閉店 ヤマダ電機に関するニュース

ヤマダ電機が黒字3倍、劣勢の家電量販店でなぜ勝ち組になれたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月05日20時00分

新業態として始めた「LABIアメニティー&TAX FREE新橋銀座口店」を、1年足らずで閉店したなど、50店舗にも上るとのこと(東洋経済ONLINEより)。 ヤマダ電機の地域戦略といえば、「3,000平方m」以上の「大型郊外店」が中心だった。しかし、冒頭で書いたように、競争も激しくなってきての、昨年の集中と選択の結果での「撤退」のようだ。次ページ>>値引き [全文を読む]

家電量販店がネット通販への対抗値下げを断念? 現役店員が明かす“新”値下げ交渉術

週プレNEWS / 2016年03月11日06時00分

そこに真正面から勝負を挑んだ結果、大量閉店に踏み切らざるをえないほど業績は悪化してしまいました。そのため、売り場で価格コムの最安価格を見せられても、販売元が、我々が指定する非正規のネット業者である場合、売り逃すとわかっていても対応しないようにしています」 ソニーの4Kテレビもキヤノンのコンデジも、もはやリアル店舗では爆安価格で購入できなくなっているわけだ。 [全文を読む]

ヤマダ電機、「なりふり構わぬ」戦略転換…脱・総合家電店への本気、池袋の新店舗で

Business Journal / 2016年02月10日06時00分

業績回復となった最大の要因は、昨春に断行された不採算店40店強の閉店である。本連載では14年からヤマダの出店拡大戦略が限界にきたことを指摘していた。「ヤマダ電機は全国に1016店舗を展開する。(略)人口3万人規模の市に1万世帯が生活しているとしたら、1世帯あたり年間19万円程度(ヤマダで)消費している計算が成り立つ」(14年12月12日付記事) 同記事が山 [全文を読む]

セブン&アイ、「儲からない」ヨーカ堂はもう売却しかない!

Business Journal / 2015年09月26日06時00分

この報道を受けて私は9月21日、あるテレビ番組に出演して解説したが、今回の決定の契機となったのは、ヤマダ電機が5月に46店舗を閉店したことにあると思われる。ヤマダ電機の場合、発表した日にはすでに3店舗を閉店しており、その月内に残る43店を閉めてしまった。混乱もあったが、電光石火というべき意思決定と、その実践だった。 戦略の方向転換というのは、このようでな [全文を読む]

沈みゆくヤマダ電機、突然の大量店舗閉鎖の暴走?復活は恐らく難しいといえる理由

Business Journal / 2015年06月25日06時00分

閉店するのは、テックランドNew江東潮見店(東京都江東区)、同名古屋南丹後通り店(愛知県名古屋市)、同枚方店(大阪府枚方市)、同新南陽店(山口県周南市)など地方や郊外にある不採算店が中心。これまでの拡大路線を転換し、東京・八重洲など都市部の大型店や免税専門店といった収益力の高い店づくりに注力するとしている。 日本全国津々浦々に、家電の大型量販店舗を展開する [全文を読む]

流行語大賞から1年、中国人は減っていないが「爆買い」は終了

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月19日06時57分

家電量販店でも「爆買い」熱は薄れており、今年5月にはヤマダ電機初の免税専門店「LABIアメニティー&TAX FREE新橋銀座口店」が閉店。2015年4月のオープンから13カ月という短命に終わった。 また、日本百貨店協会発表の免税総売上高を見ても、前年同月比89.9%と落ち込んでいる。購買客数は115.9%と伸びているが、1人当たり単価が77.6%と大きく落 [全文を読む]

スタバ、最後まで鳥取出店を躊躇した3つの理由 プレイス戦略の難しさを克服できるか?

Business Journal / 2015年06月01日06時00分

だが、最近ではアマゾンなど無店舗型インターネット企業の攻勢により、逆に強みが弱みに変わってコストのかかる店舗網が業績悪化の原因となり、大量閉店にまで追い込まれたことからも、その難しさがわかるだろう。 やはり、プレイス戦略を駆使して流通網を築く際には入念なマーケット調査が必要であり、スタバにおいてはマーケティングリサーチの結果、事業を継続させるだけの売り上げ [全文を読む]

アマゾン、売上高1兆円の衝撃~疲弊するリアル書店に家電量販店、止まらない雑誌販売減…

Business Journal / 2014年01月16日14時00分

なお、ブックスゴロー閉店後は、100円ショップなど集客力のあるテナントを誘致するという。●書籍、雑誌の市場規模は大幅に縮小 確かに、13年上期も雑誌は前年同期比4.9%減の4449億円。「月刊誌(=週刊誌を除くすべて)」が同4.1%減の3502億円で、「週刊誌」が同7.9%減の947億円と大きく落ち込んでいる(出版科学研究所調べ)。1月中には13年全体の数 [全文を読む]

フォーカス