給料 佐川急便に関するニュース

会計王18シリーズが11月25日(金)に新発売!マイナンバーを中心とした制度改正に徹底対応。MoneyLink登場!

DreamNews / 2016年11月01日16時00分

このため給料王18では平成28年分給与所得の源泉徴収票・給与支払報告書を始め、扶養控除申告書、保険料控除申告書のマイナンバー入力や印刷に対応しました。 毎年ご好評いただいている最新版「年末調整やることナビ」もご活用いただくことで、初めての方でも短期間で多くの従業員のマイナンバー対応を行えるようにサポートいたします。消費税申告書へのマイナンバー記載に対応しま [全文を読む]

佐川急便、連日夜中2時に大騒音で作業に近隣住民が大激怒!苦情入れても無視される

Business Journal / 2016年06月04日06時00分

給料も安いし、当然だと思う」 こうした声からは、一部の運輸会社の末端スタッフが過酷な労働を強いられている実態が伺えるが、さらに迷惑しているのが、それら営業所や集配所、サービスセンターの近隣住民である。 ●深夜の騒音に近隣住民激怒 大手運輸会社、佐川急便の深夜稼働について、都内在住の30代男性は語る。 「私の家の近くに佐川急便のサービスセンターがあるのですが [全文を読む]

ヤマト元社員が訴える「宅配現場」本当の疲弊 未払い残業代を払い値上げしても解決しない

東洋経済オンライン / 2017年05月12日08時00分

やればやった分、給料で跳ね返ってきたもん。残業もすすんでやったな。今じゃ信じられないと思うけど、目をバチバチさせて佐川急便のドライバーと荷物を取り合ってたからね」(ドライバー歴16年)宅急便荷物取扱量は年々増え続ける。そして、2016年度に扱った荷物が前年度比7.9%増の18億6756万個となった。それに伴い増えるはずの給料が、なぜか年々減り続ける。業務量 [全文を読む]

佐川急便が配達予定日に来ないと話題に…ブラック企業認定間近の声も

デイリーニュースオンライン / 2016年02月22日11時00分

しかし元従業員とおぼしきネットユーザーからは、「給料いいからブラックじゃない」「今でもキツイけど稼げるよ」と否定する声も少なくない。福利厚生も充実しているという。 「配達されるお客さん側にとっては昔から仕事がキツく体育会系のイメージが強い企業です。また一部の配達エピソードがネット上で誇張されている可能性も捨て切れません。いずれにせよ、今も一流企業であり、体 [全文を読む]

物流崩壊の危機?経済全体に大打撃も 深刻なドライバー不足、救世主に浮上の貨物列車

Business Journal / 2015年02月13日06時00分

長時間労働は当たり前、それでいて給料は少なく、特に長距離トラックの運転手は家を留守にしがちなので、休日に家族と過ごす時間が取りにくいなど敬遠される要素が多いのです。そうした理由から、ドライバーを辞めてしまう人も少なくありません。さらにドライバーになる若者も少ないので、かなり苦しい状況です」(トラック業界関係者) ヤマト運輸や佐川急便などの大手宅配事業者は、 [全文を読む]

最近の政治家は不祥事や疑惑発覚での対応がお粗末すぎ? 人生の大ピンチを突破するには先人に学べ!

週プレNEWS / 2014年11月14日06時00分

しかし実際には勤務実態がなく、給料をもらった上に厚生年金にも加入しており、将来的にその年金を受給するとすれば、明らかに不正受給になるとの指摘を受けた。 それに対し小泉氏は国会で、「人生いろいろ。会社もいろいろ。社員もいろいろです」と自信たっぷりに言い放ち、追及をかわしたのだ。 これについて、松岡利勝(としかつ)元農林水産大臣秘書官の経歴を持つ政治アナリスト [全文を読む]

佐川急便が週休3日を導入、中国ネット「なんてうらやましい」「生活と生存の違いだ」

Record China / 2017年06月09日05時40分

出勤日は10時間労働となるため、週休3日でも週の労働時間は変わらず、給料も変わらないという。 「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングスや、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングはすでに週休3日制を導入しており、ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」を運営するヤフー株式会社も導入を検討している。記事は、日本KFCホールディン [全文を読む]

トラガール倍増計画 女性運転手には過酷すぎる3K職場の実態

NEWSポストセブン / 2014年07月09日07時00分

そこまでして給料が安いとなったら、なかなか女性ドライバーが定着するのは難しいかもしれません」(Aさん) かつては日本を縦断する長距離専門のトラックやバスのドライバーなら、「年収1000万円はラクに稼げた」(Aさん)というが、現在、運送業の平均月収は約34万円(2013年度/厚労省調べ)で、建設業や製造業を下回っている。 やはり、「本業=トラック運転手」の [全文を読む]

フォーカス