがむしゃらな20代

messy / 2016年12月11日00時00分

「フライデー」(講談社)による、違法薬物使用の疑惑報道から、わずか一週間で引退という決断に至った成宮寛貴(34)。違法行為があったかどうか真相はわからぬままだが、彼は芸能界を去った。来年1月スタートの連続ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』(テレビ朝日系)に出演し第四話まで撮影終了していたが、降板。2012年から15年まで同局系『相棒』のシーズン11~ [全文を読む]

成宮寛貴が芸能界引退を発表!中国でも衝撃=「辞めるにしても今じゃないでしょう」「彼を知ったばかりなのに…」

Record China / 2016年12月09日18時40分

2016年12月9日、俳優の成宮寛貴が芸能界引退を発表したニュースが、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも伝えられ、話題になっている。 成宮は先日、週刊誌で違法薬物使用疑惑が報じられたが、所属事務所や本人は報道を否定し、「あらゆる法的措置をとる」としていた。事務所が行った調査でも証拠は出てこなかったが、本人から引退の強い申し入れがあったという。 成宮は [全文を読む]

『相棒』の頃から異変が… 成宮寛貴「薬物疑惑報道」の背景

NEWSポストセブン / 2016年12月09日07時00分

写真週刊誌『FRIDAY』(12月2日発売)で「コカイン吸引疑惑」を報じられた俳優の成宮寛貴(34才)。所属事務所は事実無根として同誌に法的措置の構えを見せているが、そもそもどうしてこのような報道が出たのだろうか──。話は今年2月、清原和博(49才)の覚せい剤逮捕まで遡る。「警察や麻薬取締官がマークしている“次の大物有名人”として、成宮さんの名前も噂されて [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

新人俳優の起用が多く、松本潤さん、小栗旬さん、成宮寛貴さん、石垣佑磨さん、上地雄輔さん、松山ケンイチさん、亀梨和也さん、速水もこみちさん、三浦春馬さん、小池徹平さん、小出恵介さん、水嶋ヒロさん、三浦翔平さん、ユージさん、他にも特撮系ドラマで大活躍している俳優さんなど、数多くのイケメン俳優を輩出しているのも特徴のひとつです。 不良を更生させようと、野球経験も [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

松本潤、小栗旬、成宮寛貴、松山ケンイチ、上地雄輔――皆、このドラマから巣立っていったのだ。■木皿泉という異才不思議なもので、1つのドラマの成功が、局の風向きをガラリと変えることがある。当時の日本テレビもそうで、『ごくせん』の翌年、一風変わったドラマが世間を賑わした。『すいか』である。脚本は木皿泉サン。当時は無名の脚本家で、あの三谷幸喜サンの出世作『やっぱり [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松山ケンイチ「松本潤は怖かった」 『ごくせん』時代の緊張感語る

TechinsightJapan / 2016年01月19日14時29分

仲間由紀恵演じる主人公の熱血教師・山口久美子(通称・ヤンクミ)が受け持つ白金学院高校3年D組の生徒役には小栗旬や成宮寛貴がおり、松本潤も含め血気盛んな18歳、19歳頃だ。松山ケンイチは2歳ほど下になるので先輩たちの勢いに圧倒されたのだろう。松本によると、皆で誰かを追うシーンでは順番を気にせず「カメラに向かって映ろうと本気で走っていく」ような空気だったとい [全文を読む]

仲間由紀恵へのつなぎ?「相棒」反町隆史は“寺脇康文の二番煎じ”になる!?

アサ芸プラス / 2015年07月22日17時59分

これまで、寺脇康文(亀山薫役)、及川光博(神戸尊役)、成宮寛貴(甲斐享役)と受け継がれてきた杉下右京の“相棒”をどうこなすのかといったドラマの根幹のみならず、やはり役名は「か」で始まり「る」で終わるのか、といった詳細な設定まで、ネット上には早くも期待のコメントが寄せられている。 しかし、胸を撫で下ろしているのは民放他局だ。「対抗馬に仲間由紀恵の名前が挙がっ [全文を読む]

フォーカス